バジリスク〜甲賀忍法帖〜(Basilisk: The Kouga Ninja Scrolls)のネタバレ解説まとめ

『バジリスク〜甲賀忍法帖〜』とは、山田風太郎の小説「甲賀忍法帖」をせがわまさきが漫画化した作品。2005年にTVアニメ化もされている。この物語は徳川将軍家の世継ぎ問題に巻き込まれた伊賀と甲賀、その両家の跡取りが愛し合いながら殺し合いをする運命をどのように受け止めるかを描く時代劇漫画。

『バジリスク〜甲賀忍法帖〜』概要

左が伊賀鍔隠れ衆、右が甲賀卍谷衆となっている。

バジリスク 〜甲賀忍法帖〜とはせがわまさきによる漫画作品で全5巻。
2003年4号から2004年13号にかけてヤングマガジンアッパーズにて連載。
2005年、GONZOによりTVアニメ化され原作にはないオリジナルエピソードも盛り込まれている。
日本国内で初となるアニメファンドの投資対象作品として制作される。
オープニングを陰陽座が手掛けており、サブタイトルの「鬼哭啾啾」や「来世邂逅」等は陰陽座の曲のタイトルから使用されている。
2007年、2014年にパチンコ化。2009年パチスロ化され好評を得て2016年までに4機種発売されている。
2015年に作家の山田正紀が、バジリスクから10年後の続編小説「桜花忍法帖~バジリスク新章~」を執筆している。

『バジリスク〜甲賀忍法帖〜』のあらすじ・ストーリー

第1巻

慶長十九年、駿府城にて天下人・徳川家康は三代将軍の世継ぎのことで長子・竹千代派と次子・国千代派が骨肉の争いをしていることにより頭を抱えていた。そこで徳川幕府後見人である南光坊天海の助言により、対立関係にあった甲賀と伊賀という忍者の二代宗家を争わせ、十人対十人の忍法殺戮合戦を決行し、結果どちらが生き残るかを賭けて、三代将軍の世継ぎ問題を解決させることにした。だが憎しみ合う両家のそれぞれの跡取り、甲賀弦之介と伊賀の朧は深く愛し合っていた。徳川家康は駿府城で、甲賀卍谷頭領の甲賀弾正が連れてきた、蜘蛛男の様な体型を口から粘り気のある痰を飛ばし相手の動きを封じることのできる風待将監と、伊賀鍔隠頭領のお幻が連れきた、若くて華奢だが黒縄という糸を使って岩をも切り裂くことができる夜叉丸に御前試合をさせた後、先代服部半蔵と交わした「不戦の約定」を解いた。不戦の約定とは激化していく甲賀と伊賀の両者が争わないように先代服部半蔵が間に立ち定めた約定である。
徳川家康は、甲賀と伊賀の十人の名前が乗っており不戦の約定が解かれたことも記され、五日晩日に駿府城まで持ってきた方が勝者と書かれた「人別帳」を甲賀と伊賀に渡した。
甲賀弾正は風待将監に人別帳を届けるように渡し、伊賀のお幻も夜叉丸に伊賀に届けるように伝え渡した。しかし夜叉丸が伊賀に戻る際、弾正とすれ違った時に人別帳は弾正にスリ取られる。その後二人になった弾正は不意をついてお幻の喉を毒針で刺すが、その毒針で弾正もお幻に刺され相討ちとなる。そして弾正がスリ取った伊賀側の人別帳はお幻が使役している鷹が持ち去り、伊賀の手に渡って不戦の約定が解かれたことを知るのであった。
弾正と共に駿府城に赴いていた甲賀の風待将監、占いで凶事が出て様子を見に向かった地虫十兵衛は不戦の約定を解かれたことを先に知った伊賀衆に討ち取られてしまう。風待将監が持ち帰るはずだった人別帳はこの時点で伊賀の手に渡り、甲賀に不戦の約定が解かれたことを知られない為に燃やされてしまうのであった。そのことを知らずに、甲賀弦之介と護衛の鵜殿仗助は伊賀の朧の元に訪れていた。そして伊賀の雨夜陣五郎により鵜殿仗助は討ち取られてしまうのであった。

第2巻

甲賀衆より先に人別帳を手に入れて不戦の約定を解かれたことを知った伊賀衆は、甲賀の風待将監、地虫十兵衛、鵜殿仗助を次々に葬り去る。一方その頃甲賀弦之介は、伊賀の隠里で朧とのんびりしていた。伊賀衆が弦之介に手を出さなかったのは弦之介の瞳術を恐れ、警戒していた為である。
一方甲賀の里では、伊賀の薬師寺天膳、簑年鬼、筑摩小四郎、小豆蠟斎、蛍火の5名が奇襲をかける。しかし不意を付いたはずの伊賀衆だったが甲賀の室賀豹馬と霞刑部によって失敗に終わり逃げ帰る。不戦の約定があるはずなのに襲ってきた伊賀衆を不信に思った室賀豹馬は、駿府城に向かう道で東海道がある北から攻めてきた伊賀の方向に何かあるのではないかと勘繰り、如月左衛門と霞刑部を東海道に向かわせるのであった。東海道で二人は、駿府城から帰ってくる途中の夜叉丸を見つけ、如月左衛門の忍法で伊賀の薬師寺天膳の声色を使い、不戦の約定が解かれたことを聞き出した。如月左衛門は、伊賀の夜叉丸を葬ったあと伊賀の屋敷に忍び込む。討ち取った夜叉丸に変装し、人別帳を手に入れた如月左衛門は朧に出会ってしまい、朧の見た者の忍法を破ってしまう「破幻の瞳」の力によって正体をばらされてしまう。
しかしそこに、一緒に同行して身を潜めていた霞刑部が助太刀をし、人別帳を伊賀の里に滞在していた甲賀弦之介の下まで届けるのであった。不戦の約定を解かれたことを知った甲賀弦之介は、甲賀の里がある卍谷に帰るべく、伊賀の足止めにきた忍者軍団を敵意を持った相手を自決に追い込むことのできる「瞳術」によって薙ぎ払い、朧が弦之介を呼び止めようとするが振り向かずに立ち去るのであった。
そして、朧は味方の忍法さえ解いてしまう自分の目に危機を感じた後、七日七夜閉じて開かぬという「七夜盲の秘薬」を自らのまぶたに塗り破幻の瞳を封じてしまうのであった。

第3巻

人別帳を見た甲賀弦之介は、駿府城に行き徳川家康と服部半蔵に不戦の約定が解かれた理由を聞きに行く為、あえて人別帳を伊賀に返す(人別帳を持ったまま駿府城に行くと甲賀の勝ちとなる為である)。また人別帳と一緒に書状が渡され中身には、人別帳に乗っている残りの甲賀衆と一緒に東海道から駿府城に向かうこと、伊賀から攻撃してくるのなら戦は好まぬが迎え撃つことを書き記していた。これは伊賀が甲賀卍谷に攻めても、人別帳に乗っている者たちはいないことを明確にし、無益な殺生をさせない為である。
伊賀の蛍火と簑念鬼は、甲賀弦之介達の居場所を確認する為に先行で追いかけた。弦之介たちを見つけた二人は奇襲し、弦之介の目を七夜盲の秘薬によってふさぐことに成功する。しかし、室賀豹馬の瞳術と如月左衛門の変装によって、伊賀の二人は討ち取られるのであった。
甲賀を先回りにする為に、桑名の船場から船に乗った伊賀の朧達は甲賀の霞刑部に襲われる。天膳は、朧の弦之介にお慕いしている気持ちの未練を断ち切る為に無理やり犯そうとしたが、床や壁に同化できる忍法を使う霞刑部の手によって天膳の首を折るのであった。しかし、不老不死(生まれたときより持っている力で天膳と一緒に生まれるはずだった双子の片割れが天膳の体内住み着いている)の力をもつ天膳の手によって霞刑部は壁に同化したままの状態で殺されてしまう。ここにきて甲賀、伊賀両名4名ずつになるのであった。

第4巻

甲賀弦之介達の元に伊賀の天膳が奇襲をかけるが、室賀豹馬の瞳術によって返り討ちにあうのであった。天膳を探しにきた筑摩小四郎は、室賀豹馬と戦い見事室賀豹馬を討ち取る。しかし、救援に駆けつけた陽炎の情欲に身を任せるときに吐息が毒になる忍術によって筑摩小四郎も討ち取られてしまう。
その後、甲賀弦之介と陽炎、如月左衛門は岩の影に隠れ、様子を見に来た伊賀の朧と朱絹を討ち取ろうとするが、将軍家ご世子竹千代様の乳母の阿福が行列を連れてたまたま通りかかり、不意打ちは失敗に終わった。
また、この時朧と朱絹は阿福に不戦の約定を解かれた真意(徳川の世継ぎ争いの為に戦わされていること)を初めて知らされ、朧は阿福と一緒に駿府に行くことを決める。岩の影で隠れて動向を見聞きしていた甲賀衆も不戦の約定を解かれた真意をここで初めて知ることになった。そして討ち取られたはずの天膳は生き返り朧たちの元へ向かうのであった。

第5巻

甲賀の如月左衛門は伊賀の薬師寺天膳に変装し朱絹を呼び出すことに成功。そして陽炎と二人で討ち取るのであった。しかし如月左衛門は蘇った薬師寺天膳に殺されてしまう。
捕まった陽炎は甲賀弦之介を呼び出すために、薬師寺天膳に拷問されてしまうのであった。助けに来た甲賀弦之介は薬師寺天膳の首を刎ねる。しかし、首を刎ねても不死の体を持つ天膳は、生き返ろうとする途中で七夜盲の秘薬が解かれた朧の破幻の瞳によって不死の力を破られてしまい、完全に死んでしまう。甲賀と伊賀の因縁と人別帳の為に死んでいった仲間達の為に、戦いを避けられないと悟った弦之介は朧と対峙する。しかし「弦之介さまの手に掛かって死にとうございます」と朧は死を望んだ。弦之介は「そなたを斬れぬ」と朧を殺すことはできなかった。拷問の傷により死ぬ間際にその場面を目にした陽炎は、最後の力を振り絞って毒を使って弦之介と心中しようとする。心中しようとした理由は好きな想いが届かなくこのまま二人で逃げても安住の地が無いと悟った為である。
しかし陽炎の毒は、朧の破幻の瞳で止められてしまい心中できないまま一人で力尽きてしまった。陽炎の毒を少々当てられた弦之介は倒れ、その後二人は阿福の軍に取り囲まれてしまい、気を失っている弦之介を阿福の軍から殺されないように助けるため、服部半蔵の前で果し合いをすることを決意し、その場をおさめ甲賀弦之介と朧は決闘をすることになるのであった。そして朧は弦之介を愛するが故に殺すことができないので決闘が始まってすぐに目の前で自害し、それを七夜盲の秘薬が解かれてすぐ見た甲賀弦之介は伊賀の勝ちなりと人別帳に書き記し自害してしまう。ここで甲賀と伊賀の戦いは終りを告げたのであった。

『バジリスク〜甲賀忍法帖〜』の登場人物・キャラクター

甲賀卍谷衆

甲賀弦之介(こうが げんのすけ)

CV:鳥海浩輔
本作の主人公。甲賀弾正の孫で室賀豹馬は叔父にあたる。殺意を持って襲いかかってくる敵を自滅させる瞳術使い。甲賀と伊賀の和平に好意的であり、基本的に争いを好まない性格。また、次期当主としての統率力もあり無慈悲に敵を葬り去ることも厭わない冷徹さや苛烈さもある。最後は朧を抱き抱えながら川の中で自害した。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

かくりよの宿飯(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『かくりよの宿飯』とは、友麻碧のキャラクター小説をアニメ化したものである。 製作はGONZO、監督は奥田佳子が務めている。 妖(あやかし)を見ることの出来る女子大生の津場木葵(つばきあおい)が隠世(かくりよ)にある老舗宿「天神屋(てんじんや)」の大旦那を名乗る鬼神(きじん)に連れ去られ、祖父が残した借金のかたとして嫁入りを強要されるがこれを拒み、返済のため天神屋近くにあった閉店状態の小料理屋を料理の腕を活かして切り盛りしていく物語である。

Read Article

LAST EXILE(ラストエグザイル)のネタバレ解説まとめ

2003年にGONZOが制作した、10周年記念の作品。 主人公のクラウスはヴァンシップと呼ばれる小型飛行艇に乗り、ヒロインのラヴィと共に「空の運び屋」の仕事をしていた。ある日一人の少女に出会う事で戦争と、グランドストリームという空の彼方にある秘密へと挑んでいく。主人公は作中の個性的なキャラクター達と成長し、やがてエグザイルというグランドストリームの真実を知る偉業を成し遂げるのだった。

Read Article

GAD GUARD(ガドガード)のネタバレ解説まとめ

「GAD GUARD(ガドガード)」とは、「GONZO」製作のアニメーション作品。2003年にフジテレビで放送された。数百年後の未来の街で、主人公「ハジキ」はGAD(ガド)と呼ばれる不思議な物質に出会い、GADから鉄鋼人と呼ばれる人型の機械「ライトニング」を手に入れる。ハジキはGADに纏わる事件や戦いに巻き込まれ、成長して行く。

Read Article

かくりよの宿飯(第14話『南の地から黒船来ます』)のあらすじと感想・考察まとめ

天神屋にやって来た折尾屋の船には、旦那頭の乱丸達だけではなく、黄金童子も一緒に乗っていた。黄金童子に頭を下げる大旦那を見た葵は、夕がおに来た座敷童子の少女である黄金童子が、折尾屋の大女将であり、天神屋の創設者でもあると聞き驚く。銀次が折尾屋に戻るのを納得出来ない葵は、折尾屋に逆らい、黄金童子の神隠しの術によって、折尾屋へと連れ去られることとなる。 今回は「かくりよの宿飯」第14話『南の地から黒船来ます』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第7話『大旦那様と雨散歩』)のあらすじと感想・考察まとめ

お帳場長の白夜に「このまま客が来ないと夕がおにはもう後がない」と告げられた葵と銀次は、今月中になんとかしましょうと話し合う。そんな中お涼が、天神屋に泊まっている作家の客のために弁当を作って欲しいと葵に頼みに来た。葵は弁当を作り、作家に気に入られる。作家は夕がおの紹介記事を新聞に書き、夕がおは急に繁盛し始める。 今回は「かくりよの宿飯」第7話『大旦那様と雨散歩』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第25話『あやかしたちと花火大会』)のあらすじと感想・考察まとめ

乱丸に海宝の肴作りを申し出た葵は、乱丸から正式に任され、鶴童子たちと協力して作ることになった。雷獣の最後の嫌がらせによって、客で溢れかえった折尾屋は人手が足りず、儀式の執り行ないが危ぶまれた。しかし天神屋の大旦那の案により、天神屋の従業員たちが折尾屋を手伝うことになり、儀式は無事行われることになった。滞りのない儀式だったが、チビの悪気のない行動が葵に大きな驚きと不安を与えてしまった。 今回は「かくりよの宿飯」第25話『あやかしたちと花火大会』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第18話『天狗の親子の大喧嘩』)のあらすじと感想・考察まとめ

折尾屋から上がった煙は、松葉と葉鳥のけんかが原因だった。2人の間の確執は深く、葵は何とか仲直りしてもらいたいと願っていた。松葉が、妻の笹良が作ったがめ煮を食べ、味が違うと激怒したことを葵は葉鳥から聞いた。葵はがめ煮のあることに気づき、がめ煮を通じて松葉と葉鳥を仲直りさせることを思いつく。 今回は「かくりよの宿飯」第18話『天狗の親子の大喧嘩』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第11話『湯守の濡れ女と師匠の不知火』)のあらすじと感想・考察まとめ

折尾屋から番頭の葉鳥と湯守の時彦が天神屋にやって来た。時彦は天神屋で湯守をしている静奈を折尾屋に連れ戻そうと詰め寄るが、静奈は拒絶する。葵は、拒絶しながらも時彦を思いやる静奈を見るに忍びなく、静奈と時彦の好きなトマトの料理を2人で作る機会を作り、やがて二人の心を和解させてゆく。 今回は「かくりよの宿飯」第11話『湯守の濡れ女と師匠の不知火』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第4話『雪女と土蜘蛛を介抱しました』)のあらすじと感想・考察まとめ

天神屋の離れの小料理屋に運び込まれたお涼は高熱を出し、葵が看病をすることになった。葵を拒絶していたお涼だったが、葵の作る手料理で、体力、霊力ともに回復し、熱も下がった。お涼は、葵に天神屋に来ることになった経緯などを話始める。一方、天神屋では土蜘蛛の暁と妹の女郎蜘蛛、鈴蘭が大喧嘩をしていた。従業員達は2人の喧嘩で壊された、天神屋の部屋の後片付けに追われていた。 今回は「かくりよの宿飯」第4話『雪女と土蜘蛛を介抱しました』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第22話『雷獣の警告』)のあらすじと感想・考察まとめ

折尾屋の廊下を歩いていた葵は雷獣と初めて対面する。雷獣の物言いに気持ち悪さを感じた葵は、表に逃げ出す。執拗に追いかけて来る雷獣に、お前の料理は私には通用しないと言われ、葵は戸惑う。その時口に飴玉のようなものを入れられた。再び折尾屋に逃げ戻った葵は、乱丸に助けられ雷獣から逃れた。旧館で海宝の肴の試食会を開いた葵は、酒をひと口含んだとたん異変を感じ、そのまま倒れてしまった。 今回は「かくりよの宿飯」第22話『雷獣の警告』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第15話『あやかしお宿から攫われました』)のあらすじと感想・考察まとめ

折尾屋に攫われた葵は、地下の座敷牢に入れられる。葵と一緒に攫われたチビの機転により、牢を脱出することが出来たが、乱丸と秀吉からは変わらず、手荒な扱いを受ける。イベントのために折尾屋に泊まっていた松葉と再会することが出来た葵は、松葉の朝食を作ることになった。折尾屋でも、葵の料理の力が発揮されてゆくこととなる。 今回は「かくりよの宿飯」第15話『あやかしお宿から攫われました』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第8話『九尾の若旦那とお買い物』)のあらすじと感想・考察まとめ

妖王家の結婚記念日のメニューを考えていた葵は、ラムネを仕入れに行った帰り道、子猫のあやかしと戯れる白夜の姿をみた。厳格な白夜の別の一面を見た葵は、白夜に夕がおで朝食を振る舞う。そして妖王家夫妻のことを尋ね、メニュー作りの参考にする。食材を探して東の地を銀次と訪れた葵だったが、何者かに連れ去られてしまう。 今回は「かくりよの宿飯」第8話『九尾の若旦那とお買い物』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第1話『あやかしお宿に嫁入りします』)のあらすじと感想・考察まとめ

亡くなってしまった祖父、津場木史郎(つばきしろう)から受け継いだあやかしを見る能力を活かして、あやかし達とふれあいながら楽しい大学生活を謳歌していた津場木 葵(つばき あおい)はある朝、通学途中の神社前で今まで会ったことのない鬼の面を被ったあやかしと遭遇する。そして祖父が行き来していたという「かくりよ」の世界に連れ去られてしまう。 今回は「かくりよの宿飯」第1話『あやかしお宿に嫁入りします』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第26話『あやかしお宿に美味い肴あります』)のあらすじと感想・考察まとめ

葵が御簾の中に見たものは、涙を浮かべた小さな子供のような海坊主だった。御簾を上げ、海坊主の姿を皆に見えるようにした葵は、海坊主の寂しさを癒してあげることこそが、自分の使命だと感じる。葵たちと一緒に海宝の肴を楽しみ、夜神楽を葵の膝下で観賞した海坊主は、「ありがとう」と感謝の言葉を残して、暗い海の彼方に帰って行った。葵も南の地での役目を終えて、銀次と共に天神屋に帰ることになった。 今回は「かくりよの宿飯」第26話『あやかしお宿に美味い肴あります』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第19話『月の夜の銀の獣』)のあらすじと感想・考察まとめ

折尾屋に天狗の秘酒を届けた葵と葉鳥は、帰り道で笛の音を聞く。葉鳥から笛を吹くのは雷獣だと教えられ、関わらぬように忠告を受ける。旧館に戻り、炙りしめさば寿司と梅肉チーズのサラダ巻を作った葵は、ノブナガの導きで、傷ついた銀次をやしろで発見する。葵の手弁当で霊力を回復した銀次だが、乱丸も同じやしろで傷ついた姿で倒れていた。葵の料理で回復した乱丸に、人魚の鱗を取って来るという約束をしてしまう葵だった。 今回は「かくりよの宿飯」第19話『月の夜の銀の獣』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第12話『天神屋の地下に秘密あります』)のあらすじと感想・考察まとめ

葉鳥が夕がおを訪ねて来たので、葵は料理を出した。だが暁は「敵に料理を振舞ってどうするんだ」と面白くない。銀次も折尾屋の葉鳥と時彦が来てから、どこか様子がおかしく、ぎこちない。そんな折、天神屋で一つ目の子供たちが行方不明になる騒ぎがあった。暁と一緒に子供たちを探すことになった葵は、初めて天神屋に地下施設があることを知った。 今回は「かくりよの宿飯」第12話『天神屋の地下に秘密あります』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第5話『あやかしとの約束を忘れてはならぬ』)のあらすじと感想・考察まとめ

葵の手当てによって傷の癒えた暁は、葵に一緒に料理を作ろうと提案された。史郎との思い出の水餃子を作り、鈴蘭にも食べてもらった。それは、うつしよへ向かうという鈴蘭への餞別にもなった。鈴蘭のうつしよへの旅立ちを阻止しようと、天神屋に乗り込んできた八幡屋の若旦那を暁が退け、鈴蘭と葵は無事にうつしよへと旅立って行った。 今回は「かくりよの宿飯」第5話『あやかしとの約束を忘れてはならぬ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第23話『封じられた力と開かれる心』)のあらすじと感想・考察まとめ

雷獣のひねくれた策略によって、声と味覚を奪われた葵。海宝の肴作りは鶴童子たちが引き受けてくれることになった。雷獣に再び襲われた葵は、あやうく食われそうになる。その時、雷獣の苦手とする白夜が突然現れ、葵は雷獣から逃れることが出来た。白夜が招待した縫ノ陰様と律子様の持つ掛け軸の中に、蓬莱の玉の枝があると教えられた乱丸と葵。2人は蓬莱の玉の枝探索のために、掛け軸の中に旅立つこととなった。今回は「かくりよの宿飯」第23話『封じられた力と開かれる心』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第16話『双子の板前と雨女のお嬢様』)のあらすじと感想・考察まとめ

松葉様の食事を毎日一回作ることになった葵は、食材のことや、癒えぬ足の痛みに悩んでいた。そんな折葵は、魚屋に変装して折尾屋にやって来た大旦那と再開する。大旦那に食材の調達や、足の手当てをしてもらった葵は、松葉様の食事を無事作ることが出来た。そして、折尾屋の板前の鶴童子たちとの出会いを通じて、新しく雨女の淀子の食事を依頼されることとなる。 今回は「かくりよの宿飯」第16話『双子の板前と雨女のお嬢様』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第9話『妖老夫婦の結婚記念日』)のあらすじと感想・考察まとめ

東の地で連れ去られた葵は大旦那によって救いだされた。だが、一日を無駄にして、妖王家夫妻の結婚記念日の洋食メニューが間に合いそうになかった。そこで銀次は普段通りの料理を提案する。特別ではないが、いつもの心のこもった葵の料理に、夫妻は喜び結婚記念日の料理は満足のいくものとなった。 今回は「かくりよの宿飯」第9話『妖老夫婦の結婚記念日』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第2話『あやかしお宿で仕事見つけました』)のあらすじと感想・考察まとめ

天神屋の離れにある、今はもう閉鎖された小料理屋の一部屋で日々の暮らしを始めていた葵。 若旦那の銀次に食事処を開くよう勧められていたが、まだ決心がついていなかった。 その頃、天神屋では、客が食事を気に入らないと騒ぎを起こしていた。 今回は「かくりよの宿飯」第2話『あやかしお宿で仕事見つけました』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第20話『竜宮城の夢の跡』)のあらすじと感想・考察まとめ

果物は魔除けになるということを大旦那に聞いた葵は、果物を使った甘味を作り、大旦那と一緒に竜宮城跡地へと向かった。銀次と乱丸を育てたという磯姫に出会った葵は、南の地の守護獣としての銀次と乱丸の役割と、過去のいきさつを知らされる。目的だった人魚の鱗を無事手に入れた葵は、海宝の肴を手掛けるよう磯姫に託される。折尾屋に人魚の鱗を届けた葵は、乱丸に海宝の肴を作ることを申し出る。 今回は「かくりよの宿飯」第20話『竜宮城の夢の跡』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第13話『あやかしお宿の大宴会』)のあらすじと感想・考察まとめ

夕がおの前で倒れていた銀次は、葵の料理で元気を取り戻した。葵と銀次は、お互いが必要な存在であることを認め、夕がおでこれからも一緒に頑張ることを確かめ合った。翌日、葵は白夜と一緒に管子猫たちを見に行き、パンの耳をあげた。その後、葵は裏山で足湯に浸かる大旦那と葉鳥たちに会った。大旦那から宴の食事を頼まれた葵は、天神屋の従業員達や葉鳥、時彦と共に料理を作り、宴を楽しんだ。 今回は「かくりよの宿飯」第13話『あやかしお宿の大宴会』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第6話『あやかしお宿で食事処はじめます』)のあらすじと感想・考察まとめ

開店の日を翌日に控えた葵の小料理屋「夕がお」。天神屋の従業員達も手伝って、店の準備は順調に進んでいた。その夜、葵は何者かに斬りつけられる。葵を襲ったのは、濃い紫の頭巾を被った黄色く目の光る大男。そしてその葵を助けたのは、小柄なカマイタチのサスケ。サスケは史郎の昔馴染みだった。翌朝、大旦那や銀次と一緒に街へ繰り出して葵は騒動を起こすことになる。 今回は「かくりよの宿飯」第6話『あやかしお宿で食事処はじめます』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第24話『玉の枝サバイバル』)のあらすじと感想・考察まとめ

葵の味覚が戻らないことを心配した銀次が、葵と乱丸に付き添い、3人で掛け軸の中への旅が始まった。旅の途中、雨に祟られたり、崖から転落して危うく命を落とす危険な目にも遭った。また、白夜が注意した通り、磯姫様の幻想が現れ、銀次と乱丸が一時錯乱状態になった。しかし3人が力を合わせてこれを乗り越え、遂に蓬莱の玉の枝を手にすることが出来た。 今回は「かくりよの宿飯」第24話『玉の枝サバイバル』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第17話『南の地の儀式の秘密』)のあらすじと感想・考察まとめ

葵はもんじゃ焼きを、淀子様自身に焼いてもらおうと考えた。淀子様は面倒だと渋っていたが、葵が試しに焼いたものを食べ、あまりのおいしさに自分でもんじゃ焼きを焼き始めた。葉鳥から花火の裏で行われる儀式の詳細を聞いた葵は、銀次たちが儀式のために奔走していることを知る。大旦那に南の地の漁港に連れて行ってもらった葵は、好きな買い物に夢中になり、慌ただしく過ごした南の地で、ひと時の安らぎを得た。 今回は「かくりよの宿飯」第17話『南の地の儀式の秘密』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第10話『あやかしお宿に好敵手きました』)のあらすじと感想・考察まとめ

七夕を迎えた夕がおは、客で賑わっていた。店を無事に終えた葵は、夕がおで出していた七夕そうめん膳を大旦那と一緒に食べた。また、かねてから板前長に招待を受けていた天神屋での会食は、楽しいひと時となり、会食後にうつしよへ仕事で旅立つ大旦那を葵は従業員と共に見送った。そんな時、下足番の千秋が「大変です」と慌てて葵と銀次のもとへ駆けて来た。 今回は「かくりよの宿飯」第10話『あやかしお宿に好敵手きました』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第3話『かくりよの都にお出かけしました』)のあらすじと感想・考察まとめ

天狗の長老に食事をもてなし、長老に気に入られた葵は「お前のおかげで天神屋の危機は救われた」と大旦那に礼を言われ、天神屋の宙船「海閣丸」に招待されていた。そして髪を結って、化粧をしてもらい、綺麗な着物を着せられてあやかしの王が住むという妖都(ようと)に案内されることになった。 今回は「かくりよの宿飯」第3話『かくりよの都にお出かけしました』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第21話『折尾屋の若女将と若旦那』)のあらすじと感想・考察まとめ

海宝の肴を任された葵は、銀次や鶴童子たちと食材を吟味していた。一方、折尾屋には天神屋のお涼が客として泊まりに来ていた。折尾屋であった酔い客の騒動を手際よく鎮めたお涼だったが、若女将のねねはお涼に嫉妬し、落ち込んで火鼠の姿になってしまった。葉鳥からねねのことを頼まれた葵は、気分転換にねねを連れ出し2人で市場へ出かけた。ねねと時を過ごした葵は、ねねの心優しい素直な一面を見ることが出来た。 今回は「かくりよの宿飯」第21話『折尾屋の若女将と若旦那』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents