もやしもん(Moyashimon)のネタバレ解説まとめ

%e3%82%82%e3%82%84%e3%81%97%e3%82%82%e3%82%931st

石川雅之によって『イブニング』と『月刊モーニングtwo』にて連載された日本の漫画作品。『もやしもん(第1期)』、『もやしもん リターンズ(第2期)』としてテレビアニメが放送された。
細菌やウィルスを肉眼で目視でき、なおかつ菌と意思疎通までできる主人公、沢木 惣右衛門 直保(さわき そうえもん ただやす)のその不思議な力ゆえに巻き起こるどたばた学園物語である。

あらすじ・ストーリー

%e3%82%82%e3%82%84%e3%81%97%e3%82%82%e3%82%932nd

肉眼ではみることができないミクロレベル、ナノレベルの細菌やウィルスを目視でき、あまつさえ意思疎通までできる不思議な力をもつ種麹屋の息子、沢木 惣右衛門 直保(さわき そうえもん ただやす)。直保と幼馴染の結城蛍(ゆうきけい)が、直保の祖父の古くからの友人であり教授でもある樹慶蔵(いつきけいぞう)が勤める、東京に所在するという「某農業大学(これが正式な名称である)」に入学した。
大学院生の長谷川遥(はせがわはるか)とゼミ生の武藤葵(むとうあおい)。
日本酒の密造に失敗したあげく部屋の修理代などの代金として総額10,285,000円(税込)を請求されることになった2年生の美里薫(みさとかおる)と川浜拓馬(かわはまたくま)。
ただの通りすがりのはずが樹から「単位をひとつあげるから」と研究に参加することになった1年生の及川葉月(おいかわはづき)。
これらのメンバーが織り成す、細菌やウィルスに関係したどたばた学園物語である。

用語

もやしもん

『もやしもん』とは古くから酒造会社が種麹のことを「もやし」と呼ぶ習慣から。その種麹を専門に扱う家業の息子である直保が主人公であることから「もやし屋」の息子「もやしもん」となっている。ちなみに、味噌や醤油を醸造する会社にはこういう呼称の習慣はないという。
ちなみに、もやしとは菌の胞子が伸び行く様を、草花の芽吹きと同一視した「萌える」がなまった言葉であるという。

かもすぞ~

よく菌たちがしゃべる『かもすぞ~』は「醸す、かもす」「増殖する」「発酵もしくは腐敗」のことであり、本作品を象徴するフレーズである。ちなみに、これら菌たちは直保にしか見ることも会話することもできないしあくまで直保主観による姿である。
ちなみに、かもす、とは黴す、かびす、が語源らしい。

主要登場人物・キャラクター

沢木 惣右衛門 直保(さわき そうえもん ただやす)

Chara01

沢木 惣右衛門 直保(さわき そうえもん ただやす)声 - 阪口大助

主人公。農学部1年。種麹屋「もやし屋」の次男で、惣右衛門は家業の屋号。通常は屋号は名前にはつけずに「沢木直保」となる。ミクロ、ナノレベルの細菌やウィルスが肉眼で目視できるほか、会話、意思疎通まで行い、菌をつまむことまでできる。さらに、菌に指示まで出せる摩訶不思議な力をもっている。しかし、子供の頃から周囲の理解は皆無で馬鹿にされたり、変わり者扱いを受け、さらに両親にすらまったく理解されなかったため人とのかかわりが苦手。ただし、祖父と蛍は理解者。
幼馴染の蛍と一緒に「某農業大学」に入学し、祖父の友人であり大学の教授でもある樹に、細菌を目視できる能力を「透過型電子顕微鏡一式。3億(円)の価値がある」と利用される形で樹研究室のメンバーに。
ちなみに、直保に見える菌たちは実際の菌の姿とは違いかなり大きく顔があったりするし言葉も発する、直保の主観的な姿となっている。
第10話で、ゴスロリファッションに身を包んで女装した蛍にキスされたときは驚きのあまり、菌を知覚する能力を喪失した。直保にとって菌を知覚する能力を失うということは、ただのチビの大学生になってしまい存在価値を失うということであり、自分はこの大学生活で「チャラくて楽しい東京のキャンパスライフ」が送りたかったのか悩む。しかし、直保の呼びかけに応じてパンに「さわき」の字を形作った菌たちの存在に心を動かされ、悩みの結論は保留しとにかく菌の研究に励むことを目指す。

結城 蛍(ゆうき けい)

Chara02
Kei

結城 蛍(ゆうき けい)声 - 斎賀みつき

農学部1年。沢木の幼馴染であり彼の能力に理解がある一人。生家は造り酒屋で、子供の頃直保と一緒に「火落ち菌」が原因で醸造していた日本酒が壊滅、責任を感じた杜氏(とうじ、とじ。日本酒の醸造を行う職人達、すなわち蔵人の頭目であり酒蔵の醸造責任者)が自殺してしまった場面に遭遇してしまったことから火落ち菌を「僕の敵です」と酷く憎んでいる。直保より醸造や醗酵食品などについて詳しい。第5話で、日吉酒店で日本酒がぞんざいに扱われているのを(実際は中身はただの水道水だったが)怒って指摘していた。
登場時は普通の男子だったが、樹教授にだけは相談して直保にも内緒で休学し、やがて第10話ではゴスロリファッションに身を包んで完璧に女装した格好で日吉酒店でバイトする姿を直保に見つけられ、対して驚かない様子の直保にキスをする。女装の心境を直保に問われると、もともと中性的な顔立ちで子供の頃は女みたいと言われて怒っていたが「やだやだと思っている事の裏側に真理が隠れているかもしれない」と、大学にいる間は自身の可能性を広げるために女装したと説明した。

長谷川 遥(はせがわ はるか)

Chara03

長谷川 遥(はせがわ はるか)声 - 大原さやか

「某農業大学」大学院生(博士課程在学)。樹教授の助手的存在。スタイルもよい美女だが、かなり面積が少ないボンデージファッションに身を包み、非常に暴力的で感情が高まるとムチ打つ女王様のごとき人物。
直保の菌が見える能力を当初は相当疑い、各種菌が培養されたシャーレを山のように取り出しどんな菌か同定させていた。自身が築き上げてきた知識と経験を特殊能力のみで凌駕せんとする直保に強烈な敵意をもっていた。しかし、樹教授の「貴重な実験体にへそをまげられちゃ元も子もないじゃないか」というかなり露骨な説得によって矛を収める。思ったことをすぐ口にするタイプで、直保にきつくあたるため本人は自己嫌悪を感じてはいる。
家は大富豪で許嫁までいて大学卒業をもって結婚させられるのを嫌がり、結婚を先延ばしにさせんがため大学院にまですすんで研究に没頭している。親の決められたレールの上の人生に窮屈さを感じ、そういったしがらみがない美里、川浜などに魅力を覚えるのか、物語当初は侮蔑していたが徐々に距離を縮めつつある。また、酒には強い体質ではなく、ある一定量以上を飲酒すると完全に前後不覚に陥る。その際、近くにいた美里に絡んでいた。当人は酒乱を「甘え癖」と主張している。
もやしもんリターンズにて、許婚の龍太と結婚の為フランスに婚前旅行にきていたのだが、両者ともおざなりな結婚を求めてはいないことに気づき、許婚を解消する。

及川 葉月(おいかわ はづき)

Chara04

及川 葉月(おいかわ はづき)声 - 神田朱未

農学部1年。沢木と同じクラスに所属する。ただの通りすがりだったはずが、韓国の発酵食品ホンオフェを抱えて研究室に登場後、単位をエサに樹教授の研究に参加、なし崩し的にそのまま研究室に落ち着くことに。潔癖症で“自治寮”と看板がある美里と川浜が下宿する大学寮を訪問したときはかんしゃくをおこして部屋を大掃除、除菌スプレーを噴射させまくった。直保とカーペットを買いにいった帰りに電車に乗ったときは菌だらけだ、とつり革につかまることを嫌がり、部屋の中は除菌グッズがいっぱいで常日頃から清潔にしている。
また、菌が知覚できるという直保の特殊な力を、樹研究所に出入りする人間の中では唯一まったく理解していない。
ちなみに、恋愛対象はオヤジ。

武藤 葵(むとう あおい)

Chara05
keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

銀の匙(Silver Spoon)のネタバレ解説まとめ

『銀の匙』とは、荒川弘によって2011年より週刊少年サンデーで連載されている漫画及びそれを原作とするアニメ、実写映画。舞台は北海道の「大蝦夷農業高等学校(エゾノー)」。主人公の八軒勇吾は札幌の私立中学に通っていたが受験に失敗し、学力競争と父から逃れるため恩師の勧めもあり大蝦夷農業高等学校に進学する。農業未経験者の八軒は仲間たちと汗と涙と泥にまみれ、農業の厳しい現実にぶつかりながらも成長していく。

Read Article

モノノ怪(Mononoke)のネタバレ解説まとめ

「モノノ怪」とは、2006年にフジテレビのノイタミナで放送されたアニメ「怪 〜ayakashi〜」の中の「化猫」編をスピンオフし、「モノノ怪」というタイトルで2007年に同じくノイタミナで放送されたオリジナルアニメーション。シリーズディレクターは「中村健治」で、スタイリッシュな和製ホラー作品。 人間の情念に憑いたあやかしが「モノノ怪」となり、主人公「薬売り」が退魔の剣でモノノ怪を斬っていく。

Read Article

四月は君の噓(君噓、Your Lie in April)のネタバレ解説まとめ

四月は君の噓は、新川直司による漫画。全11巻完結。アニメ化、実写映画化もされている。あるテレビ番組ではワンピースで有名な漫画家、尾田英一郎も絶賛していた。 元天才ピアニストの主人公、有馬公生、秘密を隠しているヴァイオリニストのヒロイン、宮園かをりを中心とした中学生の学園青春ストーリー。

Read Article

図書館戦争(Library War)のネタバレ解説まとめ

2006年よりアスキー・メディアワークスより出版された有川浩の小説及びそれらを原作とする漫画、アニメ、実写化作品である。シリーズ作品であり、「図書館戦争」から始まる全4巻と外伝「別冊図書館戦争」全2巻で構成される。舞台は公序良俗を乱し人権を侵害する表現を規制する法律が制定された架空の日本。主人公笠原郁は不当な検閲から本を守るため、表現の自由を守るため図書隊員として戦う。

Read Article

クズの本懐(Scum's Wish)のネタバレ解説まとめ

横槍メンゴによる漫画作品、及びそこから派生したアニメ、ドラマ作品である。「月刊ビッグガンガン」(スクウェア・エニックス刊)で2012年Vol.10から2017年Vol.04まで連載された。 報われない恋に悲しむ男女や、誰もが持ちうる孤独に苦しむ人間の姿、そしてその寂しさから抜け出し、未来を歩んでいく人々の強さを描いた作品である。

Read Article

ピンポン(Ping Pong)のネタバレ解説まとめ

ピンポンは、松本大洋による卓球漫画、及びそこから派生した実写映画、アニメ作品。 卓球を題材とし、登場人物達の友情や成長描く青春物語で、神奈川県藤沢市が舞台となっている。 週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館刊)に1996年から1997年まで連載された。全5巻。 実写映画は2002年7月に劇場公開された。 アニメは2014年4月〜6月に放送された。全11話。

Read Article

四畳半神話大系(The Tatami Galaxy)のネタバレ解説まとめ

四畳半神話大系とは、森見登美彦による日本小説、及びそれを原作として制作、放送されたアニメ作品。 小説は単行本では2005年に太田出版から、文庫本では2008年に角川書店から刊行されている。 アニメは2010年に放送された。 そして森見登美彦原作の「夜は短し歩けよ乙女」の映画化を受け、2017年1月から特別放送が開始された。

Read Article

乱歩奇譚 Game of Laplace(Rampo Kitan: Game of Laplace)のネタバレ解説まとめ

推理作家「江戸川乱歩」が書き上げた作品群の中から「人間椅子」、「影男」、「怪人二十面相」、「ラプラスの島」などを題材として、主人公のアケチ、コバヤシ少年を中心に現代の世界観で起こった怪事件を解決していくアニメオリジナル作品である。 2015年7月~9月までフジテレビ「ノイタミナ」枠で放送された。アニメーション制作はLerche(ラルケ)。

Read Article

海月姫(Princess Jellyfish)のネタバレ解説まとめ

海月姫(くらげひめ)とは、漫画家・東村アキコにより描かれた少女漫画である。講談社発行の雑誌Kissにおいて連載されている。オタクでニートの女たち、通称”尼~ず”はレトロなアパートの天水館で自らの趣味に没頭して暮らしていた。その一員である主人公の月海はクラゲのクララをきっかけに女装男子の蔵之介と知り合い、天水館売却を阻止すべくクラゲモチーフのドレスデザイナーとして奮闘することになる。

Read Article

僕だけがいない街(僕街、ERASED)のネタバレ解説まとめ

三部けいによる漫画を原作とするアニメ作品。 2016年よりフジテレビ「ノイタミナ」枠にて全12話が放送された。 「再上映(リバイバル)」と呼ばれるタイムリープ能力を持つ主人公が、自分と周囲の人々を救うために、現在と過去を行き来するミステリー・サスペンス作品である。 終盤の11話の途中からは、原作とはやや違うオリジナルストーリーとなっている。

Read Article

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(あの花、Anohana: The Flower We Saw That Day)のネタバレ解説まとめ

埼玉県秩父市を舞台にしたオリジナル作品。2011年4月から6月までフジテレビのノイタミナ枠でアニメが放送された。その後、漫画化、劇場化、実写ドラマ化されている。子供から大人に変わりかける過程で、幼馴染達がバラバラになっていたが、死んだはずの少女が現れることにより過去の出来事や想いを打ち明けていくことになる。少年少女の葛藤や傷を1人の少女を中心に過去から現在を描いていく。

Read Article

ハチミツとクローバー(Honey and Clover、ハチクロ)のネタバレ解説まとめ

「ハチミツとクローバー」は羽海野チカにより宝島社、集英社に2000年から2006年にかけて連載された漫画作品。及びそこから派生するテレビアニメ、実写映画、テレビドラマである。「ハチクロ」という略称で親しまれる。 テレビアニメ第一期が2005年、第二期が2006年に放送された。 美術大学を舞台に、大学生達の報われない片思いや芸術への想いが描かれている。

Read Article

NEW

いぬやしき(アニメ第6話まで)のネタバレ解説まとめ

『いぬやしき』とは奥浩哉による漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品。 冴えないサラリーマンの犬屋敷壱郎と高校生・獅子神皓はある日、公園で謎の光に包まれた。その光は宇宙人が起こした事故であり、命を落としていた二人は事故を無かったことにするために改造されて意識を取り戻す。 「人を助けることで生を実感する男」と「人を殺すことで生を実感する男」の戦いが描かれる。

Read Article

『PSYCHO-PASS(サイコパス)新編集版』追加シーンまとめ

【新編集版を見逃した方必見!!】サイコパス1期に無かったシーンが「新編集版」に追加されているのをご存知ですか?本編の補足を兼ねた追加シーンでは、分かりづらかったキャラクターの心理が細かく描かれています。狡噛と対峙する直前の槙島は何を考えていたのか?狡噛はどんな思いで事件捜査にあたっていたのか?などなど…。見れば見るだけ、本編の面白さが濃密に感じられる新規カットについて迫ります!

Read Article

アニメ『PSYCHO‐PASS』とは?人工知能が支配する近未来…凶悪犯罪を追う刑事達の物語をご紹介

平和なはずの社会に突如現れた凶悪な殺人犯たち。彼らは一様に「マキシマ」という男の名を口にする。しかしマキシマは、人工知能でも裁くことができないイレギュラーな存在だった…。人工知能が絶対正義となった社会で、刑事は葛藤する。コンセプトは「近未来SF・警察もの・群像劇」。ノイタミナの大人気アニメ『サイコパス』のあらすじや見所をご紹介。

Read Article

人工知能の支配は終わらない。シビュラの支配下で葛藤する刑事の物語『PSYCHO-PASS2』とは

一人前の刑事に成長した常守朱のみが知るシビュラシステムの秘密。人工知能と思われていたシビュラの正体は、凶悪犯罪者の脳だったのだ。恐ろしい事実を知りながら、それでも現状世界を維持することを決めた常守朱。しかし彼女の前に、新たな謎と事件が立ちふさがる。

Read Article

衝撃の死を遂げ、読者や視聴者を驚かせたキャラクターまとめ

アニメ、漫画の中でも安易な展開を避けたいがために死んでしまうキャラクターは星の数ほどいます。しかしそういう作品はキャラクターを殺すことで逆に安易な展開になってしまうものもあります。 そんな中でも、悲惨だったり、予想だにできない衝撃の死を遂げたキャラクターをまとめました。

Read Article

目次 - Contents