瑛人(Eito)の徹底解説まとめ

瑛人とは、神奈川県横浜市生まれのシンガーソングライター。17歳の時に観たハリウッド映画『ジャージー・ボーイズ』に感銘を受け、自身が得意としていた作詞作曲を始める。その後、音楽学校へ通い始め、本格的にシンガーソングライターへの道を歩み始める。そんな彼を一躍有名にしたのは、2019年に自らデジタル配信した「香水」という楽曲だ。その後、瑛人が歌う「香水」のPV動画が口コミなどで密かな人気を呼び、有名人などがこぞって真似たことにより、瑛人の名が全国に知れ渡るようになる。

1. Believe

MONKEY MAJIKとコラボレーションした楽曲。争うことなく愛し合う、平和に願いを込めた楽曲である。

Sugar feat. 瑛人 & Yo-Sea

1. Sugar feat. 瑛人 & Yo-Sea

同楽曲もDJ CHARIとのコラボ楽曲である。男女の密な愛を歌った楽曲である。

アルバム

すっからかん

01. 僕はバカ
02. 香水
03. ハッピーになれよ
04. チェスト
05. カルマ
06. リットン
07. Don’t be afraid feat.HOTDOGS
08. HIPHOPは歌えない(韻シストver.)
09. ライナウ
10. 好きにすればいいさ
11. またね feat.松本千夏
12. 俺は俺で生きてるよ

【Bonus Track】
ハピネス
チェスト(独唱)

瑛人初のアルバム。デビューしてから現在までの瑛人そのものを綴ったアルバム。収録曲はBonus Trackをあわせて14曲。大ヒットした「香水」をはじめ、テレビドラマ『ひねくれ女のボッチ飯』の主題歌となった「僕はバカ」、AIの楽曲のカバーである「ハピナス」などが収録されており、瑛人そのものが味わえるアルバムになっている。

瑛人の代表曲とミュージックビデオ(MV/PV)

香水

瑛人の代表曲として知られているのは「香水」という楽曲である。スツールに座った瑛人が語りかけるように歌い、背景では独特な創作ダンスが華麗に展開している。同楽曲のPVがSNSと話題となり、多くの有名人がこぞってカバー動画を配信。瑛人の名を一躍有名にした楽曲である。

HIPHOPは歌えない

素顔の瑛人がうまく表現されている楽曲。やるせない自分を切なく歌い上げている反面、勇気を奮い起させる、そんな楽曲だ。

僕はバカ

隣に越してきた隣人の女性に密かに恋をしている、ともすれば切ない片思いを楽し気に歌い上げている楽曲だ。

瑛人の名言・発言

出典: www.daily.co.jp

「ただ悪口でその人たちに対するメッセージを終わらせるんじゃなくて、そういうことを言ってる人も、そうじゃない人もそれぞれの場所で輝いてほしいって意味を込めて〈Let your light shine〉って歌詞を入れてるんです。」

www.fanthology.me

「fanthology」という雑誌のインタビューの中で答えている。
瑛人の無名時代、夢を追い求めて地に足もつけずに何をやっているのだと散々好き勝手なことを言われて悔しい思いをした反面、その悪口を言った人たちに対してもそれぞれの場所で輝いてほしいという意味を込めて楽曲にこの言葉を組み込んだとした、瑛人の人柄が分かる名言である。

「楽しんでやれているってことだけは自分で自分を褒めてあげたいですね。」

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents