レキシ(池田貴史)の徹底解説まとめ

%e3%83%ac%e3%82%ad%e3%82%b7

1974年生まれ。福井県出身の池田貴史(いけだ たかふみ)によるソロユニットかつ、ユニット内における池田自身の名称。1997年にSUPER BUTTER DOGのキーボードとしてメジャーデビュー後、2007年にレキシとしてソロデビュー。幅広いジャンルのサウンドに歴史(日本史)上の出来事をテーマにした詞を乗せるスタイルが特徴。現在は楽曲提供やプロデュース、ライブサポートなどの活動も行っている。

レキシ(池田貴史)の概要

レキシとは1974年福井県生まれの池田貴史によるソロプロジェクト。
1997年にSUPER BUTTER DOGのキーボーディストとしてデビューし、2004年からは100sのメンバーとしても活躍。その日本史マニアぶりを生かし、2007年にレキシとしての1stアルバム「レキシ」を発表した。レキシでは日本史の登場人物や史実をソウルフルなサウンドに乗せて歌う独自のスタイルで注目を集め、2011年3月に2ndアルバム「レキツ」、2012年12月に 3rdアルバム「レキミ」をリリース。2014年6月に4thアルバム「レシキ」を発表した。同年8月20日にはハニワの日として、初の日本武道館ワンマン公演「レキシツアー もう一度遺跡について考えてみよう〜大きなハニワの下で〜」を開催。12月にはジャズピアニストの上原ひろみを迎え、東名阪ツアー「レキシ & オシャレキシ『レキシ 対 オシャレキシ〜お洒落になっちゃう冬の乱〜』」もスタート。
2015年6月、役者として初出演の映画「海街diary」が公開。7月に、青森県の縄文遺跡群の魅力や価値に関する情報発信を行う親善大使「あおもり縄文大使」に任命され、9月に青森・三内丸山遺跡でのワンマンライブを開催。同年11月25日に初シングル『SHIKIBU』リリース。
2016年4月17日より役者として初のレギュラー出演となるTBS日曜劇場「99.9 -刑事専門弁護士-」も放映される。同年6月、5thアルバム「Vキシ」をリリース。
2017年4月、2ndシングル「KATOKU」を発売。

レキシ(池田貴史)の人物像

Resize image

1974年2月15日生まれ、福井県鯖江市出身。トレードマークはアフロヘア。
専門学校在学中に「インド池田と紙袋たち」を結成。卒業後、同郷で同級生である竹内朋康、永積タカシらに誘われ、1997年SUPER BUTTER DOGのキーボーディストとしてメジャーデビュー。そして、歴史(日本史)に造詣が深い池田がソロ・プロジェクト「レキシ」を結成したのもこの時期である(当時のメンバーは池田、シャカッチ、DJ書道(沢田周一)。

SUPER BUTTER DOGの活動中、2004年より中村一義らと共にバンド100s(ひゃくしき)のキーボーディストとしても活動。
2007年、ソロ・プロジェクト「レキシ」としてアルバム『レキシ』でソロデビュー。ファンキーなサウンドに乗せて歌う日本史の歌詞と、独特のユーモア溢れるステージング、そして参加ミュージシャンに与えられた「レキシネーム」も話題を呼ぶ。
(レキシの楽曲に参加するミュージシャンは「レキシネーム」と呼ばれる名前をつけられる)
2008年にはSUPER BUTTER DOGが解散。
その後もキーボードプレイヤーとしてはもちろん、ライブにおけるファンキーなエンターテナーぶりと喋りのセンスも高評価。TVでは「イケチャン」としても活動。
2016年には、地元・福井県鯖江市から「サングラス大使」の第1号に任命されている。

スネオヘアーのプロデュースやスペースシャワーTVへの出演など多方面で活躍。いとうせいこうには「面白いミュージシャン3人衆の一人」と言われている。
アルバム発売の際には毎回初回10,000枚のジャケットを手書きし、その模様をUst配信し話題となる。

レキシ(池田貴史)のCM出演歴

・コカ・コーラ ファンタCM(2000年度 ACC CM FESTIVAL入賞)
・グリコ「みんなに笑顔を届けたい。冬篇」(2012年2月)
・東洋水産株式会社「マルちゃん 麺づくり」(2013年9月)
・「綾鷹」×レキシ「ちゃきなべいべー」(2015年8月)
・dヒッツ powered by レコチョク(2015年11月)
・ダイハツThor(トール)「成長記念日 納車篇」
・ダイハツThor(トール)「成長記念日 駐車篇」
・ダイハツThor(トール)「成長記念日 おでかけ編」

ダイハツ「Thor」のCMは、「納車篇」と「駐車篇」の2バージョンでレキシの2ndアルバム「レキツ」の収録曲「きらきら武士」が使用される。
「納車篇」にはアフロ姿のレキシが遊園地スタッフに扮し登場している。
その後、CMがリニューアル。「成長記念日 おでかけ編」にも、ジャージ姿で相撲の行事をしているレキシが一瞬であるが登場する。
このバージョンのCM使用曲は2ndシングルの「KATOKU」。

レキシ(池田貴史)の楽曲参加アーティスト

アルバムにはいとうせいこう、椎名林檎、斉藤和義、持田香織(Every Little Thing)、秦 基博、山口隆(サンボマスター)、Bose、ANI(スチャダラパー)、安藤裕子、Mummy-D(Rhymester)といった豪華ゲストが参加している。参加ミュージシャンには「レキシネーム」が付与され、アルバムにもその名がクレジットされる。レキシネームが欲しいとの理由でアルバムに参加するミュージシャンもいる。

レキシネーム

レキシに参加しているミュージシャンらは全員“レキシネーム”と呼ばれるレキシ作品のみの名称が与えられ、作品にはレキシネームでクレジットされる

足軽先生:いとうせいこう
アッ!古今和歌集:福岡晃子 (チャットモンチー)
阿部sorry大臣ちゃん:阿部芙蓉美
尼ンダ:二階堂和美
阿波の踊り子:チャットモンチー
いかるがくん:曽我大穂
いずみ式部日記:松井泉
一富士二鷹サンタクロース:カワクボ タクロウ (キュウソネコカミ)
伊藤に行くならヒロブミ:伊藤大地
丑三つ時三郎太:三星章紘
江戸っ子メグちゃん:佐治宣英 (FLOWER FLOWER)
えどびしゃす:小野眞一
MCアマー (狩):大宮エリー
MC四天王:Bose (スチャダラパー)
MC母上:Mummy-D (Rhymester)
MC末裔:ANI (スチャダラパー)
Oh!森鴎外:大森はじめ (東京スカパラダイスオーケストラ)
大岡越前クラゲ:皆川真人
大筒:高橋優
オシャレキシ:上原ひろみ
お台所さま:真城めぐみ (HICKVILLE)
織田信ナニ?:浜野謙太 (SAKEROCK,在日ファンク)
おののこまつ:小松シゲル (NONA REEVES)
おら、たかすぎしんのすけ:ヨコタ シンノスケ (キュウソネコカミ)
貝塚太郎:磯貝サイモン
カズマックス江戸を疾走る:オカザワ カズマ (キュウソネコカミ)
加藤えろ正:カトウタロウ
カブキちゃん:Salyu
北のパイセン問屋:怒髪天
劇団シキブ:八嶋智人
蹴鞠Chang:玉田豊夢
元気出せ!遣唐使:渡和久 (風味堂)
健介さん格さん:奥田健介 (ノーナ・リーヴス)
高度成長期:鹿島達也 (元 SUPER_BAD)
御恩と奉公と正人:鈴木正人 (LITTLE CREATURES)
齋藤摩羅衛門:斉藤和義
桜井門外の変:桜井秀俊 (真心ブラザーズ)
シャカッチ:ハナレグミ
しゃちほこスミス:渡辺シュンスケ (Schroeder-Headz)
十二ひとみ:山上ひとみ
聖徳ふとこ:安藤裕子
城持狂兄(じょうじ くるうにい):増子直純 (怒髪天)
切腹さん:スネオヘアー
退助は自由だ!:ソゴウ タイスケ (キュウソネコカミ)
大仏ランドのプリンス:みどりん (SOIL&"PIMP"SESSIONS)
大砲の弾:アントニー (マテンロウ)
DA小町:町田昌弘
滝のもとの人麻呂:滝本尚史
たくみのかみ原子:上原子友康 (怒髪天)
TAKE島流し:武嶋聡
田んぼマスター:山口 隆 (サンボマスター)
つぼねぇ:原田郁子 (クラムボン)
鉄剣通:川上鉄平
Deyonna':椎名林檎
土器メン:箭内道彦
Dr.コバン:中村一義
となりのトロ遺跡:朝倉真司
なるとなでしこ:橋本絵莉子 (チャットモンチー)
ニセレキシ:U-zhaan
ネコカミノカマタリ:キュウソネコカミ
拝啓ジョン万次郎:YO-KING (真心ブラザーズ)
ハゲノウヅメ:坂詰克彦 (怒髪天)
旗本ひろし:秦基博
ハッピー八兵衛:後藤正文 (ASIAN KUNG-FU GENERATION)
パープル式部:小谷美紗子
パーマネント奉行:真船勝博 (FLOWER FLOWER)
ピエール中野大兄王子:ピエール中野(凛として時雨)
東インド貿易会社マン:グローバー義和 (Jackson vibe)
ビッグ門左衛門:三浦大知
百万石:金澤ダイスケ (フジファブリック)
百休さん:TOMOHIKO (元 SUPER BUTTER DOG)
ヒロ出島:山口寛雄
フランシスコ・ファビエル:フランキー・ファビアン
ペレー来航:植野行雄 (デニス_(お笑いコンビ))
ほっぺた犯科帳:類家心平
ボボ・ニッポン:BOBO (54-71)
マウス小僧jirokichi:堂島孝平
未婚の父上:sugerbeans
民族博物館:永友聖也
もち政宗:持田香織 (Every Little Thing)
元妹子:村上基 (在日ファンク)
森の石松さん:松たか子
ヤマサキ春の藩まつり:ヤマサキ セイヤ (キュウソネコカミ)
夢のまた夢清水:清水泰次 (怒髪天)
Like a 武将Hige:會田茂一
我が家の家宝:夏帆

レキシ(池田貴史)によるサポート・プロデュース活動

サポート・キーボーディスト

椎名林檎、私立恵比寿中学、やついいちろうなどのプロデュース、怒髪天、SAKEROCK、星野源、サンボマスターなど。

プロデュース作品

幅広いアーティストのプロデュースを手掛けており、アーティストからの熱烈なオファーもある。
安藤裕子「林檎殺人事件(feat.池田貴史)」のビデオクリップに、レキシは樹木希林と出演。安藤本人が当時の映像を観た際に、「この曲で池ちゃん(レキシ)と踊りたい」と提案。さらに樹木にもオファーしたところ快諾され、オリジナル衣装を完全再現したコスチュームで登場。3人で軽快なダンスを披露する事となった。
また、関ジャニ∞の「侍唄(さむらいソング)」は、メンバー:錦戸亮主演ドラマ「サムライせんせい」の主題歌となるバラードナンバー。作詞作曲および編曲は錦戸本人のオファーによりレキシに委ねられた。

・椎名林檎「労働者」(09年6月発売 アルバム『三文ゴシップ』収録)
・安藤裕子「林檎殺人事件(feat.池田貴史)」 (11年3月発売 アルバム『大人のまじめなカバーシリーズ』収録)
・野宮真紀「マキのレキシ」「マキのヤボウ」(12年1月発売 アルバム『30 ~Greatest Self Covers & More!!!』収録)
・私立恵比寿中学「頑張ってる途中」(13年7月発売 アルバム『中人』収録)
「U.B.U」(13年11月発売 シングル『未確認中学生X』収録)
「なないろ」(17年5月発売 アルバム『エビクラシー』収録)
・やついいちろう「トロピカル源氏」(15年6月発売 アルバム『Tropical Hour!!』収録)
・Negicco「ねぇバーディア」(15年8月発売 シングル「ねぇバーディア」収録)
・関ジャニ∞「侍唄(さむらいソング)」(15年12月発売 シングル「侍唄(さむらいソング)」 / 17年6月発売 アルバム『ジャム』収録)

レコーディング参加

椎名林檎、Rhymester、サンボマスター、安藤裕子、野宮真貴、中村一義、忌野清志郎、Jackson Vibe、スネオヘアー、星野 源、毛皮のマリーズ

ライヴサポート

忌野清志郎、風味堂、スネオヘアー、中村一義、小坂忠、怒髪天、SAKEROCK

CM楽曲提供

・NOTHING BEATS FUKUSHIMA, DOES IT? (2011年8月)
・DUNLOP 「WINTER MAXX」(2012年)
・グリコ「みんなに笑顔を届けたい。冬篇」(2012年2月)サウンドステッカー
・東洋水産株式会社「マルちゃん 麺づくり」(2013年9月~2014年)
・競輪 「開催告知 ソングリレー」篇(2014年4月)
・テレビ朝日オフィシャルテーマソング(2015年3月)
・徳川家康没後400年記念「大 関ヶ原展」(2015年3月)
・朝日新聞×J-WAVEラジオCM「あさひさん」(2015年3月〜9月)
・コカ・コーラ「綾鷹」×レキシ「ちゃきなべいべー」(2015年8月 / WEB CM)

レキシと日本コカ・コーラの人気緑茶ブランド「綾鷹」のコラボレーションによって生まれたオリジナル楽曲「ちゃきなべいべー」は、レキシが「綾鷹」の味わいにハマったことがきっかけで始動。「綾鷹」の開発に協力している京都の老舗茶舗・上林春松本店などを訪れて「綾鷹」のこだわりや伝統の技に関する様々な体験をし、それを通じてオリジナル楽曲やスペシャルコラボビデオを制作。このビデオでは、「綾鷹」カラーをイメージした鮮やかなグリーンの着物に身を包み、「繊細なワビナベイベー」「急須なサビナベイベー」といった歌詞を歌いながら、ダンサーとともに軽快な踊りを披露。この作品について、“「綾鷹」の常識を覆す映像となったのでは?”、と本人がコメントしている。

池田貴史名義としての活動

Eテレの「ビットワールド」の挿入歌、私立恵比寿中学の作曲のクレジットではレキシではなく、「池田貴史」の名義となっている。

ビットワールド
「ピンキーマカロンのテーマ」(作曲)
「ピンキーマカロンスーパーデリシャス」(作曲)
「DANCE☆P.Q.R」(作曲)
「ダーティマカロンのテーマ」(作曲)
「エメラルドの誘惑」(作曲)
「キミの一言」(作曲)
「Da Ja ○○」(作曲)

私立恵比寿中学
「頑張ってる途中」(作詞・作曲・編曲)
「U.B.U.」(作曲・編曲、マネキン先生との共作詞)
「なないろ」(作詞・作曲、山口寛雄との共編曲)
「盆栽ガール」(作曲、マネキン先生との共作詞)

エレキシ (DJやついいちろう×レキシ)
「トロピカル源氏」(作詞・作曲、ヒロ出島との共編曲)

Negicco
「ねぇバーディア」(作詞・作曲、山口寛雄との共編曲)

関ジャニ∞
「侍唄」(作詞・作曲・編曲)

V6
「レッツゴー6匹」(作詞・作曲、山口寛雄との共編曲)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

レキシ・ファーストアルバム「レキシ」におけるコラボレーションとレキシネームについてのまとめ

独特の世界観で人気のアーティスト「レキシ」 そんなレキシがコラボレーションしたアーティストはいつも豪華で話題になっています。 また、コラボレーションする際にアーティストには”レキシネーム”という名前がつけられて、そちらも話題になっています。 そこで今回は、レキシのファーストアルバム「レキシ」でコラボレーションしたアーティストとレキシネームについてまとめました。

Read Article

レキシ・セカンドアルバム「レキツ」におけるコラボレーションとレキシネームについてのまとめ

歴史をフィーチャーし、独自の路線を突き進む人気のアーティスト「レキシ」 そんなレキシがコラボレーションしたアーティストはいつも豪華。 そして、コラボレーションする際にアーティストには”レキシネーム”という名前がつけられ話題になっています。 今回は、レキシのセカンドアルバム「レキツ」でコラボレーションしたアーティストとレキシネームについてまとめました。

Read Article

目次 - Contents