アカメが斬る!(Akame ga Kill!)のネタバレ解説まとめ

『アカメが斬る!』とは、タカヒロ原作・田代哲也作画による漫画、およびそれを原作としたアニメ作品。『月間ガンガンJOKER』で2010年から2017年まで連載。2014年にはアニメが放送された。圧政下にある帝国を舞台に、剣士の少年・タツミが妖刀を持つ少女・アカメやアカメが所属する殺し屋集団「ナイトレイド」の仲間たちと、腐敗した帝国に反逆するダークファンタジー作品である。登場人物たちの凄惨な背景や、腐敗政治を断つために武器を握る彼らのストーリーは日本のみならず海外からも厚い支持を受けている。

『アカメが斬る!』の概要

『アカメが斬る!』とは、2010年4月号から2017年1月号まで、タカヒロ原作・田代哲也作画により『月間ガンガンJOKER』(スクウェア・エニックス)で連載された漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。また、2013年から2019年まで、その前日談として描かれた『アカメが斬る!零』がタカヒロ原作・戸流ケイ作画により『月間ビッグガンガン』で連載されていた。単行本のシリーズ累計発行部数は350万部を突破する人気作品となっている。2014年7月より2クールに渡ってテレビアニメも放送され、大きな反響を呼んだ。ただし、このテレビアニメ版は原作が終わる前の作品のため、19話以降はアニメオリジナルストーリーとなっている。そのほか、原作とアニメ版ではタツミとマインの死やアカメの帝具「村雨」の仕様など多少ストーリー展開に違いがある。
ある帝国の圧政により、国民の多くは恐れ苦しんでいた。主人公の少年・タツミもそのような圧政の中で苦しむ貧困の村の出身であった。帝都に憧れを持ち、帝国で出世して故郷を貧困から救うため、幼馴染の少女・サヨと少年・イエヤスと共に帝都へ旅に出る。しかし、夢にみた帝都で、タツミは道中はぐれてしまったサヨとイエヤスの死を目の当たりにする。帝都はタツミの想像を絶するほどに、富裕層や権力を持った者たちが、移民や平民を虐げ快楽を得る、腐敗した世界だったのだ。そんな中、タツミは黒髪に赤い瞳の少女・アカメと、その仲間である殺し屋集団「ナイトレイド」と出会うのだった。
弱者が虐げられ命を落とす描写や、凄惨な暴力描写も多く、仲間の死など物語においても残酷なシーンも多いのだが、命や抗う者の強さなどメッセージ性も多く描かれている。「天が裁けぬその悪を、闇の中で始末する」という前口上が冒頭に入っており、必殺仕事人シリーズを連想させる。仲間を失い、その仲間の死という重みを背負いながら、強くなっていく主人公とその仲間たち、そして圧倒的な力の前にもひるまず諦めない精神、そういったものが命の重さと共に描かれており、心を動かされる作品となっている。シリアスなストーリー展開の中にも、コメディ要素を散りばめ、鬱々とした雰囲気や重苦しく感じすぎない作風も魅力である。

『アカメが斬る!』のあらすじ・ストーリー

「ナイトレイド」入団まで

主人公・タツミ(真ん中)と幼馴染のイエヤス(左)・サヨ(右)

主人公の少年・タツミは圧政に苦しむ小さな村で育ち、幼馴染の少女・サヨと少年・イエヤスと共に、帝国で出世して故郷を貧困から救うべく、3人で帝都へと旅に出る。しかし道中、夜盗との戦いでサヨ・イエヤスの2人とはぐれてしまう。タツミは一人で帝都へと向かい、無事たどり着くが、軍隊での出世には長い年月がかかると知り、意気消沈していた。そんなとき、レオーネという女が現れ、軍隊の知り合いに話をして上官から軍隊に入れるようにしてあげるとタツミに話を持ち掛ける。タツミは大喜びで、レオーネの言う通り持っているすべてのお金をレオーネに手渡してしまう。しかし、このレオーネの話はただのデタラメで、タツミは路銀を騙し取られただけだったのだ。宿代もなく途方に暮れていたタツミのもとに、貴族の少女・アリアとその護衛が通りがかる。アリアは路上で座り込むタツミを、護衛に言って車に乗せ自宅へ連れて帰るのだった。アリアの護衛として働くことになったタツミは、同じ護衛の男から帝国の内情について知らされる。現在の帝都の実権を握っているのは、幼い皇帝を裏で操る大臣であること。タツミの故郷の貧困もその重税によること。そして、帝都の貴族や軍関係者などを狙う殺し屋集団「ナイトレイド」という存在を知らされる。

タツミの前に現れるアカメ

アリア(右)をかばうタツミ(左)

ある夜、タツミは不穏な空気を感じ起きると、アリアの邸宅に殺し屋集団「ナイトレイド」が現れる。次々と護衛が倒されていくなか、タツミはアリアを守ろうと部屋を飛び出す。そんな中タツミとアリアの前に現れたのは、黒髪に赤い瞳をした少女・アカメだった。アカメは護衛を一振りの刀で倒し、アリアへと刀を向ける。タツミはとっさにアリアをかばい、アカメを迎えうつ。そこに帝都でタツミから財産を奪い取ったレオーネが現れる。そして、アカメとレオーネはアリアをかばうタツミに、残酷な真実を告げるのだった。

アリアによっていじめ殺されたサヨ

アリアとその家族は、帝都に憧れやってくる田舎者などを騙し、拷問や投薬をして楽しむという一家だったのだ。その被害者の中には、他でもないタツミの幼馴染であるイエヤスとサヨの姿もあった。サヨはすでにアリアによって拷問の末殺され、イエヤスも投薬によって瀕死の状態だった。二人の無残な姿を目にしたタツミは、アリアを自らの剣で葬るのであった。イエヤスはタツミと最後の会話を交わすと静かに息を引き取った。

アリアに自らの手で剣を振り下ろすタツミ

幼馴染の敵を自らの手でとったタツミの決断力を見込み、レオーネはタツミを「ナイトレイド」へ勧誘する。
「天が裁けぬその悪を、闇の中で始末する」暗殺集団「ナイトレイド」への就職が決まったタツミであった。

タツミを迎える「ナイトレイド」のメンバーたち

「ナイトレイド」とアカメ

「ナイトレイド」を指揮するボス・ナジェンダ

「ナイトレイド」のアジトに連れてこられたタツミは、組織を指揮するボス・ナジェンダと会う。そこでタツミは「ナイトレイド」が腐りきった帝国への反乱を企てる革命軍の汚れ役であることを聞かされる。革命軍の非正規部隊である「ナイトレイド」は権力を腕に着せ民を虐げる軍の関係者など、帝国の法が裁こうとしない悪を斬る組織であることも聞かされる。悪を倒す正義だと興奮するタツミに、レオーネは冷たく言い放つ。「どんなお題目をつけようが、やっていることは殺しなんだ」と。タツミはナジェンダから「ナイトレイド」では報酬も出ることになっており、故郷への仕送りもできるだろうと聞かされ、入団を決意する。

帝国に売られるアカメとその妹のクロメ

タツミはナジェンダから、アカメの下につくように言われ、炊事や食料調達など雑務をアカメと共にこなす。いつも無表情ながら淡々と業務をこなすアカメ。そんなアカメの過去を、タツミはレオーネから聞かされる。「アカメは幼いころ、姉妹そろって帝国に買われたんだよ」と。アカメはまだ幼いころに、帝国の暗殺部隊に買われ、姉妹共に暗殺のエリートとして育てられたのだった。その戦いの中で、アカメは帝国の闇を徐々に知っていくこととなり、やがて標的であったナジェンダと出会い説得され、帝国から寝返ったのだった。

帝都警備隊のオーガを斬るタツミ

「ナイトレイド」に1件の依頼が舞い込む。今回の標的は油屋のガマルと帝都警備隊のオーガ。ガマルが犯した悪事を、オーガがもみ消すために代わりに犯罪者をでっちあげているとのことだった。帝都警備隊であるオーガを暗殺するには帝都への侵入が不可欠であり、顔がばれていないタツミが担当することになる。「任せろ!」と意気込むタツミだが、アカメは「報告が終わってやっと任務の完了だ」と冷たくあしらう。オーガの権力で民を虐げる横暴さを目の前にして、タツミはその剣を振るう。無事任務を終え帰還したタツミを迎える「ナイトレイド」の仲間たち。その中で誰よりもタツミの身を案じていたのは、アカメだった。終始冷たく見えていたアカメの言動はすべて、タツミの身を案じてのことだったと知るタツミ。そんなタツミにナジェンダは次はマインの下につくように言うのだった。

タツミの任務終了を喜ぶアカメ(真ん中)・ナジェンダ(左)・レオーネ(右)

マインと帝具「パンプキン」

次にタツミの教育係を任命されたマイン

risanico
risanico
@risanico

Related Articles関連記事

刀語(Katanagatari)のネタバレ解説まとめ

『刀語』とは、西尾維新のライトノベル作品である。全12話で、作者初の時代小説となる。2010年1月から12月にかけてテレビでアニメ化されている。「刀を使わない剣士」の鑢七花は、「奇策士」を名乗る女・とがめに誘われ、「完成形変体刀」とよばれる刀を集める旅に出ることとなる。人を知らぬ男と心を無くした女の物語が始まる。

Read Article

シュタインズ・ゲート ゼロ(STEINS;GATE 0)のネタバレ解説まとめ

『シュタインズ・ゲート ゼロ』とは、2018年4月から9月にかけて全23話+SP特番1話が放送されたテレビアニメ作品。原作は5pb.の同名ゲームソフトであり、2011年4月から9月にかけて放送された第1作目『シュタインズ・ゲート』の続編である。第1作目の物語における分岐点となった第23話から続く「β世界線」において、主人公である岡部倫太郎が辿る運命を描く。

Read Article

ご注文はうさぎですか?(ごちうさ)のネタバレ解説まとめ

日本の漫画家Kioによって書かれた四コマ漫画「ご注文はうさぎですか?」を原作としたアニメ作品で、アニメ株式会社WHITE FOXによって制作された。この作品は主人公保登心愛などラビットハウスで働く少女たちとその周りの登場人物の日常を描いた作品である。1期が2014年の4月から6月まで、2期が2015年の10月から12月まで放送された。

Read Article

ヨルムンガンド(Jormungand)のネタバレ解説まとめ

ヨルムンガンド(Jormungand)とは、日本の漫画家・高橋慶太郎の作品。2006年5月に『月刊サンデージェネックス』(小学館)で連載が開始され、2012年2月に最終話を迎える。戦争で両親を殺されたヨナは、武器を売る武器商人を憎んでいた。しかしヨナは、ある事情から武器商人ココ・ヘクマティアルの部下として働くことになる。ココと彼女の仲間たちと共に世界を旅する物語が幕を開ける。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第8話『囁きと祈りと詠唱』)のあらすじと感想・考察まとめ

瀕死の重傷を負ったゴブリンスレイヤーだったが、治療の甲斐あって一命を取り留めることが出来た。回復したばかりの女神官とゴブリンスレイヤーは、街に出て破損した武器を修理に出した後、穏やかな1日を過していた。その後、水路の探索を続けていた仲間たちから行く先を邪魔する怪物の存在を聞き、ゴブリンスレイヤーはある作戦に出る。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第8話『囁きと祈りと詠唱』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第1話『ある冒険者たちの結末』)のあらすじと感想・考察まとめ

冒険者を志す女神官の少女は、初めての任務であるゴブリン退治で危機的状況に追い込まれる。仲間が次々と倒される中で出会ったのは、ゴブリン退治の任務のみを引き受ける変わり者の冒険者・ゴブリンスレイヤーだった。彼に助けられた女神官は、ゴブリンスレイヤーと共にゴブリン退治を行うことにする。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第1話『ある冒険者たちの結末』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第12話『ある冒険者の結末』)のあらすじと感想・考察まとめ

ゴブリンロードはゴブリンスレイヤーと対峙し、ゴブリンスレイヤーを追いつめたかに思えた。しかしゴブリンロードへ女神官がプロテクションを使い、ゴブリンスレイヤーに止めを刺される。冒険者ギルドに帰還した冒険者たちは祝杯を挙げ、ゴブリンスレイヤーは約束していた対価を払った。女神官は対価としてゴブリンスレイヤーに兜を外してほしいとお願いし、ゴブリンスレイヤーは遂に素顔を露わにする。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第12話『ある冒険者の結末』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第5話『冒険と日常と』)のあらすじと感想・考察まとめ

無事にゴブリン退治を終え、辺境の街に戻ったゴブリンスレイヤーたち。ゴブリンスレイヤーは傷を癒し、女神官は冒険者の等級を決める昇級試験に合格した。冒険者ギルドで束の間の平和な日常を送っていると、ゴブリンスレイヤーを名指しした依頼の手紙がギルドに届く。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第5話『冒険と日常と』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第9話『往きて、還りし』)のあらすじと感想・考察まとめ

地下の遺跡の奥にあったのは、失われた古代の技術である「転移の鏡」だった。ゴブリンはこの鏡を使って水の街の水路に現れていたのだ。鏡を守ろうとするゴブリンとの戦いに勝利したゴブリンスレイヤーたちは、水の街に隠された真相に気がつく。それは、剣の乙女の過去と恐怖についての秘密が関わっていた。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第9話『往きて、還りし』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第2話『小鬼を殺すもの』)のあらすじと感想・考察まとめ

女神官がゴブリンスレイヤーと共にゴブリンを退治し始めて、1カ月が経過した。ゴブリンスレイヤーは相変わらず淡々とゴブリンを殺し、女神官は彼のやり方に疑問を感じていた。しかし、ゴブリンスレイヤーの過去とゴブリンへ抱く憎しみを知り、彼の信念と悩みを理解していく。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第2話『小鬼を殺すもの』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第6話『水の街の小鬼殺し』)のあらすじと感想・考察まとめ

水の街からのゴブリン退治の依頼を受け、ゴブリンスレイヤーと女神官、妖精弓手、鉱人道士、蜥蜴僧侶は水の街へ向かう。ゴブリンスレイヤーは仲間から火や水、毒を使った攻撃を禁止されたが、地下水路で出会ったゴブリンたちを見事退治していく。しかし、ゴブリンたちの組織だった攻撃には不審な点がたくさんあった。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第6話『水の街の小鬼殺し』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第10話『まどろみの中で』)のあらすじと感想・考察まとめ

勇者が魔神王を打ち倒し、世界には束の間の平和が訪れた。辺境の街では、ゴブリンスレイヤーと女神官、妖精弓手、鉱人道士、蜥蜴僧侶が依頼がない穏やかな日々を過ごしていた。しかし、ゴブリンスレイヤーと牛飼娘は平穏な日々が長く続かないことを不安に感じていた。そんな中、ゴブリンの魔の手が牛飼娘の住む牧場へ伸びていた。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第10話『まどろみの中で』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第3話『思いがけない来客』)のあらすじと感想・考察まとめ

ゴブリンスレイヤーと女神官が冒険者ギルドに戻ると、エルフの土地での活動が活発になっているゴブリン退治の依頼が来ていた。依頼に来た3人の冒険者であるエルフの妖精弓手、ドワーフの鉱人道士、リザードマンの蜥蜴僧侶と共に、一行はゴブリン退治へ向かう。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第3話『思いがけない来客』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第7話『死へ進め』)のあらすじと感想・考察まとめ

無事にゴブリン退治を終えて水路から戻ったゴブリンスレイヤーたちは、水の街の奇妙な状況に気づく。また、剣の乙女と話した女神官は、剣の乙女が何か隠していることがあるのではないかと考えた。そんな中、探索のために再び水路に潜ったゴブリンスレイヤーたちは、ゴブリンの罠にはまって危機的状況に陥ってしまう。何とかゴブリンの襲撃を切り抜けたが、ゴブリンスレイヤーが負傷で意識を失くしてしまった。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第7話『死へ進め』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『ゴブリンスレイヤー』とは、ライトノベル『ゴブリンスレイヤー』を原作としたメディアミックス作品である。 冒険者になったばかりの女神官が初めての冒険で危機に陥った時に出会ったのは、ゴブリン退治のみを専門に行う変わり者の冒険者・ゴブリンスレイヤーだった。ゴブリンスレイヤーと女神官、その後出会った妖精弓手、蜥蜴僧侶、槍使いと共に、ゴブリン退治が絡む冒険に挑んでいく。 ゴブリンに強い恨みを持つゴブリンスレイヤーと彼の仲間である冒険者たちの物語を、厳しい冒険者の現実と共に描き出したダークファンタジー。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第11話『冒険者の饗宴』)のあらすじと感想・考察まとめ

牛飼娘が住む牧場にゴブリンが襲撃しようとしていることに気づいたゴブリンスレイヤーは、牛飼娘に逃げるようにと告げる。しかし、牛飼娘はゴブリンスレイヤーの帰る場所が無くなるから逃げないと反論した。ゴブリンスレイヤーはあらゆる手を打つことを決めて冒険者ギルドに赴き、他の冒険者たちにゴブリン退治を依頼する。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第11話『冒険者の饗宴』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ゴブリンスレイヤー(第4話『強き者ども』)のあらすじと感想・考察まとめ

遺跡に住み着いたゴブリンの巣穴に潜り込んだゴブリンスレイヤーたちは、仲間としての結束を固くしていた。しかし彼らは、ゴブリンたちを使役していた上位種のオーガに遭遇してしまう。巨大な力を持つオーガの前でなす術もない仲間たちを庇うようにして、ゴブリンスレイヤーがオーガの前へ進み出た。そこで彼は、あるアイテムを発動させる。 今回は「ゴブリンスレイヤー」第4話『強き者ども』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents