Back Where I Belong

AviciiがDJ活動を引退する直前に幼馴染のアーティストOtto Knowsと共に発表した1曲である。
2人の故郷への想いを曲にした。

代表アルバム収録曲一覧

Avicii %e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%a0

『TRUE』2013年発売 
レーベル: ユニバーサル ミュージック

1 Wake Me Up/ウェイク・ミー・アップ
2 You Make Me/ユー・メイク・ミー
3 Hey Brother/ヘイ・ブラザー
4 Addicted to You/アディクテッド・トゥ・ユー
5 Dear Boy/ディアー・ボーイ
6 Liar Liar/ライアー・ライアー
7 Shame on Me/シェイム・オン・ミー
8 Lay Me Down/レイ・ミー・ダウン
9 Hope There's Someone/ホープ・ゼアズ・サムワン
10 Heart Upon My Sleeve/ハート・アポン・マイ・スリーヴ
11 All You Need Is Love/オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ
12 Always On The Run/オールウェイズ・オン・ザ・ラン
13 Canyons/キャニオンズ
14 Long Road To Hell/ロング・ロード・トゥ・ヘル
15 Levels/レヴェルズ

Avicii %e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%a02

『Stories』2015年発売
レーベル:ユニバーサルミュージック

1  Waiting For Love/ウェイティング・フォー・ラヴ
2  Talk To Myself/トーク・トゥ・マイセルフ
3  Touch Me/タッチ・ミー
4  Ten More Days/テン・モア・デイズ
5  For A Better Day/フォー・ア・ベター・デイ
6  Broken Arrows/ブロークン・アローズ
7 True Believer/トゥルー・ビリーバー
8 City Lights/シティ・ライツ
9 Pure Grinding/ピュア・グラインディング
10 Sunset Jesus/サンセット・ジーザス
11 Can't Catch Me/キャント・キャッチ・ミー
12 Somewhere In Stockholm/サムウェア・イン・ストックホルム
13 Trouble/トラブル
14 Gonna Love Ya/ゴナ・ラヴ・ヤ
15 The Days/ザ・デイズ
16 The Nights/ザ・ナイツ

エピソード

・Aviciiの来日公演は4回中3回もキャンセルになった経緯があり、4回目の来日公演のキャッチコピーは「頼むぜ、AVICII(アヴィーチー)!僕らは君を諦めない!」だった。

・本名はTim BergだがSNSで曲を投稿する際、その名前がすでに使われていたためAviciiという名前になった。Aviciiは仏教用語で無間地獄を意味する「阿鼻地獄 (Avici)」からきている。

・自身の楽曲「True Believer」で珍しくヴォーカルとして参加しており、Aviciiの歌声を聴くことができる。

・2016年にコカ・コーラのグローバルCM「Anthem」にて曲が採用された。

Avicii関連アーティスト

ここではアヴィーチーに関わりのあるアーティストを紹介していく。

David Guetta(デビッド・ゲッタ)

David guetta

フランスのDJ及び音楽プロデューサーで長年EDMのシーンで活躍しており、大御所ともいえる存在。
Aviciiとも一緒に曲を作った経験があり、リリースされた曲「Sunshine」は第54回グラミー賞最優秀ダンス・レコーティングにノミネートされた。
またポップミュージック、ヒップホップの制作も手掛けており、リアーナやNe-Yo、マドンナとも共演経験がある。

David Guetta - Sunshine (feat. Avicii)

David Guetta - Play Hard ft. Ne-Yo, Akon (Official Video)

Martin Garrix(マーティン・ギャリックス)

Martin garrix

Aviciiと同じく若いころから才能を発揮させ、今後が期待されるDJ、音楽プロデューサー。
Aviciiとは同世代ということもあり親交も深いそう。
2人で作った「waiting for love」は愛する人への想いを綴った1曲。
また彼が有名になったきっかけの曲「Animals」はEDMの中でもよく知られている。

Avicii - Waiting For Love

Martin Garrix - Animals [Official Video]