もやしもん(漫画・アニメ・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

石川雅之によって『イブニング』と『月刊モーニングtwo』にて連載された日本の漫画作品。『もやしもん(第1期)』、『もやしもん リターンズ(第2期)』としてテレビアニメが放送された。
細菌やウィルスを肉眼で目視でき、なおかつ菌と意思疎通までできる主人公、沢木 惣右衛門 直保(さわき そうえもん ただやす)のその不思議な力ゆえに巻き起こるどたばた学園物語である。

三馬鹿トリオ(直保、美里、川浜)にせまる襲撃班

三馬鹿(長谷川が命名)に迫る襲撃班は顔面にマスクをしているのだが明らかに機動戦士ガンダムのドムのモノアイ(メインカメラのこと)を意識したペイントが施され、しかもローラースケート3人での連携攻撃のストロボでひるませるというドムの黒い三連星まんまの攻撃を行う。三馬鹿に迫った瞬間、明らかに機動戦士ガンダムの一場面を真似したシーンになり川浜に至ってはニュータイプ(認識能力が拡大した戦闘員)のごとき閃きを発揮し攻撃をかわす。だが乗馬部の襲撃には避難が精一杯で結局、夜更けまで隠れていた。

春祭の終結

農志会遊軍が3日目にして全生徒を全滅させれば全生徒に100日のボランティアを義務付けると宣言。これに対して生き残りの生徒全員を集結させ正門を守備する「防衛」と書かれたシャツを着た遊軍大将総攻撃を決める。大激戦の末、バッグに隠れた直保が大将と対峙、圧倒的な力にひるむも、実は大将は農志会電脳部の操るロボットであり、不具合を起こして立ち往生。待ってくれという電脳部の懇願もむなしく紙風船を破り、春祭は終結、そして大将撃破の賞金として10万農をゲットする。
見事、樹教授の販売する媚薬をゲットし樹研究室に設置するも、長谷川にあっさり見破られる。しかし何を思ったのか、長谷川がすべての媚薬を食する。さらに及川と武藤までも残った媚薬を食し、タクシーで帰宅するもすでに効果が発揮しはじめ、翌朝、気がついた及川は武藤と全裸でシーツ一枚で布団で寝ていたのだった。

もやしもんリターンズの大イベント・「農大収穫祭」

昼の収穫祭

地域との交流を目的として昼の収穫祭では、農大で収穫された野菜の無料配布を行うのだが、殺気だった近隣の主婦が10時開門を期し集結していた。女子ラクロス部や男子アメフト部などが野菜無料配布に殺到する主婦を整列させるため「農大の荒廃この一戦にあり各員一層奮励努力せよ」と気合を入れ秩序維持せんとするが、開門と同時に津波のごとく殺到する主婦に蹂躙、瞬殺されてしまうのであった。
また売上一位のお店には出店賞がでることから、樹研究室の面々で美里、川浜が製造したプルケ(メキシコの醸造酒)を「葵‘sBar」で販売することになる。収穫祭の最中、長谷川が父親の計略によって許婚と婚前旅行にフランスに行っていることがわかり、及川はバニーコスチューム、蛍はゴスロリファッション、何故か武藤はエイリアンコスチュームで集客し長谷川を連れ戻すための旅行費用を捻出するため励むことになる。

夜の収穫祭

地域との交流を目指す昼の部とはガラリと趣きを変え、本来の大学の独立自治の姿を取り戻すのが夜の収穫祭である。そこでは、立花准教授による三上教授に対するノックアウト戦が開催された。これは、年一回の教授会議で教授全員の一致によって立花は教授になれるが、長年三上は反対の立場を貫いていた。そこで、夜の収穫祭においてリベンジの機会が与えられ戦って勝てば教授になれる、というもの。過去4回行われていたようで、三上は気功の達人らしく立花を撃退していたが、今年は高齢のためか入院をしていた。今年こそは立花の優位にことがすすむかと思われたが、なんと三上は収穫祭直前に農志会電脳部の顧問に就任、その故もあって、対戦にはロボットが出場、堂々たる体躯であった立花に圧勝したのであった。

収穫祭後夜祭

立花准教授によるノックアウト戦が公認の夜の収穫祭なら、生徒のみで開催されるのが非公認の夜の収穫祭のオークションであり、そこで美里、川浜は学園祭に参加したアイドル田中恭子にガムを差し出し、その食べ後、と称したガムをいれた口噛み酒を出品し¥80000を手にした。その金額をもって長谷川を連れ戻すための旅費とした。
ちなみに、出店賞は、子供たちが見ている前でニワトリを屠殺しからあげを提供し農大の精神をいかんなく示した畜産学科が受賞し、人気、売上とも一位だった「葵`sBar」は学校の記念樹を無許可で原料とした罪をもって出店賞は没収、どころか主犯である美里、川浜は二十日間の停学処分となったのであった。

フランスへ

収穫祭がまさに始まろうとしていたとき、長谷川の父が某農大にまで出向き、長谷川を連れて許婚の龍太とフランスまで婚前旅行に送り出す。自身が「かごの鳥」であって、どうあがいても父から逃れられない運命を悲観的に受け入れた長谷川はこの時はなんら抵抗することもなく受け入れた。その時、偶然居合わせた武藤に退学届けも手渡していた。
収穫祭2日目になって、ようやく樹研究所のメンバーも長谷川が拉致同然にフランスに旅行に出ていることを知り、すべてを中途半端に放り出して親の決めたとおりの結婚など長谷川の本意ではないことを理解するメンバーは長谷川奪還のための旅行費用を調達するべく、及川は奮起してバニーコスチュームを着て、蛍はゴスロリファッションを着て撮影会を開催して出店の売上を伸ばし、美里、川浜は自分達のために稼いだはずのオークションの売上を旅行費に提供する。
後夜祭、農大の記念樹を無断で原料に使用した故もあって二十日間の停学処分を言い渡された主犯の二人、美里、川浜と、直保の三人で、そもそも長谷川の居場所をまったく知らないままフランスに旅立つ。フランスにやってきた三人は、何も考えずにまずは観光とばかりに食事をするものの一回の食事で¥40000も出費、無計画な食事を何度も経て所持金に余裕はなくなり慌てて金を借りるために長谷川探しを始め、直保の思い付きによってブルゴーニュに行き着く。そこでレンタル3人乗り自転車を乗って長谷川を探索する途中、フラフラと道路にはみ出したところをマリーに轢かれてしまう。
日本語に堪能なマリーに負い目をつくることには成功した三人は、とりあえず文無し同然なため宿と食事を確保しようとする。マリーは自分の家、ドメーヌで催される食事会にて三人に給仕をすれば、と宿泊を承諾する。そのマリーの家で開催される食事会に、まさしく偶然にも長谷川がいたのであった。
食事会は長谷川の許婚、龍太の取引相手であるバイヤーのつてを使ってマリーの家で催されたのだったが、さしてワインにも食事にも詳しくないただ高級をてらうだけの龍太はわざわざフランスのドメーヌまできて刺身を出す。自身の実体験には基づかない薄っぺらい作法を語る龍太を、マリーや美里、川浜、直保はさんざん馬鹿にして龍太の面目を潰してしまう。激昂する龍太に対して、長谷川は龍他の取引相手とマリー、とマリーの祖父に無作法を謝罪し、さらに龍太のプライドを潰す。立腹した龍太は長谷川を残してホテルに戻ってしまう。後からホテルに戻った長谷川は龍太を無視し部屋に戻ってしまう。そのことを知った龍太はさらに激昂。部屋に押しかけるが、そこにいたのは完全に酔って本性を表した長谷川の姿だった。
翌朝、おびえる龍太は長谷川の父に働きかけさらなる束縛を長谷川に加えようとするが、長谷川の専属運転手は長谷川の味方であり、長谷川を美里、川浜に引き渡す。捜索の手が及ぶも、美里と長谷川はちょっとみっともないペアルックで脱出する。少ない知識から、恋人とは手をつなぐものだ、と美里から手をつないで歩く二人の距離感に長谷川もまんざらではなかった。
龍太と話し合うべくホテルに戻ってきた長谷川だったが、逃げられ落ち込む龍太はワインを飲み生カキを食べて酔っ払い、ついに我慢の限界に至り怒鳴って長谷川に迫るも、ノロウイルスに罹患し倒れてしまう。長谷川に看病される龍太は、つきものが落ちたかのように心情を吐露する。
長谷川に、子供の頃からいいところを見せようと懸命になっていたこと、うすうす感じてはいたが、長谷川も、龍太も、お互いの結婚を望んではいなかったことを素直に認め、婚約を解消、それぞれの道を歩むことを確認しあう。
最後まで龍太の看病をした長谷川は、三人とは別々に戻ってきて、久しぶりに樹研究室のメンバーと久しぶりに再会し、心から笑う。そして、美里と友達以上恋人未満の仲となり、婚約関係は解消されたことにより、樹研究室に居座る理由はなくなったものの、居続けたい理由はちゃんとあるんだ、と自身の居場所を改めて見出す。

マリーのワイン造り

子供の頃から祖父に付き従ってブドウ畑で働いていてすべてのブドウの木の特徴を知り尽くした兄やマリーと違って、サラリーマンをしていた父はその仕事がうまくいかず今年で引退するという祖父に換わって酒造を引き継ぐことになる。しかし、ブドウに関して一日の長がある兄やマリーに対する負い目から、ある日からワイン造りに関するいっさいの協力を拒絶し、独自にやり始める。そういうあり方を、同じ職人気質の一家は内心に様々な思いはありつつも歓迎し、兄は手伝いをやめパリで仕事を探し、マリーは可能性を高めるため世界に飛び立つことを決意していた。
マリーの家で滞在を続ける直保、美里、川浜のためにマリーはブルゴーニュの名物料理牛肉のワイン煮を提供する。そこで、マリーの父が飲む、勉強の為に自分が作ったものしか飲まないと称するワインを、実はアルコールが入っていないただのブドウジュースであることを菌が見える直保は見抜く。うすうす感づいていたマリーは、父のために新たな仕事の提案をしようとするが、職人気質でしかも長い伝統を保持せねばならないと決意する父はかたくなに拒絶する。だがその時、直保の呼びかけに応じ集まった菌たちが、マリーにワイン蔵の温度異常を知らせる。気づいた祖父がいまの天候は5年前と同じだ、と言うとマリーは5年前にも天候不順による低温に発酵がすすんでいないことを思い出し、蔵の窓を開けることでしのぐ。5年前はちょうど父がサラリーマン生活で家を離れたときであり、自分がいなかったときもマリーたちは真面目にワインと向き合っていたことを思い知る。そして、庭には菌たちによって大きく「みんなでやりな」という文字が描かれていた。
祖父と父をブドウ畑に連れ出し改めて行うマリーの提案に、自身の経験不足を思い知った父は素直に耳を傾けた。それは「発泡グレープジュース」だった。甘くて濃厚で美味しい自分の畑でつくるピノ・ノワール種を、渋くて酸っぱいワインにすることに嫌ってはいても伝統という束縛、重みに縛られていた父も、ブドウ本来の味をいかせる伝統あるドメーヌの本気のジュース造りという新たな可能性に俄然やる気を出す。そして、マリーは家族全員でワイン造りをすることを宣言する。まだまだ元気な祖父には引退を撤回させ、パリで仕事を見つけたにも関わらず兄を呼び戻し、家族全員の絆を取り戻すべく奮闘するのであった。菌たちの声「みんなでやりな」を受け入れて。

印象的な発酵食品

キビヤック

第1話で登場。その見た目からして「もやしもん」という物語の方向性を強烈に視聴者に印象づけた。アザラシの漬物。カナディアンイヌイットの発酵食品。アザラシの腹の中に海鳥を70~80羽ほどつめて土中にて発酵させ、発酵がすすんだ海鳥の肛門から内容物を吸引する、というシロモノ。野菜がとれないイヌイットにとって貴重な栄養源。
ちなみに、強烈な臭気を放つ食品としては世界第4位。

ホンオフェ

第3話に登場。及川登場時に、及川が持っていたことにより、ホンオフェがしゃべっているかのような印象に。エイの発酵刺身。韓国の発酵食品。本場ものは強烈なアンモニア臭がして、長く噛んでいるとアンモニアによって口内粘膜がただれてしまうという。また、マッコリと相性がよく一緒に食べるのが通らしい。臭いが強烈ながらも高級食品であり、結婚式などで出されるごちそう。
臭いの強さでいうと、キビヤックの5倍、納豆の14倍、世界で2番目に臭気が強い発酵食品。

シュールストレミング

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

モノノ怪(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「モノノ怪」とは、2006年にフジテレビのノイタミナで放送されたアニメ「怪 〜ayakashi〜」の中の「化猫」編をスピンオフし、「モノノ怪」というタイトルで2007年に同じくノイタミナで放送されたオリジナルアニメーション。シリーズディレクターは「中村健治」で、スタイリッシュな和製ホラー作品。 人間の情念に憑いたあやかしが「モノノ怪」となり、主人公「薬売り」が退魔の剣でモノノ怪を斬っていく。

Read Article

ハチミツとクローバー(ハチクロ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハチミツとクローバー』は羽海野チカにより宝島社、集英社に2000年から2006年にかけて連載された漫画作品。及びそこから派生するテレビアニメ、実写映画、テレビドラマである。「ハチクロ」という略称で親しまれる。 テレビアニメ第一期が2005年、第二期が2006年に放送された。 美術大学を舞台に、大学生達の報われない片思いや芸術への想いが描かれている。

Read Article

銀の匙(Silver Spoon)のネタバレ解説・考察まとめ

『銀の匙』とは、荒川弘によって2011年より週刊少年サンデーで連載されている漫画及びそれを原作とするアニメ、実写映画。舞台は北海道の「大蝦夷農業高等学校(エゾノー)」。主人公の八軒勇吾は札幌の私立中学に通っていたが受験に失敗し、学力競争と父から逃れるため恩師の勧めもあり大蝦夷農業高等学校に進学する。農業未経験者の八軒は仲間たちと汗と涙と泥にまみれ、農業の厳しい現実にぶつかりながらも成長していく。

Read Article

僕だけがいない街(僕街)のネタバレ解説・考察まとめ

三部けいによる漫画を原作とするアニメ作品。 2016年よりフジテレビ「ノイタミナ」枠にて全12話が放送された。 「再上映(リバイバル)」と呼ばれるタイムリープ能力を持つ主人公が、自分と周囲の人々を救うために、現在と過去を行き来するミステリー・サスペンス作品である。 終盤の11話の途中からは、原作とはやや違うオリジナルストーリーとなっている。

Read Article

PSYCHO-PASS サイコパス 3(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『PSYCHO-PASS サイコパス 3』とは、2012年10月からフジテレビ「ノイタミナ」にて第1期が放送された、Pruduction I.G制作のオリジナルテレビアニメの第3期。人間のあらゆる心理状態や性格傾向などが数値として計測可能な「シビュラシステム」の導入された東京を舞台に、厚生省管轄の警察組織「公安局」がシビュラシステムのもと治安維持活動に日々尽力する。登場人物達の葛藤やジレンマを追う群像劇や近未来的事件解決の物語は国内外からも厚い支持を受けている。

Read Article

四畳半神話大系(小説・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『四畳半神話大系』とは、森見登美彦による日本小説、及びそれを原作として制作、放送されたアニメ作品。 小説は単行本では2005年に太田出版から、文庫本では2008年に角川書店から刊行されている。 アニメは2010年に放送された。 そして森見登美彦原作の「夜は短し歩けよ乙女」の映画化を受け、2017年1月から特別放送が開始された。

Read Article

ピンポン(松本大洋)のネタバレ解説・考察まとめ

ピンポンは、松本大洋による卓球漫画、及びそこから派生した実写映画、アニメ作品。 卓球を題材とし、登場人物達の友情や成長描く青春物語で、神奈川県藤沢市が舞台となっている。 週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館刊)に1996年から1997年まで連載された。全5巻。 実写映画は2002年7月に劇場公開された。 アニメは2014年4月〜6月に放送された。全11話。

Read Article

乱歩奇譚 Game of Laplace(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

推理作家「江戸川乱歩」が書き上げた作品群の中から「人間椅子」、「影男」、「怪人二十面相」、「ラプラスの島」などを題材として、主人公のアケチ、コバヤシ少年を中心に現代の世界観で起こった怪事件を解決していくアニメオリジナル作品である。 2015年7月~9月までフジテレビ「ノイタミナ」枠で放送された。アニメーション制作はLerche(ラルケ)。

Read Article

うさぎドロップ(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

うさぎドロップとは宇仁田ゆみによる日本の漫画作品。祥伝社「FEEL YOUNG」に2005年10月から2012年1月まで掲載。本編全9巻。番外編10巻。 2011年7月フジテレビ”ノイタミナ”にてアニメ放送。2011年8月に実写映画化。 祖父の葬儀で見知らぬ女の子に出会った独身30歳の男大吉と6歳の女の子りんの物語。

Read Article

海月姫(東村アキコ)のネタバレ解説・考察まとめ

海月姫(くらげひめ)とは、漫画家・東村アキコにより描かれた少女漫画である。講談社発行の雑誌Kissにおいて連載されている。オタクでニートの女たち、通称”尼~ず”はレトロなアパートの天水館で自らの趣味に没頭して暮らしていた。その一員である主人公の月海はクラゲのクララをきっかけに女装男子の蔵之介と知り合い、天水館売却を阻止すべくクラゲモチーフのドレスデザイナーとして奮闘することになる。

Read Article

クズの本懐(横槍メンゴ)のネタバレ解説・考察まとめ

横槍メンゴによる漫画作品、及びそこから派生したアニメ、ドラマ作品である。「月刊ビッグガンガン」(スクウェア・エニックス刊)で2012年Vol.10から2017年Vol.04まで連載された。 報われない恋に悲しむ男女や、誰もが持ちうる孤独に苦しむ人間の姿、そしてその寂しさから抜け出し、未来を歩んでいく人々の強さを描いた作品である。

Read Article

図書館戦争(小説・漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

2006年よりアスキー・メディアワークスより出版された有川浩の小説及びそれらを原作とする漫画、アニメ、実写化作品である。シリーズ作品であり、「図書館戦争」から始まる全4巻と外伝「別冊図書館戦争」全2巻で構成される。舞台は公序良俗を乱し人権を侵害する表現を規制する法律が制定された架空の日本。主人公笠原郁は不当な検閲から本を守るため、表現の自由を守るため図書隊員として戦う。

Read Article

ハチミツとクローバー(ハチクロ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ハチミツとクローバー』は羽海野チカにより宝島社、集英社に2000年から2006年にかけて連載された漫画作品、及びそこから派生するテレビアニメ、実写映画、テレビドラマである。「ハチクロ」という略称で親しまれる。 テレビアニメ第一期が2005年、第二期が2006年に放送された。 美術大学を舞台に、不器用な大学生達の報われない恋や自分の才能や生き方について迷う若者達の姿を描いた青春群像劇

Read Article

恋は雨上がりのように(恋雨)のネタバレ解説・考察まとめ

『恋は雨上がりのように』は、眉月じゅんによる漫画作品。WIT STUDIO制作、ノイタミナ枠でアニメ化された。 クールな女子高生・橘あきらはケガにより陸上競技を諦めた。気を落としていたあきらは、偶然入ったファミレスで優しく声をかけてくれる近藤正己と出会う。 17歳の少女と45歳のおじさんの恋愛を描く。

Read Article

四月は君の噓(君噓)のネタバレ解説・考察まとめ

四月は君の噓は、新川直司による漫画。全11巻完結。アニメ化、実写映画化もされている。あるテレビ番組ではワンピースで有名な漫画家、尾田英一郎も絶賛していた。 元天才ピアニストの主人公、有馬公生、秘密を隠しているヴァイオリニストのヒロイン、宮園かをりを中心とした中学生の学園青春ストーリー。

Read Article

いぬやしき(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 冴えないサラリーマンの犬屋敷壱郎と高校生・獅子神皓はある日、公園で謎の光に包まれた。その光は宇宙人が起こした事故であり、命を落としていた二人は事故を無かったことにするために改造されて意識を取り戻す。 「人を助けることで生を実感する男」と「人を殺すことで生を実感する男」の戦いが描かれる。

Read Article

NEW

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(あの花)のネタバレ解説・考察まとめ

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』はA-1 Pictures制作による恋愛やファンタジーを題材としたオリジナルテレビアニメ作品である。2011年4月から6月までフジテレビのノイタミナ枠でアニメが放送された。その後、漫画化、劇場化、実写ドラマ化されている。死んだはずの「本間 芽衣子(ほんま めいこ)」こと「めんま」が主人公の「宿海 仁太(やどみ じんた)」こと「じんたん」の前に現れる。めんまの死によってバラバラになってしまった幼馴染の5人の、過去の傷や葛藤を描いた物語である。

Read Article

さらざんまい(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『さらざんまい』とは、『少女革命ウテナ』『輪るピングドラム』など、ヒット作を多数手がけてきた幾原邦彦が監督を務める、新作オリジナルTVアニメ。東京・浅草を舞台に、人と人との「繋がり」を描いた作品。2019年4月~6月まで、フジテレビノイタミナ他にて放送された。中学生の矢逆一稀、久慈悠、陣内燕太の3人は、謎のカッパ型生命体「ケッピ」と出会う。ケッピは、どんな望みでも叶えることが出来る「希望の皿」を生み出せる唯一の存在だった。希望の皿を手に入れて譲れない繋がりを守る為、3人はケッピの命令に従う。

Read Article

ギルティクラウン(GUILTY CROWN)のネタバレ解説・考察まとめ

『ギルティクラウン』とは、制作会社プロダクションI.Gが手掛けたオリジナルアニメであり、フジテレビ系列「ノイタミナ」枠にて2クールアニメとして放送された。 物語前半は突如発生した未知のウイルス"アポカリプスウイルス"が蔓延した10年後の日本を舞台にした作品であり、主人公である桜満集がレジスタンスグループの一員として「王の能力」と共に世界と戦い、物語後半はアポカリプスウイルスの第二次パンデミック発生後からアポカリプスウイルスの消滅まで桜満集が「王の能力」と共に世界を救う構成となっている。

Read Article

衝撃の死を遂げ、読者や視聴者を驚かせたキャラクターまとめ

アニメ、漫画の中でも安易な展開を避けたいがために死んでしまうキャラクターは星の数ほどいます。しかしそういう作品はキャラクターを殺すことで逆に安易な展開になってしまうものもあります。 そんな中でも、悲惨だったり、予想だにできない衝撃の死を遂げたキャラクターをまとめました。

Read Article

『PSYCHO-PASS(サイコパス)新編集版』追加シーンまとめ

【新編集版を見逃した方必見!!】サイコパス1期に無かったシーンが「新編集版」に追加されているのをご存知ですか?本編の補足を兼ねた追加シーンでは、分かりづらかったキャラクターの心理が細かく描かれています。狡噛と対峙する直前の槙島は何を考えていたのか?狡噛はどんな思いで事件捜査にあたっていたのか?などなど…。見れば見るだけ、本編の面白さが濃密に感じられる新規カットについて迫ります!

Read Article

アニメ『PSYCHO‐PASS』とは?人工知能が支配する近未来…凶悪犯罪を追う刑事達の物語をご紹介

平和なはずの社会に突如現れた凶悪な殺人犯たち。彼らは一様に「マキシマ」という男の名を口にする。しかしマキシマは、人工知能でも裁くことができないイレギュラーな存在だった…。人工知能が絶対正義となった社会で、刑事は葛藤する。コンセプトは「近未来SF・警察もの・群像劇」。ノイタミナの大人気アニメ『サイコパス』のあらすじや見所をご紹介。

Read Article

人工知能の支配は終わらない。シビュラの支配下で葛藤する刑事の物語『PSYCHO-PASS2』とは

一人前の刑事に成長した常守朱のみが知るシビュラシステムの秘密。人工知能と思われていたシビュラの正体は、凶悪犯罪者の脳だったのだ。恐ろしい事実を知りながら、それでも現状世界を維持することを決めた常守朱。しかし彼女の前に、新たな謎と事件が立ちふさがる。

Read Article

恋は雨上がりのように(第4話『漫ろ雨(そぞろあめ)』)のあらすじと感想・考察まとめ

『恋は雨上がりのように』は、眉月じゅんによる漫画作品。WIT STUDIO制作、ノイタミナ枠でアニメ化された。あきらはひょんな事から、厨房で働く加瀬に近藤への思いを知られてしまう。加瀬は近藤への気持ちを秘密にしておく代わりに、デートを要求してくる。 「恋は雨上がりのように」第4話『漫ろ雨(そぞろあめ)』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

恋は雨上がりのように(第1話『雨音(あまおと)』)のあらすじと感想・考察まとめ

『恋は雨上がりのように』は、眉月じゅんによる漫画作品。WIT STUDIO制作、ノイタミナ枠でアニメ化された。17歳の女子高生・橘あきらは部活動をする生徒たちを尻目にバイトに向かう。あきらはバイト先の店長である近藤正己に特別な視線を送っていた。 「恋は雨上がりのように」第1話『雨音(あまおと)』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

恋は雨上がりのように(第7話『迅雨(じんう)』)のあらすじと感想・考察まとめ

『恋は雨上がりのように』は、眉月じゅんによる漫画作品。WIT STUDIO制作、ノイタミナ枠でアニメ化された。あきらは近藤が図書館の帰りに元気がなかったことを思い出し、メールで連絡を取ろうとしていた。しかし話を切り出せず、近藤が借りて返った本の話をしてしまう。しかし、それは近藤が触れられたくないものだった。 「恋は雨上がりのように」第7話『迅雨(じんう)』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

恋は雨上がりのように(第2話『青葉雨(あおばあめ)』)のあらすじと感想・考察まとめ

『恋は雨上がりのように』は、眉月じゅんによる漫画作品。WIT STUDIO制作、ノイタミナ枠でアニメ化された。あきらはアキレス腱のケガがあるにも関わらず、客が忘れた携帯を走って届けた。無事に届けることができたが、店の前で座り込んでしまう。近藤は慌てて病院へあきらを連れて行く。 「恋は雨上がりのように」第2話『青葉雨(あおばあめ)』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

恋は雨上がりのように(第3話『雨雫(あめしずく)』)のあらすじと感想・考察まとめ

『恋は雨上がりのように』は、眉月じゅんによる漫画作品。WIT STUDIO制作、ノイタミナ枠でアニメ化された。後輩に連れられ陸上部へ顔を出したあきらは、部活をしていた頃のことを思い出して泣いてしまう。雨に濡れて歩くあきらは近藤の元へ行き、もう一度思いを告げる。 「恋は雨上がりのように」第3話『雨雫(あめしずく)』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

恋は雨上がりのように(第5話『香雨(こうう)』)のあらすじと感想・考察まとめ

『恋は雨上がりのように』は、眉月じゅんによる漫画作品。WIT STUDIO制作、ノイタミナ枠でアニメ化された。『ガーデン』に近藤の息子である勇斗が訪ねてくる。勇斗はハムスターをもらい、近藤に見せに来ていた。しかし、近藤は休みであり、あきらは近藤の家まで行く勇斗に付き添うこととなった。 「恋は雨上がりのように」第5話『香雨(こうう)』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

恋は雨上がりのように(第6話『沙雨(さう)』)のあらすじと感想・考察まとめ

『恋は雨上がりのように』は、眉月じゅんによる漫画作品。WIT STUDIO制作、ノイタミナ枠でアニメ化された。あきらが陸上を辞めて以来、あきらとはるかの仲はどこかぎこちなかった。はるかは街であきらを見かけても、話しかけられず、あきらも陸上部員達からは隠れていた。そんなある日、はるかは延々とガチャを回すあきらを発見する。 「恋は雨上がりのように」第6話『沙雨(さう)』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

いぬやしき(第4話『鮫島』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 弁当屋で働くふみのは恋人からプロポーズされ、幸せな生活を過ごしていた。しかし、ヤクザの鮫島によってその幸せは奪い去られる。犬屋敷はふみのを助けるために行動する。 今回は「いぬやしき」第4話『鮫島』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

いぬやしき(第11話『地球の人たち』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 犬屋敷はついに家族に機械の体を持つことを打ち明ける。家族はそれを受け入れ、犬屋敷たちは幸せな日々を送っていた。しかし、その幸せは巨大隕石が地球に迫っているという発表でかき消されてしまう。今回は「いぬやしき」第11話『地球の人たち』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

いぬやしき(第9話『新宿の人たち』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 警察を襲った獅子神の行動はどんどん加速する。日本に宣戦布告した獅子神は無差別に殺人を始める。犬屋敷と安堂は獅子神を止めるべく行動を始める。今回は「いぬやしき」第9話『新宿の人たち』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

いぬやしき(第6話『2chの人たち』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 警察に追われた獅子神に声をかけたのはクラスメイトの渡辺しおんだった。彼女の元で息を潜める獅子神だったが、母親が世間の目に晒されていた。そして獅子神に悲劇が訪れる。 今回は「いぬやしき」第6話『2chの人たち』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

いぬやしき(第1話『犬屋敷壱郎』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 冴えないサラリーマンの犬屋敷壱郎と高校生・獅子神皓はある日、公園で謎の光に包まれた。その光は宇宙人が起こした事故であり、命を落としていた二人は事故を無かったことにするために改造されて意識を取り戻す。 今回は「いぬやしき」第1話『犬屋敷壱郎』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

いぬやしき(第10話『東京の人たち』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 獅子神が落とした飛行機で東京は大パニックに陥った。犬屋敷は被害を減らそうと尽力するが、それを獅子神に知られてしまう。麻理が危険にさらされる中、二人は再会する。今回は「いぬやしき」第10話『東京の人たち』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

いぬやしき(第2話『獅子神皓』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 高校生・獅子神皓は宇宙人に改造され、機械の体になった。獅子神はその力で友達をいじめの手から救おうと考える。心優しい面を見せる一方で、獅子神はどこか狂っていた。そして同じ力を持つ二人が顔をあわせる。 今回は「いぬやしき」第2話『獅子神皓』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

いぬやしき(第8話『犬屋敷麻理』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 襲撃を受けた獅子神が見たのは倒れたしおんとしおんの祖母の姿だった。一方、麻理は犬屋敷と安堂が行動を共にしているところを発見し、尾行を始める。一方で獅子神は警察に攻撃を始める。 今回は「いぬやしき」第8話『犬屋敷麻理』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

いぬやしき(第7話『渡辺しおん』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 警察に追われた獅子神に声をかけたのはクラスメイトの渡辺しおんだった。彼女の元で息を潜める獅子神だったが、母親が世間の目に晒されていた。そして獅子神に悲劇が訪れる。 今回は「いぬやしき」第7話『渡辺しおん』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

いぬやしき(第3話『安堂直行』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 安藤直行は獅子神に説得され、学校に行くことを決意する。しかし、学校では未だいじめは続いていた。それを目撃して獅子神はある行動に出る。そして安藤はある決断をする。 今回は「いぬやしき」第3話『安堂直行』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

いぬやしき(第5話『獅子神優子』)のあらすじと感想・考察まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 安藤はニュースで獅子神が殺人を続けていることを知る。獅子神を止める方法を探す安藤は、獅子神と同じ力を持つ人間がいることに気づく。 今回は「いぬやしき」第5話『獅子神優子』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents