こみっくがーるず(第2話『今日から学校でした』)のあらすじと感想・考察まとめ

 e3 81 93 e3 81 bf e3 81 a3 e3 81 8f e3 81 8c e3 83 bc e3 82 8b e3 81 9a comic girls

薫子(かおす)は、寮の仲間たちと新宿にある画材屋へ行くことにした。そこで、普段はクールな翼のいつもと違う一面を見せられる。翌日、転校生として新しい学校へ入学した薫子と小夢。社交的な小夢に比べ、内気でクラスに馴染めない薫子を自分の妹のように気遣う琉姫であった。新人まんが家たちの学校生活が、いよいよスタートする。
今回は「こみっくがーるず」第2話『今日から学校でした』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

「こみっくがーるず」第2話『今日から学校でした』のあらすじ・ストーリー

%e8%8a%b1%e5%9c%92%e8%8e%89%e3%80%85%e9%a6%99 hanazono ririka

文芳社女子まんが家寮の寮母、花園莉々香

スズメのさえずりが聞こえる、爽やかな朝。文芳社女子まんが家寮の寮母・花園莉々香は、文芳社編集部の編沢まゆに、新しく寮生となった4コマまんが家・萌田薫子(ペンネーム、かおす)の様子を報告する。
花園 「ええ、なんとかやってるみたい。この前も、先輩のアシスタントしてたし」
編沢 「そうですか、本人はやる気はあるんですが。とにかくメンタルが弱すぎて……、他の方とはどうですか、上手くいってます?」
花園 「ええ、仲良くやってるわ。全然、大丈夫よ。それに、今日はお出かけするみたい。画材屋さんに」

%e8%90%8c%e7%94%b0%e8%96%ab%e5%ad%90 %e6%81%8b%e5%a1%9a%e5%b0%8f%e5%a4%a2 moeta kaoruko kaos koizuka koyume

ルームメイトの恋塚小夢に、髪をアップにしてもらう萌田薫子

薫子と、ルームメイトで少女まんが家である恋塚小夢、そして同じ寮に住むまんが家、色川琉姫と勝木翼を乗せる電車が新宿駅のホームに到着した。電車の扉が開いたとき、背の低い薫子の目の前に、まるで高波のような人の群れがそびえ立つ。通勤ラッシュを体験したことのない薫子と小夢は、あっという間に人込みに飲まれてしまう。慌てふためく二人だが、琉姫と翼の助けでその場を切り抜けることができた。

%e8%90%8c%e7%94%b0%e8%96%ab%e5%ad%90 %e6%81%8b%e5%a1%9a%e5%b0%8f%e5%a4%a2 %e8%89%b2%e5%b7%9d%e7%90%89%e5%a7%ab %e5%8b%9d%e6%9c%a8%e7%bf%bc moeta kaoruko koizuka koyume irokawa ruki katsuki tsubasa

色川琉姫と勝木翼のコンビネーションが、萌田薫子と恋塚小夢を救う

琉姫 「なんとか、脱出に成功したわね」
小夢 「大丈夫?」
薫子(かおす) 「都会、コワイです……」
地下道を使って移動しているとき、薫子は 『animate(アニメイト)』 の看板に目をとめた。
薫子(かおす) 「あの……大きい本屋さん、行ってみたいんですけど」

%e8%90%8c%e7%94%b0%e8%96%ab%e5%ad%90 %e6%81%8b%e5%a1%9a%e5%b0%8f%e5%a4%a2 %e8%89%b2%e5%b7%9d%e7%90%89%e5%a7%ab %e5%8b%9d%e6%9c%a8%e7%bf%bc moeta kaoruko koizuka koyume irokawa ruki katsuki tsubasa 1

アニメイト(アニメ関連商品の販売店)で、勝木翼のまんがを発見した萌田薫子と恋塚小夢

薫子(かおす) 「ここ全部、コミックの売り場なんですか。お宝の山ですぅ」
感激する薫子と小夢は、売り場の一角に、あるPOP(販売促進広告)を見つける。
『正統派ダークファンタジー 期待の大新星ウイング・V』
薫子(かおす) 「これって翼さんでの本ですか」
小夢 「すごい平積み。わたし買っていきます」
同じまんがを、三冊も手に取る小夢だった。

%e6%81%8b%e5%a1%9a%e5%b0%8f%e5%a4%a2 koizuka koyume

恋塚小夢のお勧めは、ダブルベリー・クレープ

画材屋に行くといつも夢中で気がつくとフラフラになってしまうため、初心者の薫子と小夢のことも考えて先にスイーツカフェで食事することを提案する琉姫に、早く画材屋へ行きたいと言っていた翼も納得する。
薫子(かおす) 「ここ、女子高生しか入れないんじゃ……」
琉姫 「かおすちゃんも、女子高生でしょ」
薫子(かおす) 「クレープだけで、メニューの数がこんなに」

%e8%90%8c%e7%94%b0%e8%96%ab%e5%ad%90 %e6%81%8b%e5%a1%9a%e5%b0%8f%e5%a4%a2 %e5%8b%9d%e6%9c%a8%e7%bf%bc moeta kaoruko koizuka koyume katsuki tsubasa

世界堂(画材専門店)で、勝木翼の粋なはからいに感動する萌田薫子と恋塚小夢

ようやく画材屋についたとき、何か買いたいものがあるのか尋ねる琉姫に、いつでもアシスタントができるように、道具一式と答える薫子。
翼 「新商品出てる、試したい」
小夢 「翼さんのキラキラした顔、初めて見ました」
琉姫 「たまにするわよ。すごく面白いまんがに出会ったときとか、大好きなまんが家さんのサイン会のときとか」
会計でお金が足りず、せっかく選んだマスキングテープを諦めようとした小夢に、この前原稿を手伝ってくれたお礼として、翼は薫子の分も一緒に払ってくれる。

%e8%89%b2%e5%b7%9d%e7%90%89%e5%a7%ab %e5%8b%9d%e6%9c%a8%e7%bf%bc irokawa ruki katsuki tsubasa

登校日であることをすっかり忘れ、慌てる色川琉姫

翌朝、寮の一室。パジャマ姿でくつろぐ四人は、夜通し話し込んだせいでとても眠たそうにしていた。
琉姫 「少し寝るかな……」
翼がテレビをつけると、ニュースが流れる。
アナウンサー 「さて、ゴ―ルデンウィークも終わり、今日から会社や学校へ出かける人も多いと思いますが……」
琉姫 「待って、今日から学校だわ」

%e6%81%8b%e5%a1%9a%e5%b0%8f%e5%a4%a2 koizuka koyume 1

少女まんがを体現する恋塚小夢 「遅刻、遅刻」

制服に着がえて登校した四人。
薫子(かおす) 「学校の子には、まんが描いてるの秘密なんですか」
琉姫 「うん、噂されると恥ずかしいから。だって内容が内容だしね、バレると大変でしょ」
自己紹介のことを考え、緊張して青ざめる薫子。一方、小夢はまったく動じていない。
小夢 「わたしも一緒だから、大丈夫だよ」
翼 「わたしたちも一緒」
薫子(かおす)と小夢 「えーっ」
翼 「やっぱ、年上と思ってた」
琉姫 「老けてるから?」

%e8%99%b9%e9%87%8e%e7%be%8e%e6%99%b4 nijino miharu

萌田薫子たちのクラスの担任、虹野美晴先生

職員室から現れた教師の虹野美晴を、ひと目見てカワイイと思った小夢は、どこからかリボンを取り出すと、虹野の頭へ勝手につける。
小夢 「こうすれば、もっとカワイイ」
虹野 「あなた転校生ね、早く教室へ行きなさい」
ふざける小夢をしかる虹野。
琉姫 「担任の虹野先生ね。ああ見えて、すごく厳しいの。ね、コワイでしょ」
薫子(かおす) 「わたしも美人教師に、叱られたいです」
先ほどの緊張はどこへやら、表情をゆるませる薫子であった。

%e8%90%8c%e7%94%b0%e8%96%ab%e5%ad%90 %e3%81%8b%e3%81%8a%e3%81%99  moeta kaoruko kaos 2

トーンヘラ(まんがの道具)片手に、愕然とする萌田薫子

琉姫と翼に見守られ、どうにか自己紹介を終えた薫子。筆記用具を取り出そうとしたが、ケースの中から出てきたのは、まんがを描くための道具ばかりだった。間違えて、アシスタント用のペンケースを持ってきてしまったのだ。薫子はクラスの子たちから質問攻めにあい、「えと…あばばば…」と答えに窮し、倒れて保健室のお世話なってしまう。自分と違い、クラスメイトとすっかり打ち解けている小夢を見て、ため息をついた薫子は、昼休みに琉姫、翼と共に屋上へあがる。
薫子(かおす) 「知らない人、コワイです」
琉姫 「先生に頼んで、席近くにしてもらう?」
翼 「無理に人と話さなくても、いいと思うけど。まんがのための人間観察だと思いなよ」
薫子は、今まで普通の女子高生の世界に足を踏み入れるのを、怖がっていたことを打ち明ける。

%e8%89%b2%e5%b7%9d%e7%90%89%e5%a7%ab %e5%8b%9d%e6%9c%a8%e7%bf%bc irokawa ruki katsuki tsubasa 1

恋塚小夢の力になれず、悲しい目をする色川琉姫と勝木翼

放課後、ひとりだけクラスの違う小夢に、翼はクラスメイトと何の話をしたのか尋ねる。
小夢 「彼氏いる子の恋バナ(恋の話)が新鮮で、まんがの参考になりそうなんです」
ウキウキする小夢に、彼氏のいない琉姫と翼は、申し訳なさそうにする。
学校の皆には、まんが家であることを話していない小夢。
小夢 「学校では、普通の女子高生でいたいからね」
薫子(かおす) 「わたしも、そう思いました。制服でもたくさん思い出作りたいです」
小夢 「それに寮では皆とまんがの話ができるから、それもすごく楽しい」
薫子(かおす) 「わたしも寮に入って、良かったなって思います」

%e8%90%8c%e7%94%b0%e8%96%ab%e5%ad%90 %e3%81%8b%e3%81%8a%e3%81%99 %e7%8c%ab  moeta kaoruko kaos cat

白猫 「にゃばばばば」 薫子 「あばばばば」

essaywriter
essaywriter
@essaywriter

Related Articles関連記事

NEW

こみっくがーるず(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『こみっくがーるず』とは、はんざわかおりによる4コマ漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品である。15歳の女子高校生・萌田薫子、ペンネーム 『かおす』 は、文芳社のまんが雑誌で4コマまんがを描きながら、ルームメイトの恋塚小夢、先輩まんが家の色川琉姫や勝木翼と一緒に、寮生活をおくるのであった。カワイイ女の子たちの織りなす日常を覗き見ることができる、ガールズ・シチュエーション・コメディ。

Read Article

NEW

こみっくがーるず(第6話『丸刈りにしてきます』)のあらすじと感想・考察まとめ

幽霊を見てしまう薫子。しかしその正体は、先輩まんが家の怖浦だった。どうしても怖浦がコワイ薫子のために、琉姫たちは、なんとかしようと部屋にこもる。担任の虹野は、コスプレのことが薫子たちに、ばれていないか心配でならなかった。そんなとき、翼がノートに描いた暗黒勇者の絵を見てしまう。問いただす虹野に、翼は暗黒勇者のどこが好きなのかと切りかえす。 今回は「こみっくがーるず」第6話『丸刈りにしてきます』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

こみっくがーるず(第3話『プニプニポヨンですね』)のあらすじと感想・考察まとめ

薫子(かおす)は、担当編集者の編沢にネームの考え直しを要求される。まんが家寮の仲間たちに相談しダメ出しを受けながらも、寮母である花園のアドバイスで、画力を上げるためのスケッチ大会をはじめることにした。だが薫子は、ネーム作りに夢中になるあまり、身体をこわしてしまう。心配した花園は、薫子のためにある工夫をする。 今回は「こみっくがーるず」第3話『プニプニポヨンですね』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

NEW

こみっくがーるず(第7話『ここは天国ですか!?』)のあらすじと感想・考察まとめ

アシスタントをするため怖浦の部屋にきた薫子は、怖浦も自分と同じ東北出身であることを知る。メガネをかけた大人の女性にあこがれる薫子は、メガネを買いに、ひとりで秋葉原を訪れた。しかし、警官に声をかけられ、すっかりおじけづいてしまう。そこへ小夢たちが現われ、立ちなおる薫子。メガネ店に到着した四人は、偶然、編沢と虹野に出会う。 今回は「こみっくがーるず」第7話『ここは天国ですか!?』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

こみっくがーるず(第4話『くんずほぐれつランデヴー』)のあらすじと感想・考察まとめ

あいかわらず、手書き原稿の作業が苦手な薫子(かおす)。ある日、琉姫の部屋の隅で放ったらかしになっていたパソコンに気付くと、機械オンチな琉姫の代わりに、セッティングをしてあげることに。ティーンズラブまんが家の琉姫は、間違った道を歩んでいるのではないかと思い悩んでいた。そんなとき、サイン会の依頼がきてしまう。 今回は「こみっくがーるず」第4話『くんずほぐれつランデヴー』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

こみっくがーるず(第1話『アンケート、ビリですか!?』)のあらすじと感想・考察まとめ

15歳の女子高校生・萌田薫子、ペンネーム 『かおす』 は、文芳社のまんが雑誌で4コマまんがを描いている。評判が思わしくなく気の弱い薫子のことを心配した、担当編集者である編沢まゆは、まんが家ばかりが集まる女子寮を勧める。ルームメイトの恋塚小夢、先輩まんが家の色川琉姫や勝木翼と一緒に、まんが家生活をはじめる薫子であった。 今回は「こみっくがーるず」第1話『アンケート、ビリですか!?』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

こみっくがーるず(第5話『編沢さんコスプレするんですか?』)のあらすじと感想・考察まとめ

夏がやってきた。海水浴に訪れた薫子たちは、水着で盛り上がる。次の日、部屋にこもってゲームに熱中する薫子と翼。小夢と琉姫は、ショッピングだ。翼に対する気持ちの正体と、連載まんがを描くための経験不足について悩んでいた小夢は、翼と遊園地デートすることになるが、そこで意外な人物に出会う。 今回は「こみっくがーるず」第5話『編沢さんコスプレするんですか?』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents