和楽器バンド(WagakkiBand)の徹底解説まとめ

和楽器(尺八・三味線・和太鼓・箏)と洋楽器(ドラム・ギター・ベース)に詩吟のニュアンスを組み込んだ新しいスタイルの8人組ロックバンド。海外にもファンを持つ和楽器バンドのメンバー、ディスコグラフィー、結成エピソード、代表曲を徹底解説します。

2014年にリリースされたメジャーデビューアルバム「ボカロ三昧」に収録されている曲。
人気ボカロ曲であり、ボカロPであるゆうゆにより作詞・作曲。
和楽器バンドでカバーしたこの曲は、TBS系バラエティ『ランク王国』エンディングテーマにも抜擢されている。

戦-ikusa-

2015年リリースの「八奏絵巻」に収録。
作詞・作曲は亜沙が担当し、テレビアニメ『戦国無双』オープニングテーマとして使われていた。
また、同アニメキャラクターが登場するゲーム『戦国無双4-II』主題歌としてもタイアップされている。

戦国のイメージを保ちつつ、一瞬見せる切なさが魅力の曲。
MVの撮影は12月に行われており、動画を見てもらうとわかるが服の生地が少ないメンバーには地獄だったらしい。

反撃の刃

2015年リリースの「八奏絵巻」に収録。作詞・作曲は町屋が担当。
TVオリジナルドラマ『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 反撃の狼煙』主題歌となっている。

「反撃の刃」という曲名を付けたのちに、番組名のサブタイトルが「反撃の狼煙」であることを聞かされた町屋は「感慨深い作品になった」と述べている。進撃の巨人のイメージを崩さず和楽器とコラボさせ、勢いのある楽曲となっている。

暁ノ糸

2015年リリース「八奏絵巻」に収録。作詞・作曲は町屋が担当。
短い歌詞ではあるが、本格的なロックと詩吟を組み合わせた異色の楽曲。
ライブのアンコールでは、ファンが暁ノ糸を歌いメンバーを待つのが定番となっている。

Strong Fate

2016年リリースの「四季彩」に収録。作詞・作曲は鈴華ゆう子が担当。
映画『残穢 -住んではいけない部屋-』の主題歌としてタイアップされ、ホラー要素のある映画のイメージに合わせた楽曲となっている。

Valkyrie-戦乙女-

2016年リリースの「四季彩」に収録。作詞・作曲は亜沙が担当。
テレビアニメ『双星の陰陽師』の主題歌としてタイアップされていた。
サビ部分では和楽器との融合が絶妙でかっこよく仕上がっている。

起死回生

2016年リリースの「四季彩」に収録。作詞・作曲は黒流が担当。
テレビ東京系リオ五輪中継テーマソングとして三三七拍子のリズムを元に日本選手の後押しができるようにと作られた曲。

曲中の「せーの!」の掛け声では思わず飛んでしまうようなテンポの良い曲となっている。

公式サイト

wagakkiband.jp

global-fc.net

twitter.com

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents