僕たちがやりました(僕やり)のネタバレ解説・考察まとめ

『僕たちがやりました(僕やり)』とは、原作が金城宗幸、漫画が荒木光による日本の漫画。通称「僕やり」。講談社の『週刊ヤングマガジン』で、2015年19号から2017年8号まで連載された。主人公は凡下高校に通う2年生、増淵トビオ。同級生らと楽しい日々を送る中、いたずらのつもりで計画した「爆破」が死者10人を出す大惨事を招く。罪悪感を抱えながら、窮地に追いつめられた若者たちの成長と共に人間の本性や心理を描く。『僕たちがやりました』は、2017年7月からフジテレビ系列の関西テレビでドラマ化された。

水前寺「メイ アイ スピット オン ユー」

いじめられっ子同士のマルと水前寺

「つばをかけていいですか」と英語でマルに聞いている水前寺。マルは英語の意味が分からず、「いいよ」と答える。このあと、水前寺から顔面につばを吐かれる。

飯室「一生苦しめ」

爆破事件の真相を知っている飯室刑事が4人の前に現れる

爆破事件の別の犯人が捕まったことでパイセンが釈放。喜ぶ4人の前に、真相を知る刑事の飯室が現れて言い放った言葉。

伊佐美「なかに出りゅりゅぅぅ…‼」

今宵と久しぶりの関係を持つ伊佐美

爆破で10人が死んだという事実が重くのしかかり勃起しなくなっていた伊佐美。10人の遺族に謝罪行脚をしたことで、その機能は回復し、久しぶりに今宵との一戦で叫んだ言葉。

市橋「俺の幸せは俺が下す」

自殺を前にトビオに思いを伝える市橋

爆破事件の後遺症などで生きる希望を失った市橋がトビオに送った動画メッセージ。このあと、市橋は飛び降り自殺する。

輪島宗十郎「じゃあ死ぬか」

パイセンの父親、輪島宗十郎との初対面

初めて対面するパイセンと父親の輪島宗十郎。そこに感動はなく、輪島宗十郎からは「死ぬか」と愛のない言葉を言われる。

パイセン「自首する人ー?」

爆破事件の真相を打ち明ける決意をしたパイセン

爆破事件の真相が闇に葬られることに耐えられず、トビオやマル、伊佐美に自首を呼びかけるパイセン。

トビオ「蓮子別れよう」

自首を前に蓮子との関係を終わらせるトビオ

好きな気持ちを抑え、トビオは自首を前に蓮子に別れを告げた。

蓮子「よかった生きてて」

10年後、偶然に産婦人科で再会した蓮子がトビオにかけた言葉

爆破事件の自首から10年、トビオは元恋人の蓮子とは会っていなかった。ある日、産婦人科で偶然再会する。その際、蓮子は、好きだったトビオが生きていたという喜びを伝える。

furin_bell
furin_bell
@furin_bell

目次 - Contents