嵐の相葉雅紀、子どもたちから呼び捨てにされる…その理由は?

2020年に活動休止期間に入った国民的人気アイドルグループ「嵐」の相葉雅紀は俳優やタレントとしても幅広い活躍をしている。そんな相葉だが、嵐を知る子どもたちから「相葉」と呼び捨てにされる、というエピソードがネットで一時期話題となった。ここでは相葉が子どもから呼び捨てされる理由についてまとめた。

愛称がない

愛称は相葉ちゃん、相葉君

出典: ja.wikipedia.org

ただの名字である。ちなみに他のメンバーの愛称は「大野智は大(おお)ちゃん、智くん、リーダー、キャプテンなど」「櫻井翔は翔くん、翔さん、翔ちゃん、サクショウなど」「二宮和也はニノ、カズ」「松本潤は松潤(まつじゅん)」など多岐にわたる(Wikipediaより)。

おバカキャラ

「Start」を「StAtr」と表記

出典: minusion.jugem.cc

相葉すごろくより

出典: yaplog.jp

「GOAL」を「GOOL」と表記

出典: minusion.jugem.cc

相葉すごろくより

出典: yaplog.jp

櫻井の「井」を「丼」にしちゃう

出典: minusion.jugem.cc

「お年玉」を「お年し玉」と表記

出典: mugen-5.jugem.jp

カナボーコー(鍋奉行のこと)

子どもっぽいところがある

から揚げ大好き

出典: neco-tv.blog.so-net.ne.jp

「から揚げ三食でもいいですね」

「唐揚げが好きすぎて、鳥人間になったかんね」

出典: smileseeds.blog41.fc2.com

出典: t1.gstatic.com

透明人間になりたい

出典: blogs.yahoo.co.jp

出典: pic.prepics.com

透明人間になるためのミラーマン

露天風呂に飛び込む

出典: www8.plala.or.jp

しかし水風呂

kirakiraboshi8
kirakiraboshi8
@kirakiraboshi8

Related Articles関連記事

流星の絆(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『流星の絆』とは、東野圭吾の同名小説『流星の絆』が原作となったミステリードラマである。子どものころに両親を殺された三兄妹が復讐を誓い、真犯人にたどり着くまでを描く。2008年10月から12月に、TBS系22時からの金曜ドラマ枠で放送された。脚本は宮藤官九郎が手掛け、基本のストーリーは守りつつも青春ドラマ的な要素やコメディー的な要素が加わったことで、原作とは大きく異なる世界観となっている。主役の三兄妹を二宮和也、錦戸亮、戸田恵梨香が演じる。

Read Article

実写化して失敗したor失敗しそうなアニメ・漫画まとめ

アニメ・漫画の実写化というと、どうしてでしょう?なにか嫌な予感しかしないのは…。しかしそれでも、いつかはと、人はアニメ・漫画の実写化で爆発的な人気を出そうとしているのです。諦めていないのです。けれども結局は、「人は過ちを繰り返す」とは言ったものですね。今回はそんな実写化して完全に爆死(不評・批評)の嵐にあった作品と、その予定作をまとめました。

Read Article

【あつ森】嵐を再現した島メロ・マイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。人気アイドルを再現したマイデザインは特に人気だ。Switchオンラインで公開されているマイデザインは自由に使うことができるので、大好きなアイドルと同じ衣装を身に着けることもできる。ここでは「嵐」の衣装や曲を再現したマイデザイン、島メロを紹介する。

Read Article

嵐の二宮和也による『ドラクエ』に関するエピソードまとめ【ドラゴンクエスト】

国民的超人気アイドルグループ【嵐】のメンバーである二宮和也。ハードスケジュールをこなしている二宮だが、実は筋金入りのゲーマーとしても名が通っており、ゲームのプレイ時間が9000時間を超えたとの逸話が残っているほどゲームが大好きなのである。そんなゲーム大好きな二宮が語ったドラクエにまつわるエピソードをまとめてご紹介する。

Read Article

【嵐】相葉雅紀が大野智に吐いた暴言の真相まとめ

国民的アイドルの【嵐】。リーダーの大野智を筆頭に、相葉雅紀、櫻井翔、松本潤、二宮和也が活躍している。仲の良い5人であるが、とるツアー中に相葉が大野に向かって「底辺」と暴言を吐いたとのエピソードがSNSなどで呟かれているのだ。果たして真相はどうだったのか、暴言騒動について情報をまとめた。

Read Article

目次 - Contents