瑛人(Eito)の徹底解説まとめ

瑛人とは、神奈川県横浜市生まれのシンガーソングライター。17歳の時に観たハリウッド映画『ジャージー・ボーイズ』に感銘を受け、自身が得意としていた作詞作曲を始める。その後、音楽学校へ通い始め、本格的にシンガーソングライターへの道を歩み始める。そんな彼を一躍有名にしたのは、2019年に自らデジタル配信した「香水」という楽曲だ。その後、瑛人が歌う「香水」のPV動画が口コミなどで密かな人気を呼び、有名人などがこぞって真似たことにより、瑛人の名が全国に知れ渡るようになる。

1. チェスト

応援歌。「君の引き出しは君が開けるもの」、「君を開けるのは君しかいない」、「今の自分を諦めないで」など、自分自身を鼓舞するような歌詞が込められており、自信をなくし、傷つき心が折れている人たちを励ますかのような一曲だ。瑛人の人を思うやさしさをうかがわせる楽曲になっている。

ピース オブ ケーク

1. ピース オブ ケーク

映画『トムとジェリー』日本語吹替版の主題歌になっている。軽快なリズムに乗せて歌い上げる同曲は、「シンプルに生きていこう!!」というテーマで語られている。

掃除

1. 掃除

掃除は見過ごされがちである。掃除をしても掃除をしてもすぐ汚れる。だから、そのままにしておいたほうが楽だ。しかし、掃除をすることがまた素晴らしい人間を作り出していく哲学が込められている。瑛人のそんな思いが感じられる一曲である。世の中のことは、このように見落としがちな平凡なことを積み重ねてこそ、非凡になっていく。瑛人が無名時代から感じていた見えないところの大切さを歌った楽曲、恩返しの曲である。

シングル

HIPHOPは歌えない

1. HIPHOPは歌えない
2. シンガーソングライターの彼女

「HIPHOPは歌えない」は何ともやるせない心の中を表現した楽曲。理想の自分と現実の自分、そのはざまで揺れる苦しさを表現した楽曲である。

シンガーソングライターの彼女

1. シンガーソングライターの彼女

夢をひたすら追い求めてがんばっている彼と、その彼を支えている彼女の心温まる愛の歌だ。

ライナウ

1. ライナウ

何気ない日常がすばらしく生きがいのあるものだと感じられる、爽快感のある楽曲である。瑛人の人柄がよく表れている。またこの曲は「明治エッセルスーパーカップ」の「#歌詞ドリ キャンペーンソング」に起用されている。

OTHER

愛に満ちた世界

1. 愛に満ちた世界

ディズニー&ピクサーアニメ『ソウルフル・ワールド』のストリートミュージシャン役として出演。その時に歌った劇中歌である。瑛人の声優初挑戦も話題を呼んだが、劇中で瑛人が歌った同楽曲も大きな話題をさらった。

Believe

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents