20081104 1 01b

「ベルサイユのばら」は、1972~1973年にかけて「週刊マーガレット」で連載されました。大人っぽく流麗な絵柄と、フランスの歴史を題材にした珍しさ、男装の麗人オスカルのキャラクターの秀逸さなどが話題を呼び、大ヒットしました。

20130422160604

連載終了後の宝塚歌劇団による舞台化が人気に拍車をかけ、「ベルばらブーム」とよばれる社会現象となりました。その後、1979~1980年にかけてテレビアニメと劇場版アニメになり、当時のブームを知らない世代にまで人気が浸透していきました。今では祖母から孫まで3世代に渡るベルばらファンも数多くいます。

002

作者の池田理代子はベルばら発表後、少女マンガやレディースコミックで活躍していましたが、45歳の時に今後の人生を自分の好きなように生きてゆくことを決意、音大を受験して見事合格しました。その後は音楽や講演をメインに活動していきました。

91rjhppl0pl

2006年から「ベルばら」の登場人物たちをデフォルメしたシリーズを発表。単行本はコメディー風の4コマと、ベルばら連載当時の裏話などを折りこんだコラムを合わせて発行されました。

716reb4u3yl

そして2014年、ついにあの「ベルばら」が帰ってきました。内容は番外編的なエピソードを中心にしています。オスカルやアンドレ、ジェローデルなどの懐かしい登場人物たちの過去の物語や、革命後の行く末が描かれます。第2巻ではオスカルの両親と、オスカル誕生の逸話などが紹介されています。

51tz0kwb9bl

ベルサイユのばら 全5巻セット (集英社文庫(コミック版)) 文庫
革命の嵐に揺れる18世紀のフランス。美貌の女性騎士・オスカルと従者アンドレの愛は時代の波に翻弄されて…。
王妃マリー・アントワネットの悲劇を織りまぜて描く感動巨編!

WWW.IKEDA-RIYOKO-PRO.COM