目次

  1. アクション要素がパワーアップ!ゲームボーイアドバンス「マリオ&ルイージRPG」の続編
  2. 大まかなストーリー
  3. 大まかなストーリー
  4. パワーアップした【アクション要素】
  5. 4キャラ割り振りはいいけど、マリオとルイージと残りは?
  6. 前作との違い
  7. マリオ&ルイージRPG2の良い点まとめ
  8. マリオ&ルイージRPG2の悪い点まとめ

アクション要素がパワーアップ!ゲームボーイアドバンス「マリオ&ルイージRPG」の続編

本作は2003年11月21日に発売された
ゲームボーイアドバンス用ソフト「マリオ&ルイージRPG」の続編。
3DCG風の2Dグラフィック仕様は変わらずに、前作も非常に多かった
アクション要素をさらにパワーアップさせている。
BGMは前作同様「下村陽子」が担当しており、シリアルパートや
ギャグパート、戦闘中など雰囲気にピッタリな良BGMが使用されている。

本作は2003年11月21日に発売された
ゲームボーイアドバンス用ソフト「マリオ&ルイージRPG」の続編。
3DCG風の2Dグラフィック仕様は変わらずに、前作も非常に多かった
アクション要素をさらにパワーアップさせている。
BGMは前作同様「下村陽子」が担当しており、シリアルパートや
ギャグパート、戦闘中など雰囲気にピッタリな良BGMが使用されている。

※前作のまとめは下のURLへ※

大まかなストーリー

RENOTE.JP

大まかなストーリー

キノコ王国で、オヤ・マー博士が「コバルトスター」を原動力とするタイムマシンを発明した。それに乗って過去のキノコ王国へと行ったピーチ姫だったが、帰ってきたタイムマシンはボロボロになっていたうえに、中にピーチ姫の姿はなくなっていた。その代わりにいたのは謎の異星人「ゲドンコ星人」だった。

ゲドンコ星人はより住みやすい星を求めて過去のキノコ王国を攻撃していたのだ。そこへ城の中に過去の世界へ続くタイムホールが現れた。

そこでマリオとルイージは、ゲドンコ星人の手からピーチ姫を救いに行くため過去の世界へ向かう。

出典: JA.WIKIPEDIA.ORG

%e7%94%bb%e5%83%8f

タイムマシーンは戻ってきたが、ボロボロの状態になっていた。
扉が開きピーチ姫が帰ってきたと思ったら、緑色の手と鋭い爪。
「ゲドンコ星人」が乗っており、ピーチ姫はいなかった。

【現在のキノコ王国】と【過去のキノコ王国】を行き来することが出来る【タイムホール】
ただどの場所にワープするのかはわからない為、これを活用して現在と過去の両方で
ピーチ姫を探しに行くのが本作の目的です。

パワーアップした【アクション要素】

前作でもかなり豊富だったアクション要素。
移動するにも攻撃するにも避ける/反撃するにも
【マリオ:Aボタン】【ルイージ:Bボタン】それぞれで
対応するシステムでした。

今作の対応ハードは【ニンテンドーDS】、ゲームボーイアドバンスと
違いボタンは【A・B・Y・X】と4種類ありますよね・・・



そうです!今回は4つのボタンそれぞれにキャラ割り振りがあり
移動・バトル等でそのキャラに対応したボタンを押す仕様にパワーアップしました!

4キャラ割り振りはいいけど、マリオとルイージと残りは?

前記で説明したA・B・Y・Xですが、【マリオ】と【ルイージ】は良いとして
残りの2キャラは一体誰か。

これは【ベビィマリオ】と【ベビィルイージ】です。
※パッケージに映っちゃってますね(笑

タイトルの【マリオ&ルイージRPG2】の右に【×2】とついてますが
それがこの2キャラ追加の意味を表しています。


過去の世界にタイムホールを使用してワープした時に、この2キャラが
登場します。
※ちなみに行方不明の成人ピーチはいませんが、ベビィピーチはいます。
 このピーチが泣くと、結構うるさいです(笑

%e7%94%bb%e5%83%8f

移動はこのようにそれぞれの【ベビィ】を
おんぶして移動します。
※これだけでもホッコリしますね(笑

ベビィたちだけで移動もできます、ちゃんと
立って歩けるんですが、そこは大人ブラザーズ。
ベビィの負担を考えておんぶします。

前作との違い

前記であげた【4ボタン割振り】が今作と前作との違いですが
その他の違いは大まかに下記の通りになります。



①.ブラザーアタック
  前作では【マリオ】と【ルイージ】がBP(ブラザーポイント)を使用して
  二人で協力した必殺技を使うことが出来ました。

  今作ではBP仕様は無くなり、ブラザーアタックを使用するときには
  専用アイテム【ブラザーアイテム】を使用します。
  技毎にアイテムがあり、それを使用すると2人もしくは4人の協力技が
  使えます。

  前作でもココで【Aボタン】を押して、次のタイミングで【Bボタン】で・・・
  なんて操作が難しかったのですが、今回は最大【4ボタン】!
  難しさも面白さも2倍です!


②.やり込み要素【マメ】
  前作も地面に埋まっていたりミニゲームで入手する【マメ】がありました。
  今作もありますが、若干違いがあります。

  1.マメに種類が無い
    前作は全4種のマメがありましたが、今回は種類の概念が無く
    ただの【マメ】のみです。
  
  2.ステータスアップは無い
    前作は集めたマメでコーヒーを作り、作り方によってそれぞれ
    ステータスが上がるアイテムになりました。
    また、全7種類のコーヒーを1個作るたびにアイテムがもらえました。
    今作ではステータスアップのアイテムはありません。
    ただマメ10個単位で最大90個、全9種類の装備品【バッジ】がもらえます。

  3.上画面の活用
    バトル等で前作にはない2画面を活用した仕様が見られます。
    上空から敵の攻撃が来たりと、画面を広く使ったバトルで
    ボタンも視覚も気を抜けない内容になりました。

マリオ&ルイージRPG2の良い点まとめ

①.簡易マップの存在
  「前作との違い」であげたように、二画面になったので
  上画面に簡易的なマップが表示され探索がしやすくなりました。

②.謎解きがより深みを増した
  大人ブラザーズとベビィブラザーズとを組み合わせた謎解きが出た為
  より一層謎解きが面白くなりました。

マリオ&ルイージRPG2の悪い点まとめ

①.やり込み要素の低下
  前作よりもストーリー進行が一本道の為
  やり込み要素が少なくなっている。
  ※やり切りで良いプレイヤーにとっては良いかも

②.敵のセリフがわからない
  「ゲドンコ星人」は異星人なので、謎の言語で話をしている。
  その為、何を話しているのかがほぼ伝わらず、出てくるたびに
  少し退屈な空気が流れてしまう。

③.シーンやストーリーが若干怖い
  序盤からゲドンコ星人たちによる村の大量破壊。
  キノピオ達が木に埋め込まれ、そこから吸い出した
  エネルギーがゲドンコ星人のUFOの燃料。という設定。
  敵がピーチ姫をパックンフラワーに食べさせる。
  こうした【ホラー要素】みたいなものを含んでいる為
  小さな子供にプレイさせると、トラウマになる可能性も?
  ※特にキノピオが捕えられている工場は本当に怖いです(笑


ただ前作同様、小ネタやベビィ・大人ブラザーズ達の動きや声など
ホッコリシーンも多い為、前作をプレイした方は続いて今作も
是非プレイしていただきたいですね!

※ベビィ達が大人達に助けてもらった際に【センキューベリーマッチ!】と
 声を出すところや、救出時にマリオが【ベイビィズ!】と言うシーンなどは
 声のトーンや動きで笑いを誘います。
 また今回も(?)ルイージの扱いが雑なので、無視されたり試練という名の
 イジメを受けるシーンなどはフフッとなります。