藤原さくら(Sakura Fujiwara)の徹底解説まとめ

藤原さくらとは、福岡県出身のシンガーソングライター。2015年春期の月9「ラブソング」で主演の福山正治のヒロインをオーディションで勝ち取り、一躍知名度を全国区にした。更に、そのキュートなルックスと類稀なるハスキーボイスが魅力となりファンが急増。また、古今東西の様々な音楽を吸収した独自の音楽性は、音楽業界からも注目されており、マンネリ化するJ‐POPに新風を巻き起こしている。

01. Dance
02. Time Flies
03. Sunny Day
04. グルグル
05. bye bye
06. The Moon

『green』との二部作として作られた。
前作と同じく、作詞作曲を藤原さくらが担当し、サウンドプロデュースをmabanuaが務めている。『NEW DAY』と『また明日』は『若おかみは小学生!』のTVアニメ、劇場版の主題歌に起用されている。いつもと違うリズムを意識して曲が作られた。『green』とは違って寂しさが漂う曲が多くなっている。

藤原さくらの代表曲

Ellie

『full bloom』に収録されている。
ビートルズの影響が見られるカントリーソング。藤原さくらの特徴であるスモーキーな声が堪能できる。

Goodbye

『full bloom』に収録されている。
ギターのアルペジオ、裏で鳴るピアノ、サビに差し込まれるドラムが特徴。藤原さくらが上京する時に作った曲であり、別れと新たなスタートを告げる曲となっている。

Walking on the clouds

『à la carte』に収録されている。
軽快なテンポで心地いいメロディがさらりと歌われる。恋人に対する思いが歌われている。

かわいい

メジャーデビューアルバムである『good morning』に収録されている。
ジャジーでロックな一曲。好きに人に対するピュアな恋心が綴られている。

Soup

藤原さくら初めてのシングル曲。福山雅治による提供曲である。
月9ドラマ『ラヴソング』の主題歌として起用された。スープを作る事と、恋愛を重ねた曲となっている。福山雅治は「佐野さくら(『ラブソング』のヒロイン。藤原さくらが演じている)の成長物語であると同時に、藤原さくらの成長日記でもある」と言っている。

春の歌

スピッツのカヴァー曲。映画『3月のライオン』の主題歌に起用された。
原曲よりもBPM(曲のテンポ)が落とされている。サビのコーラスが非常に特徴的になっている。

Someday

藤原さくらの2ndシングル。『春の嵐』との両A面シングル。
ドラマに出演したことでの出会い、祖父母との出会いを経て、『大切な人との未来』を歌っている。
シャッフルビートを用いた軽快な一曲。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents