青のフラッグ(Blue Flag)のネタバレ解説まとめ

『青のフラッグ』とは集英社のWebサイト『少年ジャンプ+』に掲載されたKAITOによる漫画。人生の岐路とも言える高校3年生の4月、地味な主人公・一ノ瀬太一は苦手意識を持っていた空勢二葉、幼馴染で人気者の三田桃真と同じクラスに。桃間に思いを寄せる二葉が、太一に協力してほしいと頼んだことから始まる青春真っただ中、新感覚の”純”愛物語。誰かを好きになるとはどういうことなのか、男女の友情は成り立つのかといったテーマに深く切り込んでいる。

『青のフラッグ』の概要

『青のフラッグ』とは2017年2月1日から『少年ジャンプ+』(集英社)で連載が開始されたKAITOによる漫画。2020年4月8日に最終話が配信された。全54話で完結。コミックは全8巻。2017年の第3回次にくるマンガ大賞におけるWebマンガ部門3位を受賞。

高校ラクロス部の物語「クロス・マネジ」、甲子園を目指す高校球児たちの「バディストライク」などで青春ものを描いてきたKAITOによる、ジャンプ作品としてはいまだかつてない純愛物語。主人公・一ノ瀬太一とその仲間たちが、恋や友情、進路に悩み迷いながらも成長していく。

地味で目立たない主人公・太一が、幼馴染で明るく学校一の人気者・桃間(トーマと)同じクラスになったところから物語が始まる。子供の頃は手を繋いで遊びに出かける程仲の良かった二人。しかし、自分との性格の違いに溝を感じて、太一はトーマとの距離を取るようになっていた。にもかかわらず、以前と変わらず接してくるトーマに太一は戸惑っていた。ある日太一は、トーマに思いを寄せる二葉から恋の相談を受けることになり、これをきっかけに太一とトーマの距離感も変わっていく。高校生活最後の1年の男女間の恋愛と友情、同性への感情、将来への迷いを本音でぶつけあう若者たちの青春を描いている。

読者から高い評価を受けているのは、表情や視線などで言葉にできないような感情を表現している点である。これは作家本人も、天望良一によるインタビュー作品「ヒット作のツメアカください!」の第13回で、「説明セリフを少なくして読者の人に察してもらうような表現を使っています キャラの表情だけで感情を読み取ってもらえるように」と答えている。また、作品の中で語られた言葉が本心を表す伏線が張られているという巧さも評価されている。本作は性別を問わない恋愛や友情について様々な価値観を表現している点でもネット上で様々な議論が交わされた。

『青のフラッグ』のあらすじ・ストーリー

高校3年生の始まり

中学3年生以来、太一はトーマと同じクラスになった。

高校3年生となった一ノ瀬太一は小学校からの幼馴染・三田桃間(トーマ)と同じクラスになった。目立たず人と接することが苦手な太一に対して、見た目も良くスポーツ万能、何でも平均以上に出来て、スクールカーストのトップにいるトーマ。小学校時代の二人はとても仲が良かったため、トーマは以前と変わらない明るさで太一に接してくるのだが、太一はトーマに劣等感を抱いていた。同じクラスには1、2年も一緒だった空勢二葉もいた。どんくさくていつも俯いている二葉の姿が自分に重なり、太一は二葉のことが苦手だった。

ショートカットにしてきた二葉と驚く太一。

ある日、立ち寄った本屋で太一は高い位置にある本を取ろうとしている二葉を見かけ、迷った末に声をかける。その時太一は、二葉に好きな人がいることを知ってしまい、その相手がトーマだと知る。昔ほど仲良くないから協力は出来ないと言う太一に、二葉はその頃のトーマのエピソードを訊ねるのであった。
翌日、小学校時代の話を聞いた二葉は、持ってきたバトル鉛筆を太一に見せた。そこへトーマが現れため、太一は3人で遊ぶことを提案し、結果的に二葉に協力をすることになってしまう。二葉からトーマの好みの髪型を聞かれた太一は、バッサリとショートにするぐらいでないと変化には気が付かないだろうと一般論を言い放った。
すると次の日、二葉は長かった髪をショートにしてきた。それを見たトーマも似合うと褒めるが、太一は自分が何気なく放った一言で髪を切ってしまった二葉に驚きと責任を感じて声を荒げてしまう。太一は二葉にトーマの好みは二葉とは全然違うタイプだと言う。しかし二葉は、嫌いな自分でいつづけるのはやめると決めたから頑張るんだと太一に告げた。

変わると宣言した二葉に協力をすることにした太一は、偶然を装い二葉とトーマをデートさせることを思いつく。太一はトーマを、二葉は親友の伊達真澄をそれぞれ誘い、映画館で落ち合った。太一は真澄を連れ出して、二葉とトーマを二人きりにするが、協力的だと思っていた真澄は、二葉を振り回すな、傷つけたら許さないと言う。更に真澄は「あんた三田桃真に好きな人がいることも知ってるんじゃないの?それも関係ないっていうわけ?」と追い打ちをかける。一方でトーマは、太一が二葉を好きだと思い込んでおり、二葉に「空勢さん、タイちゃんのこと、好きだったりしねぇ?」と問いかけた。そんな時、トーマと二葉の元へ太一が戻って来たが、険しい表情でそのまま理由も言わずに帰ってしまう。

翌朝、真澄は太一に言い過ぎたと謝罪。太一の席には二葉からの手紙が置いてあった。トーマが二葉との関係を誤解していると知った太一は、二葉とはもう関わらないと返事をした。しかし、泣きながら太一と友だちでいたいと言う二葉に押され、自分の二葉への恋心を押し隠しながら再び側にいることにした。
同じ頃、トーマは真澄を呼び出し屋上にいた。トーマは、真澄が太一に何をしたのか聞きだすつもりが、逆に自分の気持ちを言い当てられてしまう。「あんたの本当に好きな人って…」と言いかけた真澄に「まさか、それ太一に言ったのか!?」と慌てるトーマ。すると「言ってない。でもやっぱりね、あんた私と一緒ね」と返す真澄だった。

駅前で遭遇した太一と真澄。

ある日、太一は真澄の姿を駅で見かける。彼女は付き合っていた彼氏と別れたばかりだった。太一は「好きじゃねーのに付き合ってたの?」と問う。すると真澄は「だから別れたのよ。」と答える。そして、「ねえ、異性に恋するってどんな感じ?恋と友情ってどう違うのかしら」と問う。太一が一緒にいてドキドキするかだと答えると、真澄は「二葉といるとそんな感じなんだ。あんた好きでしょ?二葉」と言う。太一は慌てて、二葉はトーマのことが好きで、自分は二葉のことは好きではないと否定する。すると、「じゃああんたは性対象との友情、男女の友情は成り立つってことか。じゃあ、同性同士の恋愛は?もし私が二葉を好きって言ったらあんたどうする?」と太一に問いかけるが、遠くにいる子供の転ぶ姿が目に入った太一が助けに行ったことで話はそこで途切れてしまう。

最後の夏休み

猫を助ける太一。

夏休みとなり、二葉は野球部の練習中のトーマに差し入れをしたいと言った。それに付き合う太一。しかし、そこには既に同じクラスでトーマを好きなマミがおり、野球部全員に差し入れしており、トーマの分しか用意のない二葉は自分では渡せず太一に託して帰った。

しばらくして高校野球の地方予選の試合が行われた日、太一たちもトーマを応援するためにスタジアムに駆けつけていた。帰宅時、太一は引かれそうな猫を捕まえようと車の前に飛び出してしまう。太一も猫も無事だったが、太一を助けようとしたトーマが骨折して入院。トーマは次の試合に出場できなくなってしまう。トーマの子供の頃のからの夢が野球選手だと思っていた太一は、自分のせいでその夢が叶わなくなったと落ち込んだ。そんな太一に「夢なんてどうでもいいんだよ!お前より大事なものなんてあるか!」とトーマが言う。

野球部の試合を病室で一緒に見る太一に手を繋いで欲しいと頼むトーマ。

野球部の試合を2人で見たいという伝言を聞いた太一はトーマの病室に来ていた。試合は相手校がリード。トーマは最終回の間、手を繋いでいて欲しいと太一に頼む。結局、試合は負けてしまい太一はボロボロと涙をこぼしながらトーマに謝った。
毎日見舞う太一に対し、二葉は全く訪れなくなっていた。二葉も自分の気持ちの変化に気が付いており、ある雨の日に太一と手を繋いだことを真澄に告白していた。そこへ連絡が入り、二葉は太一と見舞いに行くことにする。病室ではトーマと兄の誠也が大声で言い争っていた。誠也に連れ出された太一と二葉は、トーマが大学に行かず就職して家を出ると言っていることが言い争いの原因だと知る。誠也はトーマの本音を聞きだすよう太一に依頼した。

花火大会。

退院祝いをトーマの自宅で行った時、誠也の妻・アキコが妊娠していることを知った太一。思い切って、トーマが好きな人はアキコなのかと聞くとそれは無いと答える。それならば急いで家を出る必要もないと言う太一に、トーマは自由に生きたいと答えた。

ある日、偶然に街で会ったトーマと二葉の目に花火大会のポスターが目に入る。ちょうど太一の誕生日なので真澄も誘い4人で出かけようと話をする。花花火大会当日、太一は二葉とトーマを二人にしようと企み、真澄に2人でジュースを買いに行こうと誘うが断られた。そんな太一の姿を見て、自分が一緒に行くと二葉がついてきてしまう。二人で歩きながら二葉は、これ以上トーマとのことに協力してもらわなくて良いと太一に話す。トーマへの気持ちは憧れで太一への好きとは違ったと告げる二葉。二葉の『トーマくんは、太一くんとは違って、付き合いたいとかそういう好きじゃないんだなっ…て』という言葉で、太一は二葉が自分のことを付き合う対象として好きだと思っていることに気が付く。ずっと気持ちを押し隠していた太一だったが、二葉の気持ちが分かり二人は付き合うことになった。

2学期

2学期が始まり太一と二葉が付き合い始めたことが知れ渡った。そこへマミが太一に急接近してきた。オメガ、モンちゃん、ヨーキーという3人のゲーム仲間とつるんでいる時でさえ、マミが絡んでくるようになったのだ。始終マミが太一と一緒にいることによって、太一と二葉が話す機会は減っていった。
ある日、女子たちが太一にマミについて忠告をしてきたので、話しかけてきたマミにそれとなく諭そうとすると、マミはただ友だちになりたいだけなのに自分が女だから問題なのかと太一に問い詰めた。
泣いているマミを見て、マミに惚れているケンスケが太一に詰め寄る。ケンスケが今でもマミを好きだから放っておけないと言うと、マミは「何で女として見るのよ!何で友達として見てくれないのよ!」と太一の手を取ってその場をその場を離れた。
偶然2人の姿を見てしまった二葉と真澄。2人に説明をすべく、太一・マミ・二葉・真澄の4人で店に入り話をする。マミは2人に、男同士なら手を引っ張るのは普通なのに男女ならダメなのか、男女なら何でも恋愛になるのかと言う。マミの恋愛観を聞いた真澄は納得し、勝手なイメージでマミが二葉との間を邪魔していると決めつけていたことを謝罪した上で、なぜ太一と仲良くしたいのかと聞いた。マミはトーマにふられたので、せめて親友になりたいと思ったことを打ち明けた。そして、太一が現在、トーマの親友のポジションにいるため、少しでも真似をしたいと夏休み明けから急激に太一に近づいたのだと本音を語った。店を出る時に太一は二葉に心配をかけたことを謝り、「お前と一緒にいる時間が一番大事だから」と話す。

文化祭の出来事

文化祭が始まったその日、真澄は街中でアキコに会い、自分が好きになる人は普通ではないと告白していた。関係ない他人にどう思われようと関係ないが大切な人だけは別だと。それを聞いたアキコは、その秘密は罪でも弱点でもなく、自分の選んだ最善に対して相手がどう評価するかは相手の問題だと話す。

一方、太一とトーマは文化祭を一緒に回りながら進路について話していた。太一が器用で何でも出来そうなトーマを羨ましがっていると、自分のことを分かっていないとトーマは怒りだし「オレが今一番願う幸せって何だと思う?」と太一に問いかける。面食らう太一を置いてトーマは立ち去った。
その後、トーマがマミのいるファッション研究会に行くと、トーマにメイクをさせてくれと頼んできた。トーマは根負けし、二人はメイク中に話をしていた。マミはトーマに好きだと言い、もし同性であれば一番の友だちになれたのだろうか、トーマはこのまま自分と友だちでいるのはイヤかと聞いた。マミが必死に話し続けると、トーマは「好きな人がいる」と、自分のことを話す。それを盗み聞きしたケンスケがトーマに掴みかかった。二人のケンカは、体育館で二葉とともにライブを楽しんでいた太一の耳にも届くこととなった。

マミに好きな人がいると告げるトーマ。

文化祭が終わる頃には、ファッション研究会で起きたケンカの原因となった「トーマが好き人は誰か」ということは学校中の噂になっていた。太一は自分で確かめたことだけが真実だと自分に言い聞かせていた。ケンカをしたトーマとケンスケに加え、2人の友人でもありその場に居合わせたシンゴも1週間の謹慎になっていた。そんな折、太一が帰り道で呼び止められて振り向くとそこには謹慎中であるはずのトーマがいた。しばらく黙り込んだ後、トーマは太一「好きだ」と告げる。「ずっと好きだった」そして「ごめんな」と太一に向けて呟いた。太一は驚きの表情を浮かべるだけで、トーマには何も言い返せなかった。帰宅した太一はご飯も喉に通らず、自室に引きこもった。太一はトーマがまるで知らないヤツみたいだったと悶々するのだった。

トーマは太一に思いを告げた。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents