ヒメゴト〜十九歳の制服〜(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヒメゴト〜十九歳の制服〜』とは峰浪りょうが2010年から2014年に描いた漫画作品。全8巻。キャッチコピーは「ヒメゴト」を持つ3人の19歳が繰り広げる「ヨクボウ」と「セイフク」の物語。惜しげまなく描かれる裸、マイノリティな性の悩みを赤裸々に語る登場人物たちが魅力。ジャンルは青年漫画、LGBT。
由樹は外見と言動が男っぽい19歳の女子大生。学内では陰で男装の麗人と噂されているが、本心では女の子らしくなりたいと願っていた。女装が趣味である相葉佳人と友達になったことで大きく変わることとなる。

『ヒメゴト〜十九歳の制服〜』の概要

『ヒメゴト〜十九歳の制服〜』とは峰浪りょうが2010年から2014年に描いた漫画作品。
東京を舞台に主人公の櫟原由樹(いちはら ゆき)たちのセックス、セクシャル・マイノリティとレズビアン、売春、強姦といった性的な悩みと葛藤を描いたエロチシズムな青春物語である。櫟原由樹(いちはら ゆき)は、「ヨシキ」という愛称を持つ外見も言動も男のような女子大学生だった。物心ついて以来の男性的な振る舞いを女性らしいものに改める機会を逸したまま大学生にまでなってしまった。気づけば周囲から浮いた存在となっていたことに悩んでいる。ユキが唯一所有する女の子の服は高校時代の制服だけだった。制服を身につけたときだけ女の子になれる気がした。制服を着るとユキは体をまさぐり自慰行為をしてしまう。女の子らしくなれない自分を叱りつける誰かを妄想し、性欲を吐き出していた。

『ヒメゴト〜十九歳の制服〜』のあらすじ・ストーリー

高校時代の制服に執着するユキ。制服はユキのもっている唯一の女の子服だった。

櫟原由樹(いちはら ゆき)は外見と言動が男の子っぽい19歳の女子大生。本名は由樹だが、幼馴染のショウから中学時代に「ヨシキ」命名され今でもそれが定着してしまっている。服装はいつもメンズTシャツにジーパンとスニーカーだった。下着はスポーツブラとボクサーパンツを着用していた。学内では陰で男装の麗人と噂され、性同一障害などの疑惑を向けられているが、本心では女の子らしくなりたいと願っていた。しかし、気恥ずかしさとショウが自分を男扱いすることが足かせとなり大人になるにつれてさらにコンプレックスを募らせていった。ユキがもっている女の子の服は高校生の制服だけだった。ユキはスカートを一人暮らしの部屋で着ているときだけ女の子の気持ちになることができた。アンバランスな心とは裏腹に身体は人知れず豊満に成長していき、高校の制服を着て自慰行為をすることが習慣になっていた。

永尾未果子(ながお みかこ)は学内で評判の美少女。 ひらひらとした女の子らしいスカートルックの服を好み、童顔で清楚にして、おしとやか。まさにユキの考える等身大の女の子そのものだった。生粋のお嬢様のようにふるまうミカコには秘密がある。夜の街で黒いセーラー服を着て、自らの年齢を15歳と偽り売春をくりかえしていた。

相葉佳人(あいば かいと)は学内で有名な美形のオシャレ男子。中性的な外見をしていてファッション雑誌にたくさんのったことのある。彼が歩くだけで黄色い声と熱い視線が飛び交うのだった。しかし彼はマイノリティな秘密を抱えていた。彼の趣味は自分が憧れる女の子と同じ格好をして、町を歩き、羨望のまなざしをおくられることだった。19歳になったカイトはいつまで自分は女装して女の子になることができるだろうかと終わりがくることを恐れていた。そのため女の子であり、実は美人なのにオシャレを楽しまないユキに苛立ちを感じていた。

ユキとミカコ、カイトの性的コンプレックスは複雑に絡み合い乱れていく。

ユキの大学生活

せっかく本当の名前のユキを名乗ろうとしても、ショウのせいでヨシキと呼ばれてしまう。大学生活もショウに邪魔されて女の子らしくできないユキの憂鬱は続く。

制服を着たときだけ女の子の気持ちになって、自慰するユキ。

初夏、キャンパスを歩く女学生たちはスカートや短いボトムスを着ていたが、ユキはメンズTシャッと分厚いジーパンと薄汚れたスニーカーを履いていた。
授業を受けながら男友達のショウが先生がムダに巨乳なのが気になると言うと「確かにエロいババアだな」と男のように答える。

そんなユキたちのやり取りを見て、学内で評判の美少女ミカコが「男の子みたい」と笑った。ショウが「男の子みたいじゃなくて、本当に男なんです、こいつ」と口をはさむ。
ショウがユキのことをヨシキと呼ぶから、自分たちもヨシキとユキのことを呼んでいいかと言われてしまう。
「…勝手に、どうぞ」とユキは去っていく。

ご飯を食べに行こうと言うショウの誘いを断って、家に帰って自慰行為をするユキ。
制服を着たときだけ女の子の気持ちになれるのだった。

女装したカイトに出会う

合コンの帰りにミカコを見つけたと思って声をかけたが、それは同じ大学に通うカイトだった。

女の子の服を着て町を歩くカイトは、いつも自分が可愛い女の子でいられなくなる日が来ることを恐れている。

女装していることを馬鹿にされるような発言に怒ったカイトがユキの服をたくし上げるのを見て、ミカコはカイトが乱暴していると誤解する。

ユキはミカコの友人の杏と莉奈から人数が足りないから合コンに来てほしいと頼まれる。
女の子扱いされたことが嬉しくて、参加するが、「実際、女子にモテるっしょ?」、「バリバリ部活してそう」と男の子扱いされてしまう。ユキは途中から合コンを抜けて夜の渋谷を歩いた。

するとユキはミカコの後ろ姿を発見する。

箱入り娘のお嬢様のミカコがどうしてここにと、おもわず肩をたたくが振り返ったその人はミカコと同じワンピースを着た同じ大学の相葉カイトだった。

カイトは黒髪ロングのウィッグをつけメイクをして女の子になっている現場をユキに目撃されてしまうのだった。

後日、大学でカイトはユキに女装の件は誰にも言わないように頼む。
カイトはユキとショウが一緒にいるときに顔を合わせればホモのカップルみたいだと笑い、ユキのコンプレックスをえぐるような男だったので、苦手だった。
女装していることからユキはカイトが同性愛者だと判断し、ショウのことが好きで、だから自分に嫉妬していたのだとひとりで納得してしまい、「お前がホモだと思ってたんだ。それがプラスオカマだっただけだろ?」と苦笑いするが、カイトは「ちょっと!一緒くたにしないでよ!いろいろあんのよ!?」と怒る。
その反応を見たときユキは珍しそうな目で見て「おー、リアルだ」と言ってしまう。
「…ちょっと、何珍しがってんのよ。アンタとアタシは性別は逆でも同族じゃない」とカイトは指摘する。
それに対してユキは「アンタはやりたくてやってる。自分はそうじゃない」と悲しそうに否定するのだった。
自分はなりたくて男の格好をしてるわけではない、あまりに周りが自分を男の子扱いするから、みんなが求める自分を演じていたら、引き返せなくなって、女の子の中にも男の子の中にも馴染めなくなってしまったとふりかえるのだった。

カイトは誰よりも女の子になりたい自分がいるのに、目の前のユキが自分の美貌を持て余していることに腹が立ち、胸を鷲掴みにした。シャツをめくりスポーツブラの下着をつけているユキを馬鹿にして笑う。そんな強姦と勘違いされても仕方ない場面をカイトがあこがれのミカコに目撃されてしまうのだった。お人好しのユキは実はカイトと付き合っているから一種のプレイで無理やりではないと嘘をついて庇う。
しかし、ミカコはたとえ付き合っていたとしでも、男が女を暴力で従えるような真似するなんて許せないと、怒った。いつも穏やかなミカコがきっぱり自分の意見をいったことにユキは驚いた。

ユキとカイトの女友達宣言

本物の女の子に負けないくらい可愛いカイトにユキは女の子になれる方法を教えて、友達になってと頼む。

女の子らしくなりたいユキはカイトに女装癖をバラされたくなければ、自分の女友達になるよう言う。はじめこそ険悪だった二人だが徐々に一緒に買い物にいったり、今まで誰にも話せなかった葛藤を話すことができる仲になる。しかしそれは、友情であり、性欲であり、ユキの好意が深まるのを知りながらカイトはユキにはもっとふさわしい男がいると考えていた。

ミカコの秘密

ミカコの秘密は15歳と偽り売春していることだった。

夜にミカコはセーラー服を着て年齢を15歳と偽ってホテルで売春を行っていた。
相手の男は神父の恰好をしていて、少女を金銭で買うことを懺悔しながらミカコの下半身をむさぼる。

ミカコは男なんて謝りながら女の股に、埋めていればいいのよと恍惚の表情をうかべる。

シャワーを浴び、ドライヤーをかけているミカコに客の男が誕生日はいつか尋ねる。
さらに「次の誕生日が来ても君は15歳になるのだろうね」と告げた。
ショックのあまりミカコはドライヤーを落とす。
男はミカコが本当は15歳ではないことを知っていたのだった。
そのことが気になって、体調不良に陥ってしまうミカコ、学内を歩いているとなんと昨日の男性を見かけてしまう。男は大学関係者だったようだ。

気を取られてよそ見しているミカコはカイトにぶつかってしまう。立ち上がれない。

ミカコとユキのキス

レズビアンの恋人になることを避けたかったユキだが、ミカコは男性が苦手な自分のために模擬で彼氏のふりをしてほしいと積極的にボディタッチしてくるようになる。

ミカコにカイトは手を貸すが、男の人にふれられるのは嫌と拒絶されてしまう。

そこでユキはミカコを介抱した。このことをきっかけとなり、ミカコはユキに強く惹かれはじめた。
ミカコは「ヨシキちゃんは男じゃなくて男の子なんだ。少年なんだよ」と目を輝かせた。「女の子を助けようとする手には下心がなくて、ぜんぜん気持ち悪くない。だって純粋な救いの手だから、女の子の理想の男の子だよ」と熱い視線を送る。
ミカコはユキに本当にカイトと付き合っているのか尋ねる。
カイトが女装していることを内緒にしてほしいとユキ頼んだ時、ユキの服を脱がそうとしている現場をミカコに目撃されてしまっている。
女装の際同じ服を着るほどにミカコに憧れているカイトがこのままではかわいそうだと同情したユキが、なりゆきでカイトと付き合っていると嘘をついてかばったのがはじまりだった。
今度は自分はレズビアンではなく、ミカコの気持ちに答えられないから、カイトと付き合っているという嘘をまた重ねてしまうユキであった。

しかし、ユキの意に反してミカコはキスをしてきた。
ミカコはユキが彼氏のいる女の子であることはきちんとわかっているとしつつ、自分の男嫌いを治す練習をさせてくれと頼む。
女の子同士のキスはキスの回数にはいらないと言うのだった。

はじめての女の子の私服

Aya_8
Aya_8
@Aya_8

目次 - Contents