Earth, Wind & Fire(アース・ウィンド・アンド・ファイアー)の徹底解説まとめ

アース・ウインド&ファイアーとは、創設者のモーリス・ホワイトによって1969年にシカゴで結成された黒人R&B、ファンク、ディスコ、アフロポップグループである。「シャイニング・スター」「宇宙のファンタジー」「セプテンバー」「ブギー・ワンダーランド」「レッツ・グルーヴ」などヒット曲多数。2016年にモーリス・ホワイトは他界したが、フィリップ・ベイリーが継承し、50年以上経った今も活動するウルトラバンドである。グラミー賞6度受賞、全世界で約9千万枚のセールスを記録している。

1951年生まれ。イースト・ハイスクール在学中に音楽を始め、後に、ともにEWFのメンバーとなる後輩のラリー・ダンとミスティック・ムーズを結成する。コロラド大学在学中の1969年から1971年に、地元のバンドのフェニックス・ホーンズでヴォーカリストとドラムスをしていた。
大学卒業後の1972年にロサンジェルスに移り、EWFのリーダーのモーリス・ホワイトにスカウトされて、ラルフ・ジョンソン、ラリー・ダンとともにEWFに加入した。フィリップはモーリスとともにツイン・ヴォーカリストとして活躍した。
1990年代後半にモーリスがパーキンソン病に罹り一線を退いてからは彼がEWFの2代目のリーダーとして、モーリスの弟のヴァーダイン・ホワイトとラルフ・ジョンソンとともに、現在に至るグループを牽引している。ソロ活躍も行なっており、、元ジェネシスのドラマー、フィル・コリンズやエリック・ベネイらとデュエットしている。特に、1984年に発表されたフィル・コリンズとのデュエット曲「Easy Lover」は全英1位・全米2位の大ヒットを記録した。また、1986年のソロ・アルバム『Triumph』でグラミー賞最優秀男性ゴスペル・パフォーマンス章を受章した。その他にスティーヴィー・ワンダー、ホール&オーツとも交流がある。
敬虔なクリスチャンであるが、2回の結婚歴があり、最初は同業のジャネット・ハッチソンと結婚したが離婚、後にEWFのバック・ヴォーカリストのクリスタル・ベイリーと結婚するも、またもや離婚した。なお、ジャネットとの間には、現在のEWFのメンバーである息子のフィリップ・ベイリー・ジュニアをもうけており、総勢7人の子供を授かっている。娘のピリ・ベイリーも音楽業界で働いている。現在は、シンガーソングライターのヴァレリー・デイヴィスと3回目の結婚をしている。
EWFのパフォーマンスでは、ベイリーはファルセットで歌い、モーリス・ホワイト亡き後は、彼が歌ったテノールのパートも担当し、彼のボーカルの腕前と汎用性を披露している。

Verdine White(ヴァーダイン・ホワイト/b)

1951年生まれ。総師モーリス・ホワイトの実弟で、EWFの創設メンバー。シカゴのハイスクール在学中に音楽を始めて、後にフェニックス・ホーンズのトロンボーン奏者になるルイ・サターフィールドと共に、シカゴ交響楽団(CSO)のラディ・ヴェラからベースを学ぶ。1970年初頭、モーリス・ホワイトはロサンゼルスに移り住み、自身のバンド『ソルティ・ペパーズ』を『アース・ウインド&ファイア』と改名し、1970年6月6日にロサンゼルスに到着したヴァーダインに参加するかどうか尋ねた。モーリス亡き後、創設からの唯一のメンバーとして参加している。妻はハニー・コーンのメンバーのシェリー・クラークである。EWFの初期のヒット曲「マイティ・マイティ」「カリンバストーリー」「ザッツ・ザ・ウェイ・オブ・ザ・ワールド」等はモーリスとの共同執筆である。2020年7月2日、ローリング・ストーン・オーストラリア誌は「史上最高の50人のベーシスト」でナンバー19にランクした。

Ralph Johnson(ラルフ・ジョンソン/dr)

1951年7月4日生まれ。1971年、アース・ウィンド&ファイアの創設者のモーリス・ホワイトは、ワーナー・ブラザーズ・レコードの2枚のアルバムを録音した後、彼の弟のヴァーダイン・ホワイトだけを残してバンドを解体した。1971年12月、モーリスはラルフがロサンゼルスのクラブでプレーしているのを見て、EWFの新しいラインアップのオーディションを受けるように依頼、1972年、最終的にドラマーのラルフ、ボーカリストのヘレナ・デイビス、ボーカリストのフィリップ・ベイリー、フルート奏者のロニー・ロウズ、キーボード奏者のラリー・ダン、リズムギタリストのローランド・バウティスタが新しいラインナップに加わった。ラルフはそれ以来バンドに残ってる。

Myron McKinley(マイロン・マッキンリー /key)

2001年よりEWFに在籍。マイロン・マッキンリーはピアニスト、プロデューサー、ソングライター、プログラマー、映画スコア作曲家を兼任するマルチタレントである。ロサンゼルス生まれ、3歳でジャズとクラシックのピアノを学び始める。南カリフォルニア大学を卒業するとすぐに大物アーティストと共演する。メアリー・J・ブライジ、ハリー・コニック・ジュニア、シカゴ、クリスティーナ・アギレラ、スティービー・ワンダー、ホイットニー・ヒューストン、スタンリー・クラーク、ジェラルド・オルブライト、カレン・クラーク・ドク・パウエル レジーナ・ベル、ジェームズ・イングラム、ブライアン・マックナイト、パティ・ラベル、キース・スウェット、モリス・デイ、アシュフォード&シンプソン、グロリア・ゲイナー、クリスティーナ・アギレラ、エン・ヴォーグ等、セッションしたアーティストは数知れず、アメリカ音楽業界で最高の仕事をしている真の完璧主義者として知られている。現在はアースウィンド&ファイアの音楽監督兼キーボード奏者として活動している。

Philip Bailey, Jr(フィリップ・ベイリー・ジュニア/background vo)

フィリップ・ベイリーの息子。パーキンソン病のモーリス・ホワイトと入れ替わるように2008年からアースのツアーに同行している。バックグラウンド・ボーカル兼パーカッション等も担当している。

B. David Whitworth(B デビッド・ホイットワース/vo/perc)

デビッド・ホイットワースは1996年から20年以上にわたりアース・ウインド&ファイアーでボーカリストをしている。

Morris O’Connor(モリス・オコナー/g)

シカゴ生まれ。6歳の若さで音楽を演奏しスティービー・ワンダーに最も影響を受けた。そのスティービーと、1996年から2013年まで共演していた。19歳でロサンゼルスに移り住み、音楽のキャリアをスタートし、音楽家協会(GIT)を卒業した。キャリアの中で共演したアーティストは多く、スティーヴィー・ワンダー、グラディス・ナイト、ティーナ・マリー、ギャップ・バンド、エンヴォージュ、ジョディ・ワトリー、ブッカー・T・ジョーンズ、ジャズ・クルセイダーズ、オーティス・デイ&ザ・ナイツなどが挙げられる。2008年よりリードギタリストとバックグラウンドボーカリストとしてアース、ウィンド&ファイアーに参加している。彼はEWFのために音楽を録音作曲し『Now Then and Forever 』では「Belo Horizonte」を共同執筆している。

John Paris(ジョン・パリス/dr/vo)

1987年、ステファニー・ミルズのアルバムに参加したのを肩切りに、パティ・ラベルの1991年のアルバム『バーニン』、ウェイモン・ティスデールの1995年のアルバム『パワー・フォワード』ブルース・ホーンズビーの1995のアルバム「ホットハウス」ダズバンドの1997年のアルバム「ダブルエクスポージャー」ミーシャ・パリスの1998年のアルバム「ブラックエンジェル」等でドラムをプレイした。また、ボブ・ディラン、ジミー・クリフ、シーラE、カリン・ホワイト、エリック・ベネットなどのアーティストとも共演している。EWFには2001年から参加している。

Earth, Wind & Fire(アース・ウィンド・アンド・ファイアー)の旧メンバー

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents