僕たちがやりました(僕やり)のネタバレ解説・考察まとめ

『僕たちがやりました(僕やり)』とは、原作が金城宗幸、漫画が荒木光による日本の漫画。通称「僕やり」。講談社の『週刊ヤングマガジン』で、2015年19号から2017年8号まで連載された。主人公は凡下高校に通う2年生、増淵トビオ。同級生らと楽しい日々を送る中、いたずらのつもりで計画した「爆破」が死者10人を出す大惨事を招く。罪悪感を抱えながら、窮地に追いつめられた若者たちの成長と共に人間の本性や心理を描く。『僕たちがやりました』は、2017年7月からフジテレビ系列の関西テレビでドラマ化された。

演:八木莉可子
トビオの妹。

夏っちゃん

矢波高校爆破事件から10年後にトビオと交際している女性。トビオと同棲生活を送り、結婚を間近に控える。トビオとの子どもを出産する。

伊佐美の関係者

新里今宵(にいさと こよい)

演:川栄李奈
伊佐美の彼女。爆破事件のあと伊佐美と連絡が取れなくなっている間に、トビオとも肉体関係を持つ。常に避妊具を付けない伊佐美との子どもを妊娠していることが発覚。最終的には伊佐美と結婚し、一男一女の母親となる。

明日男(とぅもろお)

今宵の息子。名前は伊佐美が名付けた。今宵を英語にする「トゥナイト」となることなどに由来し、「明日男」で「トゥモロオ」とした。

翌朝(ねも)

伊佐美と今宵の間に産まれた長女。名前は「ネクストモーニング」に由来する。

今宵の父

今宵の父親。マグロ漁船で働き、家を空けていることが多い。初めは今宵の妊娠を認めなかったが、後に伊佐美との結婚を容認。孫をかわいがる祖父となる。

パイセンの関係者

輪島宗十郎(わじま そうじゅうろう)

演:古田新太
風俗界の実力者で、警察ともつながっている。13番目の愛人との間にパイセンをもうけるが、不細工だったことから疎遠に。その愛人がパイセンを愛でていたことから、生活の面倒は見ていた。トビオやパイセンの自首計画に怒り、パイセンを殺せと命じるも、玲夢を殺さてしまう。事件をもみ消すために資産の7割を失うことになる。

輪島宗十郎の顧問弁護士

輪島宗十郎の顧問弁護士で、パイセンの生活費など金の管理をしている。爆破事件で捕まったパイセンを釈放させるために、偽の犯人を出頭させるなど事件をでっち上げた。輪島本人には爆破事件にパイセンが関わっていることなどは伝えず、一人で処理していた。

furin_bell
furin_bell
@furin_bell

目次 - Contents