『Fate/Grand Order』解説まとめ【ストーリー・システム・登場人物・アイテムなど(ネタバレあり)】

1483513849780

「Fate/Grand Order」とは2015年に配信を開始したスマートフォン用アプリゲーム。原作は2004年に発表されたゲーム「Fate/stay night」で、Fateシリーズのキャラクターや今作のオリジナルキャラなどを召喚して戦うRPG。2016年の年末に第一部のストーリーが完結し、大きな話題となった。その後も動きがあるたびに話題を呼ぶ大人気ゲーム。

概要

Fgo th 590x

「Fate/Grand Order」(以降FGO)とは、TYPE-MOONの作品「Fate/stay night」を元にしたスマートフォン専用アプリゲーム。
「Fate/Zero」「Fate/EXTRA」「Fate/Apocrypha」「Fate/EXTRA CCC」などこれまでのFateシリーズのキャラや、FGOオリジナルのキャラが登場する。
プレイヤーは主人公となって、英霊と呼ばれる「サーヴァント」を召喚して戦い、地球の未来を救っていく。
シナリオ(の一部)にはFateシリーズのシナリオライター「奈須きのこ」や、キャラクター(の一部)にはFateシリーズのキャラクターデザインをしている「武内崇」も参加している。
サーヴァントのイラストは様々なイラストレーターが参加し、キャラクターボイスにも沢山の声優陣が参加している。

2016年の年末にストーリー(第一部)が完結し、スマホゲームでありながらエンディングロールがあることや、重厚で感動的なストーリーなどから大きな話題になった。
パッケージゲームのようなボリュームであるが基本無料でプレイでき、時間や手間をかければ無課金でもクリア可能。
2017年には第二部に続く1.5部の製作が発表された。

本作の特徴として、他社の作品とはコラボせずFateシリーズやスピンオフ、TYPE-MOONの作品からキャラクターが登場する。

また、FGOに参加の声優陣の一部がFGOの大ファンで、特に島崎信長氏は重課金者としてファンの間で有名。

CM

新ストーリー配信時やイベント期間中に、テレビでアニメーションCMが流れる。
短いCMの中に目の追いつかないようなスピードで登場するキャラクター達が詰め込まれる、ファン必見のCM。
CMはアプリ内や公式サイトで閲覧可能。

www.fate-go.jp

オープニングテーマ「色彩」

「色彩」
作詞・歌:坂本真綾
作曲・編曲 :la la larks
ストリングス編曲:江口亮、石塚徹

FGOのオープニングアニメーション。
「Fate/stay night」に登場する、本アプリアイコンにもなっている青セイバーこと「アルトリア・ペンドラゴン」・アーチャーの「エミヤ」・「ギルガメッシュ」、さらに「ジャンヌ・ダルク」や初期実装キャラ、今後実装されるキャラクターなど多くのキャラが登場する。
オープニングテーマの「色彩」はゲームの内容とリンクするような歌詞であり、クリア後に聞くと感慨深くなる。

あらすじ

2015年、「人理継続保障機関・カルデア」という施設で「2016年に人類は絶滅する」という研究結果が『証明』される。
これは予言や憶測ではなく、ゆるぎない事実であった。

主人公は、雪山に作られた施設「カルデア」に「マスター候補」の一般枠として呼ばれる。
マスターとは英霊(サーヴァント)と呼ばれる者達を召喚・使役する、主に魔術師の事である。
しかし主人公は魔術師でも無いしサーヴァントの知識なども皆無であった。
カルデアの中で主人公を先輩と慕う「マシュ・キリエライト」、医師の「ロマニ・アーキマン」、署長の「オルガマリー・アニムスフィア」、魔術師の「レフ・ライノール」、マスコットキャラ的な存在の「フォウ」と出会う。

「近未来観測レンズ・シバ」と呼ばれる観測機で、西暦2004年の日本のある場所(Fate/stay nightの舞台になった冬木という場所)に異常を察知する。
これが人類史を滅亡させるものではないかと判断し、「霊子転移(レイシフト)」と呼ばれる時間遡行を実行し、2004年の日本で行われたサーヴァント同士を戦わせ聖杯を奪い合う「聖杯戦争」に介入し、歴史を正さなければならなくなる。
そして、署長のオルガマリーたちはカルデアの保有している「英霊召喚システム・フェイト」でサーヴァントを召喚し、マスター候補達を問題のある過去へ送り込み、「聖杯探索」(グランドオーダー)をしようとする。
しかし、レイシフト直前に事故が起こりその場に居たマスター候補達が全滅してしまう。
唯一事故に巻き込まれなかったのは、一般人枠でやってきたマスター候補の主人公であった。

異常を察知した主人公は事故現場に駆けつけると、マシュが瀕死の状態で倒れていた。
だが主人公はマシュをどうする事もできず、主人公が入ってきたドアも閉まってしまい、主人公も逃げる術を失った。
主人公は瀕死のマシュの手を握り、最期の時を共に迎えることしか出来なかった。
しかし主人公とマシュはシステムにレイシフト対象と判別され、2004年の日本の都市「冬木」に送られた。
マシュは瀕死の中、あるサーヴァントの力を借りて「デミ・サーヴァント」(半分サーヴァントの状態)となり、主人公はマシュのマスターとなった。

本来の歴史とは異なる何かがある場所の事を「特異点」と呼び、冬木は「特異点F」と題された。
レイシフト事故に巻き込まれながらも生き残っていたオルガマリーと再会し、キャスターのクー・フーリンの協力を得て聖杯を探していく。
そして聖杯を所持(保護)していたアルトリア・ペンドラゴン(オルタ)と戦い、勝利する。
しかし、そこにレフ教授が現れ、実は事故はレフ教授が起こした物であると判明する。
オルガマリーはレフに騙されていた事や、自分の体は事故の時にもう死んでいて今居るのは残留思念に過ぎない事実を聞かされ錯乱し、残留思念も消滅させられた。
主人公達はレフ教授は2016年の人類絶滅に深く関係していると知る。

オルガマリー死後はロマニをカルデアのリーダーとし、開発部部長のレオナルド・ダ・ヴィンチの協力の元、他の特異点を修正しに主人公とマシュは戦っていく。
「第一特異点 邪竜百年戦争 オルレアン」では聖女ジャンヌ・ダルクと協力し、ジャンヌ・ダルク(オルタ)達と戦う。
「第二特異点 永続狂気帝国 セプテム」 では生前の皇帝ネロと協力し、レフ教授が魔神柱と呼ばれる悪魔であると知る。
「第三特異点 封鎖終局四海 オケアノス」では海賊のフランシス・ドレイクと協力し、レフとは別の魔神柱と戦う。
「第四特異点 死界魔霧都市 ロンドン」では人類史を絶滅させようとしている(レフや魔神柱達に指示を与えていた)主犯がソロモン王であると発覚する。
ソロモンとは旧約聖書に出てくるイスラエルの王で、ソロモンは72柱の悪魔を使役したという逸話を持っている。
「第五特異点 北米神話大戦 イ・プルーリバス・ウナム」ではケルトvsアメリカの戦いに加わり、「第六特異点 神聖円卓領域 キャメロット」ではアーサー王と円卓の騎士達と戦い、「第七特異点 絶対魔獣戦線 バビロニア」では古代メソポタミアへ行き賢王ギルガメッシュと共に世界を救う。
そして「終局特異点 冠位時間神殿 ソロモン」では、ソロモンが待ち構えていた。

1.5部からはソロモンを倒した後の話となり、2017年からの新規イベントも殆どがソロモンを倒した前提となるものとなる。

聖杯戦争とは

万物の願いを叶えるという「聖杯」を取り合い、7人のマスターがそれぞれにサーヴァントを呼び出し、最後の一人になるまで戦い合う儀式の事。
広く言えば、聖杯を奪い合っていれば聖杯戦争である。
FGOでは「Fate/stay night」の知識があればストーリーは理解でき、知らなくてもストーリーの中で要点は教えてくれる。

聖杯とは

願いを叶えてくれるアイテム。
「最期の晩餐」でキリストが「私の血である」と言い弟子達にワインを注ぎ振舞ったという杯。
Fateに出てくる聖杯はアーサー王伝説で出てくる聖杯に由来している。
FGOではレベル上限開放アイテムとして出てくる。

キャラクター

主人公

Character p1

アニメ版:藤丸 立香(ふじまる りつか)
CV:島﨑信長(男主人公)

本作の主人公。プレイヤーキャラで、名前と性別を自分で決められる。
「カルデア」のマスター候補(の数合わせ)として呼ばれた素人の一般人。
1人だけレイシフト実験に遅れており、その結果事故に巻き込まれずに済んだ。
2016年で人類史が終わってしまい、カルデア以外の人間も全て死に絶えてしまった世界であるため人類最後のマスターとなる。
この未来を変えるためにマシュと共に特異点を周り、歴史を修正して聖杯を集めることになる。
本当にこれと言った才能を持たない凡人であり、それ故にラスボスはなんてこと無い一般人である主人公に計画が邪魔された事に憤りを感じた。
しかしマシュにとっては主人公が平均的な人間だからこそ人間として尊敬する「先輩」になった。
強いて言えば、どんなサーヴァントとでもはっきりと物を言い、サーヴァントに心を開かせるという所が才能とも言える。
主人公の台詞は殆ど無いが、意思表示は選択肢として出される。
選択肢は多少相手の反応は変わるもののストーリーに全く影響は無く、同じ事を別の言い方で言ってるようなことや、二つの選択肢で1つの台詞になってることもある。
どんな状況でも絶望しない楽観的で謎の自身に溢れた性格。

マシュ・キリエライト

Img 1229

CV:種田梨沙(2016年9月まで)、高橋李依

本作のヒロインにして、唯一のシールダー。
主人公を「先輩」と慕うが、カルデアに居る年数はマシュの方が長く、年齢も主人公と同年代。
マシュにとって主人公は今まで会った中で一番「人間らしい人間」のため、人間としての先輩という意味がある。
レイシフト実験によって致命傷を負い、そのまま特異点へレイシフトされてしまう。
その時にとあるサーヴァントがマシュの中に入ったことでマシュはデミ・サーヴァントとなった。
そのとあるサーヴァントが誰なのか分からず、マシュは宝具を使えずに居たが特異点Fでセイバーオルタと戦った時に仮の名を付けて宝具を開放した。

第一部のメインヒロインであり、特異点で様々なサーヴァントと関わっていく中でマシュは段々成長して行く。
序盤では多く大きく取り乱す事は少ないが、終盤になるにつれて泣いたり笑ったりするようになっていく。

ロマニ・アーキマン

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

『Fate/stay night』解説まとめ【あらすじ・登場人物・名言・主題歌など(ネタバレあり)】

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

Fate/stay night[UBW] に隠された「アーチャー=衛宮士郎」の共通点と伏線に迫る!

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]における最大の秘密と言っても過言ではない「アーチャー=衛宮士郎」のキーワード。それ故に、本編ではこれを示唆する伏線・共通点が巧妙に描かれています。物語途中で気づいちゃった人もそうでない人も、とりあえず踏まえておいて損はないであろうシーンを振り返っていきましょう。

Read Article

Fate staynight UBWとは

数十年に1度、冬木の地で繰り広げられる聖杯戦争に巻き込まれてしまった少年・衛宮士郎(えみやしろう)。半人前の魔術師であるはずの彼は、7体の中でも最も優れた英霊「セイバー」を召喚する。時を同じくして、続々と士郎の前に現れる英霊とマスター達…。最後の1組にのみ手にする事が許される万能の杯「聖杯」を巡り、参加者は熾烈な殺し合いを繰り広げる…。その最中、士郎はとある英霊の正体を知ることになり…。

Read Article

Contents