僕たちがやりました(僕やり)のネタバレ解説・考察まとめ

『僕たちがやりました(僕やり)』とは、原作が金城宗幸、漫画が荒木光による日本の漫画。通称「僕やり」。講談社の『週刊ヤングマガジン』で、2015年19号から2017年8号まで連載された。主人公は凡下高校に通う2年生、増淵トビオ。同級生らと楽しい日々を送る中、いたずらのつもりで計画した「爆破」が死者10人を出す大惨事を招く。罪悪感を抱えながら、窮地に追いつめられた若者たちの成長と共に人間の本性や心理を描く。『僕たちがやりました』は、2017年7月からフジテレビ系列の関西テレビでドラマ化された。

輪島玲夢(わじま れいむ)

演:山田裕貴
輪島宗十郎の2番目の愛人との間の子ども。父の命によってパイセンを殺そうとするが、逆にナイフで腹をめった刺しにされてしまい命を落とす。

その他

松崎健象(まつざき けんぞう)

演:鈴木貴之
矢波高校の生徒で、市橋とつるんでいた。色黒なマッチョ。マルを痛めつけた一人。爆破によって死亡する。

凡下高校の教師

凡下高校の男性教師。卒業後も働かず学校に訪れるパイセンのことをよく思っていない人物。トビオや伊佐美、マルの3人に付き合わないように諭していた。

真良中幹男(まらなか みきお)

演:山本浩司
パイセンの父親がでっち上げた爆破事件の偽の犯人。妻子持ち。輪島側から妻子の生活を面倒見てもらうのと引き換えに整形手術を受けて、パイセンの身代わりとなった。10年後、死刑執行が確定する。

飯室成男(いいむろ なるお)

演:三浦翔平
矢波高校爆破事件の捜査を担当している刑事。真犯人を名乗る真良中が逮捕される中、飯室はトビオら4人が爆破事件の犯人だと見抜いてた。独自の捜査によって、パイセンの父親がでっち上げたものであることも突き止める。一方で、捜査を続けることで命の危険もあると感じていた飯室は、4人の前に姿を現し「一生苦しめ」と伝えて捜査から身を引く。

水前寺(すいぜんじ)

演:加藤諒
矢波高校の不良たちに目を付けられた高校生。マルと格闘させられたうえ、負けた罰として手の甲に「うんこ」のデザインを彫られる。周囲からは「うんこ」と呼ばれるように。10年後には、無差別殺人を計画する高校生ワタルが通う塾の講師をしている。

辰田聖基(たつた せいき)

トビオたちが自首を公開する際、代々木公園の野外ステージでイベントを主催していた男性。イベントの途中でトビオらにマイクを奪われた上、伊佐美に客席に落とされてしまう。

ヤング

furin_bell
furin_bell
@furin_bell

目次 - Contents