ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒(Gamera 3: The Revenge of Iris)のネタバレ解説まとめ

Gamera 3 the revenge of iris images 0b43ead7 3155 4571 b57b b3b3f8b069e

『ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒』とは、大映制作の平成ガメラシリーズ第3弾。前2作を受けての完結編として作られた。1999年3月東宝系公開。監督は前2作に引き続き金子修介。前作『ガメラ2 レギオン襲来』から3年後の世界を舞台に、ガメラによって両親を殺された少女の憎しみが生んだ謎の生命体イリスとガメラとの壮絶な戦いを描く。京都駅での最終決戦は怪獣映画史上初の屋内決戦となった。キャッチコピーは「わたしはガメラを許さない。」

『ガメラ3 邪神覚醒』の概要

Gamera and irys

『ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒』とは、大映の制作で1999年(平成11年)3月6日に東宝系で公開された平成ガメラシリーズの第3弾。第1弾『ガメラ 大怪獣空中決戦』から4年後、第2弾『ガメラ2 レギオン襲来』から3年後の世界を舞台に、シリーズ完結編として製作されたモンスター・パニック・ムービー。
しばしば怪獣映画を見る人が持つ「いくら正義の味方の怪獣でも、悪の怪獣を倒すために街中で激しく戦ったら一般市民が巻き添えとなって犠牲になるのではないか?」という疑問に挑んだ作品となっており、宣伝キャッチコピーは「わたしはガメラを許さない。」
また、ガメラとイリスの二大怪獣最終決戦の舞台を京都駅構内としており、これは怪獣映画史上で初めて、屋内で怪獣同士が戦うシーンとなった。
監督は、前2作に引き続き金子修介が担当。脚本の伊藤和典、撮影の戸澤潤一、特技監督の樋口真嗣、音楽の大谷幸も前2作に続き顔を揃えた。
キャストでは、第1作『ガメラ 大怪獣空中決戦』で主演した中山忍が今回も同じ長峰真弓役で主演。藤谷文子、螢雪次朗、渡辺裕之は3部作全てにおいて同じ役での出演となった。第1作出演の本田博太郎、第2作出演の川津祐介も同じ役どころで顔を見せている。

本作は当初から完結作の意気込みで製作されていたが、配給収入が10億円を突破していれば、すぐに4作目の製作の話になったとも言われていた。だが配給収入6億円、観客動員100万人と結果的に目標の10億円には届かなかったため、この成績を受けて正式にシリーズ終了が決定したという。
劇場公開前の1999年2月には、メイキングビデオ『GAMERA1999』(VHS、メディアファクトリー)と『ガメラ巨大生物審議会』(DVD、アミューズソフトエンタテインメント)が発売された。また、2016年7月16日より4Kデジタル復元版が劇場公開されている。

『ガメラ3 邪神覚醒』のあらすじ・ストーリー

007

赤道直下国の村で発見されたギャオスの死体を調査する真弓。

1999年、4年前にギャオスを発見して今やその研究の第一人者となった鳥類学者・長峰真弓は、赤道直下の国のとある村でギャオスの死体を調査していた。「この鳥は他にも居た?」と尋ねる真弓に村人たちは一斉に空のある方向を指差した。
同じ頃、日本の最南端にある沖ノ島近海では、深海探査機「かいこう」が深海の調査をしていた。そこで探査員が見たものは、海底に沈んだおびただしい数のガメラの骨であった。

4年前の1995年、幼い少女・比良坂綾奈は、東京の自宅でガメラとギャオスとの戦いの巻き添えによって両親を失い、以来、両親がガメラに殺されたと思い込んでいた。
4年後、中学生になった綾奈と小学生の弟・悟は、奈良県の南明日香村に住む親戚の日野原家に引き取られていた。だが、綾奈はガメラへの逆恨みからくる激しい憎悪に囚われ、未だに周囲の人々と打ち解けられずにいた。ある日の放課後、綾奈は悟をいじめる同級生の女子3人組から度胸試しの真似事をさせられる。それは数百年続く旧家・守部家の敷地にある「柳星張(りゅうせいちょう)」が眠ると言い伝えられる洞窟の中に入り、「柳星張」を封印する石を持ち出すことだった。「柳星張」とは中国の伝説上の神獣で南方を守護する朱雀に対応すると言われ、洞窟内の太古から祀られた祠に卵の状態で封印されているのだ。その現場を目撃していた妹から事の次第を知らされた綾奈の同級生の少年・守部龍成が現場に駆け着けてみると、綾奈は石を洞窟の外へ運んできた。その石を代々守ってきた守部家の長男である龍成は、すぐに石を洞窟に戻すよう綾奈に命じる。そして2人で洞窟の奥へと石を運んで行くと、そこで奇妙な卵状の物体を見つけたのだった。

008

ガメラはギャオスを追って渋谷の街に現れた。

1995年以来、頻繁に起こる巨大生物の襲撃に対し、日本政府は「巨大生物被害対策委員会」の設置を決定。その第3回の総会に真弓も出席していた。そこにはかつて真弓と共にギャオス対策に当たった環境庁の斉藤雅昭も居り、内閣官房所属の朝倉美都を始め各方面の専門家たちによって審議が開かれた。その会議中である同日午後7時半頃、東京・渋谷上空に2匹のギャオスが出現する。そしてギャオスを追ってガメラも現れ、1匹目のギャオスはガメラのプラズマ火球で撃墜され渋谷駅近辺に落下した。渋谷駅に降り立ったガメラはプラズマ火球を連発し、もう1匹のギャオスも粉砕するのだが、逃げ惑う人間たちへの被害を一切顧みない戦いの果てに、渋谷周辺は完全に壊滅し、1万人以上もの犠牲者が出てしまう。そして、政府と世論はこの惨劇を機にギャオス以上にガメラを危険視することになるのだった。そしてテレビのニュースを見ていた綾奈もまたガメラへの更なる憎しみを深めていく。

ある日、無断で学校を休んだ綾奈は1人で洞窟に入って行った。その日の夕方、龍成は休んだ綾奈が気になって洞窟へ入ってみると、綾奈は奇妙な生物と一緒に居た。その生物は以前に見付けた卵状の物体から生まれたものだった。驚いた龍成は「こいつが何だかわかってるのか?」と言うと綾奈は、その生物を自分が育てると言い、死んだ飼猫の名前である「イリス」と名付けた。そして「この子に敵を取ってもらう」とイリスが両親の仇であるガメラを殺すことを願うのだった。龍成は守部家の祖母から「あれ(柳星張)が蘇ればこの世は滅びる」と聞いていたため、必死に綾奈を諭すのだが、聞く耳を持たない彼女はイリスを密かに育てていく。
そんなある日の放課後、綾奈が洞窟に立ち寄ってみるとイリスの姿が無かった。慌てて外へ探しに行くとイリスは林の中にうずくまっていた。「淋しかったんだね、私を探してたんだね…」と声を掛ける綾奈の目の前でイリスは急速に成長すると、沢山の触手で彼女を包み込むのだった。夜になっても戻らない綾奈を心配した日野原家の長男・繁樹から、居所を知らないかと連絡を受けた龍成は、すぐに洞窟に駆けつけてみると、なんと成長したイリスが繭を作り綾奈の体を取り込んでいた。龍成は慌てて繭を破り綾奈を救出し、外へ運びだすが彼女は意識不明になり病院へ搬送される。そしてイリスはそこから姿を消してしまった。

009

洞窟から抜け出した幼体のイリスは、探しに来た綾奈と融合を試みる。

世界中でギャオスが出没する事態が起こり、ギャオスを追うガメラの姿も目撃されていた。そんな折、真弓の元へ総会で会った朝倉のブレーンであるゲーム作家の倉田真也から、地球の生態系を循環する生命エネルギー「マナ」をシミュレーションしたディスクが送られた。さらに、かつてガメラと交信した少女・草薙浅黄から連絡があり、こちらでもやはり「マナ」に関する話を聞く。そして真弓は1996年にガメラがレギオンを倒すために「マナ」を大量に消費したことで、地球環境のバランスが大きく崩れ、ギャオス大量発生の引き金となったのではないかという仮説を立てるのだった。

その頃、ギャオスらしき生物が南明日香村に出現した。報告を受けた真弓は、渋谷でホームレスとなっていた元長崎県警の警部・大迫と偶然に再会し、過去にギャオスやレギオンを目撃したことで人生を狂わされ消沈する彼を励まして共に現地へ向かう。そこでは、日野原家が襲われミイラ化した住人が発見された。守部家の洞窟内に残された卵の殻と繭の組織片を調べていた真弓は、洞窟前の祠から「柳星張」を止めるための伝統の剣を持ち出そうとする龍成と出会った。そして綾奈の存在を知った真弓と大迫は病院で眠る綾奈の元を訪れた。真弓は綾奈の首に掛けられたガメラのものとは違う形の勾玉が気になり、浅黄にその事を伝えると興味を持った彼女も南明日香村を訪れることになる。
その夜、真弓が採取した組織片を受け取った国立遺伝子研究所からの連絡によると、その生物はギャオスの変異体であるが、ギャオスとは別の生命体であり、「どこまで進化し続けるのか予測が出来ない」という結論であった。翌朝、病院に付き添っていた綾奈の弟・悟から電話が入り病院に行ってみると、綾奈が別の病院へ移送されたというのだ。だがその病院からは指示が出ていないという。行先は京都だという事だけで綾奈は消えてしまった。

010

人間を襲って巨大化したイリスを陸上自衛隊が攻撃する。

綾奈は、京都の朝倉の元に寝かされていた。病院から移送したのは彼女の独断であった。真弓は斎藤から綾奈が間違いなく朝倉の元にいるという情報を得ると、浅黄と共に京都の綾奈の元へと向かった。京都で2人を待ち構えていたのは倉田だった。倉田は2人を朝倉の元へ案内する途中、深海の「ガメラの墓場」は「マナ」の器たる守護獣になれなかったガメラの廃棄場である、という自説を披露する。そして朝倉に会った真弓は、イリスが綾奈と神経融合を試みた可能性を示唆し、綾奈を施設の整った東京の病院へ搬送するべきだと主張する。その頃、奈良の山中で、キャンプ中の女性が成体となったイリスに襲われた。イリスは山中の生物を捕食し巨大化していたのだ。直ちに陸上自衛隊が出動し、地上から攻撃を仕掛けるが全く歯が立たずに全滅する。イリスは綾奈のいる京都へと飛び立った。イリスはガメラと戦うため、綾奈との完全な融合によって彼女のガメラに対する憎しみを持ったDNAを吸収しようとしているのだ。
時を同じくして、南明日香村に大迫と共に残っていた龍成は、イリスが綾奈を追って行ったことを確信し、彼女を助けるべく京都へ行く決心をする。
その後、飛行するイリスを航空自衛隊が追ってミサイル攻撃を加えていると、どこからともなくガメラが現れイリスを追い始めた。だが、自衛隊は攻撃目標をガメラに変更するとパトリオットミサイルをガメラに的中させた。失速して降下するガメラ。イリスは自衛隊がガメラを妨害している隙をついて逃亡。その頃京都には台風が来ており、戦闘機は暴風雨のため接近出来ず、イリスはその分厚い雲の中を降りて京都の地へ降り立った。

一方、真弓と浅黄は、東京へ戻るため綾奈を起こして京都駅まで連れて来ており、朝倉と倉田も同行していた。京都市内にイリスが現れたことを知ると綾奈はイリスに導かれるように見晴らしの良い場所へと飛び出して行く。するとイリスに向かってガメラが猛スピードで飛行して来た。対峙するガメラとイリス。その光景を見ながら、倉田は、朝倉がギャオスを創造した超古代文明人の末裔であり、イリスと交わるのは本来なら彼女の役割だったらしいと話す。朝倉はイリスと交信した綾奈を調査するために彼女を京都へ移送したのだった。

011

京都に現れたイリスを追って来たガメラ。最終決戦は京都駅構内にもつれ込んだ。

「殺して!」と叫ぶ綾奈の憎悪に満ちた思いを受け邪神と化したイリスは、槍のような触手でガメラの胴体を刺し貫くなど圧倒しはじめ、遂にガメラは京都駅ビル構内に叩き伏せられる。朝倉は綾奈から勾玉を奪い取ると、イリスとの交信を試みるが叶わず、倉田と共に瓦礫に押し潰されてしまった。動きの停止したガメラをよそに、イリスはそのまま綾奈との融合を試みようとする。そこへ、やっとのことで京都駅にたどり着いた龍成が、持って来た守部家伝統の剣をイリスに投げつけた。その剣はイリスに跳ね返って綾奈の頬をかすめると、綾奈は我に返った。なおも剣を持って立ち向かおうとする龍成を吹き飛ばしたイリスは、正気に戻った綾奈を体内に強引に取り込み融合を果たそうとした。その時綾奈はイリスの体内で、ガメラに対する憎しみが、両親を失ったショックによって現実を受け入れられず、ガメラを凶悪な存在として増長させていた思い違いであった事、その憎しみによって、イリスが日野原家の家族や多くの人を犠牲にした事実を知り、「誰か助けて!」と叫んだ。その瞬間、イリスは復帰したガメラに腹部を抉られると、綾奈を取り出されてしまう。だが次の瞬間、今度はイリスがガメラの右手を槍の触手で貫き身動きを取れなくした。瓦礫に足を挟まれた真弓を必死に助けようとしていた浅黄は、ガメラの勝利を祈るように見守っている。イリスは、ガメラの遺伝子から読み取って再現したプラズマ火球でガメラに止めを刺そうとする。絶体絶命に追い込まれたガメラは咄嗟に自らの右腕を自分の火球で吹き飛ばした。そしてイリスが放った火球をその切断した右腕で受け止めると、炎の拳と化した右腕をもの凄い勢いでイリスの腹部の傷口に突っ込んだ。断末魔の叫びを挙げたイリスは、そのまま京都市内全域に響き渡るような爆発を起こし粉砕した。

見るも無残に破壊された京都駅に佇む真弓と浅黄の前に、ガメラは守り通した綾奈を差し出した。綾奈は真弓の必死の人口蘇生によって助かり、龍成も無事に生還する。ガメラへの憎しみが消えた綾奈は、自分を見つめるガメラに「どうして私を助けたの?」と言いながらも、抱きしめる龍成の腕の中で自身の所業を深く悔やんで涙する。全てが終わり、ガメラは天に向かって雄叫びを上げた。

その頃、航空自衛隊の司令官の元へある連絡が入っていた。それは世界中の大量のギャオスが日本へ向かい始めているとのことだった。そして日本政府から自衛隊に命令が下った。「攻撃目標をガメラからギャオスに変更し、陸・海・空の自衛隊の総力を結集しこれに対処せよ!」と。

『ガメラ3 邪神覚醒』に登場する怪獣

ガメラ

23

プロフィール

分類:不明
年齢:推定1億5千万歳
体高:80メートル
全長:不明
甲羅長径:約60メートル 甲羅短径:約40メートル
体重:120トン
大気圏内飛行速度:マッハ3.5
水中潜航速度:180ノット
エネルギー:プラズマエネルギー
武器&技:怪力/回転ジェット/プラズマ火球/ハイ・プラズマ/エルボー・クロー/ウルティメイト・プラズマ(究極超烈火球)
生息地:普段は深海で活動

特徴

巨大な亀の姿をした怪獣。甲羅の表面は「鱗のような重なり合った形状」になっており、下顎の左右両端から大きな牙が1本ずつ、上に向かって生えている。血液は緑色である。頭がかなり大きく重いため、仰向けに転倒すると無防備で危険な状態となってしまい、ジェット噴射を行わなければ起き上がれない。目は大きめで、かなり柔らかな顔付きをしている。両足のみを甲羅に引き込んで飛行する際は腕を上ないし、前に出して飛行する。その際、尻尾は甲羅に収納される形となる。首や手足はやや太く、短め。歩き方に関しては直立二足歩行である。 人間に換算すると30.0という驚異的な視力を持つ。

本物の亀のように、頭や手足、さらには尾までも甲羅内へ引き込める。手足を引き込んだ位置から火炎を噴射し、その推進力を利用して大気圏内はもちろん宇宙空間でも飛行できる。手足を引き込んだ四ヶ所から火炎を噴射しつつUFOのごとく回転して飛ぶ場合と、後脚の部分から後方に火炎を噴射し、前を向いたまま飛ぶ場合がある。膝や肘からのジェット噴出で飛行し、付近のヘリコプターを不安定にさせる突風が生じるほどの超高速で回転する。
口からのプラズマ火球と怪力、噛み付きなどのほか、周囲の岩や建造物を武器として使用することもある。

本作では、甲羅の側面や正面がとげとげしく変化している。また、飛行時に平たく伸ばした腕を翼のように可動できるようになっているなど、『ガメラ2 レギオン襲来』での作品設定から更なる進化を遂げており、可愛さは一切なくなっている。

イリス

22

プロフィール

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents