その着せ替え人形は恋をする(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『その着せ替え人形は恋をする』(そのビスクドールはこいをする)は、福田晋一によって『ヤングガンガン』にて連載中の青年漫画である。雛人形制作が趣味の男子高校生と普通なら接点ができないようなクラスの人気者で美少女ギャルの喜多川海夢がコスプレを介して親密になっていく物語である。好きな事をして輝いているヒロインと好きな事を隠している主人公はお互いの好きなものへの強い気持ちを通して恋をする。肌色多めのコスプレラブコメディである。

『その着せ替え人形は恋をする』の概要

『その着せ替え人形は恋をする』(そのビスクドールはこいをする)は、第23回エース新人漫画賞奨励賞受賞した女性漫画家の福田晋一によって『ヤングガンガン』(スクウェア・エニックス)にて、2018年3号から連載中の青年漫画である。雛人形職人を夢見る高校1年生の五条新菜は、1学期のある日、学校で雛人形用の衣装を作っていたところを同級生でクラスの人気者の喜多川海夢に見られてしまう。ずっとコスプレ願望を抱きながらも不器用なためコスプレ衣装を作れずにいた海夢は、新菜に衣装の制作を依頼する。自分とは真逆の世界で生きていると思っていた海夢に最初は戸惑うが、海夢の熱意に負け彼女のためにコスプレ衣装を作ることになる。露出多め、ハプニング多めのラブコメでありながら、好きなものを大切に思う気持ちが熱く描かれ、好きなものを人には隠している主人公がコスプレを通して成長していく作品である。

『その着せ替え人形は恋をする』のあらすじ・ストーリー

初めてのコスプレ編

雛人形の頭師を目指す五条新菜は子供のころに雛人形好きを人に罵られたことがトラウマになり、好きなものの事を人には秘密にしていた。趣味が雛人形鑑賞や雛人形作成の修行なんて同級生に言えるわけもなく、好きなものがみんなと違う自分がいると邪魔になるだろうという気持ちから友達のいない高校生活を送っていた。一方で自分の好きなものを堂々と言っているのにみんなから受け入れられているクラスの人気者、喜多川海夢を見て、真逆の世界に住んでいて羨ましいと思うと同時に自分には関係ない世界と割り切っていた。放課後、クラスメートに掃除を押し付けられた新菜を見た海夢に自分の為に自分の気持ちを言った方がいいと言われる。その言葉はずっと自分の言いたいことを心にしまっていた新菜の心に強く残ったのだった。
ある日、家のミシンが壊れてしまったため学校のミシンを使うことにした新菜。誰も来ない家庭科室なので安心してお雛様を出しながら作業をしていると、突然海夢が現れる。新菜は驚いて雛人形の頭を落としてしまい、長年隠していた秘密を海夢に知られてしまうのだった。過去に否定された記憶から海夢にも気持ち悪がられると思った新菜だったが、海夢は否定せずお雛様をほめてくれる。自分の好きなものをはじめて褒められたことでうれしい気持ちでいっぱいの新菜だったが、お雛様の服を作れることを知った海夢にコスプレ衣装を作って欲しいとお願いされてしまう。最初は断ろうとした新菜だが、自分の気持ちを正直に言う海夢をみて協力することにしたのだった。コスプレをしたいキャラクターについて熱く語る海夢。それは男性用のアダルトゲームのキャラクター「黒江雫」だった。ゲームの話は全く分からない新菜だったが、男性向けのゲームを女性は嫌がってやらないものだと思っていたので驚いていた。それを海夢に言うと、好きなものに男女関係ないという言葉が返ってきて、人形好きの自分のことを当てはめて思わずちょっと泣いてしまう新菜なのであった。
コスプレ衣装づくりを始めることになったふたりは初心者用の本を参考に採寸から始めることになった。次週の月曜日からということになったが、雫たんになるのを待ちきれない海夢は次の日土曜日に新菜の家を突き止め来てしまう。初めて自分の部屋に女性がいるということに緊張する新菜だったが突然服を脱ぎだし水着になった海夢を見て真っ白になる。

冷静になろうとするがどうしても刺激が強すぎて意識してしまう新菜。

どうしても意識してしまい採寸ができない新菜は雫たんになるという海夢の本気の愛をぶつけられ、不純な気持ちをもってしまったことを恥じる。頼ってくれた海夢に誠心誠意尽くしたいと気合を入れなおし採寸に集中する。次に測るのはキャラの売りであり、海夢が衣装を作るうえで最もこだわりのある胸囲だった。平静を保つように採寸していた新菜だったが、目の前に海夢の胸がありさすがに平静を保てなくなる。やっとのことで測り終わるが次は大きな胸を魅力的に見せる乳袋の作成の為、バストポイント間を測る事を海夢に提案される。バストポイント間とは両乳首間の長さのことであり、海夢は乳袋にこだわっている為必ず測りたいというが、それには水着を脱がなければいけない。海夢は真っ赤になって焦る新菜をからかいつつさすがに見せるわけにもいかない自分で測ったのだった。最後に股下の測定時、顔を見なくていい新菜は冷静に測定することができた。だが今までどこを測られても冷静だった海夢は敏感な内ももにメジャーが触れてた時思わず声を出してしまいそこで初めて恥らうのだった。測り終わると衣装のデザインの為「ヌル女」をやることをお勧めされる新菜。

雫たんの衣装デザインを知るため「ヌル女」をプレイする新菜。エロゲーを真剣にやりながらメモを取る新菜を見て新菜の祖父はあらぬ誤解をするのであった。

月曜日、登校した新菜は自分と海夢は違う世界に住んでいると痛感させられる。だが海夢はなにも気にせず新菜の世界に踏み込み話しかけてくる。少し立ち止まれば人が集まってくる海夢を見て新菜はいつも1人でいる自分と比べて劣等感に苛まれる。海夢が離れていくと周囲にいた人たちの新菜のことをバカにしているような言葉を耳にしてしまう。休み時間ごとに話しかけてくる海夢を避け知り合いに見られたりしないようにと逃げる新菜だったがついに海夢につかまってしまう。避けられて怒る海夢に新菜は自分が海夢のそばにいては一緒にいる海夢まで馬鹿にされてしまうから人前では一緒にいない方がいいと話す。付き合ってると勘違いされたら迷惑だろうと思っての行動だったが、海夢はそんなことは気にしておらず新菜の手を引いてコスプレ衣装の買い出しに連れて行くのだった。
気を取り直した新菜は雫たんの衣装の三面図を取出し買うものを決めていく。買おうとするものがことごとくちょっと間違っている海夢は新菜に心から感謝する。海夢の役に立てたことがうれしい新菜は買い物の続きをしっかりやろうと意気込むが、下着屋でガーターを試着した海夢は恥ずかしげもなく新菜に下着姿を見せてくる。焦った新菜をからかって遊ぶ海夢なのだった。帰り道コスプレ衣装をどこで見せるか今からワクワクする海夢。そういったイベントや楽しみ方について知識のない新菜に携帯の画像を見せながら解説する海夢。その流れで海夢はすごく好きなレイヤーさんの写真を見せ新菜の反応を伺う。レイヤーというのはコスプレイヤーの略で海夢が見せてきたのはジュジュという中学生くらいに見える超美少女レイヤーの写真だった。次々写真を見せるも何も反応のない新菜に海夢は「この人達キレーじゃないとか?」と聞くと、奇麗という言葉に特別な思いのあった新菜は心から奇麗だったと思った時にしか使わないと決めており、簡単に口に出すことはできないと言ったのだった。
その後イベントについて調べると2週間後にあることが発覚する。海夢はそのイベントにこだわりがあるわけではなくあるという事実だけを伝えたつもりだったが、新菜はすっかりそのイベントに出るんだと勘違いしてしまい焦りを抱えるのであった。人形用でさえ時間がかかっている現状で作ったこともない人間用の衣装なんて2週間で作れるのか、そしてもしも間に合わなかったらと思うとおかしくなりそうな新菜だった。ただでさえ焦りでどうにかなりそうなときに祖父が倒れた。幸い大したことはなかったが、祖父は通院のため従姉妹である美織の家にしばらく行くことになった。祖父のお見舞いとさらには中間テスト、雛人形を見学したいとの申し込みまで来てしまいパンク寸前まで追い込まれる。衣装を楽しみにしていた海夢の力にもなれず雛人形の頭師になるための筆の練習もできていない。全部が中途半端で何もできず不甲斐なくて涙が出てくる新菜。不意に祖父が雛人形を作り続ける理由を聞いたときに辛い事もあるが、喜んで欲しいから辛くても頑張れるもんだと言っていたことを思い出す。海夢が新菜に向けてくれた笑顔が思い浮かび、海夢喜んで欲しいと思いから、辛いけれどできることを精一杯やろうと決意し針と糸を持ち衣装づくりに取り掛かるのであった。

辛くても精一杯作ることを決意した新菜。

徹夜し、何とかイベント前日の朝に衣装を完成させた新菜。早速衣装を見に来た海夢はあまりにもすごく良くできているので言葉を失う。ここで海夢は今日のイベントに出るつもりがなかったと誤解が解け、新菜は締め切りへの不安がなくなり安心して座り込んでしまう。だが、海夢の方は自分がちゃんと伝えなかったせいでそんなに新菜が追いつめられていたと気づくことができず申し訳なくて泣きだしてしまう。泣き続ける海夢に困った新菜は空気を変えるべく衣装の試着を提案する。喜んでくれただけで嬉しかった新菜だが実際に来た時の確認をするための提案でもあった。
新菜がもっていた雛人形用に買ってあったつけまつげを付け、メイクを雫たんに似せて施し、衣装を着るとそこにはヌル女2の雫たんがそこに立っていた。興奮が止まらない海夢だったが、新菜からしたら着心地や動きやすさなど様々な改良点が出てきて決して出来がいいとは言えなかった。海夢は希望していた乳袋が完璧にできていたことで写真を撮りたくて仕方なくなってくる。新菜の部屋は和室だったが、何とか白い背景を作り出し撮影会となった。きれいに写真が撮れたことでノリノリの海夢はコスプレ用のSNSアカウントを作り、コスプレネーム「まりん」として写真を上げるのだった。雫たんになれたことが嬉しい海夢は次の日にあるコスプレイベントに行くことを提案する。作務衣しか服がないので断る新菜だったが、何が駄目なのかわからない海夢は半ば強引に次の日のイベント参加を決定するのであった。
次の日、夏日の中コスプレイベントに参加する2人。早速海夢には撮影希望のカメラマンが列を作り始める。邪魔にならないように端の方で会場を見回すと、女装や男装様々な表現をしている人達がいて好きなキャラを自由に楽しんでいるのを見ると自分も楽しくなる。そして、雫たんになりきる海夢を見てこれで約束の衣装作りは終わったので楽しかった2人の関係はこれで終わりなんだと気づく。さみしさを感じる新菜にふいに海夢は笑いかける。その笑顔を見た瞬間新菜は胸がつかまれたような感覚に陥り苦しくなる。走って近づいてきた海夢を見ながらこの気持ちが何なのか気づきかけた時、「服脱げそう!」という海夢の爆弾発言によりそんな考えは吹き飛んでしまうのだった。なんと海夢は実際の雫たんに自分の胸の大きさを近づけるため胸を盛っていたのだ。海夢の胸に合わせて作ってある衣装はそれに耐えきれず千切れそうになっていたのだった。それに加えて暑い日差しとお嬢様学校だからとしっかりとした厚めの生地を選んで作ったことにより海夢は熱中症になりかけていた。会場の中に入り、衣装の応急処置と体を冷やすことにした2人。そろそろ帰ろうとしたが、撮影の途中で抜けてしまった為その時のカメラのオネーサンを見つけて最後に1枚撮ってもらおうとした。無事に見つけることができ、日陰で撮影しようとしたとき、強い風が吹きスカートがめくれ、太ももに性奴隷らしく書いてある正の字が見えてしまう。新菜もカメラのオネーサンも海夢のこだわりにびっくりしたのだった。

過度な露出や下着に間違われる衣装はダメなのでアンダーウエアを履いていたがしっかりと正の字を書き込んでいる海夢。

帰りの電車内で新菜はこれでこの関係も終わりだと感じながらいい経験ができ楽しかったとお礼を言う。さみしさを感じる新菜に海夢は次のコスプレのことを話し出す。1着だけかと思っていた新菜は海夢の発言にまだこの関係を続けられるとほっとするのだった。疲れて眠りそうになる新菜にイベントでの興奮が冷めない海夢はイベントでみんな好きなことをしていてすごく楽しかったことを語ります。海夢がイベントですごくきれいなレイヤーさんがいた話をすると、うとうとしている新菜はコスプレしていた時の海夢の笑顔を思い出しながらとても奇麗だったとつぶやく。新菜にとって特別な「奇麗」という言葉を言われた海夢は心からのほめ言葉にびっくりしつつも照れるのだった。
後日新菜の自宅でイベントに使った衣装を洗う2人だったが、海夢は新菜から奇麗と言われたことで意識してしまう。そこへ美織の家に泊まって通院していた祖父が帰ってくる。新菜の衣装を見て作り方について意見を交わす新菜と祖父。海夢は普段よりよくしゃべる新菜がかわいく見えて胸の高鳴りが止まらず新菜の事を好きになったと自覚する。そんな時海夢のおなかが鳴ってしまい夕食を新菜の家で食べていくことになった。そこでひとり暮らし中の海夢の食生活がひどいことが発覚し、心配した祖父はこれからはご飯を食べに来るように誘うのだった。

初めてのレイヤー仲間編

ずぶ濡れの少女を見つけた新菜の祖父。

ある雨の日、五条人形店の前に雨に濡れた少女が飛び込んでくる。それを見つけた新菜の祖父は新菜の友達かと思い風邪をひくから上がってお風呂に入るように言う。新菜が帰ると、祖父は友達がお風呂場にいると言い残して出かけてしまう。海夢はバイトのはずなのでお風呂場にいるという人物に心当たりがない新菜。もしや泥棒なんじゃないかと急いで風呂場に入って確かめるとそこには裸で体をふく少女の姿があった。新菜は服を着替えた少女に気まずいながら要件を聞く。衣装の話を切り出され、雛人形の見学に1人できたと思った新菜は名前と学校を聞くと、乾紗寿叶という名前で子供かと思っていたが実は1つ年上だと分かった。衣装を今すぐ見たいという紗寿叶にさっそく雛人形の工房を案内する新菜。雛人形を見て楽しく見学する紗寿叶だったが、ふと我に返り何で雛人形を見せられているのかと新菜に問いかける。てっきり雛人形の衣装の見学だと思っていた新菜だったが、実は紗寿叶はSNSで海夢のコスプレ衣装を見てオーダーしに来たのだった。オーダーは受けていないと断ろうとした新菜だったが、紗寿叶の裸を見たことを盾に紗寿叶ことコスプレイヤーの「ジュジュ」に衣装を作るように脅迫される。ジュジュとは以前海夢が好きだと言っていたレイヤーだと気づいた新菜。そこにちょうどバイトが終わった海夢が家に遊びに来ることになった。憧れのレイヤーに会えたことで大興奮の海夢。海夢に若干引きながらも紗寿叶は「フラワープリンセス烈!!」という女児向けアニメキャラクター二階堂シオンのブラックリリィの衣装を依頼する。新菜と紗寿叶が連絡先を交換する流れで新菜に恋人がいないと発覚し嬉しい海夢なのだった。そして海夢は二階堂シオンの姉の二階堂ネオンのコスプレをするので合わせてコスプレしようと紗寿叶を誘うが即断られてしまう。紗寿叶は自分の為だけにコスプレをして写真を残したいだけなので他のレイヤーとは絡んでこなかった。だがそこに海夢と新菜が割り勘する話を振ってくる。今回は撮影のために廃病院のスタジオを借りる予定だった紗寿叶だったが廃病院のスタジオ代が高く、割り勘で浮いた分のお金が衣装に回せると考え今回だけという条件で合わせをすることにしたのだった。

憧れのレイヤー「ジュジュ」とコスプレできることを大喜びする海夢。

その日の夜、雛人形の顔を祖父に見てもらう新菜。全然練習できていなかったので緊張する新菜だったが、海夢のコスプレにかかわったことで人形の顔にもいい影響が出ていたようで前より良くなったと褒められる。
後日、衣装の為「フラワープリンセス烈!!」のコンプリートボックスを受け取るために海夢の家を訪れた新菜。玄関を開けるとそこにはほとんど下着のような恰好の海夢がいて固まってしまった新菜。そんな新菜を見て不思議に思った海夢は玄関にあった鏡を何気なく見てカラコンを付けてないことに気づき慌てて部屋に戻っていった。気にするのはそこじゃないだろうと思わず突っ込んでしまった新菜なのだった。
カラコンをして部屋着に着替えた海夢に案内され初めて友達の家に上がった新菜は緊張していた。早くコンプリートボックスを受け取って帰ろうとした新菜だったが、少しでも荷物を少なくするためにと海夢の部屋で一緒にアニメを見ることになる。女性の部屋、しかも海夢の部屋ということに緊張する新菜だったが、ヌル女のポスターだらけの部屋を見てその衝撃で緊張が吹き飛んだのだった。
並んでアニメを見ていると海夢はこれは「おうちデート」だと気づく。真面目に画面を見る新菜とは違い海夢は新菜を見てはドキドキして楽しんでいたが、いい雰囲気をぶち壊すように海夢のおなかの音がなってしまう。海夢が手料理を作ることになったが、海夢の作る料理に不安しかない新菜。

失敗したオムライスをチャーハンだと思って食べた新菜。

出来上がったのはチャーハンの上に卵が載っているものでケチャップで「ごめん」と文字が書いてあったがとてもおいしくできていた。2人はおいしくチャーハン(海夢はオムライスのつもりだった)を食べ終わり引き続きアニメを見るのだった。
夜、書き終わった衣装の三面図を確認しながら電話をする紗寿叶と新菜。今までしたコスプレの話からカメラの話になり、もっときれいな写真を撮るため紗寿叶の妹に写真の撮り方を教えてもらうことになった。海夢も教わりたいということで2人で会いに行くことになり、紗寿叶の妹は小さくてかわいい系なんだろうと2人は想像していたが、当日待ち合わせのファミレスへ行くとそこには紗寿叶より年上に見える女性が座っていた。大人っぽく見えた女性は心寿といい、紗寿叶の中学生の妹だった。「ジュジュ」の撮影を担当している心寿にカメラについて教わる2人。高画質な写真が撮れる一眼レフカメラをいつか買おうと決心する海夢であった。カメラの話がひと段落して今度の合わせでの撮影の話になる。新菜と海夢は紗寿叶に事前にスタジオのロケハンをしないかと誘われる。ついていくと返事した新菜と海夢は週末に廃病院スタジオに行くことになったのだった。
ロケハン当日、海夢は心寿に写真撮り方について聞きながら廃病院の中を見て回る。一方、紗寿叶は思ったよりも怖い雰囲気で先へ進めず入り口で立ち止まっていた。見かねた新菜が声をかけると怖いと素直に言えない紗寿叶は速足で奥に進むのであった。見学中、雷雨に見舞われてしまいますます廃病院の中は暗くなり怖さの増す中とうとう紗寿叶は座り込んでしまう。無理してでも撮影場所を確認しようとする紗寿叶に新菜はそこまでする理由を聞く。紗寿叶は小さいころ初めて魔法少女の衣装を着た時のことを思い出しながら魔法少女になるという夢を無理をしてでもコスプレでもかなえたいと思いを打ち明ける。新菜はそんなに大切な衣装ならもっと技術のある人に頼むべきじゃないかと当然の疑問をぶつける。紗寿叶はもっと技術がある人がいることはわかっていた、だが、海夢のコスプレ写真を見た時その衣装に一目惚れしたと同時に自分じゃない人が新菜の衣装を着ている事に嫉妬したと告白する。新菜に衣装を依頼したのは紗寿叶にとってはとても大切なことだったのだ。一目惚れされるような雛人形をいつか作りたいと思っていた新菜は衣装に一目惚れしたと言われて感動のあまり泣き出し紗寿叶の手を握りお礼を言うが、廃病院への恐怖と初めて異性に手を握られた衝撃で気絶してしまう。

廃病院への恐怖と初めて異性に手を握られた衝撃で気絶してしまう紗寿叶。

後日、ブラックリリィの衣装の材料を買うためヌル女の時にお世話になった生地の店に来た新菜。通気性のことなどはプロに聞いた方がいいだろうと店員さんに衣装の三面図を見せながら生地の相談をする。無事衣装へのアドバイスももらうことができコスプレメイク雑誌も手に入れられたので別行動していた海夢と合流し新菜の家で打ち合わせをすることになった。海夢は自分が着る衣装の小物を手伝うことができ役に立ったことが嬉しく思うのだった。
撮影当日、ブラックロベリアのコスプレをした海夢とブラックリリィのコスプレをした紗寿叶は別の部屋で撮影の準備をしている心寿と新菜を待っていた。海夢と紗寿叶が暇つぶしに2ショットを撮っていると、隣の部屋から「フラワープリンセス烈!!」の颯馬お兄ちゃんのコスプレをした心寿が入ってきたのだった。実はロケハンした帰りに1人になった心寿に新菜がコスプレをしたいんじゃないかと声をかけていたのだった。そこで心寿は本当は紗寿叶のようにコスプレをしたかったが絶対に合わないし変になって姉に嫌われたくないという思いを打ち明ける。暗い顔をする心寿に新菜は「なりたいものに何にでもなれるのがコスプレの魅力」だといい、少しでもしたい気持ちがあるなら手伝うからコスプレしようと背中を押したのだった。早速誰のコスプレをしたいのか聞いてみるとなんと「フラワープリンセス烈!!」の颯馬お兄ちゃんのコスプレをしたいと言われたのだった。男装のコスプレは初めてだったが何とかコスプレをさせてあげたいと意気込む新菜だったが中学生の心寿はお小遣いなのであまりお金をかけることができない。そこで思いついたのが新菜の高校の制服だった。新菜の家で制服を試着すると胸の大きな心寿では男性らしい体つきには見えずどうしたらいいのかと悩みながらさらしを巻いてみるが多少胸がつぶれただけでまだ男性にはなりきれていなかった。新菜はコスプレイベントで男装をしていた人たちを思い出しネット検索してみた。そうすると胸をつぶす専用のインナー「Bホルダー」というものがあり、心寿でも買える値段で手に入ることを知る。そうして化粧や髪の毛を試行錯誤しながら合わせ当日となったのだった。コスプレで颯馬お兄ちゃんになった心寿は似合わないとか嫌われるんじゃないかという思いで緊張していたが、大興奮してほめてくれる紗寿叶と海夢に安心して涙が出るほど喜ぶのだった。撮影が順調に進み、他のレイヤーとの撮影に否定的だった紗寿叶はキャラになりきり1人で写真を楽しむだけではなく、みんなでコスプレするのも楽しいと気づいたのだった。そして紗寿叶は自分の大切なコスプレも妹の心寿も大切に扱ってくれた新菜に恋心を抱くのだった。家に帰り、合わせで撮影した写真を紗寿叶と心寿で確認しているときに紗寿叶は自分にはできないコスができる心寿が羨ましいと打ち明ける。なんでも完璧だと思っていた姉の一面を見た心寿は悩んでるのは自分だけじゃないことに気づき高校生になったらバイトをしてコスプレをすることを決意するのだった。

夏休み編

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents