目次

  1. 「ウゴウゴルーガ」
  2. はっぱ隊「YATTA!」
  3. 「アルフ」
  4. 「どっちの料理ショー」
  5. 公共広告機構のCM

「ウゴウゴルーガ」

フジテレビ系列の大人気バラエティ番組。どこかサイケデリックな独特の世界観が、子どものみならずお父さん・お母さんも虜にしました。

Ugug1

「ルーガちゃん」を勤めていた小出由華さんは、2015年6月にデンマーク出身の方との結婚を発表しました。

はっぱ隊「YATTA!」

コント番組「笑う犬の冒険」から生まれ、脅威の人気を叩きだした幻のユニット。ウッチャンナンチャンの南原さん、ビビる、ネプチューンの爽やか(?)な笑顔とポーズが魅力です。

はっぱ隊は、海外でも
「日本人はなんてクレイジーなんだ!?」
「彼らを見ていると自然に笑顔になるよ」
「『YATTA!』って良い言葉だな、楽しい気持ちになってきたよ!」
など、高い評価を受けています。

「アルフ」

「フルハウス」等と並んで人気を博していた、アメリカ発のドラマバラエティ。突然やってきたメルマック星人のアルフがタナー家にいつき、家族を困らせながらコミュニケーションを図っていくストーリー。

アルフの毒と下衆さの含まれたジョークに虜になった人も多いのでは?
日本語吹き替え版でアルフの声優を努めている所ジョージさんの、気の抜けた言い回しがくせになります。

「どっちの料理ショー」

二名の食の巨匠が、食材・調理法などこだわりながら推しの逸品を作り上げていく過程を放送したグルメバラエティ。

野球の攻防のように両者の魅力を交互に紹介するため、視聴者も「こっちの方が美味しそうだなあ」「やっぱりこっちの方が……」とテレビの前で迷わされます。夜に空腹を刺激される、キケンな番組でしたね。

公共広告機構のCM

※ショッキングな描写もあるため、閲覧注意

人の心に強く訴えかけるCMが賛否両論を呼び、現在では当時のCMはほとんど放送禁止になっています。

近年では「ぽぽぽぽ~ん」でおなじみのかわいらしいCMも増えましたが、以前はトガったCMばかりでした。

CMやテレビ番組など、これまでに何気なく目にしていたものを今見てみると、新鮮な気持ちに。
当時を振り返りながら同年代と話してみるのも楽しいですね。