瑛人(Eito)の徹底解説まとめ

瑛人とは、神奈川県横浜市生まれのシンガーソングライター。17歳の時に観たハリウッド映画『ジャージー・ボーイズ』に感銘を受け、自身が得意としていた作詞作曲を始める。その後、音楽学校へ通い始め、本格的にシンガーソングライターへの道を歩み始める。そんな彼を一躍有名にしたのは、2019年に自らデジタル配信した「香水」という楽曲だ。その後、瑛人が歌う「香水」のPV動画が口コミなどで密かな人気を呼び、有名人などがこぞって真似たことにより、瑛人の名が全国に知れ渡るようになる。

www.fanthology.me

「fanthology」という雑誌のインタビューの中で答えている瑛人の名言。
いろいろと大変な目に合っているのではないかと周りから言われているし、確かに嫌なことや大変なこともあるけど、それに対して負けずに楽しくやっている自分をほめてあげたいとしている。

瑛人の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

出典: music-book.jp

「香水」のモデルとなった元カノ、売れた後に「印税よこせ!!」との連絡

瑛人が「おしゃれイズム」に出演しているときに語ったエピソード。香水の爆発的ヒット後、モデルとなった元カノから「印税よこせ!!」との連絡があったと明かしている。

「ドルチェ&ガッバーナの香水」は彼女ではなく、バイト先のオーナーが使用

瑛人のデビュー曲である「香水」、その歌詞の中に出てくる「ドルチェ&ガッバーナ」に関するエピソードだ。「ドルチェ&ガッバーナ」の香水はモデルとなった元カノがつけていたものではなく、当時瑛人がアルバイトをしていたハンバーガー店の店長がつけていた香水。店長から借りた「ドルチェ&ガッバーナ」の香水をつけて曲を制作しているときにこのフレーズが出てきたと語っている。

ブラックペッパー5グラムを間違えて50グラム入れてしまうという大失敗

瑛人が「おしゃれイズム」に出演したときのバイト先のエピソードを語っている。瑛人は「仕込みができない」と語り、ブルーチーズソースを作る際、計量器に5.0と記されていたのがよく分からず、50g入れてしまい、料理が台無しになってしまったという話。

同じような失敗を繰り返し、何事もないようにやり過ごす大物ぶり

瑛人が「おしゃれイズム」に出演しているときのエピソード。仕込みをした後、翌日オーナーに味が「しょっぱい」と怒られ、実は失敗はこれだけではないとほのめかす大胆な発言をしている。

失敗しても笑って許してもらえる瑛人の人柄の良さ

スニーカーショップでバイトをしていたときのエピソード。金庫の鍵をエレベーターの隙間に落とした際に店長も笑っていたと語り、司会者に「瑛人は恵まれている」と言われる。瑛人の人柄の良さがうかがえるエピソードである。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents