電脳コイル(アニメ・小説)のネタバレ解説・考察まとめ

『電脳コイル』とは、マッドハウス製作、磯光雄(原案・監督)のアニメ作品。
近未来という設定でありながら、昭和感漂う寂れた町並みや駄菓子屋などが懐かしい日本が舞台。
大黒市へ引っ越してきた主人公ヤサコと謎の少女イサコを中心に起こる事件・都市伝説・電脳世界の謎を追いながら、笑える日常劇から徐々にシリアスな展開へ続いていく。

「電脳コイル」とは

電脳コイルは2007年にNHKでアニメ化した、磯光雄(原案・監督)の作品、それを原案とした宮村優子の小説。全26話。
2007年文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞など数々の賞を受賞した。

電脳メガネとは?

世界最大の電脳機器製造メーカーメガマス社が作ったメガネの形をしたヘッドマウントディスプレイ。
スマホやパソコンの様な役割をしていて、電話・メール・インターネットなどが出来る。
ヤサコ達子供はメガネを装着した物同士しか見えない攻撃で争いあうなど、裸眼の人間たちからは見えない電脳世界で遊んでいる。
電脳ペットやバグなどはこのメガネをしていないと見る事は出来ない。本作で一番重要なアイテム。

『電脳コイル』のあらすじ・ストーリー

主人公小此木優子(通称ヤサコ)は、大黒市に引っ越してきて早々にイリーガルという謎の生物に出会った。
ヤサコを守ろうと電脳ペットのデンスケが追いかけていってしまい、謎の黒い空間へ迷い込んでしまう。
自称探偵を名乗るフミエの協力を得てデンスケを救出することに成功する。
ヤサコが転校してきた次の日、名前の読み方が同じ「ゆうこ」である天沢勇子(通称イサコ)が転校してきた。
イサコと仲良くしたいヤサコであったがイサコに突っぱねられてしまい、2人は友達では無いが関わり合う事が多いちぐはぐした関係を築く。
イサコは何かを探しあちこちで事件を起こし、ヤサコはこれに巻き込まれていく。

穴に入ったデンスケを救出しに行くオヤジ

序盤から中盤にかけては、ヤサコ達の日常を中心にオムニバス形式で物語が構成されている。

ヤサコ達電脳コイル探偵局とダイチ率いる大黒黒客の電脳メガネを使った争いをメインに、ハラケンと一緒にカンナの死因を探ったり、着物で夏祭りに行き青春したり、イリーガルの首長竜の消滅の危機を守ったり、イリーガルの金魚を飼って騒動を起こしたり、イリーガルがヒゲ状に感染し登場キャラ達が皆ヒゲモジャになったり。

こういった日常の小さな事件が細かく伏線となり、後半の怒涛の展開へと繋がっていく。

女の子なのにヒゲが生えてしまったヤサコ

物語の中で不可解な行動ばかりを取るイサコ。
イサコの強さに誰も勝つことが出来ず、ガキ大将のダイチはリーダーを下ろされ力関係が変わっていく。

イサコの目的はキラバグを集めてアッチの世界の扉を開き、意識不明の兄「天沢信彦」を取り戻すことだった。
その行動が過激になっていくに連れて、初めはただの子供達の戯れであった電脳メガネの遊びが、次第に危なっかしい物へとなり、遂には親たちがメガネを取り上げる事態にまでなった。

日常劇から次第にシリアスへと変貌していく

この作品には「騙し要素」があり、最後になってこれまで停止されていた認識と違う事が発覚する。

イサコの兄、信彦は5年前の事故の時にすでに死んでいた。
意識不明になった信彦のための物と思われていた電脳医療空間は、実は兄の死に耐えられないイサコのために作られた装置だった。
それは「電脳医療空間4423」と呼ばれ、電脳空間上で兄、信彦を作り上げ、その中でイサコの心の治療を行っていく装置だった。4423とはイサコの患者ナンバーである。
そしてその「電脳医療空間4423」を作ったのがヤサコの祖父で、当時病院に勤めていたメガじいである。

メガじいはイサコの治療中のハプニングで帰らぬ人となるため、電脳空間のナビゲーターとして特別に改造されていたデンスケはヤサコの手に渡る事となる(電脳メガネをつけたままヤサコが寝ると4423の夢を見る事があるのはデンスケが居るため)。
メガじいの葬式の日、ヤサコはデンスケに付いて行くうちに「電脳医療空間4423」の中に迷い込み、「4423」と名乗るイサコの兄、信彦と出会う。
ヤサコは4423と名乗る信彦に初恋をしキスをするが、それを目撃していたイサコの心は歪んでしまい、ミチコさんとなる存在を生み出してしまう。また、治療の終わりと同時に閉じられるはずだった4423の電脳空間を存続させ、それが後に「あっち」と呼ばれる電脳空間となってしまった。
そしてイサコはミチコさんを生み出せる能力を研究しようとしたメガマス本社に「交通事故で意識が戻らない兄」という偽の記憶を植えつけられてしまう。

兄の死の真相を知ったイサコは電脳コイル現象を起こして電脳体と体が分裂してしまい、意識を失ってしまう。
過去の事を思い出したヤサコは危険を承知で電脳空間へと入っていき、閉じこもってしまったイサコを説得する。

心を通わせたヤサコとイサコ。
イサコは兄に結んでもらったツインテールを解く事で兄の死を受け入れ、生きて行く決意をした。

個性豊かな登場人物・キャラクター達

小此木優子(おこのぎ ゆうこ/ヤサコ)

CV:折笠富美子

本作の主人公。
あだ名の「ヤサコ」は優子→優しい子→ヤサコが由来。
少々気が弱く優柔不断でどんくさい、巻き込まれ体質な女の子。
友達やデンスケのために一生懸命になったり、恐怖や悲しみを乗り越えたり、物語が進むに連れて成長が見られる。
ハラケンに想いを寄せている描写がある。

コイル電脳探偵局 会員番号8番
2014年10月12日生まれ。
ペット:デンスケ

天沢勇子(あまさわ ゆうこ/イサコ)

yamatoj4
yamatoj4
@yamatoj4

Related Articles関連記事

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUEとは今敏監督によるアニメーション映画。日本では1998年2月28日に劇場公開された。 主人公・未麻はアイドルグループ『チャム』の一員として人気を博していたが、女優業のために突如アイドルを引退する。アイドルのイメージを払拭するために、さまざまなことに挑戦していくがその裏で周囲の人間が次々と襲われ始める。

Read Article

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

『DEATH NOTE』とは、原作:大場つぐみ、作画:小畑健による日本の少年漫画作品。アニメ、実写映画化、舞台化など幅広くメディア展開している。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート『デスノート』を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

Read Article

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

1996年~ 1999年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。働きもせず、しょぼい酒と博打に明け暮れる自堕落で最悪な毎日を送る若者カイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ足を踏み入れ、その後様々なギャンブルに挑んでいく様が描かれる。

Read Article

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

『寄生獣』とは、岩明均による漫画作品、及びそれを原作とするアニメ、実写映画。人間に寄生し、人間を食らう寄生生物。そんな生物(ミギー)が右手に寄生してしまったため、数奇な運命に翻弄されることになった泉新一。単なるモンスター物、ホラー物ではなく高度な哲学性、テーマ性が物語を彩っており、今なお根強い人気を誇っています。

Read Article

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

「BLACK LAGOON」は、作者の広江礼威(ひろえ れい)が月刊サンデージェネックスで連載中のガンアクション漫画、およびそれらを原作とした小説・アニメ作品。裏社会の人間が闊歩する犯罪都市・ロアナプラに放り込まれた日本の商社マン・岡島緑郎ことロックは、運び屋の一員となり荒事を請け負うようになる。

Read Article

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2001年~2004年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。自堕落でどうしようもない毎日を送るカイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ身を投じていく様を描いた前作「賭博黙示録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する様子が描かれる。

Read Article

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年から「週刊ヤングマガジン」にて連載されている福本伸行によるギャンブル漫画。保証人としてかつてのバイト仲間の借金を肩代わりさせられたことをきっかけにギャンブルの世界へのめりこんでいく様が描かれた「賭博黙示録カイジ」、そして膨れ上がった借金の代償として地下労働を強いられ、そこから地上へと戻ってくるまでが描かれた「賭博破壊録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する模様が描かれる。

Read Article

ノーゲーム・ノーライフ(No Game No Life)のネタバレ解説・考察まとめ

ノーゲーム・ノーライフ(No Game No Life)のネタバレ解説・考察まとめ

『ノーゲーム・ノーライフ』とは、榎宮祐によるライトノベル、またはそれを基にしたアニメ作品である。天才ゲーマー兄弟が、「全てがゲームで決まる」異世界に召喚され、世界を攻略していく作品である。そのほかインターネットラジオなどのメディア展開も多い作品である。漫画版が『月間コミックアライブ』で連載され、2014年4月よりアニメが放送された。その後アニメ劇場版が2017年7月に上映されるなど、世界的にも注目を集めている。

Read Article

時をかける少女(時かけ)のネタバレ解説・考察まとめ

時をかける少女(時かけ)のネタバレ解説・考察まとめ

『時をかける少女』とは、2006年に公開された、アニメーション映画である。監督は『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』などを手がけた細田守。筒井康隆の原作を元に作られており、原作の20年後が舞台となっている。時間を跳躍する力を手に入れた主人公が、その力を使いながら、本当に大切なものは何なのか気づいていく、青春SF作品。

Read Article

サマーウォーズ(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サマーウォーズ(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サマーウォーズ(Summer Wars)とは2009年8月1日から公開された日本のアニメ映画である。監督はアニメ映画版『時をかける少女』や『おおかみこどもの雨と雪』で知られる細田守であり、今作品は監督初の長編オリジナルアニメーション作品となっている。 仮想世界が発達した世界を舞台に主人公である小磯健二が先輩の篠原夏希とその家族らとともに仮想世界と現実世界の危機に立ち向かう物語である。

Read Article

ノー・ガンズ・ライフの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ノー・ガンズ・ライフの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ノー・ガンズ・ライフ』とは、カラスマタスクによって「ウルトラジャンプ」で連載されたSF漫画作品である。本作は読みきりを2回経て、2014年に連載が開始された。 主人公は、作中で「拡張者」と呼ばれるサイボーグ、乾十三(いぬいじゅうぞう)。十三は、街で「処理屋」というトラブルシューターを営んでおり、頭頂部が拳銃になっているという、かなり奇抜な見た目のキャラクターである。 古臭い探偵小説のような物語である本作では、鉄の塊のような、武骨な男の言うハードボイルドなセリフが印象的である。

Read Article

【四畳半神話大系】絶対に観たい10のおすすめ名作アニメ【電脳コイル など】

【四畳半神話大系】絶対に観たい10のおすすめ名作アニメ【電脳コイル など】

世界に誇れる文化なのに、アニメというだけで敬遠するのは勿体無い!!大人が楽しめる考え抜かれたストーリー展開を軸に、死ぬまでに観ておきたい良質のアニメを厳選して紹介。質の高さは折り紙つき。四畳半神話大系や電脳コイルなど、名作だらけですのでぜひ最後までご覧ください!

Read Article

目次 - Contents