ブルーピリオド(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブルーピリオド』とは、2017年より山口つばさが『月刊アフタヌーン』(講談社)にて連載している「芸術」に向き合う若者を題材にした青年漫画である。特に熱中できるものもなく、日々の生活に虚しさを覚える高校2年生の主人公が、美術の授業をきっかけに絵の世界に惹き込まれ、日本で一番高い倍率を誇る「東京藝術大学」を受験することを決める。芸術の世界の厳しさに何度打ちのめされても、諦めきれずにもがき続ける主人公と仲間達の苦悩や葛藤が描かれた青春群像劇である。

藝大の油画科に入学した八雲のクラスメイト。よく八雲と一緒にいる。視野が広く、八雲の自由な性格にも、八虎の真面目な性格にも大人な対応を見せる。自信家なタイプではないが、課題では柔軟な発想ができており、比較的早めに作品を仕上げている。

柿ノ木坂桃代(かきのきざかももよ)

藝大の油画科に入学した八雲のクラスメイト。とにかく明るく八雲と波長があっている。文化祭では法被隊のリーダーもやるなど、周りを引っ張っていく力もある。

三木きねみ(みききねみ)

藝大の油画科に入学した八雲のクラスメイト。持ち前の明るさでみんなを引っ張っていく性格であるため、文化祭では神輿隊リーダーを務める。自己犠牲の精神が強く、神輿作りでは無理をしすぎて熱中症になってしまう。しかし、素直な性格ゆえ八虎から周りを頼るように提案されると、すぐに行動を起こし、神輿隊の窮地を救う。

藍沢彩乃(あいざわあやの)

藝大の油画科に入学した八雲のクラスメイト。三木きねみと同じ予備校出身で、仲も良い。文化祭では神輿隊の副リーダーを務める。冷静に周りを見て判断できる反面、容量が良いためなんでも自分でやってしまう一面もある。

田無(たなし)

藝大の油画科に入学した八雲のクラスメイト。文化祭では、神輿隊のデザインを担当する。基本的に明るいタイプではないが、静かに状況を観察し、必要であれば意見する。また、田無の家で作業を進めるシーンでは、手作りおつまみを振る舞うなど、家庭的な一面もある。

盧生教授(ろせいきょうじゅ)

藝大で八虎たち1年の担任を務める教授の1人。黒髪長髪で厳格な印象を与えるが、転んで鼻血を出してしまい授業に遅れるなどドジっ子な一面もある。1年の秋に行われた盧生教授の授業では、自分が感じている絵の魅力を素直に生徒に伝えており、見た目と中身のギャップが激しい。

槻木教授(つきのききょうじゅ)

上が槻木教授。

藝大で八虎たち1年の担任を務める教授の1人。目力が非常に強く、じっと見られると非常に怖い。自分の考えは率直に伝えるため、時折生徒に絶大なるダメージを与える。八虎も最初の課題では評価する価値がないと言われており、かなりシビアな考えを持っていると思われる。

猫屋敷教授(ねこやしききょうじゅ)

藝大で八虎たち1年の担任を務める教授の1人。藝大油画科で唯一の女性教授。普段はニコニコしており、他の教授の厳しい講評の後にも少しフォローを入れたりしている。しかし、9巻では猫屋敷教授の徹底的に芸術に身を捧げる姿勢が描かれている。唯一の女性教授として上り詰めた彼女の強い覚悟が窺える。

花陰真里亞(はなかげまりあ)

ikairyojinnb1
ikairyojinnb1
@ikairyojinnb1

目次 - Contents