瑛人(Eito)の徹底解説まとめ

瑛人とは、神奈川県横浜市生まれのシンガーソングライター。17歳の時に観たハリウッド映画『ジャージー・ボーイズ』に感銘を受け、自身が得意としていた作詞作曲を始める。その後、音楽学校へ通い始め、本格的にシンガーソングライターへの道を歩み始める。そんな彼を一躍有名にしたのは、2019年に自らデジタル配信した「香水」という楽曲だ。その後、瑛人が歌う「香水」のPV動画が口コミなどで密かな人気を呼び、有名人などがこぞって真似たことにより、瑛人の名が全国に知れ渡るようになる。

瑛人の概要

出典: nikkan-spa.jp

瑛人とは、神奈川県横浜市出身のシンガーソングライター。セツナインターナショナルに所属している。
17歳の時に観た映画『ジャージー・ボーイズ』からインスピレーションを受け、作詞作曲を始める。しかし、瑛人が作詞作曲をする楽曲が一向に売れる気配を見せず、現実の厳しさを目の当たりにした瑛人は、高校卒業後、いったんはシンガーソングライターの夢をあきらめてフリーターとして働き始める。しかし、そんなある日、瑛人は街中で高校の同級生にばったり会い、彼女が未だダンサーの道をあきらめず頑張っていることを知る。彼女の頑張っている姿を見た瑛人は、再びシンガーソングライターになることを決意し、音楽学校へ通い始める。

2019年6月、瑛人が21歳の時に大きな転機が訪れる。元彼女との出来事を歌にした「香水」を自らEPでリリース。スツールに座って語るように歌う瑛人の後ろで独特なダンスを披露するダンサー。その様子がSNSなどで話題を呼び、有名人たちがこぞってカバー動画を配信し始める。そのことにより同曲がオリコンチャートで急上昇、1位を獲得する。そして、瑛人の名が全国に知れ渡ることとなる。

その後は、2020年1月「HIPHOPは歌えない」、「シンガーソングライターの彼女」を次々とCDにてリリースする。2021年1月1日、自身初となる1stアルバム『すっからかん』をリリース。最新作「掃除」のプロモーションを兼ねた全国各地掃除の旅や、バイト時代から続けてきた「JERSEY EIGHT vol.0」を地元の横浜で開催するなど、今も幅広く活躍している。

瑛人の魅力はひたすら、そして、ひたむきに自分の夢に向かって、自分の作りたい歌を作って歌い続けていること。「継続は力なり」という言葉を思い出させてくれる瑛人。その魅力はファンのみならず、老若男女問わず、多くの人たちから支持を得ている。そして、ほっとするような、包み込んでくれそうな寛大な笑顔は、瑛人を最高に輝かせてくれる魅力の一つだ。また瑛人が歌う歌はどれも、心に沁み込み、また包み込んでくれ、一体感を味わわせてくれる。

瑛人の活動経歴

出典: www.chunichi.co.jp

デビュー

瑛人のデビューは2019年4月。彼が21歳の時にEPで配信した「香水」という楽曲である。
華麗に舞うダンサー、それを背景にスツールに座った瑛人が、アコースティックギターの音色に合わせ、語りながら歌う姿が特徴的だ。
その後、同PVがSNSなどで話題を呼び、有名人たちがこぞってカバー動画を配信。そのことがきっかけで、瑛人が一躍有名になる。

受賞歴

2020年の9月、「香水」のミュージックビデオの再生回数が1億回を突破する。その後デビューしてから2年目、第62回日本レコード大賞「優秀作品賞」授賞、第35回日本ゴールドディスク大賞「特別賞」授賞の2つの賞を取る。また同年には「NHK紅白歌合戦の出場も果たした。

瑛人のプロフィール・人物像

出典: summer-century.com

1997年6月3日、神奈川県横浜市の3人兄弟の末っ子として生まれる。子供の頃は野球に夢中になり野球少年として過ごす。その後、17歳の時に見た映画『ジャージー・ボーイズ』からインスピレーションを受けて作詞作曲を始め、知人のバーにおいて自主企画のライブ「Jersey Eight」を定期的に開催する。売れない時期を過ごしていったんはシンガーソングライターの夢をあきらめるが、高校の同級生がダンサーの夢をあきらめずに頑張っている姿に感銘を受け、再びシンガーソングライターの夢を追いかけ始める。

そして、2019年に、元彼女との出来事を語った「香水」という楽曲を自らEPで配信する。そのPV動画が話題を呼び、有名人たちがこぞってカバー動画をSNSなどに載せ始める。

好きなことは、のんびりすることや気の合う仲間と音楽で遊んだり、映画鑑賞や美味しいごはんを食べることと素朴な一面を見せている。好きなごはんはハンバーガー、カレー、オムライス、とんかつとカツ丼、サーモン、ステーキ、嫌いな食べ物はないという健康優良児である。

瑛人のディスコグラフィー

デジタル

香水

1. 香水
2. またね(feat.松本千夏)
3. 君の愛と僕の愛

「香水」というこの曲が瑛人を全国的に知らしめたといっても良い。華麗な舞を披露して踊るダンサーを背景に、スツールに座った瑛人がアコースティックギターの音色に合わせ、語るように歌っている。瑛人のデビュー曲である。独特な歌詞と歌声、そして、独特なPV動画。その個性的でインパクトの強い動画がSNSで話題を呼び、有名人たちがこぞってカバー動画を配信する。

ハピネス

1. ハピネス

2012年、歌手のAIがリリースした楽曲「ハピネス」をカバーしたもの。当時コカ・コーラのCMとして提供された同楽曲。カバー曲である同曲も、2020年コカ・コーラのCMに起用される。嫌なニュースばかりではない、笑顔になることもたくさんある。だから、元気を出して笑顔でいよう。という応援歌になっている。

僕はバカ

1. 僕はバカ

隣の部屋に住んでいる彼女に片思いをしている男性の歌だ。瑛人自身、歌を作るときはほぼ実体験に基づいているという。そうではない場合、その歌が嘘になってしまい、納得のいく楽曲づくりができないからだとしている。
またこの曲はテレビドラマ『ひねくれ女のボッチ飯』のエンディングテーマに起用された。

チェスト

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents