怪獣8号(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『怪獣8号』とは、少年ジャンプ+で2020年より連載している松本直也による漫画作品。シン・ゴジラやパシフィック・リム等の怪獣を自然災害に暗喩した作品の系譜にある。怪獣の発生する世界で、怪獣から国を守る防衛隊に入る事が叶わずに怪獣の死体清掃の仕事を続ける主人公・カフカが、もう一度防衛隊を目指そうと決意するも、謎の小型怪獣に体内へ侵入され、人知を超えた怪獣の力を手にする。「怪獣8号」と呼ばれるようになってしまったカフカがその力と怪獣の知識を駆使して、怪獣に立ち向かっていくバトル漫画である。

『怪獣8号』の概要

『怪獣8号』とは、少年ジャンプ+で2020年より連載している、松本直也による漫画作品。松本直也の3作目の連載作品であり、本作が初のヒット作品となった。3週に一度休載しながら、毎週金曜日に更新される。休載日には「怪獣百景」と称した日常風景イラストが掲載されている。本作で登場する怪獣は「自然災害」として捉えられており、発生した順に台風のような番号で呼ばれ、その怪獣の強さを表す単位としてマグニチュードを模した「フォルティチュード」という単位が使われている。「大人が過去にワクワクしていたものを大人目線で楽しめるような作品にしたかった」と担当の編集者は発信しており、メインターゲットである若者に受け入れられるか危惧していた所もあったようだが、結果として大反響を呼び、少年ジャンプ+内ランキングでは1.2を争う人気を見せている。
単行本第一巻の発行部数は43万部を突破しており、2021年、日本で最も売れた単行本となった。二巻では累計発行部数が少年ジャンプ+での連載作品内最速で100万部を突破している。2021年には電子版を含め、累計発行部数が150万部を越えた。同年のマンガ大賞では、6位に入賞している。
怪獣が出没する世界で、怪獣の発生率が世界一である日本を舞台としている。子供の頃に住む町を破壊された主人公の日比野カフカは、幼馴染である亜白ミナと「二人で怪獣を全滅させよう」と、防衛隊となる事を約束する。しかし、防衛隊に合格し大活躍するミナに対して、試験で不合格となったカフカは夢破れ、怪獣の死体の清掃業者に就職し、鬱々と、だが真面目に仕事をこなしていた。ある日、アルバイトとして入社した市川レノから防衛隊の年齢制限が引き上げられることを教えられ、その直後怪獣に襲われた際に感じた無力さや助けたレノから感謝された事から、決意を新たに再度試験を受けることを決めたカフカ。だが、謎の小型怪獣に体内へ侵入され、身体が怪獣化してしまう。人知を超えた怪獣の力を手にすると同時に「怪獣8号」と呼ばれるようになってしまったカフカが、その力と清掃業で培った怪獣の知識を駆使して、怪獣に立ち向かっていく。

『怪獣8号』のあらすじ・ストーリー

再度夢に挑戦する決意(日比野カフカが怪獣8号になるまで)

怪獣専門清掃業者「(株)モンスタースイーパー」で働く主人公・日比野カフカ

世界屈指の怪獣発生率を誇る“怪獣大国”の日本では、怪獣が日々人の生活を脅かす。そんな怪獣を討伐し、人々から感謝される防衛隊の陰で、討伐された怪獣を片付ける清掃業がある。主人公・日比野カフカは防衛隊の入隊試験で合格することが出来ず、32歳になった今すっかり入隊を諦め、怪獣に関わる清掃業で長年知識を付けながら鬱々とした気持ちを抱えて働いている。ある日防衛隊の入隊を目指しているという新人アルバイトの市川レノから、防衛隊になる夢を諦めた事を言及される。惨めな気持ちを抱えたカフカだったが、その後一番キツいと比喩される腸洗浄に二人配置されると、腸洗浄の洗礼を受けるレノをサポートする。一日の終わり、レノから感謝の言葉と共に「諦めた話してる時すげー寂しそうな顔してたから」と防衛隊の年齢制限が引き上げられ、まだカフカにもチャンスがあることを教えられる。しかしその直後、余獣と呼ばれる怪獣が出現し、二人は襲われてしまう。

自分を守ってくれたカフカを助けようとするレノと、怪獣に対して為す術もなく無力さを痛感するカフカ

レノに防衛隊への通報を頼み、怪獣から逃がしたカフカだったが、巨大な怪獣相手に何も出来ない自分に打ちひしがれる。過去に幼馴染の亜白ミナと交わした防衛隊に入り、どちらが格好良い隊員になるか勝負するという約束も果たせず、自分を助けに来たレノを守る事も出来ず、何も守る事の出来ない自分に絶望したその時、一瞬にして目の前の怪獣は消滅。彼らを助けたのは、皮肉にも幼馴染であり、現・日本防衛隊第3部隊の隊長を務めるミナだった。怪我を負い、入院するカフカとレノ。手の届かない所に居る幼馴染の姿を思い出して無気力になっていたカフカに対し、レノは「すげーカッコよかったっす」と真摯に声を掛ける。カフカは今まで見て見ぬ振りをして来た気持ちと向き合い、再度防衛隊を目指そうと決意を新たにする。だがその瞬間、「ミツケタ」と呟く謎の小型怪獣がカフカの口内に侵入する。

怪獣化したカフカ。戸惑うカフカとレノ

小型怪獣が体内へ侵入すると、カフカの身体は怪獣化してしまう。取り乱すカフカとレノだが、病室前を通り掛かった老人に通報されてしまい、二人で外へ逃げ出す。カフカは怪獣の力や姿の変化を制御出来ず、窓や壁を破壊したり飛ぶ鳥を食べたりしながら逃げる。討伐される対象になってしまった事で、もう防衛隊には入れないと再度諦め掛けたその最中、新たに怪獣が出現する。身を隠す好機かと思われたが、怪獣に襲われる親子の前に思わず飛び出すと、フルパワーで拳を振るい、怪獣を四散させる。助けた少女が怖がりながらも感謝を伝えると、カフカは幼い頃の幼馴染との約束を思い出し、「俺は諦めない」と再度気持ちを奮い立たせた。その瞬間、人間の姿へと戻る事が出来たのだった。

防衛隊員選抜試験

日常に戻った後、気を抜くと怪獣の姿になってしまうカフカ

怪獣への変化から3ヶ月、「怪獣8号」という名が付けられ、世間では討伐対象のお尋ね者となってしまったカフカ。しかし姿を隠しながら元の生活を続け、カフカはレノと共に防衛隊の第一次試験合格の報せを受ける。バレたら即殺処分のリスクを抱えながら、それでも試験を受けると固く決めたカフカは、第二次試験を受ける為、防衛隊の立川基地へと赴く。到着早々、停めた車を退けろと迫る少女。おじさんと呼ばれたことで張り合うカフカだが、少女はインナースーツの力でカフカ達の車を投げ飛ばす。四ノ宮キコルと名乗るその少女に対抗するように、カフカも怪獣の力を少し解放して飛ばされた車を戻す(後にレノから強く叱られる)と、その力に興味を持ったキコルは「吠え面かかせてやるわ!」とカフカを気に掛けるようになる。

カフカ達の車を投げ飛ばした四ノ宮キコル

二次試験では体力検査と資質検査があり、その資質検査で過去何度も不合格とされてきたカフカ。少しでも点数を稼ぎたい体力検査の結果はあまり芳しくなく、年齢から来る衰えかと嘆くカフカだったが、例年よりも試験を受ける面々が優秀である事、その面々が意識する先は、実は史上最高の逸材と謳われる四ノ宮キコルである事をレノから伝え聞く。崖っぷちだと嘆くカフカは、資質検査の内容が生業としている怪獣解体かも知れないという期待を抱えて臨むが、内容は怪獣討伐であり絶望する。

防衛隊のスーツを纏うレノ

防衛隊のスーツの力を引き出す解放戦力は個人差があり、10%超えは年に一人いればいい方だと言うが、今回の試験では三人が10%を超え、更にキコルは46%という脅威の数字を叩き出している。カフカは0%という前代未聞の解放戦力を叩き出し、試験前から不合格になるだろうと言われる。審査官である第3部隊副隊長の保科宗四郎(ほしなそうしろう)から支給された防衛隊のスーツを見に纏い、受験者達は討伐へ向かう。討伐だけが審査対象ではない、とサポートに徹するカフカとレノだったが、途中カフカは怪獣から攻撃を受け負傷し、骨折や内蔵損傷のリスクを負ってしまう。それでも諦めないと、レノのサポートを受けながら試験を続行するが、圧倒的な力を持つキコルが余獣から本獣、ほぼ全ての怪獣を一人で倒してしまい、審査は終了。しかし引き上げようとするキコルの前に、謎の人型怪獣が現れ、キコルは胸に攻撃を受けてしまう。

突如現れた謎の怪獣。人の言葉を話す

間一髪で防御したキコルだったが、現れた怪獣の手により、倒したはずの怪獣達が次々に復活していく。退避命令の出る中、父親からの「この国の未来のために完璧であり続けろ」という教えを守る為に果敢に立ち向かうキコル。しかし攻撃を受け、腕も動かなくなり、完璧で居られなかったと絶体絶命のキコルの前にカフカが駆けつける。復活した本獣のフォルティチュードは6.4。キコルを前に躊躇う事なく変身し、大震災レベルと言われた本獣を一撃で倒すカフカ。その時防衛隊で観測されたフォルティチュードは9.8で、機械の故障とされたが、実在すれば歴史に残る大怪獣だと言われる。
その後、カフカとレノ、キコルの三人は無事保護され、病院で傷を癒すのだった。

電話をする謎の怪獣。人の姿へ変化する

一方、謎の怪獣は公衆トイレ内からスマートフォンを使い、ニュースを確認していた。死亡者0とのニュースに不服そうな反応を見せながら、(株)モンスタースイーパーからの電話にも受け答えをする。何と解体作業員として入職しており、完全に人の姿へ変化すると職員達の中へ溶け込んで行ったのだった。

候補生入隊、そして初任務へ

カフカに違和感を抱き、監視の目を向ける保科

入隊への合否発表ではレノは合格、カフカは第3部隊副隊長の保科の小隊で「候補生」として仮入隊を許される。お笑い担当で引き入れたという保科だが、実際は怪獣8号のフォルティチュード観測時、カフカのバイタルが消失していた事から違和感の正体を突き止める為の監視目的だった。ともあれ、合格した同期隊員達と共に訓練に励むカフカ。同期は解放戦力をどんどん伸ばし、カフカも0%から1%へ伸ばす事が出来た。そんなある日、大型怪獣の発生報告。カフカ達は緊張の面持ちで初任務へ向かうのだった。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents