異世界食堂(Restaurant to Another World)のネタバレ解説まとめ

Img main

「異世界食堂」とは、犬塚惇平のライトノベル作品。2013年から小説家投稿サイト「小説家になろう」で連載し、2017年にはSILVER LINK.製作でアニメ化。現代日本にある洋食店「洋食のねこや」は、土曜日になると扉が異世界と繋がり、異世界の住人達が料理を食べにやってくる「異世界食堂」となる。異世界の客達が現代日本の洋食を食べる、所謂飯テロアニメ。客達の完璧な脳内食リポが特徴的。

『異世界食堂』の概要

Maxresdefault

「異世界食堂」とは、犬塚惇平によるライトノベル作品。
小説家投稿サイト「小説家になろう」で2013年から連載開始し、2015年の春までは毎週1話ずつ更新され、以降は不定期更新になった。
2015年にはヒーロー文庫(主婦の友社)から書籍化し、2016年に「ヤングガンガン」(スクウェア・エニックス)で九月タカアキ作画でコミック化。
2017年にSILVER LINK.製作でアニメ化した。監督は神保昌登。

現代日本の洋食店「洋食のねこや」は土曜日になると、扉が異世界へと繋がり異世界の客達が料理を食べにやってくる「異世界食堂」となる。
異世界の住人にとってはねこやが異世界であり、ねこや店主や視聴者の目線ではねこやへ来る人々の住む世界が異世界で、どちらの目線でも異世界になる。
ねこやで提供される食べ物はビーフシチューやカレーライスなど、実際の世界で食べられているもので、それを異世界の人々が口にするという物語。
異世界の住人と現代日本では食べ物の文化が違い、また存在する食材なども異なるため、異世界の住人たちは各々どんな食材をどのように調理したものか考察しながら食べていく。
その際の客達の脳内で起こる、詳細且つ語彙力豊かな食リポが特徴的な作品でもある。
異世界の住人達が居る世界は同一の異世界であり、常連客には知り合い同士もいる。
ねこやは平日は現代日本で営業し、土曜日は異世界の住人だけを対象とした異世界食堂を開く。
物語は一話完結のオムニバス形式で、毎回スポットライトの当たる人物が異なり、その人物の過去やねこやに辿り着いた経由、ねこやで食べた物の感想を描く。
毎話共通して出てくるのは、ねこやの「店主」、ねこやの従業員の「アレッタ」「クロ」となる。
主人公は格話でねこやを訪れる異世界の住人たちであるが、アニメ雑誌などでは店主を主人公と紹介している場合もある。
しかしあくまで客と料理に焦点を置いた作品である。

『異世界食堂』のあらすじ・ストーリー

Df62e384 s

物語を象徴する、ねこやの看板。

日本のオフィス街にある洋食店「洋食のねこや」は、毎週土曜日になるとねこやのドアが異世界に繋がる。
ねこやのドアは異世界の様々な箇所に出現し、そこからねこやの料理を食べに異世界の客がやってくる。
異世界の客たちは、ねこやで異世界にはない不思議な料理を食べ、銀貨を払い、満足し帰って行く。
7日に一度の楽しみとして何度も訪れる常連も多く、客たちは店の中ではお互いの事を好物の食べ物の名で呼び合っている。
客たちは店主の料理を愛するがあまり、自分の食べる料理が一番美味しいのだと主張し、言い争いになってしまうこともある。
そのたびに店主が間に入り注意し、客たちは店主に出禁にされるのを恐れ喧嘩を止めるのであった。
客の中には、異世界で神と崇められている竜の一人である「赤の女王」もおり、ねこやが異世界に繋がる土曜の夜の一番最後の客として必ずやってくる。
ねこやに入る際には竜の姿から人間(魔族)の美女の姿に変わる。
赤の女王は必ず「ビーフシチュー」を頼み、帰りには寸胴でビーフシチュー100皿分を持ち帰り、竜の姿に戻って一人で寸胴を食べるのが好きなのであった。
赤の女王は自分が贔屓にしているねこやが野蛮な者に荒らされないよう、密かにねこやと店主に「財宝を守るための呪い」をかけている。
この呪い(まじない)により、もし何者かがねこや及び店主を脅かしても赤の女王が察知し、助けに来ることができるのである。

Ffe2926f s

ねこやの店主。

ある日の早朝、店主が起床し、いつも通りねこやで提供する料理の下ごしらえをしようと厨房へ行くと、見知らぬ少女が厨房の床で眠っていた。
お腹が空いていた少女は、店主が事前に準備し寸胴に入っていたコーンポタージュを全て食べてしまい、その後寝てしまったのだと店主に謝った。
店主が詳しく事情を聞くと、少女は身の上を語り始めた。
少女の名前はアレッタと言い、異世界に住む魔族の少女であった。
しかし魔族としての魔力はとても弱く、普通の人間と同じ程度の力しか持って居なかった。
アレッタは人間の住む都へやってきて、角を帽子で隠して魔族であることを隠し飲食店の店員として働いていたが、魔族である事がバレてしまいクビになってしまっていた。
人間の住む街では魔族は厄介者とされ歓迎されず、なかなか職を見つけられないのだという。
お金が無くなり住む所もないアレッタは、廃墟に住み着くようになり、満足に食事を取る事もできずにひもじい思いをしていた。
すると廃墟の中に突如扉が現れ、扉からする良い匂いに誘われ、アレッタはその扉の中に入る。
この扉はねこやの扉だったのである。
しかしねこやはまだ開店前で誰もおらず、アレッタは飲食店であると分からずに何処かのお屋敷に入ってしまったのだと勘違いする。
お腹が空いたアレッタは、良くないと思いながらも厨房に置いてあったコーンポタージュに手をつけてしまったのであった。
店主に謝るアレッタであるが、店主は気にする様子は無く、アレッタにこのまま一緒に朝食はどうかと誘う。
アレッタが戸惑いつつも頷くと、店主はパン・サラダ・スクランブルエッグなどを作り、モーニングセットを用意した。
アレッタにとっては食べた事のない物ばかりであったが、どの料理も美味しく平らげ、店主はアレッタの食べっぷりに喜んだ。
そして、店主は職がないというアレッタに従業員にならないかと提案する。
労働条件は、七日に一度だけ出勤し、朝から夜までの約十時間働き、銀貨10枚(現代日本では一万円ほど)、三食付き、というものであった。
異世界ではなかなか良い労働条件であった。
また、ねこやに来る客は人間だけではなくエルフや魔族など色々な種類の客が来るため、アレッタが魔族であっても差別するものものいないのである。
アレッタは喜んで申し出を受け、ねこやのウェイトレスとなった。
小汚い出で立ちであったアレッタは店主からシャワーを借りて体を洗い、ウェイトレスの制服を着て、早速店主の研修を受ける。
ねこやから帰ったアレッタは、職が見つかったとは言え7日に一度であることから、職探しを続けなければと思いつつ疲れて眠ってしまう。
一部始終を魔法の力で見守っていた赤の女王は、新しい従業員であるアレッタにも密かに「財宝を守るための呪い」をかけるのであった。

73b0b62c s

ねこやのウェイトレスになった「アレッタ」。

アレッタを従業員に迎えた後も、常連や新しい客達がねこやに訪れる。
常連は殆どの客がストイックに自分の好物を注文し、黙々と食べる。
新しく来た客は見た事がない料理や整った店構えなどに驚きながらも、店主の料理に満足し、一人また一人と常連の仲間入りをするのであった。

『異世界食堂』の世界観

洋食のねこや

F200ca4a s

ねこやの先代の店主「山方大樹」が始めた料理屋。
洋食店としているが洋食以外のものも置いてある。
約10年前に現在の店主(CV:諏訪部順一)に代替わりした。
山方の時代でも現在の店主の時代でも、平日は現代の日本で通常営業し、土曜に異世界の住人向けに異世界食堂を開いている。
異世界の住人達には「一週間」という概念がないため、ねこやが異世界食堂を開く日を、7日に一度ある「ドヨウの日」と覚えている。
パン・ライス・スープは無料でおかわりできる。

異世界食堂とは

962c1300 s

ねこやは土曜日になると異世界へ繋がり、ねこやへの扉が異世界の各所に出現し、異世界の住人を対象とした特別営業をする。
そしていつしか異世界の住人たちからねこやは「異世界食堂」と呼ばれるようになった。
人間以外にも魔族・魔獣・エルフ・ハーフエルフなどの異世界人も訪れ、店は異世界の常連でいっぱいになる。
各所に存在する扉は土曜の0時になると出現し、誰かが扉を使うとその場所の扉は消えてしまい、同じ場所には7日後まで出現しない。
そのため常連は自分用の扉を確保している人も多い。
異世界の客たちは、ねこやではお互いを好物の料理名で呼び合っている。

料金

228a3be9 s

ねこやの料理は高くとも一品銀貨一枚まで。
店主は凡そで、銅貨を100円・銀貨を1000円・金貨を10万円とし、一ヶ月間(内の4日間の営業)で11万程度の売り上げになる。
しかし店主は異世界の通貨で生活しているわけではないため、ねこやが食堂だと知らずに訪れた人や、お腹が空いて困ってるがお金の無い人などには初回だけタダだったりと、あまり異世界のお金に頓着はしていない。
ねこやの売り上げになった異世界の通貨は、異世界の商会「アルフェイド商会」の「トマス・アルフェイド」に渡し、異世界の食材や薬を買うのに使う。
買った食材はねこやで振舞うためのものではなく、店主が異世界の味付けを研究するために使っている。
異世界と現代日本では多少なりとも好まれる味付けなどに差があるようである。

従業員

11a100a4 s

昔は元店主・山方大樹が居たが、現在は現・店主が店長をしている。
ねこやに迷い込んだ魔族の少女「アレッタ」と、7話からは異世界では神の1柱であるが偶然ねこやに入った「クロ」の二人がウェイトレスとして働いている。

肉の日

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

のんのんびより(Non Non Biyori)のネタバレ解説まとめ

漫画家あっとが書いた原作「のんのんびより」を基にした脱力系田舎ライフコメディアニメ。 この物語はとある田舎にある旭丘分校に通う子供たちの楽しい日常を描いた物語である。1期は2013年の10月から12月まで放送され、2期は2015年の7月から9月まで放送された。基本的に一話で完結する物語となっている。

Read Article

田中くんはいつもけだるげ(たなけだ、Tanaka-kun is Always Listless)のネタバレ解説まとめ

「田中くんはいつもけだるげ」とは、ウダノゾミによる漫画、及び「SILVER LINK.」製作のアニメ作品。2013年から「ガンガンONLINE」で連載開始し、2015年にアニメ化した。けだるく無気力な主人公「田中」と、田中を世話する同級生の友人「太田」の周りで起こる日常系コメディ。作中にはポケモンやドラクエなどの映画やゲームのパロディ要素がある。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(Butlers: Chitose Momotose Monogatari)のネタバレ解説まとめ

『Butlers〜千年百年物語〜』とは、原作である「Intouchable Butlers」をベースに「SILVER LINK.」により制作されたアニメ作品。千年の歴史を有し、特殊な能力を持つ『血族』。その一族から選ばれた『血霊』を守護する存在、バトラーズ。その血族達のある事故によって、神宮司高馬ことジェイは、時空のゆがみに巻き込まれてしまう。彼が降り立った場所は、自分のいた時代から百年も経過した世界だった。

Read Article

三ツ星カラーズ(Mitsuboshi Colors)のネタバレ解説まとめ

『三ツ星カラーズ』とは、作者「カツヲ」による漫画作品。2014年から月刊コミック電撃大王で連載を開始。2018年に「SILVER LINK.」製作でアニメ化。「赤松 結衣」「さっちゃん」「琴葉」の三人は、上野の平和を守る秘密組織「カラーズ」を名乗り、上野にあるアジトを拠点に今日も活動する。カラーズは新に元盗人野良猫の「モノクロ大佐」をメンバーに加え、警察官の斉藤や雑貨屋のおやじ、パン屋の笹木姉妹などと交流していく。可愛いが悪ガキなカラーズと上野に住む大人たちの日常を描くギャグコメディ。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第1話『運命の時』)のあらすじと感想・考察まとめ

転校して間もなく、名門・京常見学園の生徒会長に任命された神宮司高馬、通称ジェイは、日々の学園生活を送りながら、羽早川翔という人物を探し出すことに注力していた。 忙しない生徒会の仕事や行事に追われる中、ある日の就任式パーティで羽早川を見かける。 そして多くの生徒達が通うカフェで働いていることを突き止め、ついに彼と対峙する。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第1話『運命の時』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第11話『岐路』)のあらすじと感想・考察まとめ

天奈のペンダントと羽早川のブローチを影山に奪われたジェイは、後を追った先で御国と遭遇する。 御国が裏で暗躍していたことを知らされ、影山の失った家族に会いたいという強い意志を前に、ジェイは立ち尽くす。 羽早川と御国の双方の意見の食い違いは平行線を辿ったまま、やがて時空の歪みの入り口が開く。 全ての結末は、ジェイの意思に託される。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第11話『岐路』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第4話『華麗なる対決』)のあらすじと感想・考察まとめ

生徒会主体による町おこしイベントで、ジェイは急遽羽早川と「執事対決」をすることになる。 そこにジェイに個人的な恨みを持つ北園アヤメの妨害によって窮地に立たされるが、春人達の援護や、持ち前のバトラーとしての能力をいかんなく発揮していく。 そしてジェイは、以前天奈から贈られたブレスレットに隠された、ある秘密を目の当たりにする。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第4話『華麗なる対決』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第8話『白鳥蓮の憂鬱な一日』)のあらすじと感想・考察まとめ

春人だけでなく、蛍や蓮、藤代までもが血族の末裔であったことから、ジェイは自分の素性を彼らに明かす。 蓮はその突拍子もない話に有り得ないと首を振り、その後、藤代が力に目覚めたという話も信じずにいた。 しかし自身もバトラーとしての能力が開花してしまい、動揺した彼は学園内を彷徨う。 一方、御国は、ジェイ達の陰に隠れて不穏な動きをしていた。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第8話『白鳥蓮の憂鬱な一日』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第2話『表と裏』)のあらすじと感想・考察まとめ

羽早川が務めるカフェ・ド・ヴェインから、突然客足が遠のいてしまう。 その理由は、羽早川が女性を見境なくナンパしているとの噂がネットに流れたためだ。 この窮地を脱するため、店の常連客である藤代を筆頭に、更に羽早川の素性を調査するために訪れた春人達や偶然居合わせた黒澤、茶野も巻き込んで、彼らは店に客を呼び込もうとあることを始める。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第2話『表と裏』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第12話『千年百年』)のあらすじと感想・考察まとめ

ジェイは、命を懸けた天奈の希望であるこの世界を救うことを選択した。そう決めたジェイは、羽早川と共に御国と対峙する。何度も繰り返される応酬の中、天奈の想いを守ろうとするジェイの意志に応えるように、右手のブレスレットが光り輝く。 そしてその輝きはペンダントの光となって、ジェイの希望であったものへと姿を変えていく。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第12話『千年百年』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第5話『名探偵ホームズの事件簿』)のあらすじと感想・考察まとめ

屋敷が取り壊されることを春人達から聞かされたジェイは、学園長の御国に直訴を試みるが、理事長からのお達しである以上、取り壊しは避けられないと告げられる。そんなジェイのために春人達は、屋敷の取り壊しを阻止しようとある行動を開始する。そしてついに、ジェイは羽早川から天奈のペンダントを取り戻すことに成功する。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第5話『名探偵ホームズの事件簿』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第9話『メッセージ』)のあらすじと感想・考察まとめ

ブレスレットに刻まれた「222〇」というメッセージが、この屋敷の「〇」に纏わるものだと判明する。 それを頼りに考えを巡らせたジェイは、天奈と過ごした思い出の中で、その「〇」に因んだものがあったことに気付く。やがて訪れた場所で、ジェイは天奈の想いが綴られた手紙を手にする。 一方、羽早川は黒澤達から、空のプラズマ事件が五年前にもあったという事実を知らされる。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第9話『メッセージ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第3話『すれ違う思い』)のあらすじと感想・考察まとめ

学園では生徒会を中心に、町内会と協力して行われるイベントの準備に追われていた。 そんな中、再びジェイは羽早川の元を訪れ真意を確かめようと襲撃を掛けるが、本気を出した羽早川に抑え込まれ、またしても逃げられてしまう。 その現場に春人が駆けつけて介抱しようとするが、邪魔をするな、お前には関係ないと、ジェイは冷たい態度を露わにする。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第3話『すれ違う思い』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第6話『過去の逆襲』)のあらすじと感想・考察まとめ

自分の強引な行いによって、春人に重傷を負わせてしまったことに罪悪感を覚えるジェイ。 同時に学園ではジェイに関する悪い噂が流れ始め、生徒会長を辞任する事態に追いやられてしまう。 そんな中ジェイは、春人に初めて自分の素性と目的を語り始めると、そこで血族に関する新たな事実が発覚する。そして羽早川の方でも、同じ事態に直面していた。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第6話『過去の逆襲』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第10話『愛執』)のあらすじと感想・考察まとめ

ジェイを心配してカフェ・ド・ヴェインへ向かおうとしていた春人達は、その途中で影山に襲われている黒澤と茶野に出会い、彼らから学園長の不穏な動きを知らされる。 その頃、互いに譲れない信念を掛けて、ジェイと羽早川は戦いに挑む。 しかしジェイは羽早川から彼の真意と、天奈の秘めた想いを知り愕然とする。 それを害するように、御国の魔の手が二人に忍び寄る。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第10話『愛執』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Butlers〜千年百年物語〜(第7話『目覚めの時』)のあらすじと感想・考察まとめ

ジェイは怪我から復帰した春人と共に、生徒会室に続く地下室を訪れていた。 そこで彼は自分と天奈に起こった百年前の出来事、そしてブレスレットの謎の文字についてを説明する。 羽早川の方でも、血族の末裔と称する店長の橘と共に、突如現れたある予言の言葉を耳にしていた。 そんな中、蛍によって生じたある出来事きっかけに、新たな血族の末裔が出現する。 今回は「Butlers〜千年百年物語〜」第7話『目覚めの時』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents