Michael Jackson(マイケル・ジャクソン)の徹底解説まとめ

マイケル・ジャクソンはアメリカ生まれのエンターテイナーであり、KING OF POP (キング・オブ・ポップ)と称される。インディアナ州ゲーリーにてアフリカ系アメリカ人の家庭に生まれた。幼少期から音楽に親しみ、11歳の頃にジャクソン5としてメジャーデビュー。1971年にソロデビューアルバムをリリースしてから2009年までに全部で10枚のオリジナルアルバムをリリースしている。

1. Ben
2. The Greatest Show on Earth
3. People Make the World Go Round
4. We've Got a Good Thing Going
5. Everybody's Somebody's Fool
6. My Girl
7. What Goes Around Comes Around
8. In Our Small Way
9. Shoo-Be-Doo-Be-Doo-Da-Day
10. You Can Cry on My Shoulder

2ndソロアルバム。聴き手に官能的な魅力を感じさせるアルバムとなっている。全米チャートで5位、ブラック・チャートで4位を記録した。
中でも「Ben」はビルボードシングルチャートで初の1位を獲得した楽曲でもある。

Music and Me

1. With a Child's Heart
2. Up Again
3. All the Things You Are
4. Happy
5. Too Young
6. Doggin' Around
7. Johnny Raven
8. Euphoria
9. Morning Glow
10. Music and Me

3rdアルバム。ヒット曲が出なかったため前2つのアルバイトほど有名ではないが、アコースティックな楽曲が多く収録されている。

Forever, Michael

1. We're Almost There
2. Take Me Back
3. One Day In Your Life
4. Cinderella Stay Awhile
5. We've Got Forever
6. Just A Little Bit Of You
7. You Are There
8. Dapper Dan
9. Dear Michael
10. I'll Come Home To You

4thアルバム。マイケルがモータウンに残した最後のソロ・アルバムでもある。メロディアスな曲が多い。
「One Day in Your Life」はシングルカットされ、イギリスでシングルチャート第1位を獲得した。

Off The Wall

1. Don't Stop 'Til You Get Enough
2. Rock With You
3. Workin' Day And Night
4. Get On The Floor
5. Off The Wall
6. Girlfriend
7. She's Out Of My Life
8. I Can't Help It
9. It's The Falling In Love
10. Burn This Disco Out

5thアルバム。初めてクインシー・ジョーンズをプロデューサーに迎えて制作された。ビルボード・アルバムチャートでは最高位は3位、アメリカで800万枚を売り上げるロングセラーとなった。

Thriller

1. Wanna Be Startin' Somethin'
2. Baby Be Mine
3. The Girl Is Mine
4. Thriller
5. Beat It
6. Billie Jean
7. Human Nature
8. P.Y.T. (Pretty Young Thing)
9. The Lady In My Life

全米チャートで37週にわたって1位を記録する。日本でもオリコンでの集計でミリオンセラーを達成。「Billie Jean」「Beat It」「Thriller」MVの概念を変える作品を次々に発表し、「史上最も売れたアルバム」となった。2012年にギネス世界記録において6500万枚の認定を受けており、現在も売上枚数を増やし続けている。

Bad

1. Bad
2. The Way You Make Me Feel
3. Speed Demon
4. Liberian Gir
5. Just Good Friends ft. Stevie Wonder
6. Another Part Of Me
7. Man In The Mirror
8. I Just Can't Stop Loving You ft. Siedah Garrett
9. Dirty Diana
10. Smooth Criminal
11. Leave Me Alone

マイケルは本作のために60曲以上制作。
33曲を正式にレコーディングした。前作に比べ世界の平和や世相批判など、社会的な歌詞が多く組み込まれている。
また、「Bad」発売から25年になるのを祝って記念アルバムとして「Bad 25th Anniversary」が発売された。

Dangerous

1. Jam
2. Why You Wanna Trip On Me
3. In The Closet
4. She Drives Me Wild
5. Remember The Time
6. Can't Let Her Get Away
7. Heal The World
8. Black Or White
9. Who Is It
10. Give In To Me
11. Keep The Faith
12. Will You Be There
13. Gone Too Soon
14. Dangerous

「Bad」までのクインシー・ジョーンズとのコンビを解消し、テディー・ライリーを新たなサウンド・プロデューサーに迎えた。それまでの路線から、ライリーの提唱するスタイル「ニュージャックスウィング」にジャンルを変更している。非常に多種多様な楽曲が収められている。このアルバムで共同プロデューサーとなったテディはクリフォードから、『Dangerous』は時代を先取りしていた、と後に評されている。

HIStory

Disc1 HIStory Begins
1. Billie Jean
2. The Way You Make Me Feel
3. Black Or White feat. L.T.B.
4. Rock With You
5. She's Out Of My Life
6. Bad
7. I Just Can't Stop Loving You
8. Man In The Mirror
9. Thriller
10. Beat It
11. The Girl Is Mine feat. Paul McCartney
12. Remember The Time
13. Don't Stop 'Til You Get Enough
14. Wanna Be Startin' Somethin'
15. Heal The World

Disc2 HIStory Continues
1. Scream feat. Janet Jackson
2. They Don't Care About Us
3. Stranger In Moscow
4. This Time Around feat. The Notorious B.I.G.
5. Earth Song
6. D.S.
7. Money
8. Come Together
9. You Are Not Alone
10. Childhood
11. Tabloid Junkie
12. 2 Bad
13. History
14. Little Susie
15. Smile

1枚目はベスト盤、2枚目はオtリジナル盤の2枚組アルバムといった構成。
楽曲「Scream」では史上最も費用の使われたミュージック・ビデオとして、「You Are Not Alone」では全米シングルチャート初登場第1位を獲得した史上初のアーティストとしてギネス記録に認定されている。

Invincible

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents