Weezer(ウィーザー)の徹底解説まとめ

Weezerとは、1992年にアメリカで結成されたオルタナティブ・ロックバンド。結成から現在までに10枚以上アルバムを出し、94年の初作である「ザ・ブルー・アルバム」は300万枚を超える大ヒットとなった。
当時のアメリカではOasisやNirvana等のロックバンドが評価されていたが、彼らにはないような情緒的な歌詞・メロディからなる切なさに大衆が魅力されることとなった。骨太なギターサウンドに加えそれに反するようなダメダメな男を表した歌詞をファンは愛嬌込めて「泣き虫ロック」と呼んでいる。

Jason Cropper 担当:ギター
結成時から1993年9月まで在籍。
脱退後、バンド経験のない奥さんであったAmyを誘いChopper Oneとして活動「touch my fuzz」という曲が特に有名でWeezerを彷彿とさせるポップなメロディーが特徴であるものの、意味は「下の毛を触ってくれ」と下品である。だが曲は確かに良い。

マット・シャープ(Matt Sharp)

Matt Sharp 1969年9月22日生まれ 担当:ベース
1992年から1997年まで在籍。初代ベース。タイのバンコク出身で、ヴァージニア州アーリントン育ち。ザ・レンタルズやソロ名義でも活動を行っている。
ザ・レンタルズは根強いファンがいるものの活動は頻繁ではなく2014年に15年ぶりのアルバムを制作した。
他にもPayPal社の前身であるX.com社を1999年に設立した人物でもある、イーロン・マスクのテーマソングも制作している。

マイキー・ウェルシュ(Mikey Welsh)

Mikey Welsh 1971年4月20日生まれ 2011年10月8日死去 担当:ベース
1998年から2001年まで在籍。2代目ベース。ニューヨーク州出身。加入前はボストンでバンド活動を行っていた。Weezer脱退の理由は明らかにされていない。一時期はボストンでミュージシャンとして復帰するも引退し、その後はバーモント州バーリントンを中心にアウトサイダー画家および彫刻家として活動。2011年10月8日死去。
マイキーは生前「来週シカゴで、自分が死ぬ夢を見た。遺書をかかなきゃいけないな。いや、訂正! 来週じゃなくて、その次の週末だ」と発言していたのだがこれが現実のものとなってしまい、「彼は自らの死を予言していたのでは?」と憶測が飛び交うこととなった。
マイキーがWeezerを脱退後もメンバーとの親交は深く、亡くなる翌日はシカゴでのWeezerのライブを見に行く予定だったという。マイキーの死後、Weezerの公式やメンバーからは彼の死を偲ぶコメントが残されている。

Weezerの活動経歴

1988年
リヴァース・クオモが18歳の時、ロックスターを夢見てロサンゼルスに行くが、すぐに挫折。

1992年
2月14日、同じ様にロサンゼルスに来たマット・シャープ、パトリック・ウィルソン、ジェイソン・クロッパーとWeezerを結成。1年強、ロサンゼルスで活動する。
3月、Weezerの初演奏。Hollywood Boulevard(ハリウッド大通り)にある「Raji's Bar」で、「Dogstar」(キアヌ・リーブスが所属するバンド)のオープニングアクトを務める。ギャラは35ドル。

1993年
6月、DGCレコード(当時ゲフィン・レコード傘下)と契約し、ニューヨークへ移り、The Cars(カーズ)のリック・オケイセックをプロデューサーに迎えてレコーディングを行う。

1994年
5月10日、1stアルバム『Weezer』(The Blue Album)で全米メジャーデビューし、グラミー賞、MTVビデオ・ミュージック・アワーズ賞等を受賞。300万枚を売り上げる

1995年
3月、1stアルバム『Weezer』が日本で発売される。
8月、Microsoft Windows 95発売。『Buddy Holly』のミュージックビデオが付録。

1996年
9月24日、2ndアルバム『Pinkerton』がアメリカで発売。アメリカでは当時50万枚しか売れず失敗作扱いであったが、その後再評価される。
9月21日、日本でPinkertonが発売される。日本ではヒット。Pinkerton発表後、ピンカートン探偵社からタイトルが原因で訴えられるが、タイトルはオペラ 『蝶々夫人』から拝借したものであるため、探偵社は訴えを取り下げた。

1997年
リヴァースはハーバード大学に進学する為、ボストンに移る。
ボストンでマイキー・ウェルシュと出会い、意気投合。

1998年
リヴァースの心の支え、マット・シャープがThe Rentals(ザ・レンタルズ)の活動に専念する為脱退。
マットが抜けた事によりリヴァースが落ち込み、解散状態になる。
マットの後任にマイキー・ウェルシュが加入。

2000年
2月21日-3月18日、アメリカでツアーを行う。
8月6日、サマーソニックに参加。

2001年
5月15日、ゲフィンより3rdアルバム『Weezer』(The Green Album)を発表。プロデューサーはリック・オケイセック。
6月22日、ワープドツアー(VANS WARPED TOUR)に参加。
7月-8月、マイキー・ウェルシュが自主的に精神病院へ入院する。
マイキー・ウェルシュ脱退。
夏、スコット・シュライナー加入。

2002年
5月14日、4thアルバム『Maladoit』を発表。日本では2002年5月11日。
8月、サマーソニックに参加。
小休止に入る。

2005年
5月10日、プロデューサーにリック・ルービンを迎え、5thアルバム『Make Believe』を発表。後にプラチナアルバムに認定される。
7月、LOLLAPALOOZA 2005 シカゴツアーに参加。
8月、サマーソニックに参加。8月15日、ZEPP東京にて単独ライブを行う。
12月、weezer japan tour 2005を開催、来日する。(リヴァースが来日の際に、「来年、日本人と結婚する」と話す)

2006年
5月16日、『Beverly Hills』が全米カレッジ・ラジオ局で最多オンエア回数を稼ぎ、「College Song Of The Year」を受賞する。(第54回 2006 BMI Pop Awardsの特別賞)
6月8日、リヴァースがハーバード大学を卒業、英文学士号を取得。
6月、リヴァースが長年交際していた日本人女性と結婚する。式はカリフォルニア州マリブで行われた。(97年にマサチューセッツで出会った)

2007年
5月、リヴァースと夫人に娘が生まれる。Miaと命名。
リヴァース・クオモがソロ名義でデモトラック集『ALONE』を発表。

2008年
6月4日、DGC/インタースコープより6thアルバム『Weezer』(The Red Album)を発表。

2009年
7月26日、フジロックフェスティバルの最終日に、ヘッドライナーとして来日した。
10月28日、7thアルバム『Raditude』を発表。なお、同アルバムのリリースをもってインタースコープとの契約が満了した。

2010年
9月14日、インディー・レーベルのエピタフ・レコード移籍第1弾アルバム『Hurley』を発表。
11月3日、未発表曲集『デス・トゥ・フォルス・メタル〜レア・トラック貯蔵庫』とセカンドアルバム『ピンカートン』のデラックス・エディションを同時発売。

2014年
10月7日、リパブリック・レコード移籍第1弾アルバム『Everything Will Be Alright In The End』を発表。プロデューサーはリック・オケイセック。

Weezerのディスコグラフィー

Weezer(The Blue Album)

1994年に発売、彼らのデビューアルバムであり全米16位 300万枚を超す大ヒット作となった。
2011年現在、トリプルプラチナアルバムに認定されており、ウィーザーのアルバムの中で最も売れたアルバムだ。
Weezerの作品ではWeezerというタイトルの作品が複数ありファンの間ではアルバムの色の名前で呼ぶことが多いため、この作品も通称「ブルーアルバム」となっている。
もし「Weezerでおすすめのアルバムは?」と聞かれればファンの間ではまず間違いなくこのアルバムを勧められることになるだろう。
シンプルなビートに親しみやすいメロディ、そして情けない男からの目線で書かれた歌詞が大反響を呼んだ。

収録曲
01.マイ・ネーム・イズ・ジョナス - My Name is Jonas
02.ノー・ワン・エルス - No One Else
03.ザ・ワールド・ハズ・ターンド・アンド・レフト・ミー・ヒア - The World Has Turned and Left Me Here
04.バディ・ホリー - Buddy Holly
05.アンダン~ザ・スウェター・ソング - Undone –- The Sweater Song
06.サーフ・ワックス・アメリカ - Surf Wax America
07.セイ・イット・エイント・ソー - Say It Ain't So
08.イン・ザ・ガレージ - In the Garage
09.ホリデイ - Holiday
10.オンリー・イン・ドリームズ - Only in Dreams

デラックス・エディション収録曲
01.マイケル・アンド・カーリー - Mykel and Carli
02.スザンヌ - Susanne
03.マイ・エヴァリン - My Evaline
04.ジェイミー - Jamie(Originally Appeared on DGC Rarities)
05.マイ・ネーム・イズ・ジョナス(ライブ)
06.サーフ・ワックス・アメリカ(ライブ)
07.ジェイミー(ライブ、アコースティック)
08.ノー・ワン・エルス(ライブ、アコースティック)
09.アンダン~ザ・スウェター・ソング(キッチン・テープ・デモ、未発表デモの意味)
10.ペーパーフェイス - Paperface (キッチン・テープ・デモ)
11.オンリー・イン・ドリームス(キッチン・テープ・デモ)
12.ララバイ・フォー・ウェイン - Lullabye for Wayne (プリプロダクション・レコーディング)
13.アイ・スウェアー・イッツ・トゥルー - I Swear It's True (プリプロダクション・レコーディング)
14.セイ・イット・エイント・ソー(オリジナルアルバムミックス)

Songs from the black hole

2ndアルバムと制作したものの未発表のままになってしまった幻のアルバム。『ロック風オペラ』がコンセプトとなっている。

一部デモが公開されている本作を再現するプロジェクトが海外のウィーザー・ファンにより実施されOperation Space Operaというグループ名でアルバム『Songs From The Black Hole』を発表している。

収録曲
01. Blast Off!!
02. You Won't Get with Me Tonight
03. Oh Jonas(Maria's Theme)
04. Come to My Pod
05. Oh No, This Is Not for Me
06. I'm Tired of Having Sex(Tired of Sex demo)
07. Superfriend
08. She's Had a Girl
09. Dude, We're Finally Landing(Good News!)
10. Now I Finally See
11. Gitchoo(Getchoo demo)
12. I Just Threw Out the Love of My Dreams
13. There Is No Other One(No Other One demo)
14. Devotion
15. What Is This I Find?
16. Longtime Sunshine
17. Longtime Sunshine(Reprise)

Pinkerton

1996年発売 全米19位 ゴールド獲得(50万枚)。
アメリカでは当時50万枚しか売れず失敗作扱いであったが、その後再評価される。
9月21日、日本でPinkertonが発売される。日本ではヒット。Pinkerton発表後、ピンカートン探偵社からタイトルが原因で訴えられるが、タイトルはオペラ 『蝶々夫人』から拝借したものであるため、探偵社は訴えを取り下げた。
ジャケットには歌川広重の東海道五十三次の一幕を使用しており、日本に対する愛を感じることが出来る。
1stアルバムよりも暗く、感情的な一枚になっている。セルフプロデュース故にその荒さが出ており、酷評されることもあったが、1stアルバムに並ぶ名盤である。

収録曲
01.タイアード・オブ・セックス - Tired Of Sex
02.ゲッチュー - Getchoo
03.ノー・アザー・ワン - No Other One
04.ホワイ・ボザー? - Why Bother?
05.アクロス・ザ・シー - Across The Sea
06.ザ・グッド・ライフ - The Good Life
07.エル・スコルチョ - El Scorcho
08.ピンク・トライアングル - Pink Triangle
09.フォーリング・フォー・ユー - Falling For You
10.バタフライ - Butterfly

Weezer(The Green Album)

2001年発売 全米4位プラチナ獲得(100万枚)。
ウィーザーの第3作アルバム。前作でベーシストのマット・シャープが脱退し、活動停止になって以来、実に5年ぶりの復帰作となる。
実際のアルバム名は無題だがファーストアルバムと区別するために通称グリーンアルバムとされている。
ダークだった前作に比べ、エッジが効いたギターに、メロディアスなメロディが聞ける。

収録曲
01.ドント・レット・ゴー - Don't Let Go
02.フォトグラフ - Photograph
03.ハッシュ・パイプ - Hash Pipe
04.アイランド・イン・ザ・サン - Island In The Sun
05.クラブ - Crab
06.ノック・ダウン・ドラグ・アウト - Knock-Down Drag Out
07.スマイル - Smile
08.シンプル・ページズ - Simple Pages
09.グロリアス・ディ - Glorious Day
10オー・ガールフレンド - O Girlfriend
11.ザ・クリスマス・ソング - The Christmas Song
12.アイ・ドゥ - I Do

マラドロワ(Maladroit)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents