目次

  1. 「フラッパー」スタイル

「フラッパー」スタイル

800px louise brooks ggbain 32453u crop

第1次世界大戦が終わると、欧米を中心に若い世代の間で
「フラッパー」というファッションや生活様式が流行りました。
フラッパーとは俗語で「新しい女性」の意味です。
彼女たちはそれまでの女らしい外見や生き方を捨てて、
膝丈の短いスカートを穿いて髪をボブカットに短く切り、
お酒を飲んで積極的に男性と付き合いました。
こうした変化は、大きな戦争とそれに続く大恐慌が、
人々の伝統に対する意識を変えたためとも言われています。

※フラッパー女優と呼ばれたルイーズ・ブルックス(1927)

C0158081 20511867

1920年代のファッションプレート。女性はみな
髪を短く切っています。
「クローシュ」と呼ばれる釣鐘型の帽子が流行しました。

1558543 450

ウエスト部分は括れを強調せずにストンとさせて、
ローウエストにポイントを置くデザインです。

4833ef8e45361f12810f2e84d6b0de39

1925年

30d280ff0ac53cf08a20c5d2886500a4

1920年代

Ace680ec247f7bf828b4e46eb8291508

1920年代。ビーズをふんだんに使ったパーティードレス

4663de680ef4cbafc6df3bc3d8845dc4

1920年代、幾何学模様のドレス。
1920年代は、「アール・デコ」と呼ばれる定規で真っ直ぐに線を
引いたような幾何学模様が特徴的な装飾様式が大流行しました。
アール・デコ様式は、ファッションだけでなく建築や
インテリアデザインなどにも影響を与えました。

A195ac88a07792542365cd225330b618

1920年代

Adce0931314dd0036e926551b35bd028

1926年、シャネルのドレス

1920fashion004

当時の女性たち

Joancrawford3

アメリカの女優ジョーン・クロフォード(1929)

当時の若者たちの恋と生き様を描いた映画「華麗なるギャッツビー」
ファッションに注目です。