嘘解きレトリック(漫画)のネタバレ解説まとめ

『嘘解きレトリック』とは2012年から都戸利津が『別冊花とゆめ』で連載していたミステリー漫画であり、現在は完結している。物語は日本、昭和初年から始まる。「人の嘘が聞き分けられる」少女・浦部鹿乃子と、貧乏探偵・祝左右馬が様々な謎を解いていく。左右馬と鹿乃子が中心のレトロモダン路地裏探偵活劇。

『嘘解きレトリック』の概要

『嘘解きレトリック』とは2012年より都戸利津が『別冊花とゆめ』にて連載していたミステリー漫画で2018年に完結。

昭和初年、物語の主人公である浦部鹿乃子は自らの故郷を出て九十九夜町にて途方に暮れていたところで、祝左右馬という貧乏探偵に出会う。浦部鹿乃子は「人の嘘を聞き分けられる」という能力があり、故郷では幼少期からその能力のせいで気味悪がられるなど辛い経験をしている。しかし鹿乃子のその能力を左右馬は高く評価して、探偵である自分の助手として迎え入れ、2人で事件を解決していくミステリー漫画。
また、「人の嘘を聞き分けられる」という能力から人に疎まれてきた鹿乃子が、九十九夜町で事件や日常を通して左右馬や周りの人々の優しさを知り、自分と向き合っていく過程も丁寧に描かれている。作中で鹿乃子と同じ「人の嘘を聞き分けられる」能力を持っていた青年と出会い、鹿乃子が自分の能力と向き合っていくストーリーでもある。左右馬と鹿乃子が中心のレトロモダン路地裏探偵活劇。

『嘘解きレトリック』のあらすじ・ストーリー

第一巻

「ウソが聞こえる」能力を持つ少女、鹿乃子。

鹿乃子と左右馬の出会い

九十九夜町(つくもやちょう)で探偵事務所を営んでいる左右馬。

「人の嘘が聞こえる」少女、浦部 鹿乃子(うらべ かのこ)は昭和初年、生まれ育った村から出て九十九夜町(つくもやちょう)の山にある稲荷神社で過ごしていた。稲荷神社の掃除に来た祝 左右馬(いわい そうま)と左右馬の友人である端崎 馨(はなさき かおる)は空腹で倒れた鹿乃子を見つける。左右馬達に探偵事務所の隣にある「お食事処 くら田」で食事をご馳走になる鹿乃子。無一文で職もなかった鹿乃子に馨が仕事を斡旋してくれるという話になり、その晩鹿乃子は左右馬の探偵事務所に泊まらせてもらうことになった。お使いから帰ってきた男の子、たろちゃんがお釣りを誤魔化していることに気づく鹿乃子。鹿乃子は反射的にたろちゃんの嘘を指摘し、左右馬の「どうして嘘だと分かったの?」という問いに対して咄嗟に「ただの勘ですよ」と嘘をついてしまう。
次の日、鹿乃子が起きるとくら田のおかみさん達がたろちゃんを探しているのに遭遇する。鹿乃子は一緒にたろちゃんを探し始める。そこに現れた左右馬は昨晩のたろちゃんの言動から、彼は昨日鹿乃子が居た稲荷神社にいるだろうと居場所を言い当てた。鹿乃子と左右馬の二人が稲荷神社につくとそこには一人の男性がおり、左右馬は男性にこのあたりで子どもを見なかったかと尋ねると知らないと言われる。鹿乃子は男性の言葉が嘘だと分かり、去っていく男性の後を突然追いかけようとするも左右馬に止められる。本当は人の嘘が聞こえることを隠して生きていこうと思っていた鹿乃子だったが、咄嗟に言い訳が思い浮かばず嘘が聞こえることを左右馬に伝える。鹿乃子は、男性が山小屋に灯油をかけ火をつける場面を目撃する。鹿乃子に追いついた左右馬は男性に「その中に子どもがいるだろう」と質問をする。子どもはいないと男性は嘘をつき、それに気づいた鹿乃子は大声で左右馬に男性が嘘をついていると伝える。左右馬は山小屋の扉を蹴破り中にいたたろちゃんと猫を救い出す。左右馬の後ろから男性が襲い掛かってきていたが間一髪のところで鹿乃子が気絶させた。
事件のあらましは、稲荷神社に住み着く猫を夜に様子見に行っていたたろちゃんが男性が死体を埋めている場面を見てしまったことだった。山小屋に隠れたたろちゃんを男性は逆に山小屋に閉じ込め餓死させようとした。しかし、子どもが朝になっても帰ってこないことを九十九夜町の住人達に気づかれてしまい手っ取り早く火をつけて殺してしまおうとしたのだった。事情聴取を終え、警察署を出た鹿乃子の前に現れた左右馬は鹿乃子を自分の探偵助手になるようスカウトする。しかし自分が傍にいると嫌な思いをするのではないかと不安な鹿乃子。左右馬は鹿乃子のその不安に「嫌じゃないよ」と答える。左右馬の答えを聞いた鹿乃子は誰かのために力を活かしたいと思い、探偵助手として働き始めるのだった。
左右馬と鹿乃子は、人が嘘をついているかどうかの合図を考えた。鹿乃子が指先を組み合わせバツ印を作っているときは嘘、両手を重ねて握り合わせているときは本当。そんな二人の元に、馨がある雑誌の記事を持って現れる。記事には美しい女性が写っており、馨はそれが自分の恩人「松葉牡丹の君」かどうかを左右馬に尋ねる。「松葉牡丹の君」とは先日、左右馬と行っていた畑仕事で体調を崩し意識を失いかけた時、馨を介抱してくれた女性の事で半襟が松葉牡丹の柄だったことだけを覚えているので馨はそう呼んでいた。記事を見た左右馬は写っている女性は「松葉牡丹の君」ではないと断言する。左右馬の記憶力に信頼を置いている馨はその言葉を信じるが鹿乃子は左右馬の言葉が嘘だと分かった。左右馬が松葉牡丹の君と記事の女性は別だと嘘をついたのが分かった鹿乃子だったが、初めて傍にいていいと言ってくれた左右馬に嫌われたくない鹿乃子はどうして嘘をついたのか聞けないでいた。
左右馬は鹿乃子に、お昼に出向いた古道具屋に届け物をしてほしいと頼む。届け物をした鹿乃子は、茶托を包んでいる雑誌の記事を見て小道具屋の主人にその料亭への道を尋ねる。料亭につき写真の女性をみつけた鹿乃子は真実を聞きに行こうとするが、自身の嘘が聞こえる能力と向き合ってくれた左右馬に後ろめたい気持ちが募り、左右馬に直接どうして嘘をついたのか聞こうと決意しその場を去ろうとする。後ろを振り返るとそこには左右馬がおり、鹿乃子はどうして馨に嘘をついたのか尋ねる。左右馬が鹿乃子の問いに答えようとした直後、小道具屋の主人が警官を連れて料亭にやってきて、記事の女性を見て介抱泥棒だと言いその女性は警官に連れていかれた。
左右馬は最初から「松葉牡丹の君」が介抱泥棒だと知っていたと。最近同じ手口で財布をすられたと話していた小道具屋の主人の話を思い出した左右馬は雑誌の記事を使い、小道具屋の主人に介抱泥棒の場所を間接的に伝えた。馨に嘘をついたのは、馨が直接的な被害を受けていないため介抱泥棒を自分の恩人としてみており、そんな素直な馨に傷ついてほしくないという左右馬なりの優しさだった。嘘が聞こえることで鹿乃子が自分に気を使っていると気づいていた左右馬は鹿乃子に「一緒にいるから悩むんだからさ、一緒に抱えるよ」と伝える。鹿乃子は自分の能力に向き合ってくれる左右馬の役に立ちたいと思うのだった。

藤島千代誘拐事件

探偵に憧れ、左右馬と鹿乃子に推理を披露する千代。

九十九夜町で日々小銭稼ぎをして暮らす左右馬と鹿乃子。そんな探偵事務所に大家さんから秋の味覚が届いた。「隣町の藤島さん」の家へその食材を持っていくようにとのお達しに従い二人は隣町の藤島家へ向かう。ついた先は大豪邸で家の中に招かれた二人の元に藤島家の娘・藤島 千代(ふじしま ちよ)が現れる。千代は探偵に憧れており二人が貧乏であることを言い当てた。彼女はこれから舞台に行くため運転手の耕吉(こうきち)の運転する車で近くの若竹座に向かった。
千代が出かけた後、左右馬と鹿乃子は奥様から藤島家主人にむけた脅迫文の話を聞く。怪しい男が六日前に藤島邸へ文を投げ入れるのを家の女中が目撃しているが、脅迫文には何の要求も書いていないため目的が掴めず困っていた。話の最中に千代を送っていたはずの耕吉が頭から血を流して帰ってきた。耕吉が劇場で男から渡された文には「娘は預かった警察には言うな。言えば娘の命はない。娘を帰してほしくば一時間以内に八千円を午奉駅(ごほうえき)まで持参せよ」と書かれていた。耕吉は何者かに千代が攫われたと主人や奥様に謝るが、鹿乃子はそれが嘘だと分かった。合図で嘘に気づいた左右馬は耕吉の嘘の供述を聞きトリックに気づく。千代が劇場にいないのか改めて耕吉に聞く左右馬。耕吉は千代を探したが姿が見当たらなかったと嘘をつく。それを聞いた左右馬は、奥様を別室に移動させ千代がまだ劇場にいるため迎えに行ってほしいとお願いをする。奥様は左右馬のその言葉を信じ劇場へ向かった。
奥様が千代を連れて藤島邸に戻ってくるまでの間、身代金を渡しに行かないよう主人と耕吉を引き留める左右馬と鹿乃子。左右馬は耕吉に「座席番号は確認したのか」「周囲の人にも確認したのか」と何度も同じような質問をする。それに対し「ちゃんと確認した、誰も見ていなかった」と嘘をつき続ける耕吉と、しびれを切らし金庫から身代金の八千円を取りに行く主人。足止めするネタがなくなってしまった左右馬は身代金をもって庭中を走り回り主人を足止めする。走り回る左右馬を捕まえようとする中、千代が奥様と共に劇場から帰ってくる。
千代は誘拐などされておらず、耕吉が嘘をついていると話す左右馬。耕吉の嘘を暴いていく左右馬に反論したのは千代だった。幼いころから自身の世話をしてくれている耕吉がそんな嘘をついてまでお金を欲しがるわけがないという千代。鹿乃子は自分が嘘が聞こえることを伝え信じてもらおうとするが左右馬に止められる。左右馬は「耕吉は嘘をつくとき右斜め45度を見る」とはったりをかまし遂に耕吉に自白させる。
耕吉は半年前に会った友人に騙され多額の借金の返済に追われていた。何とか給金などを返済にあてていたが遂に借金取りが藤代邸まで来るようになってしまった。藤島家に迷惑をかけてしまうのではと不安に駆られた耕吉は今回の作戦を思いつき、脅迫文を藤代邸に投げ込み、劇場で襲われたのを装うために自らの体を傷つけたのだった。
今回の件を反省した耕吉は藤代家に謝罪し主人たちに別れを告げるが、主人はこれまでの耕吉の行いや人の良さを鑑みてこれからも藤島家で働くことを許した。事件解決の一部始終を見ていた千代は今回の件で左右馬に憧れを抱く。そんな千代に対し左右馬は「鹿乃子くんなしではこの事件は解決しなかった」と言う。千代は鹿乃子にお礼は何がいいかと聞くと鹿乃子は「千代さんの周りに困っている方がいらっしゃったら、九十九夜町の祝左右馬先生は優秀な探偵だと教えて差し上げてください」と告げる。少しは左右馬の役に立てたと喜ぶ鹿乃子。左右馬は鹿乃子に「君の力は素晴らしい」と改めて伝えるのであった。

第二巻

幽霊屋敷殺人事件

事件現場にて事情聴取を行う馨。

昭和初年の冬の夜、九十九夜町の邸宅に住むご隠居が殺害された事件現場に警官である端崎馨は出向いていた。ご隠居の裏の家の下宿人は午後五時ごろ、ご隠居の邸宅から大きな包みを持って出てくる顔に傷のある怪しい男を目撃したという。馨が現場検証を行っている同時刻、十年前に未解決殺人事件が起こったという三十番街の空き家の洋館の前を通った桐野貫二(きりの かんじ)という男がその洋館に幽霊がいるのを目撃したのだった。
その殺人事件の数日後、指名手配されている顔に傷のある男はいまだ見つかっていなかった。
山で山菜取りを終えた左右馬と鹿乃子は、くら田のおかみさんが忘れたショールを病院に取りに行く。人で溢れている病室を覗いてみると入院している桐野貫二とその恋人であるカフェ「ローズ」の女給リリーが口論をしているところだった。貫二は三十番街の空き家の洋館で幽霊を目撃した後怖くなって走り去ったところを車に轢かれて入院していた。その当日は貫二がリリーを映画に誘っており、待ち合わせ時間になっても貫二がやってこないことを不思議に思ったリリーの元に一人の女性が現れた。貫二は絵を描く仕事をしており、その女性は貫二が描いたリリーの似顔絵を片手に彼女に話しかけた。貫二とその女性は昨夜酔って良い仲になったのだが、貫二がリリーの似顔絵と映画の券を忘れていったのだという。女性はリリーに貫二の名前を尋ねたが、リリーは貫二はカフェの客なだけで名前は知らないと言い追い払った。貫二には女性には心当たりはなく、リリーの似顔絵は幽霊を見たときに驚いて落としたと弁解する。貫二は誤解だとリリーに説明するが、リリーは病室から出て行ってしまう。
鹿乃子はリリーを追いかけ貫二の気持ちは本当だと伝えるが、リリーはカフェの女給と客は店の外に出た途端関係が壊れてしまうと語って去っていった。鹿乃子はなんとか貫二とリリーの関係を修復したいと考え、左右馬も珍しく乗り気になりその夜左右馬に呼ばれた馨と共に三人で三十番街の幽霊屋敷に乗り込むことになる。
三十番街の幽霊屋敷の主は欧州帰りの画家とその妻であったが、十年前に妻が胸を刺されて殺された。通いの女中が見つけた時にはもう遅く、夫の姿がないことからこの殺人事件は夫が容疑者とされていたが本人は今も見つかっていない事件であった。
洋館の中に入る三人は人のうめき声のようなものを聞く。怯えつつも貫二が幽霊を見たという二階に進んでいくと誰もいなかった。しかし左右馬は部屋に隠し部屋を見つけた。隠し部屋にいたのは、顔に傷のある容疑者と、ミイラと化したこの洋館の主であった夫だった。殺害直後の容疑者が洋館の前を通った時、ある女性に凶器を見られ咄嗟にその女性を脅した。すると女性は「絶対に見つからない隠れ場所」を教えると言い、この洋館の隠し部屋に容疑者を閉じ込めたのだった。この隠し扉は外からしか開かない仕掛けになっており、容疑者は今日まで外に出られなかった。
そこで左右馬は事件の全貌に気づく。十年前洋館の主である夫と妻を殺したのも、容疑者を閉じ込めたのも、貫二の名前を知りたがった女性もすべて同一人物であると左右馬は言う。容疑者を隠し扉に閉じ込めたのを貫二に見られたと思った女性は、貫二が落とした映画の券と似顔絵をもとにリリーに話しかけ、口封じのため貫二の情報を得ようとした。リリーから手に入れた情報をもとにカフェに女性が訪れると推理した左右馬のいう通り、後日カフェにやってきた女性は警官たちに逮捕され、すべての容疑を認めた。後日貫二の病室を訪れた鹿乃子と左右馬は、貫二とリリーが無事仲直りするところを見届ける。

少女探偵団結成

九十九夜町で大家の手伝いをしている左右馬と鹿乃子の元に、千代が偶然通りかかる。左右馬は面倒ごとは御免だと立ち去るが、その時千代が向かいからやってくる若い男性とぶつかってしまう。男性は急いでいるからとその場をすぐに立ち去るのだが、近くにはきれいな細工を施された手鏡が落ちていた。すぐに男性を追いかけようとする千代。左右馬は男性の腕に漆喰がついていたことと、走ってきた方角から左官をやっていると推理する。千代と鹿乃子は左右馬の推理をもとに近くにいる左官に尋ねると、彼は橋向こうの川沿いの荒物屋に間借りしている利市(りいち)という男だと判明する。
利市の元へ向かい、手鏡の事を問うと自分の母親の形見で間違いないという。しかし鹿乃子は利市が母の形見と嘘をついたことが分かった。手鏡を探していたという利市の言葉に嘘はなかったので不思議に思いながらも甘味処で千代とお茶を楽しむ鹿乃子。近くに座った女性たちが、若い男にハンドバッグをひったくられ手鏡を盗られたと話していた。千代と鹿乃子は女性たちに話を聞くと、その手鏡の特徴は先ほど利市に渡したものと一致していた。持ち手の部分に「TATUE」と刻まれていると女性は語ったが鹿乃子も千代もそこまで覚えておらず、しかし母の形見と嘘をついた利市がひったくったに違いないと鹿乃子は確信する。
もう一度利市の元へ向かう二人の傍で少女が転んでしまう。心配し駆け寄った二人はその少女の胸元に先ほど利市が持っていた手鏡を見つける。少女は「お兄ちゃんが母の形見だから大事にするように」と言ったと伝える。千代はその手鏡の取っ手に「TATUE」の文字がないことを確認した。千代と鹿乃子が改めて利市に謝り真実を確認すると、手鏡を渡した少女・ヤイコは幼い時に母親を亡くし利市が兄のように面倒を見ていた。最近ヤイコが母親のことを聞くようになったため掃除をしたときに水路で見つかけた手鏡を母の形見としてヤイコに持たせていたのだった。手鏡をヤイコが割ってしまったため修理に出しており、今日は受け取りに行った帰りだった。利市は二人を笑って許してくれたが、鹿乃子は「嘘が聞こえる」自分は利市さんが嘘をついていると確信してしまっていたことにひどくショックを受ける。嘘が分かるからこそ見えていないものがある自分は誰かを傷つけてしまうと思い探偵助手の仕事を続けていいのか迷う鹿乃子。
物心ついた時から「嘘が聞こえる」鹿乃子は、生まれ故郷の村で孤立していた。そのうち周囲と話すことを極力控えるようになっていく鹿乃子。時には人の嘘が聞こえる自分の耳をはさみで切り落そうとすることもあった。周囲の子どもたちは嘘の濡れ衣を鹿乃子にかぶせたり陰口を叩くようになる。そして「嘘が聞こえる」ことを隠して九十九夜町にやってきた鹿乃子。しかし自分の能力で今日人を傷つけそうになってしまった鹿乃子は探偵事務所に帰らず悩んでいた。鹿乃子を心配し、千代の家まで探しに行った左右馬が鹿乃子を迎えに来るが、鹿乃子は左右馬に「探偵助手をやめる」と告げる。左右馬は鹿乃子を引き留めようとするが、鹿乃子は左右馬の言葉を聞き入れず断り続ける。しかしやはり人を傷つけることがつらい鹿乃子は左右馬に自分の悩みを相談する。すると左右馬は「ウソが分かる君に見えないものがあるんなら、ウソが分からない僕にはそれが見えるんじゃない?だから一緒にいればいいんだよ」と伝え、2人で探偵事務所へ帰るのだった。

花見弁当事件

花見を楽しむ馨と鹿乃子と左右馬。

探偵事務所に訪れていた馨は左右馬と、先日馨が婦人に切符代を貸したことで口論していた。左右馬はそれを典型的な寸借詐欺だと言うが、馨は必ず返しに来るといった婦人を信じるという。鹿乃子は物心ついた時から嘘が分かるため、嘘が分からない人が騙されたときの辛さはどんなものなのだろうと心配した。
探偵事務所にたろちゃんがやってきて、くら田の主人・倉田 達造(くらた たつぞう)と八百六(やおろく)の主人・六平(ろくへい)が喧嘩しているのでどちらが嘘をついているか教えてほしいとお願いする。ことの発端は三日前の夜中に六平がくら田を訪れて急に花見弁当を注文したことだった。十三折の花見弁当を頼んだ六平だったが、達造が作った花見弁当は二十三折。六平が注文を言った際には達造もおかみさんも十三折と聞いたはずだったが、六平が残していったメモ書きには二十三折と書いてあった。そのメモ書き通りに二十三折作った達造だったが、花見弁当を取りに来た六平は十三折しか頼んでいないと告げる。
達造と六平、両方の証言を聞く鹿乃子はどちらの発言にも嘘がないことに戸惑う。嘘が聞こえる能力がなくなったと不安がる鹿乃子だったが、左右馬と以前実験した際、嘘をつく本人にその意識がないときは嘘に聞こえないことが分かっていた。嘘が聞こえる能力を嫌っていた鹿乃子だったが今回の件で嘘が聞こえないことへの恐怖が芽生える。しかし左右馬は、嘘が聞こえない人間は強いと鹿乃子に告げる。もう一度達造とおかみさん、六平を集めた左右馬は六平が書いたメモ書きが今回の喧嘩の元だという。六平はメモ書きに十三折と書きインクが乾ききる前にメモを二つ折りにした。すると乾ききっていないインクが折った紙に染み、次に開くときには二十三折に書き換わっているという顛末だった。
騒動が終わり探偵事務所に戻ったところに馨が訪ねてきて、以前切符代を貸した婦人の甥がお金を返してくれたと報告に来た。今日一日の出来事を通して鹿乃子は、嘘が分からない人はその不安の中でもお互いを信じあえるという人の強さを知った。

第三巻

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents