BEATLESS(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『BEATLESS』とは、長谷敏司によるSF小説であり、水島精二が監督を務めるアニメ作品である。
22世紀、人はhIEと呼ばれる人間型ロボットを、様々な場面で活用していた。高校2年生の遠藤アラトは、平凡だが心優しく、hIEに対しても思いやりを持って接していた。しかし、ある夜アラトはhIEに襲われる。助けを求めるアラトの前に現れたのは、レイシアと名乗る謎のhIEだった。
「ヒト」であるアラトと「モノ」であるレイシアを中心に描かれる近未来SFアニメ。

CV:下地紫野

レイシア級hIE Type-003

メトーデ

CV:雨宮天

レイシア級hIE Type-004

その他

遠藤 コウゾウ

CV:内田夕夜

アラトとユカの父親。自動化行政システム「マツリ」や「ミコト」の開発者にしてhIE研究の第一人者。

如月 明日菜

CV:福圓美里

ファビオンメディアグループの企画セクションに勤務。レイシアのモデル活動を支えている。

『BEATLESS』の用語

hIE(humanoid Interface Elements)

Humanoid Interface Elementsの略で、22世紀に入り一般に普及した人間型ロボット。ロボット本体には頭脳部がなく、その動作の全てはクラウド上のコンピューターで制御されている。
代理労働契約制度により、hIEを自分の替わりに働かせることが認められているため、以前は人間が行っていた仕事の多くを現在はhIEが担っている。その用途は、接客・家事代行・モデルなど幅広い。

アナログハック(Analog Hack)

人間は同じ人間の"かたち”に反応して様々な感情を抱くという本能があり、例えば警官の格好をした人形を見ると緊張感を抱く。アナログハックとは、このように考えるよりも速く視覚をはじめとする五感で感情が動いてしまうという意識のセキュリティーホールを狙い、アナログな人間の意識をハッキング(誘導・改変)すること。
hIE が人間の”かたち”をしているのは、アナログハックを利用するため。

超高度AI

コンピューターの計算能力増大の結果、人類知能を凌駕した人工知能の総称。全世界で39台が稼働している。
超高度AIが誕生して50年以上が経つが、その利用は研究開発用途に限られており、人類の存続に関わるインフラには接続することも禁止されている。

レッドボックス

超高度AIが作る、人類には到達できない技術の産物のこと。
「レッドボックス」という名称には、観測者から遠ざかる光が赤から黒に変わるように、人類が必死に追わなければ遠ざかりいずれブラックボックスになるという意味が込められている。

ミームフレーム社(Memeframe Corporation)

世界最大のhIE行動管理クラウドのプラットフォーム企業。全世界で39台ある超高度AIのうちの1台《ヒギンズ》を所有している。
社内では、経営判断を《ヒギンズ》に仰ごうとする「親コンピューター派閥」と、人間の組織は人間が運用しようという「人間派閥」に分かれており、派閥争いが起きている。
《ヒギンズ》に非常時のデータ運搬用のhIEとして《レイシア級hIE》の開発を依頼する。東京研究所で《レイシア級hIE》5体を完成させるが、脱走されてしまう。

抗体ネットワーク

hIEに対して排他的で、hIEを破壊する活動を繰り返すテロリスト集団。情報提供役と実行役に分かれている。実行役は提供役から得る情報をもとに、hIEの破壊を行っている。

KaoKae
KaoKae
@KaoKae

Related Articles関連記事

BEATLESS(第3話『You’ll be mine』)のあらすじと感想・考察まとめ

『BEATLESS』とは、長谷敏司によるSF小説であり、水島精二が監督を務めるアニメ作品である。 モデルの仕事をして以降、アラトが自分の事を変に意識していると感じたレイシアは、アラトにある事を仕掛ける。その甲斐あって2人の距離は少し縮まるが、翌日レイシアは何者かに誘拐されてしまう。アラトは遼やケンゴの力を借りてレイシアを見つけ出すが、そこで新たな敵に攻撃を受ける。 今回は「BEATLESS」第3話『You’ll be mine』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

BEATLESS(第4話『Automatic world』)のあらすじと感想・考察まとめ

『BEATLESS』とは、長谷敏司によるSF小説であり、水島精二が監督を務めるアニメ作品である。 紅霞が現れて以来ケンゴはhIE議員襲撃のための訓練を受けていた。ケンゴを心配したオーリガの相談をきっかけに、アラトとレイシアはケンゴが抗体ネットワークの一員で、hIE議員の襲撃計画に加わっていることを知る。そして、ケンゴを助けることを決める。 今回は「BEATLESS」第4話『Automatic world』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

BEATLESS(第1話『Contract』)のあらすじと感想・考察まとめ

『BEATLESS』とは、長谷敏司によるSF小説であり、水島精二が監督を務めるアニメ作品である。 22世紀、人はhIEと呼ばれる人間型ロボットを、様々な場面で活用していた。17歳の遠藤アラトは心優しい少年で、一般的には“道具”と認識されているhIEに対しても思いやりを持って接していた。平穏な日々を過ごしていたアラトはある夜事件に巻き込まれ、謎のhIE・レイシアに命を救われる。 今回は「BEATLESS」第1話『Contract』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

BEATLESS(第2話『Analog hack』)のあらすじと感想・考察まとめ

『BEATLESS』とは、長谷敏司によるSF小説であり、水島精二が監督を務めるアニメ作品である。 ある事件をきっかけにオーナー契約を結んだ高校生のアラトと謎のhIEレイシア、そしてアラトの妹ユカとの新しい生活が始まった。ある日、ユカが応募したhIEモデルオーディションでレイシアはグランプリになり、アラトの心配するなかモデルの活動を始める。 今回は「BEATLESS」第2話『Analog hack』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

夏色キセキ(Natsuiro Kiseki)のネタバレ解説まとめ

『夏色キセキ』は2012年4月から6月まで放送されたテレビアニメ。 2009年の結成当初から温められていた寿美菜子、高垣彩陽、戸松遥、豊崎愛生による声優ユニット「スフィア」の4人を主演にしたアニメの企画が実現したもので、静岡県下田市に住む女子中学2年生4人の日常と、御石様と呼ばれる願い事を叶える不思議な石の力によって巻き起こる「キセキ」が描かれている。 作品の舞台となった下田市民からは作品終了後も愛されており、キャラクターの誕生日が近付くと「誕生日会」と銘打ったオフ会イベントが行われている。

Read Article

目次 - Contents