斉藤和義

斉藤和義のレビュー・評価・感想

レビューを書く
斉藤和義
10

セクシーな歌声が心を打つ歌手 斉藤和義

斉藤和義は、1993年に「四畳半じゃ狭すぎる」というキャッチコピーのもとデビュー。
翌1994年には子供向け番組のポンキッキーズで使用された「歩いて帰ろう」がブレイクした。そのあとも地道に音楽活動を続ける。本人いわく「進歩が遅いから牛歩戦術でいこうかな」としてTVだけではなくライブへも積極的に参加、楽曲作りは一人多重録音を行ったりと音楽に対するこだわりをみせている。多くのミュージシャンにカバーされている「歌うたいのバラッド」やドラマ主題歌に起用された「やさしくなりたい」といった大衆からも、ミュージシャンからも愛されるミュージシャンとして活動を続けている。
元BLANKEY JET CITY、中村達也とMANNISH BOYSを結成したり、同年代の吉井和哉とも音楽番組で共演したりとミュージシャン同士の繋がりがある。また何よりも女性ユニットPUFFYの二人が言うように「声がセクシー」であったり男性目線から見れば男らしさをありありと綴った歌詞が男女問わず心を掴む理由だろう。なまなましくも素直な言葉があふれた楽曲が多い。作家の伊坂幸太郎とも繋がりがあり伊坂の執筆した小説が映画化される際、多く斉藤和義の曲が使用されている。映画やドラマ、CM主題歌、エッセイの出版と多くのミュージシャンとのコラボといった幅広い活躍はやはり「四畳半じゃ狭すぎる」のだ。

斉藤和義
8

時代とともに変化しながらも、変わらない温度を持つ歌うたい

1993年の「僕の見たビートルズはテレビの中」以来、変わらない飄々としたスタンスで、人々の心に届く飾らない歌を作り続けているシンガーソングライター・斉藤和義。
近年ではテレビへの出演なども増え、大衆的な存在になっているといえるが、90年代、00年代の作品については、長年のファンや、音楽好きでなければ知らない人も多いのではないだろうか。バラエティのエンディングテーマだった「Hey!Mr.Angryman」や、ゼクシィのCMソングだった「ウエディング・ソング」など、あれ?この歌知ってるという曲も多いだろう。
派手ではないのにハッとさせられる歌詞や、いつの間にか口遊んでしまう優しいメロディー、決して押し付けがましくはないのに人間味や力強さといった温度を感じさせてくれるところが変わらない彼の魅力ではないだろうか。
その他、交流のある一流アーティストとのコラボや、昔からの名曲やリスペクトするビートルズ曲のカバーなど、コンスタントに幅広く活動しており、オリジナルはもちろんのこと、コンセプトアルバム、コラボ曲など、どの作品も一聴の価値ありである。また、同じ1966年生まれの奥田民生、トータス松本、スガシカオら豪華なアーティストとともにイベントを定期的に行っており、今後もどのようなサプライズをしてくれるのか目が離せないアーティストである。

斉藤和義
10

素敵な斉藤和義さん。

私は斉藤和義さんが大好きです。

斉藤和義さんの曲はすべてとても良い楽曲ばかりなのですが、特にオススメなのが「ウェディングソング」や「歩いて帰ろう」「ずっと好きだった」です。
ウェディングソングという曲においては、最初から胸にジンと響いてきます。
歌詞だけを目で追ってみても、とても素敵な詩。
ただ読んでいるだけでもぐっと涙がこみ上げてきそうなのに、曲が加わるとさらにじわっとアツくなります。
アコギの音と斎藤さんの歌声がとても甘く響きます。
感動します。

それから歩いて帰ろうという曲は、あの有名な子供番組ポンキッキでも流れていた曲で有名です。
この曲は斉藤和義さんがデビューしたての時に、音楽会社に早く曲を作れよと急かされてそのフラストレーションから出来た曲だそうです。

斎藤さん自身への応援ソングとして書いた曲だということだそうなのですが、日々の生活の中で慌ただしく過ごしていて、私も共感できるので元気を出したい時によく聞く曲です。

ずっと好きだったという曲は、若い頃の初恋の思い出せるような曲。
こんな素敵な男性に片思いされていた女性は、さぞかし素敵なんだろうなぁ。と妄想もしてしまいます。

年を重ねても素敵な斉藤和義さん。
ライブではエロトークを連発するとして有名です。
ついたあだ名も「せっちゃん」それはなぜかというと、せっ○○が好きだからだそうで(笑)

女性からするとなんだそれは。と思うような部分ではあるのですが、なぜかそれが魅力の1つ。
私の大好きな斎藤和義さん。
アーティストとしてとてもオススメいたします。