目次

  1. ほぼフルボイス!豪華声優陣は当たり前!!
  2. キャラデザ2名起用の理由
  3. 演出はドッセーーイ!!たーーる!!ww
  4. 錬金術の新システム
  5. 新システム「ドールメイク」
  6. その他〜おまけ〜

ほぼフルボイス!豪華声優陣は当たり前!!

2015 11 24 000143

会話はサブストーリーなどは除くものの、ほぼフルボイス!これもまた、アトリエシリーズのいいところですよね。
起用声優さんたちも、 相坂優歌さんや井口裕香さんなど、大人気の方々が勢揃いしているので、会話を聞いているだけで楽しいですb

キャラデザ2名起用の理由

2015 11 23 230312

キャラクターデザインは異例の1作品2人の同時起用!
今作ではNOCOさん(ソフィーのキャラデザ)、ゆーげんさん(プラフタのキャラデザ)です。
これは意外と今までやられてこなかった仕様で、作品内でよりリアルな世界観(キャラクターのタッチの違いにより、異国感がよく伝わる)になっているのです。

演出はドッセーーイ!!たーーる!!ww

2015 11 26 013526

演出もよりド派手になってます。
固有必殺技はもちろん、それぞれの特技もまたカッコいいb
さらにレベルMAXにすると、スキルレベルをふれるので、キャラクターを自分の好みの方向へ育てることもできるのですb

錬金術の新システム

2015 11 26 015122

錬金術はお馴染みの、素材を採取して作成、が基本です。これが生きているのが素晴らしいですよね。
その発想の仕方ですがーー
《旧作》本をメインにゲット
《今作》イベントや錬金術の特性付与などでメインにゲット
になっていますb

2015 11 27 130814

錬金術による作成ですがーー
《旧作》単純に質や性能で決定
《今作》釜の性能により初期値決定(釜も作れる)+ 配置によって性能変化
になっていて、これがまた面白い。同じ素材でも配置の仕方によっては、性能をMAXにすることもできるのです。例えば、青のメーターを上げたいなら、青の光があるところをメインに配置していけば・・・

新システム「ドールメイク」

2015 11 26 015016

ストーリーが進むとできる「ドールメイク」こと、プラフタの改造(井口裕香の改造w)ですが、これもまた錬金術みたいに面白い!

2015 11 26 014957

使う素材の質や特性によって、プラフタ(ゆかち)の性能を変えることができます。
ゆえに、プラフタ(井口裕香様)はパーティの欠点を自由に補ったり、強みをさらに強みにしたりと、いろいろできるのです。
また、素材によってはプラフタ(ゆかちー)の外見までも変化させることもできるのですb

その他〜おまけ〜

他の新要素としては、
①従来のアトリエならではの期限(5年までとか)がなくなったので、ゆっくりじっくりプレイ可能b
②エンディングは一つになってしまいましたが、キャラクター毎のイベントはかなり多めなので充分b
③上の②のおかげで、気軽に誰でもできるようになった。つまり、一度はプレイする価値が高まったb
って感じです。
アトリエシリーズ好きは、一度プレイしておくことをオススメします。今後はこうゆう形になるかもしれませんし。