藤原さくら(Sakura Fujiwara)の徹底解説まとめ

藤原さくらとは、福岡県出身のシンガーソングライター。2015年春期の月9「ラブソング」で主演の福山正治のヒロインをオーディションで勝ち取り、一躍知名度を全国区にした。更に、そのキュートなルックスと類稀なるハスキーボイスが魅力となりファンが急増。また、古今東西の様々な音楽を吸収した独自の音楽性は、音楽業界からも注目されており、マンネリ化するJ‐POPに新風を巻き起こしている。

The Moon

劇場版アニメ『コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道』主題歌として書き下ろされた一曲。
Ovallのメンバーであるmabanuaがサウンドプロデュースを務めている。その為、藤原さくらの特徴であるアコースティックギターは鳴りを潜め、打ち込みが使われている。『何が本当の正義なのか?』『誰が正しくて、誰が間違っているのか』『互いの正義がぶつかり合うことで傷つけ合ってしまうこと悲しみや葛藤』といったテーマに作られた曲である。

Sunny Day

『green』に収録されている。今作のプロデュースもmabanuaが担当している。
『別れ』についての歌だが、湿っぽくはなく、前を向けるような曲になっている。

NEW DAY

『red』に収録されている。プロデューサーはmabanua。
テレビアニメ『若おかみは小学生!』のエンディング曲として書き下ろされた。アニメの主人公の目線で歌詞が書かれている。また曲は、子供を意識してわかりやすく、歌いやすいものになっている。

また明日

『red』に収録されている。劇場版『若おかみは小学生!』の主題歌として書き下ろされた。
『若おかみは小学生!』の主人公であるおっこちゃんの目線で歌詞が書かれている。藤原さくらは、おっこちゃんが抱える苦しみを描きたかったが、それを暗い歌にしたくはないという思いがあり、作詞には悩んだらしい。
チャラン・ポ・ランタンの小春がアコーディオンが参加しており、これまでにない豊かな音が聞くことができる。

藤原さくらの裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

藤原さくらのマニアックすぎる好み

藤原さくらはが公言している好きなものには、「マッチョ」「内村航平」「ワールドミュージック」などマニアックなものが多いが、この動画では今流行中のラジオカセットと、ワールドミュージックから影響を受けた民族楽器にスポットを当てている。ラジカセを熱心に吟味しリアルに購入したり、持参したカセットテープがまたマニアックだったり、JPOPだけを聞いていては出てこないような楽器を試奏したりと、彼女の趣味と魅力が詰まった動画となっている。

藤原さくらの隠れた名曲「嘘つき」の非公認MV

『嘘つき』にはファンが製作したダンスビデオが存在している。

映画「世界は今日から君のもの」インタビュー

藤原さくらの作品で初めて映画主題歌に起用された曲「1995」についてのスペシャルインタビュー映像。もともとメジャーデビューアルバムに収録されていた楽曲を、今作品の映画監督が気に入り主題歌として起用された。「1995」の作成時の秘話や、この映画のお気に入りのシーンなどではパーソナルな部分にも触れられていて見どころがある。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents