ユーリ・プリセツキー(ユーリ!!! on ICE)の徹底解説まとめ

ユーリ・プリセツキーとは、2016年に放送されたテレビアニメ『ユーリ!!! on ICE』に登場するキャラクター。容貌麗しく儚げに見えるため、「ロシアの妖精」と称えられ、ファンクラブ(ユーリ・エンジェルス)まである人気スケーター。見た目に反し性格は非常にきつく、ヤンキーのように態度がでかい。ヴィクトル・ニキフォロフと同門で、ヴィクトルに目をかけられている勝生勇利(かつき ゆうり)をライバル視する。シニアデビューでのグランプリシリーズ優勝を狙っている。

ユーリ・プリセツキーの概要

出典: yurionice.com

ユーリ・プリセツキー

ユーリ・プリセツキーとは、シニアデビューしたばかりのロシア期待のスケーター。世界最高峰スケーターのヴィクトル・ニキフォロフとは同門で、ヤコフ・フェルツマンコーチの元でともに練習している。ジュニア時代、ヴィクトルから振りつけをもらう約束をしていたが、突如としてヴィクトルが日本の勝生勇利のコーチになると発表したため、ユーリも勇利の出身地である日本の長谷津へ向かう。

長谷津へ着いたユーリに、ヴィクトルは「アレンジ違いの曲をふたり(ユーリと勝生勇利)に教えるから、1週間後に勝負をしよう」と提案する。勝ったほうの言うことをヴィクトルがなんでも聞くという条件で、「温泉 ON ICE」が開催された。ユーリはテーマ曲「愛について」の、「アガペー 無償の愛」アレンジバージョンを宛がわれ、勝生勇利との真剣勝負に挑み敗北する。

ロシアへ帰国したユーリは、グランプリシリーズへ向け、新コーチであるリリア・バラノフスカヤの元で猛特訓をする。グランプリシリーズ初戦のカナダ大会では2位、その後のロシア大会でも2位で、グランプリファイナルへ進出する。グランプリファイナルでは、ショートプログラムで世界歴代最高得点(ヴィクトルの最高得点)を更新するなどの快挙を遂げ、1位となる。シニア1年目でのグランプリシリーズ金メダリストは史上初のことだった。

ユーリ・プリセツキーのプロフィール

出典: livedoor.blogimg.jp

ユーリ・プリセツキー

氏名:Yuri PLISETSKY(Юрий Плисецкий)
身長:163cm
体重:不明
誕生日:3月1日
年齢:15歳
血液型:B型
CV:内山昴輝

ロシア期待のスケーター。ジュニアグランプリファイナルの金メダリストでもある。金髪、緑碧の美貌と、すらりとしたルックスからファンが多く、ファンクラブ(ユーリ・エンジェルス)に世界中の大会で追いかけられている。性格はヤンキーのようにきつく、誰に対しても上から目線。勝生勇利に回し蹴りをくらわせたり、無断でロシアから日本の長谷津へ向かったりするなど、アウトローな行動も目立つ。
勝利への執着心が強く、シニアにデビューしたばかりなのに世界トップの座を狙っている。同じ名前の勝生勇利にはひときわ敵対心を抱き、初対面で「引退しろ」とまで言った。祖父コーリャとの仲は非常によく、「温泉 ON ICE」での勝負時、アガペーの対象を祖父にするなど、根は意外と素直。

ユリオというあだ名がついた経緯

「温泉 ON ICE」までの1週間、勝生勇利の実家である温泉施設「ゆーとぴあ かつき」に泊まることになったユーリ。人生で初めて食べるかつ丼に「うめぇ!」と舌包みを打っていると、勝生勇利の姉・真利が現れる。真利は自身の推しであるタカオに似ているとユーリを気に入るが、母・寛子から「この子もユーリって名前なのよ」と教えられて、紛らわしいから「あんたはユリオ」とあだ名をつける。本人は不満そうだったが、これ以降、ユリオというあだ名が定着する。

ユーリ・エンジェルス

ユーリのファンクラブで、猫耳がトレードマーク。試合前後のユーリを常に追いかけている。ユーリが日本の長谷津へ行った際、SNSの写真を見てスケートリンクへ押しかけた。

演技での使用楽曲

ショートプログラム「"愛について~Agape~"」
フリープログラム「ピアノ協奏曲 ロ短調 アレグロ・アパッショナート」
ジュニア時代のプログラム「ショパン 舟歌」

ユーリ・プリセツキーの来歴

出典: pbs.twimg.com

ユーリ・プリセツキー

初登場

出典: thetv.jp

初登場時

アニメ第一話 「第1滑走 なんのピロシキ!!涙のグランプリファイナル」

グランプリファイナル会場のトイレで、主人公・勝生勇利(かつきゆうり)は自身がグランプリファイナル最下位であったため、号泣していた。そのとき、勇利の前にユーリが突如として現れた。トイレの個室扉を回し蹴りし、怯える勇利に「来年から俺がシニアに上がるから、ユーリはふたりもいらない。才能ないやつはさっさと引退しろ」とせまる。去り際に「バーカッ!」と叫び、舌打ちを残していくなどの行動を見て、勝生勇利は「ロシアンヤンキー」と心の中で評した。

ヴィクトルを追って来日

出典: orch.c.blog.ss-blog.jp

虎トレーナーを発見したときのユーリ

アニメ第二話 「第2滑走 2人のユーリ!? ゆーとぴあの乱」

ネットニュースを見て、ヴィクトル・ニキフォロフが勝生勇利のコーチをすると宣言したことを知り、ユーリは「自分との約束を忘れたのか!」と怒る。その後、ヴィクトルがSNSに「長谷津城」をバックにした自撮り写真をアップしたため、居場所を知ったユーリは、コーチのヤコフに無断で日本の長谷津へ向かう。長谷津へ着くなり、駅前の妙なオブジェを鼻歌まじりに撮影するなど、旅先では年相応に浮かれていた。また、商店街で「虎トレーナー 1,300円」を発見し、「くそやばい、おしゃれじゃん!」と即購入。虎トレーナーの自撮りをSNSにアップしたため、コーチのヤコフに日本にいることがバレた。

ヴィクトルとの約束

出典: yurionice.com

ヴィクトル・ニキフォロフ

ジュニア時代、大会で3回転サルコウの代わりに4回転サルコウを飛んだユーリ。コーチのヤコフからは「4回転は体の成長のために禁止だ」と口酸っぱく怒られたが、横で見ていた同門のヴィクトルからは「俺も昔、同じことをして怒られたよ。君は4回転なしでも勝てる」と言われる。4回転なしで世界ジュニアで優勝できるとヴィクトルに太鼓判を押され、ユーリは「世界ジュニアで優勝したら、ヴィクトルが振りつけしたプログラム、俺にちょうだい!」とねだる。ヴィクトルはあっさり了承するが、すっかりその約束を忘れていた。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents