目次

  1. がんばれゴエモン5~ネオ桃山幕府のおどり~
  2. スーパーマリオ64
  3. ゼルダの伝説 時のオカリナ
  4. まとめ

がんばれゴエモン5~ネオ桃山幕府のおどり~

正式タイトルはナンバリングが外れています。SFCのがんばれゴエモンから数えて、確かにこのネオ桃は五作目だったので間違いではないのですが、前作のきらきら道中の時点で4とついていなかったので外したのでしょう。
内容はほとんど基本的な部分は完成しているようですね。インパクト戦最初のボスも完成していて、動きもほとんど同じです。ただ、移動中のカメラは違っていましたね。比べてみると製品版の方がカメラワークはいいのがわかります。

スーパーマリオ64

あの有名タイトルも開発中はかなろ様相が違います。
まだ試作段階なのか、グラフィックはやや適当気味。残機表示やスター・コインの表示も安っぽいです。SFCの名残を感じさせるあたり、まさに開発中、という感じです。
ちらっと聞こえるマリオの声は、仮のものなのか完成版とはまったく違います。この声だったら今のマリオとはまったく違うイメージになっていたでしょうね。
ただ、クッパ戦や水中などは変わっていません。最初期に作られたのでしょう。

ゼルダの伝説 時のオカリナ

名作、時のオカリナも開発中は違いますね。
Cボタンをアイテムに回すのは決定済だったのでしょうが、各種動作用のボタンがありませんね。この頃はそれらの動作は未実装の予定だったのか、それとも確認ができなかったのでしょうか。完成版では場面に応じてアタック、つかむ、などなどわかりやすくなっていますね。
マリオと同じくグラフィックはややチープ。スタルフォスはなんか顔が面白い感じになってます。肝心のタイトルも、まだゼルダ64となっているため、そもそもオカリナを主軸にするかどうかも決まってなかったのかもしれません。そもそも子供時代が後になって作られたという話なので、本当に最初期の映像のようです。

まとめ

その他、ニンテンドー64そのものの開発中の映像や、様々なゲームタイトルの開発中の動画が、これで一気に見ることが出来ます。
自分の知ってるゲームの開発中の動画を見ると、なんだか妙に笑えてきます。これらがあんなに楽しいゲームになっていったのかと思うと、感慨深いものもありますね。