光栄のマイナーなシミュレーション5作

06570

かつて、光栄と呼ばれていた、ゲーム会社のコーエーテクモ。「信長の野望」「三国志」といった、ウォー・シミュレーションゲームで知られているメーカーだ。これらは現在でも続編が作られ続けているが、これらの有名なゲームの他にも、1990年代には様々なユニークが作られている。この記事では、シリーズ化もされなかった、マイナーなウォー・シミュレーションゲームの5作品を紹介してみたい。

ランペルール

06570

1990年発売の、ナポレオン戦争をテーマとしたゲーム。
「ランペルール」とは、フランス語で「皇帝」のこと。
プレイヤーはナポレオンとなってヨーロッパの統一(全46都市の支配)を目指す。
ナポレオンの功績により、一介の指揮官から皇帝までランクアップして、可能な行動が増えていくというシステム。
シナリオ5の「エルバ島脱出」は、難易度が極めて高いと言われている。

06571

ja.wikipedia.org

www.nicovideo.jp

ヨーロッパ戦線

01025

1991年発売の、第二次世界大戦のヨーロッパ戦線をテーマとしたゲーム。
プレイヤーは、ヨーロッパを舞台に「枢軸軍」か「連合軍」の陸軍司令官として戦う。
全体マップのシステムではなく、6つのシナリオをクリアしていくシステム。

01026

ja.wikipedia.org

www.nicovideo.jp

項劉記

02938

1993年発売の、楚漢戦争(項羽と劉邦の争い)をテーマとしたゲーム。
プレイヤーは、中国を舞台に「項羽」か「劉邦」として、敵勢力の打倒を目指す。
境界やエリアといったものはなく、軍団単位で移動させるシステム。
三国志などに比べ、内政の要素は低い。

02939

ja.wikipedia.org

www.nicovideo.jp

独立戦争

04008

1993年発売の、アメリカ独立戦争をテーマとしたゲーム。
プレイヤーは、アメリカ東部を舞台に、アメリカ軍の「ジョージ・ワシントン」、イギリス軍の「トーマス・ゲージ」として、敵勢力の打倒を目指す。
敗北だけでなく、信任投票で政治家から信任が得られず罷免された場合も、ゲームオーバーとなる。

04009

ja.wikipedia.org

www.nicovideo.jp

源平合戦

02926

1994年発売の、源平合戦をテーマとしたゲーム。
プレイヤーは、九州北部から東北までの日本列島を舞台に、源頼朝、平清盛、藤原秀衡などとして、他勢力の打倒を目指す。
このゲームでは、朝廷との関係も重要で、武将の動員兵力数には「官位」が影響する。

02927

ja.wikipedia.org

nakano_makoto
nakano_makoto
@nakano_makoto

目次 - Contents