抱かれたい男1位に脅されています。(だかいち)のネタバレ解説まとめ

『抱かれたい男1位に脅されています。』とは、桜日梯子によるボーイズラブ漫画。略称は『だかいち』。「抱かれたい男ランキング」1位の人気新人タレントの東谷准太と2位へ陥落した実力派俳優の西條高人が映画の共演をきっかけに恋人となり、困難を共に乗り越えていく物語。舞台が芸能界となるため2人の恋愛模様だけでなく、俳優としての仕事ぶりや成長していく姿も細かく描かれている。ラブコメ要素が強いが展開によってはシリアスなシーンもあり、どちらの要素も楽しめる作品となっている。累計発行部数350万部を記録する人気作。

『抱かれたい男1位に脅されています。』の概要

『抱かれたい男1位に脅されています。』とは、桜日梯子によるボーイズラブ漫画。本作品は㈱リブレから刊行されているアンソロジーの漫画雑誌『b-BOY』に読み切り作品として2013年に掲載され、2014年より季刊誌『JUNK!BOY』にて連載開始。2015年に『JUNK!BOY』が休刊となったため、その後は同社の月刊誌『MAGAZINE BE×BOY』で連載されている。2015年以降はドラマCD化もされており、オリコン CDアルバムデイリーランキング1位を獲得し話題となる。またテレビアニメ化や、作中で登場する舞台『紅葉鬼』が実際に舞台化されるなど、ボーイズラブ作品の中でも幅広くコンテンツ展開をしている人気作品。2020年6月時点で単行本が6巻刊行されており、累計発行部数はボーイズラブ作品としては異例の350万部を記録している。この作品からボーイズラブ作品を読み始めたというファンも多い。

人気俳優であり「抱かれたい男ランキング」で1位を5年連続で獲得し続けてきた西條高人が、新人タレントである東谷准太の台頭により屈辱の2位となってしまうところから物語は始まる。その出来事をきっかけに准太をライバル視している高人であったが、共演をきっかけに二人の関係は恋人へと発展していく。共演者から好意を寄せられたり、パパラッチから熱愛写真を撮られてしまったり等、芸能人ならではの困難に直面しながらも二人で乗り越えていくストーリーとなっている。

『抱かれたい男1位に脅されています。』のあらすじ・ストーリー

抱かれたい男1位に騙され編

出典: anicap.hatenablog.com

映画『真昼の星』の撮影現場での高人(左)と准太(右)

主人公の西條高人は芸歴20年の実力派俳優で、ファンだけでなく業界関係者からもその才能と魅力的なルックスを認められている。何より高人自身、自分の市場価値の高さを認識しており、「抱かれたい男ランキング」を5年連続で1位を獲得していることも彼にとって一つの誇りとなっていた。記念すべき6年目の首位獲得も当然の事と確信していたのであるが、芸歴3年で人気が急上昇中の東谷准太が台頭してきた為に、その地位を奪われてしまう。「抱かれたい男ランキング」の1位を奪った准太に悔しさを隠せない高人。准太主演の映画『真昼の星』での共演が決まっていた為、嫌々ながらも顔を合わせることになる。映画の初回打合せ後に、天使の笑みを浮かべた准太に共演ができる喜びを伝えられるが、その言葉をおべっかだと思っている高人は軽くあしらおうとする。ただ准太は引かずに、俳優として勉強させて欲しいと言われ食事に誘われる。何故わざわざ敵に塩を送るような真似をしなければいけないんだと思う高人であったが、マネージャーの佐々木に翌日のスケジュール上支障がないことをばらされて食事の誘いを受ける。その後、高人は知らない部屋のベットでふと目を覚ます。准太の部屋で裸で寝ていたのであった。隣にいた准太に状況の説明を乞うと、高人が酔い潰れてしまったため自宅に連れてきたということで、その酔い潰れている高人の様子を動画で見せられる。その動画には悪酔いした高人が准太本人に「抱かれたい男ランキング」1位の座を奪われたことの悔しさをぶちまけ、やっかんでいる様子が映っていた。その動画を見て、最初は恥ずかしさで顔を隠す高人であったが、准太がこの動画を撮影していることに対して違和感を持つ。そして、この動画をネタにして自分を脅すつもりなんだと腹を括った高人は、動画を消すことを条件に准太のどんな要求でも受けると告げる。純粋に高人が好きで動画を取っていた准太はいきなりどんな要求でも受けると言われ戸惑うが、「一度でいいから抱かせてほしい」と高人にとって予想外のお願いをする。准太の勢いに押されそうになるも、高人は拒否をしてその晩は逃げ切る。

出典: www.animatetimes.com

高人にとっての抱かれたい男1位を目指すと宣言する准太

仕事以外では必要以上に関わらないようにしようと誓う高人であったが、いざ現場に来ると准太の未熟な演技を見て、思わずアドバイスをしてしまう。そして、そのアドバイスをきっかけに准太は俳優としての才能を開花させ始める。その様子を見た高人は准太の演技がよくなったことを褒めるが、その言葉で気持ちを抑えきれなくなった准太は撮影後に高人の手を引いて再度自宅へ連れ込む。そこで准太は改めて、高人に対してとても憧れており、また同時に惚れていることを伝え告白をする。戸惑う高人であったが、准太の真摯にお願いをする姿に誠実さを感じそのまま身体の関係を持つことになる。翌朝、准太は高人にとっての抱かれたい男1位を目指すと宣言し、高人は主演男優賞を取れたら勝手にしていいと返答する。その後、『真昼の星』で准太は主演男優賞を獲得し、晴れて恋人同士となる。

当て馬ギギギ編

出典: www.animatetimes.com

舞台『紅葉鬼』のポスター撮影中に綾木(右)へ挑発をする高人(左)

『真昼の星』の撮影が終わった後も准太が高人の仕事終わりを見計らって迎えに来るので、そのまま准太の部屋で過ごす機会が増えていた。そうした生活の中で2人は恋人として身体の関係を頻繁に持つようになるのであるが、准太がキスマークをつけようとすると、撮影で服を脱ぐこともあるため仕事に影響がでては困るといった理由で高人はそれを拒むようになる。准太は拒まれることに落ち込みながらも、仕事へのストイックさに理解を示して我慢をする。その時の仕事面では、高人は舞台『紅葉鬼』への出演、准汰はドラマ『魔女の雫』の仕事が決まっていた。高人が出演する『紅葉鬼』の主演は芸歴3年の綾木千広という若手俳優で、主演でありながら初回の稽古を欠席した綾木に高人は怒りを感じて准太に愚痴っていた。一方で准太は翌日から始まるドラマの地方ロケでしばらく高人と会えなくなることを嘆いており、これから高人がいつでも部屋に来れるよう合鍵を渡す。高人は照れながらも、満更でもない様子でそれを受け取る。翌日、舞台稽古2回目でようやく主演の綾木が姿を現す。綾木は俳優としての素質はあるものの、枕営業で仕事を獲得してきた為に何でも簡単にこなせるという考えが強く、俳優業に対する熱意がない青年であった。舞台稽古も適当にこなせれば良いと考えて参加し始めたのだが、脇役の高人との共演で俳優として実力不足であることを思い知らされる。またポスター撮影では高人から「出し惜しみしなくていいよ。それともこんなものなのかな?」と挑発を受け、それをきっかけに本気の表情を見せるようになる。挑発してきたかと思えば、良かった点はちゃんと褒めてくれる高人に綾木は惹かれ始める。綾木は俳優としてだけではなく、一人の人間としての高人をもっと知りたいと思うようになり、より本音を聞き出そうと稽古終わりの飲み会で彼にたくさん酒を飲ませて酔い潰す。そして、綾木は酔っぱらった高人に俳優としての才能も素質もあるので頑張れと鼓舞されたことで完全に恋に落ちてしまい、そのまま高人をホテルに連れ込む。綾木がベットに寝かせた高人の首にキスマークをつけ、行為を始めようとした瞬間、高人の携帯に准太から電話が掛かってくる。電話を受けた綾木に准太は絶望して状況を確認しようとするが、身体の関係を持ったことをほのめかされてすぐ電話を切られてしまう。朝になり高人は目を覚まし、綾木とホテルのベットに寝ていたことに気づく。高人は綾木を残して家に帰り、一晩中電話を掛けてきていた准太に舞台の人たちと飲んいて返事ができなかったと取り繕った連絡を入れる。昨晩の記憶がない高人であったが、鏡に映った自分の首筋にキスマークがついているのを見つけて絶望をする。その日の稽古終わり、ロケを一日早く終わらせて帰ってきた准太が稽古場まで迎えに来て、高人を連れて帰る。嫉妬した准太に無理やり抱かれてしまう高人であるが、このベットから降りたらもう追わない(=別れる)と冷たく告げられ、強引な行為を受け入れる。翌朝、准太は高人に何も告げないまま部屋を出ていってしまい、高人は別れを悟る。

出典: www.animatetimes.com

綾木(左)が高人を抱いていないことを確認しに行く准太(右)

その日の夜、准太は仕事終わりの綾木を待ち伏せて店に連れ込み、高人を抱いていないことを確認しようとする。准太は高人がもし他の男に抱かれていれば身体の異変に自分が気づくはずだが、昨晩の高人を抱いた際に特に変わりはなかったので「綾木は高人を抱いていない」と推測していたのであった。そして、綾木がこれ以上高人にちょっかいを出さないよう、綾木が枕営業をしていることを喋らせて録音し弱みを握ることに成功する。収穫を得た准太が店を出ると、高人から准太の部屋にいるというメールが来ていることに気づき急いで部屋に帰る。高人は「一度も使わずに返すのもなんだと思って」と伝え、合鍵を返しに来たという。准太はその合鍵を奪い取り、ここに来た理由はそれだけかと問い詰め、高人は泣きながらまだ准太のことが好きであること、綾木と身体の関係を持つつもりは無かったと泣き始める。そんな高人を准太は抱きよせ、綾木に抱かれたと勘違いしている高人に本当は何もなかったと確認したことを伝え、2人は仲直りをする。その後、綾木が絡んできても高人は軽くあしらうようになる。そうした態度をとるようになったのは、准太が高人に嘘の情報を刷り込んでいたからであった。その情報とは綾木は彼女にフラれたばかりで、また友達もいないかわいそうな「ぼっち」であった為、高人にかまってほしくて今回の酷い悪戯をしたのだというものであった。この事をきっかけに綾木は高人からぼっちキャラとして扱われるようになる。

パパラッチ編

出典: www.animatetimes.com

階段で転んだ高人(左)と受け止めた准太(右)の様子を熱愛スクープとして雑誌に公表されるシーン

舞台『紅葉鬼』が千秋楽を迎えた後、高人と准太が共演した『真昼の星』のドラマ化が決まる。担当のプロデューサーが付き合いの長い卯坂であることを知った高人は挨拶に行く。その際に卯坂はドラマへの起用を考えていた女優のスクープ写真がゴシップ紙に掲載されてしまった為、再度候補を考え直さなければいけなくなった事を伝える。高人も同様のことが起きれば降板させることになるので気を付けるように忠告をするが、プロ意識の高い高人は心配には及ばないと答える。ただ、人気沸騰中の高人と准太は芸能ゴシップ誌の『週刊冬文』の記者から目をつけられていた。そして出版社からの依頼を受け、フリー報道カメラマンの長谷川次郎が2人のスクープが写真を撮るために動き始める。長谷川の被写体を魅力的に撮るカメラマンとしての実力は業界の中でも有名であったが、親しくしていたアイドルのスキャンダル写真をゴシップ誌に提供したことで引退に追い込んだ後ろめたい過去を持つ。長谷川はスクープを撮るため高人と准太に張り込みを行うが、女性と交際している姿を確認できずにいた。高人と准太が仲良く男同士でつるんでいる姿しか見受けられない日が続くが、階段から落ちた高人を准太が抱きかかえる場面に遭遇した時に、顔を赤らめている高人の表情から2人が恋人同士なのではないかと推測するようになる。そして長谷川は准太の部屋の前で張り込み、仕事から帰ってきた2人がキスしているところを写真に収める。翌日、高人は事務所に呼び出され、明日刊行の『週刊冬文』に高人が若い男性に階段の前で抱きしめられている写真が掲載されるとの情報があったとのことを伝えられる。それは高人が階段から落ちた時に准太に助けてもらった時の写真であった。相手の名前は公開されていなかったが、今後のリスクを考えて高人は卯坂に謝罪をしてドラマ『真昼の星』を降板することを決める。打合せを終えて高人がテレ日から出てくると、長谷川が待ち伏せしていた。あんなガセネタが出たところで世間の興味は長続きしないと長谷川に対して強気の高人であったが、この写真が出たらどうかと准太とキスしている写真を見せられる。高人がもっといいネタを撮らせてくれるのであれば、この写真は出版社に渡さないで消すという条件を持ち出され、准太を守るためにもその条件を受けることを決める。また長谷川が要求してくるネタによっては、自身の俳優としての道が閉ざされる可能性もあると覚悟した高人は准太を巻き込まないために別れを決意するのであった。高人に別れを告げられた准太は所属事務所の社長である三ツ谷絽美緒やマネージャーの田口に心配されるほど苛立ちを隠せない状態となる。

出典: www.animatetimes.com

黒川百合江との交際を長谷川にほのめかしに来る准太

准太と別れた後、長谷川から連絡がこないので高人は自分から会いに行くが、取引の必要がなくなったと告げられる。その理由は准太が『魔女の雫』で共演している女優の黒川百合江と付き合っていることを長谷川に直接ほのめかしてきて、より新しいネタを提供してきたためと知る。准太と百合江のスクープ写真を見て、早くも新しい恋人に乗り換えた准太に怒り落ち込む高人。相手のためと思って別れを切り出したのは自分であるが、離れる覚悟ができてなかったことを実感する。ただ、このスクープ写真は准太と後輩俳優である成宮を含む共演者達がドラマの話題づくりのためという建前の元、『週刊冬文』の記者に嘘の記事を書かせて世の中の信頼を失わさせるために行った嘘のネタ作りであった。その事をテレビのインタビューで明らかにした准太は、その前に掲載された高人が若い男性に抱きしめられている写真の相手が自分であり、あれはあくまで階段で転んだ高人を助けた時の写真であったことも告白する。そこから高人がおっちょこちょいであるという話にすり替え、世の中の注目を熱愛から逸らすことに成功する。その様子を見ていた高人は准太の仕事場まで迎えに行き、ペアリングを渡して復縁することとなる。また世の中に『週刊冬文』の記事がデマであったと認識させられた為、高人は『真昼の星』へ再度出演できることとなる。高人の再起用を決めた卯坂が道端で偶然大学の先輩であった在須と再会するところでパパラッチ編は終わる。

『抱かれたい男1位に脅されています。』の登場人物・キャラクター

俳優・タレント

西條高人(さいじょう たかと)

出典: animeanime.jp

CV:高橋広樹/松田颯水(幼少期)
子役時代から活躍する芸歴20年の実力派人気俳優。大手芸能事務所である日東芸能に所属している。通称は「トータカ」。どんな役でも完璧にこなす天才。俳優業へまじめに取り組む姿やその才能から業界関係者からの信頼は厚く、本人も自身の実績に自負がある。表向きには謙虚で大人な態度を見せるが、裏では新人俳優と共演する際には相手を値踏みをしたり、厳しく指導する一面がある。酒癖が悪く、酔っぱらうと枝豆をひたすらに剥き続けて爪楊枝に刺すなどの謎の行動をし始める。その為、お酒による失態も多い。クールな見た目であるが、実は甘いものが大好きでイライラするとホットチョコレートを何本もがぶ飲みしたり、家でホールケーキの一気食いをする癖がある。『ani・ani』という女性誌で年に一度特集されている「抱かれたい男ランキング」では1位を5年連続で獲得しており、周りにはランキングの結果を気にしていないように振舞っているが、実は結果が出ればすぐ確認をし毎年1位を獲得している自分を自画自賛をしている。しかし、新人俳優であり、映画『真昼の星』での共演が決まっている東屋准太に1位の座を奪われたことにより、屈辱の2位へランクダウンをしてしまう。その事をきっかけに准太へ敵対心を抱くようになるが、逆に高人に対して恋心を抱いている准太に猛烈なアプローチを受けるようになる。最初は戸惑いを隠せない高人であったが、准太の深い愛情を受けて次第に惹かれるようになっていく。

東谷准太(あずまや じゅんた)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(FGOバビロニア)のネタバレ解説まとめ

『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』とは、スマホアプリゲーム『Fate/Grand Order』から派生したアニメ作品である。魔術王ソロモンによって奪われた人間の歴史を取り戻すため、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を探し求めて時代を渡り歩く魔術師の少年・藤丸立香が、紀元前2700年の古代メソポタミアの世界に降り立って、人類の滅亡を目論む「三女神同盟」に立ち向かう姿を描いた物語となっている。

Read Article

約束のネバーランド(約ネバ)のネタバレ解説まとめ

『約束のネバーランド』とは2016年8月1日週刊少年ジャンプにて連載が開始。予想外のストーリー展開が人気を博し、2019年1月にアニメ化。同年3月に第一期終了。2020年には第二期の放送も決定している。 主人公・エマには血の繋がった家族はいないが、孤児院グレイス=フィールドハウスで母のように慕う「ママ」のもと、他の孤児たちとも兄弟のように仲良く幸せに暮らしていた。しかしある日エマは孤児院の真実を知ってしまう。仲間たちを守るため、その日から命がけの脱獄劇がはじまる。

Read Article

約束のネバーランド(約ネバ)のラートリー家まとめ

『約束のネバーランド』とは、白井カイウ(原作)、出水ぽすか(作画)による日本の漫画作品である。 エマは孤児院で幸せに暮らしていた。しかし、ある時、自分たちがいるのは孤児院ではなく、鬼の食料となる人間を育てる『農園』である事を知る。エマは仲間と共に農園を脱走し、人間の世界を目指す。ラートリー家は鬼と人間の間に立つ『門番』『調停役』の役割を持つ一族である。

Read Article

約束のネバーランド(約ネバ)の鬼まとめ

『約束のネバーランド』とは、白井カイウ(原作)、出水ぽすか(作画)による日本の漫画作品である。 エマは孤児院でママや他の孤児たちと一緒に楽しく過ごしていた。ある日、コニーという孤児が里子に出されることとなった。エマはコニーが忘れていった人形を届けようとするが、そこで目にしたのは死亡したコニーと鬼だった。エマは孤児院が鬼の食料である人間を育てる農園だったことを知る。エマ達は安住の地を求めて脱走する。鬼の中でも社会が形成され、様々な鬼が登場する。

Read Article

目次 - Contents