目次

  1. 作品概要
  2. 『新世紀エヴァンゲリオン』
  3. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』
  4. あらすじ
  5. 旧作あらすじ
  6. 新劇場版あらすじ
  7. 新劇場版での新要素
  8. エヴァンゲリオン関係の用語
  9. 汎用人型決戦兵器エヴァンゲリオン
  10. パイロットの装備(プラグスーツとヘッドセット)
  11. エントリープラグ
  12. プラグの深度
  13. ダミープラグ(もしくはダミーシステム)
  14. A.T.フィールド
  15. エヴァの呪縛
  16. 暴走
  17. 使徒
  18. セカンドインパクト
  19. ロンギヌスの槍
  20. 汎用人型決戦兵器エヴァンゲリオンまとめ
  21. 零号機
  22. 『新世紀エヴァンゲリオン』での零号機
  23. 零号機・改
  24. 『ヱヴァンゲリオン新劇場版』での零号機
  25. 初号機
  26. 『新世紀エヴァンゲリオン』での初号機
  27. 初号機/暴走
  28. 初号機/覚醒
  29. 『エヴァンゲリヲン新劇場版』での初号機
  30. 初号機/暴走
  31. 初号機/覚醒
  32. 弐号機/2号機
  33. 『新世紀エヴァンゲリオン』での弐号機
  34. 『エヴァンゲリヲン新劇場版』での2号機
  35. 裏コード「THE BEAST」
  36. 改2号機
  37. 改2号機のビースト形態
  38. 参号機/3号機
  39. 『新世紀エヴァンゲリオン』での参号機
  40. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』での3号機
  41. 四号機/4号機
  42. エヴァシリーズ(5号機~13号機)
  43. Mark.04
  44. 仮設5号機
  45. Mark.06
  46. 8号機
  47. Mark.09(もしくはアダムスの器)
  48. アダムスの器
  49. 第13号機
  50. パイロットまとめ
  51. 碇シンジ(CV:緒方恵美)
  52. 『新世紀エヴァンゲリオン』での碇シンジ
  53. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』での碇シンジ
  54. 綾波レイ(CV:林原めぐみ)
  55. 『新世紀エヴァンゲリオン』での綾波レイ
  56. 零号機のコアに宿る者は?
  57. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』での綾波レイ
  58. アヤナミレイ
  59. 蒼流/式波・アスカ・ラングレー(CV:宮村優子)
  60. 『新世紀エヴァンゲリオン』でのアスカ(蒼流・アスカ・ラングレー)
  61. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』』でのアスカ(式波・アスカ・ラングレー)
  62. 鈴原トウジ(CV:関智一)
  63. 『新世紀エヴァンゲリオン』での鈴原トウジ
  64. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』での鈴原トウジ
  65. 渚カヲル(CV:石田彰)
  66. 『新世紀エヴァンゲリオン』での渚カヲル
  67. 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』での渚カヲル
  68. 真希波・マリ・イラストリアス(CV:坂本真綾)

作品概要

『新世紀エヴァンゲリオン』

Evangelion

『新世紀エヴァンゲリオン』とは1995年10月から翌年の3月までテレビ東京系で放送されたGAINAXによるアニメ作品及び、それを原作とする漫画、映画、小説やゲームなどである。通称は『エヴァ』。
巨大ロボットに乗って敵と戦う一見王道的な構図ながら、主人公が熱血タイプではないことを始め、聖書や心理学を思い起こさせるセリフや描写が多く、ストーリーとは関係のない映像が入る、抽象的描写が増える、登場人物に内面を語らせるなどの実験的な作風で社会現象を引き起こした。話数カウントは「第壱話」など、旧漢数字を使用。
第弐捨五、弐捨六話は主人公碇シンジを始めとするキャラクターの心理分析と言ったやや難解な物で、ストーリーは尻切れトンボ気味に終了する。物語としては1997年劇場版『Air/まごころを、君に』(カウントは第25話、26話)で完結した。
漫画版はアニメに先駆けて1995年の2月号から連載が始まったが、原作はアニメの方である。漫画の執筆者はアニメ版のキャラクターデザインを手がけた貞本義行氏。内容は微妙にアニメ版と異なっており、休載を挟んで2013年6月に連載終了。通称『貞本エヴァ』。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』

86cb9396

2006年、再構築と称される『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の制作公開が発表される。2007年に『序』、2009年に『破』、2012年に『Q』がそれぞれ公開された。リメイクのような印象を受けるが、庵野監督曰く「再構築」であり、リメイクではないとのこと。新キャラクターの登場を始め、描写に微妙な違いが見受けられる。
(以降:『新世紀エヴァンゲリオン』=旧作、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』=新劇場版)

あらすじ

旧作あらすじ

舞台は2015年。15年前、南極で起きたセカンドインパクトという災厄により、人類は減少。2015年になり、使徒と呼ばれる謎の敵との戦いを強いられていた。正体も目的も分からない使徒を殲滅できるのは、汎用人型決戦兵器・エヴァンゲリオンのみ。主人公の碇シンジは突如、父が司令を務める特務機関ネルフに呼ばれて、エヴァ初号機に乗り使徒と戦うことを命じられる。
次々に現れる使徒との戦いと、その間での学校生活や日常生活。その中で、シンジだけでなく天才少女のアスカや、ミステリアスなレイと言った他のエヴァパイロット、エヴァを保有する特務機関NERV(以下ネルフ)職員たちの心の葛藤が描かれていく。
そしてシンジ達の知らない所で、ネルフの上位組織、ゼーレが「人類補完計画」を推し進めていた。

新劇場版あらすじ

基本的な筋は旧作に沿っているが、変更点がいくつか見られる(後述)。『破』のラストでシンジが使徒に取り込まれたレイを救うためにとった行動で初号機が覚醒、サードインパクトが起きかけるも、カシウスの槍により、初号機とシンジは休眠状態に陥る。
その後、シンジはネルフと対立する新組織ヴィレで、首に彼の命を奪うチョーカーを付けられると言った危険人物のような扱いを受けながらもAAAヴンダーと呼ばれる艦艇で生活。ヴィレの目的は、ネルフのエヴァの殲滅だった。
Mark.09によりヴンダーは襲撃を受け、レイの声を聞いたシンジは制止を振り切ってネルフへ向かい、渚カヲルと出会う。彼と親しくなったシンジだが、エヴァ代13号機に乗ることは拒否。カヲルが新時のチョーカーを外して自分に着けたことでカヲルを信じ、乗りこむこととなる。レイの複製体、綾波レイの乗りこむMark.09と共に疑似サードインパクトの爆心地へと向かうが、そこにあったリリスの胸には、目指していたカシウスの槍、ロンギヌスの槍ではないダミーが刺さっていた。
アスカとマリがシンジ達を止めるべく乗り込んでくるが、シンジはカヲルが止めるのも聞かずに二本の槍を引き抜く。リリスが形を失い、Mark.06に封じられていた第12の使徒が復活、13号機を飲み込んだ。
しかし13号機は覚醒しており、使徒は小さくなって噛み砕かれる。その後上昇を始め、第1の使徒だったカヲルがゲンドウの仕掛けた罠により第13の使徒に落とされフォースインパクトが起きかける。
ヴィレはこれを阻止しようとするも、Mark.09による妨害に遭い、しかも制御を乗っ取られてしまう。改2号機のビースト形態でも倒す時間がなく、アスカは改2号機を自爆。カヲルはチョーカーが作動したことで死ぬが、それでもフォースインパクトは止まらず、シンジの乗ったエントリープラグをエヴァから引きずり出す。フォースインパクトは収まり、シンジはアスカと再会。青空の下、何を言われても反応しないものの共に砂漠を歩くのだった。(『Q』までのあらすじ)

新劇場版での新要素

セカンドインパクトの影響で海洋生物はほぼ絶滅しており、特別な許可と何重もの浄化措置を取ってようやく地下の水族館のような場所でのみ、見られることになっている。
使徒は活動停止後死体を遺さず形状崩壊。各々コアと呼ばれる心臓のような部分があり、ここが弱点。これを補うようにデコイ(擬態)のコアを持つ使徒もいる。また、呼び名が違っている。旧作では「第3使徒サキエル」といった具合に天使の名がつけられていたが、新劇場版では「第3の使徒」「第4の使徒」と番号がつくのみ。

エヴァンゲリオン関係の用語

汎用人型決戦兵器エヴァンゲリオン

劇中における「巨大ロボット」だが、厳密には人造人間であり、ロボットではない。その証拠として内臓や筋肉などの生体組織が見受けられる。名前の由来は、聖書における最初の女性エヴァ(イブのこと)と、エウアンケリオン(福音)から。ベースは南極で発見された使徒のアダム及びリリス。装甲板のようなものは、拘束具。
稼働にはパイロットの脳波A10神経による「シンクロ」が重要視される。脳波によってある程度エヴァとシンクロし、操縦桿を使用することで操縦する。シンクロ率が高い程、より精密にエヴァを操縦できる。ただ、エヴァが損傷を受けた際は内部にいるパイロットも同じ箇所に同じダメージを痛みとして味わう為、高いシンクロ率は諸刃の剣でもある。この点を考慮した仕様として、シンクロ率はネルフ側で操作することもでき、場合によっては全面カットも成される。
A10神経とは愛情を司る脳波であり、各機体が有するコアという部位(通常は拘束具に隠れて見えない)には、各パイロットの母親の魂が宿らせてある。その為、パイロットの第一条件は母親がいないこと。シンジ、アスカ共にエヴァの初期実験に参加した母を失っている(シンジ、アスカ両名が幼い頃、母が乗っていた)。
通常はアンビリカルケーブル(へその緒という意味)で電力を供給されているが、これが断ち切られる、もしくは抜けると内臓電源に切り替わる。内臓電池の活動限界は5分。

パイロットの装備(プラグスーツとヘッドセット)

20160731145409

【プラグスーツ】パイロットがエヴァに乗る際に着用する専用スーツ。乗りこむ機体のナンバーが記されている。首から足までの一体型で、足から履くようにして着る。手首部分のスイッチを押すと体に密着する仕様。シンクロ率を上げるだけでなく、生命維持装置もついており、緊急時でもある程度の命の保証がされている。必ずしもプラグスーツを着なくてはならないわけではなく、シンジは劇中、二度ほど学生服を着て乗り込んだ。

【ヘッドセット】頭部に装着する。カチューシャの両端に端末のようなものがついており、脳波と機体の接続を行うもの。

エントリープラグ

285eab58ee0523ce18f585534c1a694c

エヴァに乗り込むための筒状のコックピット。内部には緊急時脱出用のパラシュートなどが備えられている(ネルフのオペレーションルームから強制的に射出することもある)。エヴァの脊髄部分から挿入する。別名「魂の座」。
パイロットが乗り込むと、内部はL.C.Lという特殊な液で満たされる。この液体は飲み込んでしまえば直接肺に酸素を送る為、パイロットが溺れることはない。また、外部情報をスクリーンとして映し出す、シンクロの為の神経接続及び衝撃時パイロットに伝わるダメージを和らげる効果もある。
ただし、何時間も内部にいるとL.C.L自体が濁り、血の臭気が発生する。作中、使徒の体内に広がる特殊空間に飲み込まれて、12時間ほどエヴァの内部にいたシンジは閉鎖空間での血の臭いにパニックを起こした。

プラグの深度