電脳コイル(アニメ・小説)のネタバレ解説・考察まとめ

『電脳コイル』とは、マッドハウス製作、磯光雄(原案・監督)のアニメ作品。
近未来という設定でありながら、昭和感漂う寂れた町並みや駄菓子屋などが懐かしい日本が舞台。
大黒市へ引っ越してきた主人公ヤサコと謎の少女イサコを中心に起こる事件・都市伝説・電脳世界の謎を追いながら、笑える日常劇から徐々にシリアスな展開へ続いていく。

電脳メガネごしにしか見えない電子ペット。
実際のペットのように可愛がられていたり、主人のいう事を聞く従者として扱われている。

デンスケ

ヤサコの電脳ペットの犬。
元々はヤサコの祖父が飼っていたが、死後、電脳メガネと一緒にヤサコに託した。
電脳ペットなので触る事はできないがヤサコにとっては掛け替えの無い愛犬で、デンスケもヤサコに忠実で危険があると守ろうとする番犬でもある。
普段のお惚け顔が可愛らしく、本作のメインマスコットキャラである。

しかし、デンスケは電脳空間に適合するように改造された実験用の電子ペットであった。
この改造をしたのはメガじいで、ヤサコにメガネと一緒に託したのはデンスケがアッチの世界へ接続するのに必要な鍵で、そこには大量の機密事項があるため関係ない孫のヤサコに託したのだ。

ウィルスに感染し、物語終盤にかけて次第に弱っていってしまう。
バグの塊に成り果ててしまいながらもヤサコを守るデンスケの姿は、命の無いデータ上の犬ではなく命のある生きた動物そのものだ。

ヤサコとデンスケの深い絆が描かれる。

オヤジ

フミエのペットマトン。
一度見たら二度と忘れない強烈なキャラデザである。

サッチー

オバちゃんが導入した管理ロボット。
違法なデータやバグを修正して回る一見何の害も無さそうな設定だが、相手を選ばず修正するためバグ感染したペットなどがサッチーのビームを浴びると消されてしまう。
メガシ屋で売っている電脳ツールも駆除対象で、ビームを浴びるとメガネが壊れたり初期化されてしまうので子供達からは恐怖の対象。
郵政局の管轄なので、管理外のドメインである民家や学校や神社などの敷地には入ってこられない。
「ボク、サッチーヨロシクネ!」と愛らしい声で襲いかかってくる様は子供の視聴者のトラウマになった。
体についてる丸い物は「キュウちゃん」と呼ばれ、宙に浮いてサッチーの調査範囲を広げ、自らもビームを放つ。

『電脳コイル』の用語

コイル電脳探偵局

メガばあが作った探偵団。
行方不明のペットを探すなどの任務が主。
会員は番号が入ったバッヂを持ち歩いている。

大黒黒客倶楽部

ダイチ率いる悪ガキ集団。
電脳メガネを使い悪戯をし迷惑を掛ける。
メンバーはダイチ、デンパ、ガチャギリ、ナメッチ、アキラの5人。
後にイサコに乗っ取られる。

電脳ツール

電脳空間で使用できるアイテム。
通販電脳駄菓子屋やメガシ屋で販売している。
黒バグ(その名の通り黒いバグ現象)を吹き付けるとその部分の画像データが破損する黒バグスプレー。
サッチーのビームから一時的に身を守るレンガ壁。
…など、作中に時折出てきて活躍するアイテムがある。

メタバグ

通常のバグとは違い、稀に宝石のような形をしているバグがありそれらをメタバグという。
空間の歪に現れやすく、サッチーがビームで消しているため希少価値が高い。
そのままでは使う事は出来ず、複数のメタバグを使い「メタタグ」にしないと使うことは出来ない。
作中でこの肯定を完全に出来るのはメガばあだけである。
※オバちゃんもメタタグを作るシーンがあるが、メガばあ程完全なものではない。

子供達の間で通貨として機能しており、単価「~メタ」はリアルの通貨「~円」と同じ。

キラバグ

メタバグの一種とされ、メタバグよりも希少価値がさらに高い幻の電脳物質。
メタバグの30倍の値がつく。

メタタグ

メタタグから精製される電脳ツールの一つで、御札の形をしている。
札ごとに効果が違い、対象に貼り付けたり投げつけたりして使う。

電脳物資を破損させるメガネビーム「メガビー」
電脳コイル現象を元に戻す「コイルタグ」
などがある。

yamatoj4
yamatoj4
@yamatoj4

Related Articles関連記事

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUEとは今敏監督によるアニメーション映画。日本では1998年2月28日に劇場公開された。 主人公・未麻はアイドルグループ『チャム』の一員として人気を博していたが、女優業のために突如アイドルを引退する。アイドルのイメージを払拭するために、さまざまなことに挑戦していくがその裏で周囲の人間が次々と襲われ始める。

Read Article

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

DEATH NOTE(デスノート)のネタバレ解説・考察まとめ

『DEATH NOTE』とは、原作:大場つぐみ、作画:小畑健による日本の少年漫画作品。アニメ、実写映画化、舞台化など幅広くメディア展開している。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』に連載された。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート『デスノート』を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

Read Article

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

1996年~ 1999年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。働きもせず、しょぼい酒と博打に明け暮れる自堕落で最悪な毎日を送る若者カイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ足を踏み入れ、その後様々なギャンブルに挑んでいく様が描かれる。

Read Article

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

『寄生獣』とは、岩明均による漫画作品、及びそれを原作とするアニメ、実写映画。人間に寄生し、人間を食らう寄生生物。そんな生物(ミギー)が右手に寄生してしまったため、数奇な運命に翻弄されることになった泉新一。単なるモンスター物、ホラー物ではなく高度な哲学性、テーマ性が物語を彩っており、今なお根強い人気を誇っています。

Read Article

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

「BLACK LAGOON」は、作者の広江礼威(ひろえ れい)が月刊サンデージェネックスで連載中のガンアクション漫画、およびそれらを原作とした小説・アニメ作品。裏社会の人間が闊歩する犯罪都市・ロアナプラに放り込まれた日本の商社マン・岡島緑郎ことロックは、運び屋の一員となり荒事を請け負うようになる。

Read Article

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2001年~2004年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。自堕落でどうしようもない毎日を送るカイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ身を投じていく様を描いた前作「賭博黙示録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する様子が描かれる。

Read Article

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年から「週刊ヤングマガジン」にて連載されている福本伸行によるギャンブル漫画。保証人としてかつてのバイト仲間の借金を肩代わりさせられたことをきっかけにギャンブルの世界へのめりこんでいく様が描かれた「賭博黙示録カイジ」、そして膨れ上がった借金の代償として地下労働を強いられ、そこから地上へと戻ってくるまでが描かれた「賭博破壊録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する模様が描かれる。

Read Article

ノーゲーム・ノーライフ(No Game No Life)のネタバレ解説・考察まとめ

ノーゲーム・ノーライフ(No Game No Life)のネタバレ解説・考察まとめ

『ノーゲーム・ノーライフ』とは、榎宮祐によるライトノベル、またはそれを基にしたアニメ作品である。天才ゲーマー兄弟が、「全てがゲームで決まる」異世界に召喚され、世界を攻略していく作品である。そのほかインターネットラジオなどのメディア展開も多い作品である。漫画版が『月間コミックアライブ』で連載され、2014年4月よりアニメが放送された。その後アニメ劇場版が2017年7月に上映されるなど、世界的にも注目を集めている。

Read Article

時をかける少女(時かけ)のネタバレ解説・考察まとめ

時をかける少女(時かけ)のネタバレ解説・考察まとめ

『時をかける少女』とは、2006年に公開された、アニメーション映画である。監督は『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』などを手がけた細田守。筒井康隆の原作を元に作られており、原作の20年後が舞台となっている。時間を跳躍する力を手に入れた主人公が、その力を使いながら、本当に大切なものは何なのか気づいていく、青春SF作品。

Read Article

サマーウォーズ(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サマーウォーズ(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サマーウォーズ(Summer Wars)とは2009年8月1日から公開された日本のアニメ映画である。監督はアニメ映画版『時をかける少女』や『おおかみこどもの雨と雪』で知られる細田守であり、今作品は監督初の長編オリジナルアニメーション作品となっている。 仮想世界が発達した世界を舞台に主人公である小磯健二が先輩の篠原夏希とその家族らとともに仮想世界と現実世界の危機に立ち向かう物語である。

Read Article

ノー・ガンズ・ライフの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ノー・ガンズ・ライフの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ノー・ガンズ・ライフ』とは、カラスマタスクによって「ウルトラジャンプ」で連載されたSF漫画作品である。本作は読みきりを2回経て、2014年に連載が開始された。 主人公は、作中で「拡張者」と呼ばれるサイボーグ、乾十三(いぬいじゅうぞう)。十三は、街で「処理屋」というトラブルシューターを営んでおり、頭頂部が拳銃になっているという、かなり奇抜な見た目のキャラクターである。 古臭い探偵小説のような物語である本作では、鉄の塊のような、武骨な男の言うハードボイルドなセリフが印象的である。

Read Article

【四畳半神話大系】絶対に観たい10のおすすめ名作アニメ【電脳コイル など】

【四畳半神話大系】絶対に観たい10のおすすめ名作アニメ【電脳コイル など】

世界に誇れる文化なのに、アニメというだけで敬遠するのは勿体無い!!大人が楽しめる考え抜かれたストーリー展開を軸に、死ぬまでに観ておきたい良質のアニメを厳選して紹介。質の高さは折り紙つき。四畳半神話大系や電脳コイルなど、名作だらけですのでぜひ最後までご覧ください!

Read Article

目次 - Contents