Cities: Skylines(シティーズ:スカイライン)のネタバレ解説まとめ

Cities: Skylines(シティーズ:スカイライン)とは2015年にフィンランドにあるColossal Orderが開発した、都市育成型のシミュレーションゲームである。
プレイヤーは新しい都市の市長となり、自分好みの街づくりを行うことが出来る。
発売から3年経つが、PC版では今でも新しいDLCが登場し、2018年4月にはPlayStation 4とXbox ONEで、9月にはニンテンドースイッチでも発売され注目を集めている。

慣れない内は需要に合わせ、どんどん新しい建物や道路を作りがちだが、資金が十分でない序盤から中盤にかけては、残り資金を計算して街づくりをしないと資金不足に陥る場合がある。
そこで住宅・商業・産業の需要が横並びに近い状態や、住宅地区の需要が低く労働者不足アイコンが出ていない時などに時間の進み具合を最大にし、放置することで資金がどんどん貯まっていく。
その間、ボーッと眺めているのも良し、これからの街づくりを考えるも良し、廃墟になった建物を壊して回るのも良し、道路の混雑具合を確認し解決方法を考えるも良し。
そうして気がつけば、そこそこの金額が貯まっていることだろう。

サッカースタジアムで臨時収入

PC版では無料DLCの「Match Day」を入れることで、PS4、Xbox ONE版では最新のパッチをあてることで追加される「サッカースタジアム」。
建設するのに200,000かかるが、これを作ると定期的にサッカーの試合が行われ、自分の街のチームが勝つと臨時収入が手に入る。
ある程度資金に余裕が出来たら、作っておいて損の無い施設である。

避けて通れない住民の大量死

墓地や火葬場があることから分かるように、Cities: Skylinesの住民には寿命が設定されている。
人口を増やしていく為に高密度住宅地区(マンションなど)を大量に作っていると、当然そこには同じぐらいの年齢層の住民が引っ越してきて、年月が経てば一斉にそこの住民が寿命を迎え、街には霊柩車待ちアイコンが溢れかえる。
無闇に火葬場や墓地を作ってもあまり効果は無く、こうなったら時間が過ぎるのを待つしか無い。

立体交差と地下

道路や鉄道を敷く際は高さを設定出来るので、例えばA地区からC地区へ行く道が混雑しているけど途中にはB地区があり、そこを壊したくない場合に、AからC地区へ直通する地下道を作ってやることで渋滞を解消することが出来る。
普段から地上に道路や鉄道を敷いているとついつい忘れがちだが、混雑の解消や見栄えを良くしたい時など、地下を結局的に使うのも手段の一つである。

Digipro
Digipro
@Digipro

目次 - Contents