目次

  1. ウッディ(『トイ・ストーリー」シリーズ)声:唐沢寿昭
  2. 龍太郎狐(『平成狸合戦ぽんぽこ』)声:福澤朗
  3. モロの君(『もののけ姫』)声:美輪明宏
  4. ハウル(『ハウルの動く城』)声:木村拓哉
  5. リューク(『Death Note』)声:中村獅童
  6. カマキチ(『みつばちハッチ勇気のメロディ』)声:中村獅童
  7. サリー(『モンスターズ・インク』『モンスターズ・ユニバーシティ』)声:石塚英彦
  8. マイク・ワゾウスキ(『モンスターズ・インク』『モンスターズ・ユニバーシティ』)声:田中裕二
  9. 金獅子のシキ(『ONEPIECE STRONG WORLD』)声:竹中直人
  10. サベール隊長(『新・ドラえもんのび太の大魔境~ペコと5人の探検隊~』)声:小栗旬
  11. ピョン吉(『ど根性ガエル』)声:満島ひかり

ウッディ(『トイ・ストーリー」シリーズ)声:唐沢寿昭

棒読みでもないし、うまく抑揚をつけたりしてなりきってましたね、ウッディに。

Rd3ylfb3

場面場面での感情がちゃんと伝わってきました。

龍太郎狐(『平成狸合戦ぽんぽこ』)声:福澤朗

F0134369 1917427

長らく分かりませんでした・・・昔からよく知っている人なのに。狐の姿から人間に変化する時の「こ~やるんですよ」という声の出し方。元々アナウンサーはナレーションなどを務める声のお仕事。でも演技ともなるとやっぱり「何か違う」と言った感じを与えてしまう。けれど、福澤氏は見事に狐の流太郎を演じておられました。『平成狸合戦ぽんぽこ』は落語家の方も多く出演されており、「うまいから、タレント声優とかもうどうでもいい」状態ではあるんですが。ほぼ唯一の「狐」キャラとして、十分狐の怪しさが出ていたと思います。

モロの君(『もののけ姫』)声:美輪明宏

圧巻のモロ様。中の人も圧巻でした。男性なのにちゃんと「母親」を演じきっておられるところが、またすごいです。

O0480036012691566598

人間を憎んでいるように見えて、サンを娘として育てる。いろんな葛藤があったんでしょう。人間の「毒つぶて」を受け、「もう十分生きた」と悟った物言い・・・最後までサンや山犬たちの母として、言い聞かせるような声。プロの声優さんでももちろん演じきれたでしょうが、やはり美輪さん以外には考えられないですね。

ハウル(『ハウルの動く城』)声:木村拓哉

期待していなかったからこその相乗効果、という見方もありますが、まったくもって違和感なし。「あ、そーいやキムタクだった!」というほどに。「棒読みだ」という意見に関しては、ネット上である意見を見て納得しました。確かに、あるシーンを境に棒読みじゃなくなってます。

Ibzsn

「疲れた演技」「ごねる演技」、いずれもプロ級とまではいかなくとも、イライラして見るほどひどくはなく、むしろ「うまい」といえる域でした。

リューク(『Death Note』)声:中村獅童

これまた違和感なし。落語といい歌舞伎といい、伝統芸能をやっている方に多いですね、うまい「タレント声優」。やはり声を張り上げたりする分、その声だけの演技でもうまくいくんでしょうか。

Hqdefault

リンゴ関係の「驚くリューク」「禁断症状に苦しむリューク」、無理なく微笑ましく見られました。

カマキチ(『みつばちハッチ勇気のメロディ』)声:中村獅童

中村氏は虫の声もやっておられます。ちーとも気づきませんでした・・・。

336087view002

ハッチと一緒にスズメバチにボコボコにされた時の「ざまあねえ」というセリフ、ミツバチたちと作戦を立てる時のセリフなど、プロ級です。

サリー(『モンスターズ・インク』『モンスターズ・ユニバーシティ』)声:石塚英彦