目次

  1. フランク(『メン・イン・ブラック1及び2』)
  2. ジーブス(『メン・イン・ブラック1及び2』)
  3. アッティラ(『ナイトミュージアム』)
  4. オクタウィウス、ジェド
  5. ネアンデルタール人(『ナイトミュージアム』)
  6. サル(『トイ・ストーリー3』)

フランク(『メン・イン・ブラック1及び2』)

一見するとパグ。でもその実は宇宙人です。一作目でも二作目でも服着てました。一応知的生命体なのでしゃべります。一作目では重要なヒントを主人公たちに教えてくれました。

Men in black 8

宇宙人が犬の着ぐるみ着てるのか、こういう宇宙人なのか・・・。

で、二作目では「エージェント(地球にいる宇宙人の動向の監視等を行う)になる」と言って、エージェントの制服を。「いい刑事、悪い刑事」というコンビネーション調査があるようで、ウィルスミス演じる主人公の「J」に「それをやるんだろ?お前が優しく聞いて俺が唸る感じで!」とノリノリで語ってました。

Ref7 24856

もういっそ、エージェントにしてあげたらどうでしょうか・・・大して役に立ってませんでしたけど、ワームなる宇宙人に偉そうに「武勇伝」語ったり、存在感とキャラはかなりのものでしたし。あ、銃使えないか?そもそも彼自身地球人じゃありませんし。

ジーブス(『メン・イン・ブラック1及び2』)

同じ作品から。やはり宇宙人で、禁制品の宇宙銃なんか売ってます。表向きは盗品の時計売ってますが。この人の濃ゆいところは、「頭撃ち抜かれても再生可能」な点でしょうか。痛いことは痛いようですが、口の中に銃打ち込まれても「味覚音痴になったらどうしてくれんだよ」とボヤく程度で済んでますし。結構平気で裏切るし・・・。まあ禁制品売るような人ですから。でも憎めないってどういうことでしょうか。

Maxresdefault

頭、再生中。地球人は味覚音痴じゃ済まないんですよジーブスさん。

記憶再生装置とやらの配線でポップコーン作ったり、何かかわいいんですよね。

アッティラ(『ナイトミュージアム』)

「夜になると、展示品が動く」と言うよくある設定ですが、濃ゆい人が結構います。

Mqyi4

何かというと「お前を引き裂く!」と(部族の言葉でですが)言うアッティラさん。「引き裂く」ことにこだわる理由を看破されて泣いてました。その後、悪党追いかけて捕まえた時「マキカカ」なる行為をしてもいいかと主人公に聞き、「ちょっとならいいよ」と言われた時の小さなガッツポーズ・・・。かわいいんですけど、何なんでしょうか、マキカカ・・・。

オクタウィウス、ジェド

Main

ミニチュア人形です。

オクタウィウスが割と早目に主人公を「主人」と認めたのが何か潔いですね。「二人ともリーダーという点では同じだろう」と言われて仲良くなったり、ジェド(ジェデダイア・スミスという人物)がミニカー操ったり・・・。二人とも結構順応速いです。諌めてくれる人が必要だったんですね・・・。ジェドのノリの良さ、オクタウィウスの潔さ、夜の度戦争していた様などが、濃ゆいというか何か印象に残ります。

ネアンデルタール人(『ナイトミュージアム』)

火を起こそうとしている人たちです。何でか消火器の泡にはまったご様子。

7beb6674b0aa196191b4d9b756f58c4f

そんな出番ないんですけどね。

サル(『トイ・ストーリー3』)

イチゴの臭いがする熊のぬいぐるみ、ロッツォ・ハグベアにより支配されている保育園における、「おもちゃの監視役」です。夜になって職員が帰る(人間がいなくなる)と事務所にある複数の監視モニターをじー・・・っと見てるんです。その役目は、イモムシ組(まだ物心がついていない、おもちゃの扱い方が分かっていない子のクラス)のおもちゃの脱走阻止。

E4730f093a8b4815e4af606cb4742a279631a6c8

「脱走者が出たウキーッ!」(しゃべりません)