勝生勇利(ユーリ!!! on ICE)の徹底解説まとめ

勝生勇利とは、2016年に放送されたテレビアニメ「ユーリ!!! on ICE」に登場するキャラクター。日本のシングル・フィギュアスケートの選手。シニア5年目で出場した初のグランプリファイナルで惨敗、最下位になってしまう。ロシアのスケーターヴィクトル・ニキフォロフの大ファン。

勝生勇利の概要

出典: nijimen.net

勝生勇利

シニア5年目の日本のフィギュアスケート選手。ロシアのヴィクトル・ニキフォロフに憧れてスケートの道へ入った。プレッシャーに弱く、初出場のグランプリファイナルでは最下位になってしまう。傷心のまま帰国し、実家の「ゆーとぴあ かつき」で進退を考えていたところ、ロシアからヴィクトルがやって来る。コーチになると突然告げるヴィクトルに戸惑う勇利の元へ、さらにロシアからユーリ・プリセツキーがやってくる。ヴィクトルを追いかけてきたユーリは、「自分のほうが先にヴィクトルから振付けをもらう約束をしていた」と、ヴィクトルに帰国をせまる。勇利とユーリは、ヴィクトルにコーチをしてもらうために「温泉 ON ICE」を行う。

「温泉 ON ICE」は、勝ったほうの言うことをヴィクトルがなんでも聞くという条件で開催された。勇利はテーマ曲「愛について」の、「アガペー エロス」アレンジバージョンを宛がわれ、勝利する。
ヴィクトルにコーチをしてもらい、勇利はグランプリシリーズに参加する。国内予選ではプレッシャーをはねのけ1位となり、次に参加した中国大会では、4回転フリップを跳ぶなど善戦し、2位となる。続くロシア大会で総合4位となり、ぎりぎりでグランプリファイナルに参加した。グランプリファイナルでは、演技構成をより攻めた内容に変え、歴代最高得点を更新するなど高得点を出したが、結果は2位となった。

勝生勇利のプロフィール

氏名:勝生勇利(かつきゆうり)
身長:173cm
体重:不明
誕生日:11月29日
年齢:23歳
血液型:A型
声:豊永利行
日本のフィギュアスケート選手で、九州長谷津出身。子どもの頃は地元のスケートリンクで練習し、奥川ミナコのバレエ教室に通っていた。シニア5年目の現在は、デトロイトのスケートクラブで、チェレスティーノ・チャルディーニコーチに師事している。幼いころに雑誌で見たヴィクトル・ニキフォロフの大ファンで、彼のようになりたくてスケートを続けてきた。
勇利のスケートには独特のリズムがあり、ステップは誰からも賞賛される。反面、プレッシャーに弱く、本番ではいまひとつ成績がふるわない。グランプリファイナルへ初出場した際にも、愛犬のプードルの死を引きずって最下位になってしまった。

勝生勇利の好物

出典: pbs.twimg.com

カツ丼の大盛りが大好物。太りやすい体質のため、ヴィクトルがコーチになってからは食べることを禁止されている。また、気を抜くとすぐに太ってしまうため、ヴィクトルからは「子豚ちゃん」、ユーリ・プリセツキーからは「カツ丼」と揶揄される。

勝生勇利の愛犬

ヴィクトルがプードルを飼っていると知り、勇利は幼少のころにプードルを飼い始めた。名前はヴィクトル、「ヴィっちゃん」と呼んでいる。グランプリファイナルに初出場する直前に亡くなり、勇利は精神面に多大な影響を受けて惨敗した。

演技での使用楽曲

ショートプログラム「"愛について~Eros~"」
フリープログラム「Yuri on Ice」
エキシビション「離れずにそばにいて」

勝生勇利の来歴

初登場

出典: mv.tv-asahi.co.jp

勝生勇利

アニメ「第1滑走 なんのピロシキ!!涙のグランプリファイナル」

初出場したグランプリファイナルで最下位となった勇利は、実家九州の長谷津へ帰郷する。自らの進退について悩みながら、地元のスケートリンク「アイスキャッスルはせつ」で、勇利はヴィクトル・ニキフォロフの演目「離れずにそばにいて」の完コピを滑る。その様子を、「アイスキャッスルはせつ」の管理者の子・西郡家の三姉妹が動画で撮影していた。動画はネットに拡散され、それを見たヴィクトル・ニキフォロフが、ロシアから突然やってくる。

「温泉 ON ICE」

勇利は、ロシアからやってきたユーリと、ヴィクトルのコーチ権をかけてスケート勝負をすることになる。勝ったほうの言うことをヴィクトルがなんでも聞くという条件で、「温泉 ON ICE」が開催された。

アガペー「エロス」

ヴィクトルが用意した曲「愛について」のアレンジのひとつ。勝生勇利が使用した。ヴィクトルはこのアレンジについて「性愛がテーマ」、「性的な愛、快楽につぐ快楽、ひたすら溺れる」と説明している。

アガペー「無償の愛」

ヴィクトルが来シーズン・ショートプログラム用に準備していた曲「愛について」のアレンジのひとつ。ユーリがこの曲で踊ることになる。勝生勇利によると、この曲は「すごく透明感があって、純粋無垢で、まだ愛を知らないような」イメージ。ヴィクトルはこの曲について「神からの無償の愛、それは自己犠牲的で非打算的」と説明している。振りつけも難しいが、ユーリは一度見ただけで動きを理解した。

「温泉 ON ICE」へ向けて

勝生勇利とユーリは、互いに自身の不得意とするイメージの曲を宛がわれ、雰囲気をつかむのに苦労する。テーマ曲エロスの雰囲気をつかめない勇利は、ヴィクトルに「自分にとってのエロスとは何か、わかるまで基礎練してて」と告げられる。勇利はエロスが「正常な判断ができなくなるようなこと」だと考え、それは大好物の「カツ丼」であると答えを出す。ヴィクトルはそのイメージでいいと了承し、勇利はカツ丼をイメージし練習する。
勇利はユーリと練習するうちに少しずつ打ち解けていく。夜、一緒にラーメンを食べに行ったり、ヴィクトルのいない時をみはからって、4回転サルコウを教えてもらったりもしていた。

georgia0831
georgia0831
@georgia0831

目次 - Contents