妖獣都市(Wicked City)のネタバレ解説まとめ

「吸血鬼ハンターD」「魔界行」などで知られる人気ホラー作家・菊地秀行の「闇ガード」シリーズの一作目のアニメ化作品。監督は、「SF新世紀レンズマン」「獣兵衛忍風帖」の川尻善昭。人間界と妖魔が蠢く魔界との間の平穏の維持を任務とする“闇ガード”の滝蓮三郎が、魔界側の闇ガード・麻紀絵と共に、邪悪な妖獣たちと死闘を繰り広げる、エロス&バイオレンスたっぷりのハードボイルド・タッチのホラー。1987年制作。

美術監督・男鹿和雄(おがかずお)

1952年、秋田県生まれ。マッドハウスで、「幻魔大戦」「カムイの剣」などのアニメ制作に参加。「妖獣都市」で、川尻監督の色使いなど、美術の面白さに影響を受ける。川尻作品「魔界都市<新宿>」の背景も担当する。
後に、宮崎駿にスカウトされ、「となりのトトロ」の美術を担当し、高い評価を受け、「魔女の宅急便」「おもひでぽろぽろ」「平成狸合戦ぽんぽこ」「もののけ姫」など、スタジオジブリの作品の多くを手掛けている。

主題歌

エンディング

当山ひとみ/HOLD ME IN THE SHADOW

実写版「妖獣都市~香港魔界篇~」

香港の“スピルバーグ”と称される監督ツイ・ハークが、川尻監督の「妖獣都市」にいたく感銘し、92年に実写映画版を制作したと言われている作品で、翌年に日本でも公開された。
主人公・滝にレオン・ライが扮し、ジャッキー・チュン、ミシェエール・リー、ユエン・ウーピン、それに日本から仲代達矢、葉山麗子が出演。監督は、マック・タイ・キット。音楽を担当したのは、後に三谷幸喜監督「ザ・マジックアワー」「ステキな金縛り」「清須会議」で日本アカデミー賞優秀音楽賞を3度受賞した萩野清子。

“ハピネス”と呼ばれる麻薬が香港で蔓延し、闇ガードの滝と、人間と妖怪のハーフ・ケンは、金融会社のボス・元大宗(仲代達矢)が怪しいとにらむが…。

葉山麗子が、妖獣・クモ女に変身する風俗嬢に扮しているところなど、アニメ版へのオマージュが感じ取れる。
特殊メイクやミニチュアワークなど駆使されているが、作品の評価はあまり芳しいものではない。

日本で、かってビデオ・リリースされたが、いまだDVD&ブルーレイ化はされていない。

香港版予告編

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

X(エックス)のネタバレ解説まとめ

『X』とは、CLAMPによって1992年から「月刊ASUKA」にて連載が開始された漫画。 劇場版やアニメが公開され、ゲーム等も発売された。不定期更新中で現段階では休止中。 劇中には他のCLAMP作品のキャラクターも登場している。 ストーリーの内容に生死の選択がありグロテスクなシーンやBL要素を含む描写もある。 主人公の神威は母の遺言により幼い頃に過ごしていた東京に戻ってきた。 神威は地球の未来を左右する運命を背負っており、幼馴染の封真や小鳥も戦いに巻き込まれていく。

Read Article

目次 - Contents