こみっくがーるず(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

%e3%81%93%e3%81%bf%e3%81%a3%e3%81%8f%e3%81%8c%e3%83%bc%e3%82%8b%e3%81%9a comic girls 1

『こみっくがーるず』とは、はんざわかおりによる4コマ漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品である。15歳の女子高校生・萌田薫子、ペンネーム 『かおす』 は、文芳社のまんが雑誌で4コマまんがを描きながら、ルームメイトの恋塚小夢、先輩まんが家の色川琉姫や勝木翼と一緒に、寮生活をおくるのであった。カワイイ女の子たちの織りなす日常を覗き見ることができる、ガールズ・シチュエーション・コメディ。

『こみっくがーるず』の概要

『こみっくがーるず』 とは、はんざわかおりによる4コマ漫画作品、及びそれを原作としたアニメ作品である。芳文社の 『まんがタイムきららMAX』 で、2014年より連載がスタート。2018年にはテレビアニメ化された。監督は徳本善信、アニメーション制作はNexus。まんがのコマ割りで表現されているところが随所にあり、ユニークで飽きさせない。ふんわりした世界だが、思わぬところにギャグがあり笑わせてくれる作品になっている。

15歳の女子高校生・萌田薫子、ペンネーム 『かおす』 は、文芳社のまんが雑誌で4コマまんがを描いている。担当編集者である編沢まゆの勧めで、ルームメイトで少女まんが家の恋塚小夢、TL(ティーンズラブ)まんが家の色川琉姫や少年まんが家の勝木翼と一緒に、寮生活をおくるのであった。カワイイ女の子たちの織りなす日常を覗き見ることができる、ガールズ・シチュエーション・コメディである。

『こみっくがーるず』のあらすじ・ストーリー/感想・考察

第1話『アンケート、ビリですか!?』

15歳の女子高校生・萌田薫子、ペンネーム 『かおす』 は、文芳社のまんが雑誌で4コマまんがを描いている。評判が思わしくなく気の弱い薫子のことを心配した、担当編集者である編沢まゆは、まんが家ばかりが集まる女子寮を勧める。ルームメイトの恋塚小夢、先輩まんが家の色川琉姫や勝木翼と一緒に、まんが家生活をはじめる薫子であった。

renote.jp

第2話『今日から学校でした』

15歳の女子高校生で4コマまんが家、萌田薫子は、寮の仲間たちと新宿にある画材屋へ行くことにした。そこで、普段はクールな翼のいつもと違う一面を見せられる。翌日、転校生として新しい学校へ入学した薫子と小夢。社交的な小夢に比べ、内気でクラスに馴染めない薫子を自分の妹のように気遣う琉姫であった。新人まんが家たちの学校生活が、いよいよスタートする。

renote.jp

『こみっくがーるず』の登場人物・キャラクター

萌田薫子(もえたかおるこ)

%e8%90%8c%e7%94%b0%e8%96%ab%e5%ad%90 %e3%81%8b%e3%81%8a%e3%81%99 moeta kaoruko kaos

CV: 赤尾ひかる
文芳社女子まんが家寮に住む、4コマまんが家。ペンネームは 「かおす」。
同じ日に寮に住むことになった、恋塚小夢がルームメイトである。髪はピンクで、太ももまである長いおさげ。アメピン各二本を使い、頭の右サイドはバッテン留め、左サイドは直線複数留めをしている。体格が小柄なせいで、よく小学生に間違われる。八重歯がある。気弱で人見知りが激しく、ネガティブで落ち込みやすい性格である。動物に好かれ、ウサギ、キジ、鹿、猿、イノシシ、猫などが寄ってくる、アニマルホイホイ的な性質をもっている。福島県出身の15歳の現役女子高校生で、両親は和菓子屋を営んでいる。実家は一軒家で、薫子の部屋は二階の六畳和室、多数のフィギュアがある。趣味は、女の子がたくさん出ているアニメやまんがを見ること。まんがを描くときはタブレットを使用するため、紙原稿の画材には慣れていない。動揺すると思わず口から 「あばばばば」 という言葉を出す。

恋塚小夢(こいづかこゆめ)

%e6%81%8b%e5%a1%9a%e5%b0%8f%e5%a4%a2 koizuka koyume

CV: 本渡楓
文芳社女子まんが家寮に住む、少女まんが家。ペンネームは 「恋スル小夢」。
萌田薫子と同じ日に、寮に住むことになった女子高校生。薫子のルームメイトでもある。髪は明るい黄色で、少しクセのあるセミロング。とてもマイペースだが、どこか憎めない、明るく元気で社交的な性格である。ドーナツやプリンなど、甘いものを食べることが大好き。黄色いクマみたいな枕と、人をダメにするクッションを愛用している。女の子を描くのは好きだし上手いが、男の子を描くのは苦手。同じ寮の隣部屋に住む、勝木翼に好意を持っている。

色川琉姫(いろかわるき)

%e8%89%b2%e5%b7%9d%e7%90%89%e5%a7%ab %e7%88%86%e4%b9%b3 %e5%a7%ab%e5%ad%90 irokawa ruki bakunyu himeko

CV: 大西沙織
文芳社女子まんが家寮に住む、TL(ティーンズラブ)まんが家。ペンネームは 「爆乳♥姫子」。
萌田薫子、恋塚小夢と同い年の女子高校生だが、まんが家としては先輩である。薫子と小夢の隣部屋に住み、勝木翼のルームメイトでもある。髪は紫色で、サラサラロング。普段は下ろしているが、まんがを描く時はポニーテールにし、アンダーリムのメガネを着用する。ペンネームの 「爆乳♥姫子」 は、巨乳を描くのが上手いことから、文芳社の編集者が勝手につけたもので、琉姫本人が爆乳なわけではない。実際に触ったことのある恋塚小夢によると、Aカップらしい。体格はスレンダーで、貧乳がコンプレックスである。幼児向けに、ほのぼのとした動物まんがを描きたかったが、絵柄が大人っぽいという理由でティーンズラブまんがを描くにいたる。真面目で、しっかりした性格の持ち主。可愛いものや小さいものが好きで、ベッドにウサギのぬいぐるみを二体置いている。また、ピンク色の蝶々や花柄のウォールステッカーで、壁を可愛らしくデコレーションしている。勝木翼からは 「るっきー」 と呼ばれている。

勝木翼(かつきつばさ)

%e5%8b%9d%e6%9c%a8%e7%bf%bc katsuki tsubasa

CV: 高橋李依
文芳社女子まんが家寮に住む、少年まんが家。ペンネームは 「ウイング・V」。
萌田薫子、恋塚小夢と同い年の女子高校生だが、まんが家としては先輩である。薫子と小夢の隣部屋に住み、色川琉姫のルームメイトでもある。髪は水色で、ストレートのナチュラルショートボブ。いつも遠くを見つめるような半眼で、如来のような優しい表情を浮かべクールに振る舞っているが、原稿を描いているとき集中モードになると、自分のまんがのキャラクターになりきってしまうほどの情熱をもっている。まんがを描くのは、とても早い。雑誌の表紙を飾るほどの人気作家。琉姫からは 「つーちゃん」 と呼ばれている。

花園莉々香(はなぞのりりか)

%e8%8a%b1%e5%9c%92%e8%8e%89%e3%80%85%e9%a6%99 hanazono ririka
essaywriter
essaywriter
@essaywriter

Related Articles関連記事

NEW

こみっくがーるず(第1話『アンケート、ビリですか!?』)のあらすじと感想・考察まとめ

15歳の女子高校生・萌田薫子、ペンネーム 『かおす』 は、文芳社のまんが雑誌で4コマまんがを描いている。評判が思わしくなく気の弱い薫子のことを心配した、担当編集者である編沢まゆは、まんが家ばかりが集まる女子寮を勧める。ルームメイトの恋塚小夢、先輩まんが家の色川琉姫や勝木翼と一緒に、まんが家生活をはじめる薫子であった。 今回は「こみっくがーるず」第1話『アンケート、ビリですか!?』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

NEW

こみっくがーるず(第2話『今日から学校でした』)のあらすじと感想・考察まとめ

15歳の女子高校生で4コマまんが家、萌田薫子は、寮の仲間たちと新宿にある画材屋へ行くことにした。そこで、普段はクールな翼のいつもと違う一面を見せられる。翌日、転校生として新しい学校へ入学した薫子と小夢。社交的な小夢に比べ、内気でクラスに馴染めない薫子を自分の妹のように気遣う琉姫であった。新人まんが家たちの学校生活が、いよいよスタートする。 今回は「こみっくがーるず」第2話『今日から学校でした』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents